ポール・マッカートニーのファンサイト(非公認)。ポール・マッカートニーやビートルズの最新ニュース、アルバム・楽曲の解説、ライブ・ツアー記録、新譜・テレビ放送等。

1988CHOBA B CCCP

Don’t Get Around Much Anymore

作詞作曲:Duke Ellington, Bob Russel
収録時間:2分49秒
収録アルバム:CHOBA B CCCP
収録シングル:Once Upon A Long Ago

オリジナルは1940年にジャズの大御所デューク・エリントンが書いた曲「Never No Lament」に、後の1942年にボブ・ラッセルが詞を付けた。ジャズのスタンダード・ナンバーとなっている曲である。第2次世界大戦中にアメリカ兵士がよく聴いていた曲だという。
ポールはこの曲を1987年の通称「ロシアン・セッション」でロック風にアレンジして取り上げ、当時、旧ソ連限定で発売したアルバム『CHOBA B CCCP』で発表し、当時の最新シングル「Once Upon A Long Ago」のB面にも収録した。
このセッションの中では最も巧妙にロック風にアレンジできた曲であり、同年11月27日に放送されたイギリスの番組『The Last Resort』出演して素晴らしい演奏を聴かせている。
ポールも結構気に入っている曲のようで、その後のワールド・ツアーのリハーサルで幾度となく演奏している。
リハーサルの演奏は以下のブートで聴くことができる。

(1)1987年11月27日テレビ番組『The Last Resort』
It’s Now Or Never (The Complete Russian Sessions) (Goblin Records — CD 3013)
All The Rest (Love Records — 1963-88JC)
On A Rainy Day (No Label Records — NLR 9707)
Live Rarities (Starlight Records — SL 87042)
(2)1989年スタジオ・リハーサル
Oobu Joobu Part 1 & 2 (Disk 2) (Yellow Cat Records — YC 046)
Oobu Joobu Radio Chronicles Part Two (Unknown — PMCD0P1)
(3)1990年1月22日ロンドン・ウェンブリー公演サウンドチェック
On A Rainy Day (No Label Records — NLR 9707)
(4)1990年9月25日スタジオ・リハーサル
Always Back To You (No Label Records — NLR 9911)

演奏:
Paul McCartney: Vocal, Electric guitar
Nick Garvey: Bass, Backing Vocal
Henry Spinetti: Drums
Mick Gallagher: Keyboards
録音スタジオ:The Mill, Hog Hill, Sussex
録音日:1987.7.21
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Peter Henderson
イギリス発売日:1987.11.16
アメリカ発売日:未発売
日本発売日:1987.12.5

(c)Jash http://pmccartney.com

歌詞・コード
C Dm7 Ebdim C/E
Missed the Saturday dance
A Bm7 Ebdim A7/C#
Heard they crowded the floor
D7     G7
Couldn’t bear it without you
C C/E Ebdim Dm7 C
Don’t get around much anymore

C Dm7 Ebdim C/E
Thought I visit the club
A Bm7 Ebdim A7/C#
Got as far as the door
D7    G7
They have asked me about you
C C/E Ebdim Dm7 C Gm7 C7
Don’t get around much anymore

F6     Bb9     Cmaj7     C7
Well darling I guess my mind’s more at ease
C7#5 D7 F#m7 B7 Em7 Ebdim D7 G7
But nevertheless I stir up memories

Been invited on dates
Might have gone but what for
Awfully different without you
Don’t get around much anymore

Well darling I guess my mind’s more at ease
But nevertheless I stir up memories

Missed the dance again
Might have gone but what for
Awfully different without you
Don’t get around much anymore


Crackin’ Up

作詞作曲:Ellas McDaniel
収録時間:(1)3分53秒 (2)50秒
収録アルバム:(1)CHOBA B CCCP (2)Tripping The Live Fantastic
収録シングル:なし

オリジナルはボ・ディドリー。ローリング・ストーンズやヤードバーズがカバーしたことでスタンダード曲となった。特にローリング・ストーンズのロン・ウッドとボ・ディドリーの共演が有名。
ポールは、1987年のアルバム『CHOBA B CCCP』のセッションでレコーディングして公式に発表したが、1989-90年のゲット・バックツアーや、1993年のニューワールド・ツアーのサウンドチェックで好んで演奏した。1993年11月18日福岡公演のサウンドチェックでも演奏されたことがある。ライブ・アルバム『Tripping The Live Fantastic』にも収録した。ただしこのアルバムに収録されたバージョンは、1コーラスだけで終わる。完全版は、ポールがDJを担当したラジオ番組『Oobu Joobu』1995年7月3日放送の第8回で聴くことができる(以下のブート(4)参照)。ポールはどのバージョンでもギターを弾いている。
また、(3)1980年10月に行われたウィングスのリハーサルでも、この曲を演奏している。

