ポール・マッカートニーのファンサイト(非公認)。ポール・マッカートニーやビートルズの最新ニュース、アルバム・楽曲の解説、ライブ・ツアー記録、新譜・テレビ放送等。

1989 Flowers In The Dirt

Flying To My Home

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:4分13秒
収録アルバム:Flowers In The Dirt (bonus track)
収録シングル:My Brave Face (7″, 12″, CD, Extended CD, Cassette)

アルバム『Flowers In The Dirt』からの第1弾シングル「My Brave Face」のB面曲。シングル「My Bracve Face」はいろいろなフォーマットで発売されたが、全てのフォーマットに収録されている。
ポールが鼻の掛かったような風変わりなボーカルを聴かせる。イントロ部分がアカペラで始まった後、ストレートなロックに転換する。ロック部分は、ビートルズのアレンジに近い。アカペラ部分はビーチボーイズのブライアン・ウィルソンに影響を受けているようだ。
ほとんどの楽器をポールが演奏しているが、1989-90年のゲットバック・ツアーでのバック・バンドのメンバーのうち、ギターのヘイミッシュ・スチュアートとドラムのクリス・ウィットンがレコーディングに参加した。ドラマーのクリス・ウィットンは、アコーディオン、シンセサイザーも演奏している。
発売後しばらくはシングルにしか収録されていなかったが、1993年にアルバム『Flowers In The Dirt』が再発された時にボーナストラックとして収録された。
コンサートが終わるとすぐに飛行機で帰宅するというポールらしい歌詞であるが、主にリンダのことを歌っているようだ。

演奏:
Paul McCartney: Lead vocal, Guitars, Autoharp, Bass, Drums, Keyboards, Organ, Percussion
Hamish Stuart: Rhythm Guitar, Slide Guitar, Backing Vocal, Synthesiser
Chris Whitten: Drums, Backing Vocal, Accordion, Synthesiser
Linda McCartney: Backing Vocal
録音スタジオ:The Mill, Hog Hill, Sussex
録音日:1988.4-6
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Geoff Emeric, Matt Butler
イギリス発売日:1989.5.8
アメリカ発売日:1989.5.8
日本発売日:1989.6.7

歌詞・コード

Dmaj7     Gmaj7
Flying to my home,
A      Gmaj7 D
Flying to my home.

D A G D A G

D       A    G    D
The sun is fading in the west,
D         A      G
out where the cattle roam.
D       A     G       D
I’m like a bird at the end of the day,
D        Bm
flying to my home.
A          G        A
I’m flying to my home, sweet majesty,
D
I’m flying to my home.

The sky is like a painted flag,
above a sea of chrome.
I’ve got a woman living in my life,
living in my home.
I’m flying to my home, sweet majesty,
I’m flying to my home.

G
I haven’t been back so long
D
I dont know if I’m going to recognize it.
G
They gave the old place a new face
A
And I’m going to take some time to size the situation up.

The sun is fading in the west,
out where the cattle roam.
I’ve got a woman living in my life,
living in my home.
I’m flying to my home, sweet majesty,
I’m flying to my home.

I haven’t been back so long
I dont know if I’m going to recognize it.
They gave the old place a new face
And I’m going to take some time to size the situation up.

D         Bm
I’m flying to my home,
A           G
I’m flying to my home,
D         Bm
I’m flying to my home,
A         G         A
I’m flying to my home, sweet majesty,
D
I’m flying to my home.
I’m flying to my home,
I’m flying to my home.

(c) 1989 MPL Communications, Ltd. Administered by MPL Communications, Inc.

 

Figure Of Eight

figure1 figure2 figure3 figure4 figure5

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:(1)3分23秒 (2)5分16秒 (3)4分3秒 (4)5分33秒
収録アルバム:(1)Flowers In The Dirt (4)Tripping The Live Fantastic!!
収録シングル:(2)Figure Of Eight (7″, 12″, cassette, 3″CD) (3)Figure Of Eight (5″ CD)

アルバム『Flowers In The Dirt』からの第3段シングル。1989-90年のワールドツアー「ゲットバック・ツアー」のオープニングを飾った曲。ツアーのオープニング・フィルムの終了と共に、「NOW」という文字をバックにしてポールが登場し、この曲の演奏を開始するという姿に感動を覚えたファンも多い。ツアーのオープニングに当時の新曲を持ってきたということは、ポールも当時のニューアルバム『Flowers In The Dirt』に自信を持っていたのであろう。
アルバム『Flowers In The Dirt』に収録されたバージョンと、シングルで発売されたバージョンは別録音で全く異なる。
アルバム収録バージョンは、「Rough Ride」と同じ演奏メンバーにドラムのクリス・ウィットンを加えて、トレバー・ホーンとスティーブ・リプソンのプロデュースによりレコーディングされた。ライブ感覚を保持するため、クリスのドラムをバックに、ポールはベースとボーカルを同時に録音したが、ベースのミスタッチが多かったため、ベース・パートは後ほど再レコーディングされた。元々ボーカルのキーが高かったため、キーを下げて録音された。ポールのボーカルやエンディングなど、ラフな部分が多い演奏である。
「このアルバムで僕にとって興味のあることと言えば、完全主義の人達と仕事することなんだ。僕はそういうやり方に必ずしも感服しないから、みんなに、エンディングの方法を決めないで、ラフな形でやるように指示するんだ。」(ポール)
アルバムに収録されたのは、オリジナル・バージョンより多少編集されており、オリジナル・バージョンは、以下のブートで聴くことができる。

(5)スタジオ・コンプリート・バージョン
Pizza And Fairy Tales (Disc 2) (Vigotone — VT-190)
Return To Lindiana (Label Unknown)

一方、アルバムの第3弾シングルとして発売が決定したのを受け、この曲をツアーのリハーサル中に、ツアー・バンドのメンバーとスコットランドのスタジオで、キーボードのポール・ウィックス・ウィッケンズの主導のもとで再録音した。
新たにレコーディングされたこのバージョンは、まず、クリス・ヒュージによってリミックスされ、そのリミックス・バージョンを、ボブ・クリアマウンテンが1989年9月12日にアイランド・スタジオでリミックスした。
シングルとしては、オリジナルの5分16秒のバージョンと、これを編集した4分3秒のバージョンが出回っており、それぞれ、7インチ、12インチレコード、3インチCD、5インチCD、プロモ盤と、多種多様なフォーマットで発売された。
シングルとしては、全英42位、全米92位。ヒットには至らなかった。
この曲のプロモーション・ビデオも撮影され、3バージョン存在する。バージョン1とバージョン2は、VIVID Productionのルーク・ロエクのプロデュース、アンディ・モラハン監督によるもので、1989年10月29,30日のチューリッヒ公演の映像に、シングルの音を被せたものである。また、ライブ・バージョンのプロモビデオも作成され、1990年1月17日のウェンブリー公演の音源を元に、数カ所の演奏の映像を被せている。

この曲のライブ・バージョンは、以下のブートで聴くことができる。各地の公演の様子を伝えるニュース映像でも、各地でのこの曲の演奏シーンが使われている。

(6)1990年1月23日ロンドン公演
Welcome To Wombley – CD 1 (Voxx — VOXX 0003-01)
(7)1990年4月1日バークレー公演
Berkeley Concert 1990 (CD 2) (Yellow Cat Records — YC 008)
A Dream Apart (Big Music — BIG028)
(8)1990年4月20日リオ公演
Live On TV In Rio – Part 1 (Ram Records — RAM 007)