(1)1980年10月ウィングス・リハーサル
Ballroom Dancing (Orange — Orange 021)
(2)1993年ツアー・サウンドチェック
Oobu Joobu Part 8 (Yellow Cat Records — YC 052)

(1)
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Electric guitar
Nick Garvey: Bass, Backing Vocal
Henry Spinetti: Drums
Mick Gallagher: Keyboards
録音スタジオ:The Mill, Hog Hill, Sussex
録音日:1987.7.21
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Peter Henderson
イギリス発売日:1991.11.30
アメリカ発売日:1991.10.29
日本発売日:1991.10.23

(2)
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Electric Guitar
Linda McCartney: Keyboards, Backing Vocal
Paul “Wix” Wickens: Keyboards, Backing Vocal
Chris Whitten: Drums
Robbie Mclntosh: Electric Guitar, Backing Vocal
Hamish Stuart: Bass, Backing Vocal
録音スタジオ:rehearsal from Los Angels
録音日:1989.11.23
プロデューサー:Paul McCartney, Bob Clearmountain, Peter Henderson
エンジニア:Bob Clearmountain
イギリス発売日:1990.11.5
アメリカ発売日:1990.11.6
日本発売日:1990.11.5

歌詞・コード
E A B7 E A B7 E A B7 E A B7

E                  A         B7 E A B7
You’re always karkin’ ‘bout the money I spent,
E                   A        B7 E A B7
You never quit screamin’ ‘bout payin’ the rent.

E            A     B7
Quit buggin’ me, yeah, yeah.
E    A    B7
He’s crackin’ up, yeah, yeah.
E    A    B7
He’s crackin’ up, yeah, yeah.
E          A     B7
He’s crackin’ up, I’m crackin’ up, baby.

I do your laundry and your cooking too
Well what for a woman can a man like me do

Give me your man, yeah, yeah.
He’s crackin’ up, yeah, yeah.
He’s crackin’ up, yeah, yeah.
He’s crackin’ up, I’m crackin’ up, baby.

You’re always hollering about where I’ve been
You’re always screaming about the money I spent

I’m all fed up, yeah, yeah.
He’s crackin’ up, yeah, yeah.
He’s crackin’ up, yeah, yeah.
He’s crackin’ up, I’m crackin’ up, baby.

I spoiled you woman a long time ago
I used to cook your meals I brang ‘em to your home

I’m all fed up, yeah, yeah.
He’s crackin’ up, yeah, yeah.
He’s crackin’ up, yeah, yeah.
He’s crackin’ up, I’m crackin’ up, baby.

(c) Tristan Music


Bring It On Home To Me

作詞作曲:Sam Cooke
収録時間:3分12秒
収録アルバム:CHOBA B CCCP
収録シングル:なし

1962年にサム・クックが放った全米No.1ヒット。数多くのアーティストがカバーしており、その中には、アニマルズ、ロッド・スチュアート、ジョン・レノンなどがいる。ジョン・レノンはアルバム『Rock’n’roll』でカバーしているが、ポールの方がオリジナルに忠実なスローテンポのアレンジとなっている。
ポールはツアーのサウンドチェックでもこの曲をよく演奏しており、特に1989-90年のゲットバック・ツアーと、1993年の「The New World Tour」の時期に演奏していた。1993年11月14日東京ドームでのサウンドチェックで演奏する様子は、後にテレビ番組でも放送された。
サウンドチェックの演奏は、ライン録音だと以下のブートで聴くことができる。

(1)1991年9月25日リハーサル、TV番組『In Concert 91』で放送
Always Back To You (No Label Records — NLR 9911)
(2)1993年
Oobu Joobu Part 15 (Yellow Cat Records — YC 059)
(3)1993年5月23日ミネアポリスでのリハーサル
Oobu Joobu Part 5 (Yellow Cat Records — YC 049)
(3)1993年11月14日東京ドームリハーサル
Magical Mystery Tokyo (Pluto Records — PLR CD 9406)
Paul Is Vision 1 (Sandwich — piv 002)
Tokyo Dome 1993. The Master Tape Version (DVD) (MPL Films Japan — 2002 MPL)