(1)
演奏:
Paul McCartney: Lead vocal, Harmonies, Bass, Celeste, Electric Guitar, Acoustic Guitar, Tambourine, Hand Claps
Steve Lipson: Computer Programing, Guitar
Trevor Horn: Keyboards, Hand Claps
Chris Whitten: Drums, Hand Claps
Linda McCartney: Mine Moog, Hand Claps
録音スタジオ:The Mill, Hog Hill, Sussex, Sunset Sound Factory, LA
録音日:1989
プロデューサー:Trevor Horn, Paul McCartney, Steve Lipson
エンジニア:Steve Lipson, Heff Moraes
イギリス発売日:1989.6.5
アメリカ発売日:1989.6.6
日本発売日:1989.6.14

(2)(3)
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Bass
Linda McCartney: Vocal Harmonies, Mine Moog
Paul “Wix” Wickens: Keyboards, Backing Vocal
Chris Whitten: Drums
Robbie Mclntosh: Electric Guitar, Backing Vocal
Hamish Stuart: Electric Guitar, Backing Vocal
録音スタジオ:The Mill, Hog Hill, Sussex
録音日:1989.4-5
プロデューサー:Chris Hughes, Paul McCartney, Ross Cullum
エンジニア:Bob Clearmountain
イギリス発売日:1989.11.13
アメリカ発売日:1989.11.14
日本発売日:未発表

(4)
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Bass
Linda McCartney: Vocal Harmonies, Mine Moog
Paul “Wix” Wickens: Keyboards, Backing Vocal
Chris Whitten: Drums
Robbie Mclntosh: Electric Guitar, Backing Vocal
Hamish Stuart: Electric Guitar, Backing Vocal
録音スタジオ:live from Wembley
録音日:1989.1.17
プロデューサー:Paul McCartney, Bob Clearmountain, Peter Henderson
エンジニア:Bob Clearmountain
イギリス発売日:1990.11.5
アメリカ発売日:1990.11.6
日本発売日:1990.11.5

figure_promo1 figure_promo4 figure_promo3 figure_promo2

歌詞・コード
E A E A G F#m E A E A G F#m E

A/E    E
Well you got me dancing in a figure of eight
A/E    E
Don’t know if I’m coming or going, I’m early or late
B         C#m
Round and round the ring I go
A        B
I wanna know, I wanna know

Why can’t we travel a continuous line
Make love a reliable covenant all the time
Up and down the hills I go
I got to know, I got to know

A     B
Is it better to love one another
G#m7         Amaj7/C#
Than to go for a walk in the dark
A     B             G#m7 B Emaj9
Is it better to love than to give in to hate
A          B
Yeah we’d better take good care of each other
G#m7      Amaj7/C#
Avoid slipping back off the straight and narrow
F#m7            B
It’s better by far than getting stuck
E A E A G F#m E A E A G F#m
In a figure of eight

Well figure it out for yourself little girl
It don’t go nowhere at all
It’s nothing more than a tape loop
In a big dance hall

You’ve got me running in a figure of eight
Don’t know if I’m coming or going, I’m early or late
Round and round that little ring I go
I wanna know, I wanna know

Is it better to love one another
Than to go for a walk in the dark
Is it better to love than to give in to hate
Yeah we’d better take good care of one another
Avoid slipping back off the straight and narrow
It’s better by far than getting stuck
In a figure of eight

(c) 1989 MPL Communications Ltd. Administered by MPL Communications, Inc.

Don’t Be Careless Love

作詞作曲:Paul McCartney, Declan Patrick MacManus
収録時間:3分17秒
収録アルバム:Flowers In The Dirt
収録シングル:なし

ポールとエルヴィス・コステロとの共作曲。ラブ・ソングでありながら、少し不気味な内容を包含する歌詞とは裏腹に、穏やかなメロディーや曲調が印象的な曲。当初、エルヴィス・コステロとこの曲のレコーディングを行ったが、アルバム『Flowers In The Dirt』内の次曲である「That Day Is Done」と同様に、1988年10月28日と29日に、ロスの Sunset Sound Factory のスタジオBで、キーボディストのミッチェル・フルームと再録音を行った。その時にオーバーダブに参加したのは、ヘイミッシュ・スチュアートと、アルバム『Press To Play』でタイムキーパーを担当したジェリー・マロッタである。
しかし、冒頭のポール、エルヴィス、ヘイミッシュ・スチュアートによるコーラスワークはそのまま採用することとなった。
「僕とエルビスでレコーディングしていいテープが出来たんだけど完成はしなかった。それでミッチェルと再録音したんだけど、ほとんどエルビスと作ったテイクを使っている。ボーカルは気に入っていたから、ほんのちょっと整えればよかったんだ。」(ポール)
エルヴィス・コステロと録音したアコースティック・ギターの演奏によるデモ・テープも発見されており、以下のブートで聴くことができる。

Paul McCartney & Elvis Costello: The McCartney/McManus Collaboration (Vigotone — VT 174)

演奏:
Paul McCartney: Lead Vocal, Harmonies, Bass, Acoustic guitar, Tambourine, Finger Snaps
Hamish Stuart: Guitar, Harmonies, Tambourine
Chris Whitten: Drums, Harmonies
Mitchell Froom: Keyboards
Elvis Costello: Keyboards, Harmonies
録音スタジオ:The Mill, Hog Hill, Sussex, Sunset Sound Factory, LA
録音日:1988.7-8, 1988.10.28-29
プロデューサー:Paul McCartney, Mitchell Froom, Neil Dorfsman
エンジニア:Peter Henderson, Tchad Black, Richard Moakes
イギリス発売日:1989.6.5
アメリカ発売日:1989.6.6
日本発売日:1989.6.14

歌詞・コード

D    A       D    G/A    D7
Burn the midnight lamp down until the dawn
Em          B7            Em Asus4 A
I’ll keep watch until I’m sure you’re coming home
D         A           D
Shadows play and flicker on the bedroom wall
D7          Em
They turn into a bad dream overnight
B7               Em
Something could be terribly wrong

A         C#m
Don’t be careless love
C      Bm
Don’t be careless love
F#m             C#m
Don’t be, don’t be careless love

C#m
In my dreams you’re running nowhere
C                Bm
Every step you’ve taken turns to glue
F#m
Walking down a spiral staircase
Falling through, falling through

G      C      G
Don’t be careless love
F     Em A
Don’t be careless love

The lamp burns down and out
I’m getting pretty tired of this
I feel so bad, something must be going amiss
I won’t be there so look out for yourself
You’re getting in deep whatever you do
Don’t let me go back to sleep

Don’t be careless love
Don’t be careless love
Don’t be, don’t be careless love

Saw your face in the morning paper
Saw your body rolled up in a rug
Chopped up into two little pieces
By some thug
Don’t be careless love, be careless love

But in the morning light
When I wake up again, you’re by my side
And that’s the way it’s always been
But in the dark your mind plays funny tricks on you
A             D
Your mind plays funny tricks on you
A             C#m
Your mind plays funny tricks on you
C      Bm Bb Gm D
Don’t be careless love

(c) 1989 MPL Communications Ltd. and Plangent Visions Music Ltd. Administered by MPL Communications, Inc. and Plangent Visions Music, Inc.

 

(c)Jash http://pmccartney.com

Distractions

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:4分38秒
収録アルバム:Flowers In The Dirt
収録シングル:なし