演奏:
Paul McCartney: Vocal & Bass
Mick Green: Electric guitar
Chris Whitten: Drums
Mick Gallagher: Piano
録音スタジオ:Hog-Hill Studio, Sussex
録音日:1987.7.20
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Peter Henderson
イギリス発売日:1991.11.30
アメリカ発売日:1991.10.29
日本発売日:1991.10.23

歌詞・コード
G           D
If you ever change your mind
G    G7      C
About leaving, leaving me behind
G         D           C
Ooh, you better bring it to me, bring your sweet loving
D            G     C    G D
Bring it on home to me yeah, yeah, yeah

You know I laughed when you left
But now I know I’ve only hurt myself
Ooh, you better bring it to me, bring your sweet loving
Bring it on home to me yeah, yeah, yeah

I’ll give you jewellery, and money too
And that’s not all I, all I do for you
Ooh, you better bring it to me, bring your sweet loving
Bring it on home to me yeah, yeah, yeah

You know I’ll always be your slave
Until I’m dead and buried in my grave
Ooh, you better bring it to me, bring your sweet loving
Bring it on home to me yeah, yeah, yeah

If you ever change your mind
About leaving, leaving me behind
Ooh, you better bring it to me, bring your sweet loving
Bring it on home to me yeah, yeah, yeah

(c) Abcko Music


Ain’t That A Shame

作詞作曲:Bartholomew/ Domino
収録時間:(1)3分42秒 (2)2分41秒
収録アルバム:(1)CHOBA B CCCP – the russian album (2)Tripping the Live Fantastic
収録シングル:(1)My Brave Face

ファッツ・ドミノが1955年に発表した曲で、スタンダードナンバーとなっている曲。
ポールは1988年に旧ソ連のみで限定発売(後1991年に他国でも発売)したロックンロールのカバーアルバム『CHOBA B CCCP』のセッションで演奏し、また、1989~90年のワールドツアー(通称「ゲットバックツアー」)で演奏した。シングル『My Brave Face』に収録されている。
ライブ盤『Tripping the Live Fantastic』には、1990年3月9日東京ドームでの演奏が収録されている。
1991年に放送されたアメリカの番組「In Concert」では、この日の演奏の様子が放送された。
また、CDとしては発売されていないが、ゲットバックツアーのリハーサルを収めたドキュメンタリービデオ『Put It There』でも、この曲のリハーサルの様子が収録されている。ビデオでは完奏バージョンで収録されているが、残念ながらDVDでは途中の演奏はカットされている。
ジョン・レノンもロックンロールのカバーアルバム『Rock’n’Roll』でこの曲を演奏しているが、ポールの方がオリジナルに忠実である。ただし、オリジナルのキー(B♭)よりも上げて演奏している(キー:E)のに注目される。

(1)
演奏:
Paul McCartney: Vocal,Guitar
Nick Garvey: Bass
Henry Spinetti: Drums
Mick Gallagher: Piano
録音スタジオ:Hog-Hill Studio, Sussex
録音日:1987.6.21
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Peter Henderson
イギリス発売日:1989.5.8
アメリカ発売日:1989.5.8
日本発売日:1989.6.7

(2)
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Piano
Linda McCartney: Keyboard, Backing Vocal
Paul “Wix” Wickens: Piano, Backing Vocal
Chris Whitten: Drums
Robbie Mclntosh: Electric Guitar, Backing Vocal
Hamish Stuart: Bass, Backing Vocal
録音スタジオ:Live version from Tokyo
録音日:1990.3.8
プロデューサー:Paul McCartney, Bob Clearmountain & Peter Henderson
エンジニア:Bob Clearmountain
イギリス発売日:1990.11.5
アメリカ発売日:1990.11.6
日本発売日:1990.11.5

歌詞・コード
E
You made me cry when you said goodbye.
A
Ain’t that a shame,
E
Oh my tears fell like rain.
A
Ain’t that a shame,
B7
You’re the one to blame.

You broke my heart when you said we’d part.
Ain’t that a shame,
Oh my tears fell like rain.
Ain’t that a shame,
You’re the one to blame.

You’re the one to blame.

You made me cry when you said goodbye.
Ain’t that a shame,
Oh my tears fell like rain.
Ain’t that a shame,
You’re the one to blame.

Oh well good goodbye although I’m gonna cry.
Ain’t that a shame,
Oh my tears fell like rain.
Ain’t that a shame,
You’re the one to blame.

(c) Francis Day & Hunter Ltd.