題名「Distraction」(動揺)という通り、ポールの日常生活における悩みや葛藤などがテーマとなっている。
「よく人からこう聞かれるんだ。『君が何故悩むことがあるんだ? 君は金持ちじゃないか!』 みんなの夢だと思うよ。僕も学生の時は思っていた。たくさんのお金を稼いで金持ちになって、毎日ずっと休日なんだ。でも、実際にそうなったら、人生うまくいかないって分かるよ。おもしろくとも何ともない。そして『僕は何をしているんだろう?』って思うよ。」(ポール)
このように、ポールの日常生活の葛藤が歌詞に現れているが、それをリンダに対する愛情を表現するための隠喩として用いている。
この曲のオーケストラ・アレンジは、クレア・フィッシャーが担当した。ポールは、プリンスのペイズリー・パーク・レーベルから出たザ・ファミリーのオーケストラ・アレンジをいたく気に入り、このアレンジを担当したクレア・フィッシャーに直接アレンジすることを依頼したという。
演奏部分のベーシック・トラックは、1989年からのワールド・ツアーにも参加したヘイミッシュ・シチュアートとクリス・ウィットンとで1988年夏にスコットランドのスタジオで行い、オーケストラ・アレンジは、14本のバイオリン、4本のビオラ、2本のチェロ、1本のウッド・ベースを用いて、1988年11月1日午後2時から5時のセッションで、カリフォルニアの Chick’s Corea’s Mad Hatter Studios で行われた。オーケストラ・アレンジを聞いたポールは「まさにハリウッドって感じだね。ドリス・トロイの映画みたいだ。」と言ったという。
同日、ポールとエルヴィス・コステロの共作曲「The Lovers That Never Were」のオーケストラ・セクションも録音されたが、結局このアレンジはリリースされなかった。
当初、アルバム『Flowers In The Dirt』からの第3弾シングルとして、1989年9月25日に発売される予定であったが中止となり、第3弾シングルは「Figure Of Eight」となった。そのため、プロモーション・ビデオも制作され、公式ビデオ『Put It There』に収録されている。プロモーション・ビデオのバージョンは、アルバム『Flowers In The Dirt』に収録されているものとは若干ミックスが異なる。
1989年6月8日に収録されたスペインのテレビ番組『La Luna』でこの曲の演奏が放送される予定であり、リハーサルでも演奏したが、結局は放送されなかった。

distraction_promo1 distraction_promo2

演奏:
Paul McCartney: Lead vocal, Bass, Harmonies, Percussion, Solo Guitar
Hamish Stuart: Acoustic Guitar, Harmonies
Chris Whitten: Drums, Purcussion
Linda McCartney: Harmonies
Clare Fischer: Orchestration
録音スタジオ:The Mill, Hog Hill, Sussex, Chick’s Corea’s Mad Hatter Studios, CA
録音日:1988.7-8, 1988.11.1
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Geoff Emerick, Arne Frager, Matt Butler,Neil Dorfsman
イギリス発売日:1989.6.5
アメリカ発売日:1989.6.6
日本発売日:1989.6.14

歌詞・コード
Gm F#m Fm Gm Eb7/G Eo/G Cm/G Gm D-9 Fmaj7 Db/Cb

Gm7         Am7       A7      Dm
What is this thing in life that persuades me to spend
Gm7
Time away from you
Am7      A7     Dmadd9 Amadd9
If you can answer this you can have the moon
Gm7         Am7   A7     Dm
This is the place to be, anyway you can see
Gm7
There’s a lovely view
Am7    A7
Why are there always so many other things to do

Dmaj7 Em7/D Dmaj7

Bb       Eb        F          Gm7
Distractions, like butterflies, are buzzing ‘round my head
Eb      F
When I’m alone, I think of you
Gm7             Eb
And the life we’d lead if we could only be free
F    Bb       Eb F Gm9 Dm7
From these distractions

The postman’s at the door while the telephone rings
On the kitchen wall
Pretend we’re not at home and they’ll disappear
I want to be with you, tell me what I can do
Nothing is too small
Away from all this jazz we could do anything for all

Distractions, like butterflies, are buzzing ‘round my head
When I’m alone, I think of you
And the life we’d lead if we could only be through
With these distractions

Am9 Bm7 B7 Em Am7 Am9 Bm7 B7 Em Am9 Bm7 B7

Em Am7 Gm9 Db7-5

I’ll find a peaceful place far away from the noise
Of a busy day
Where we can spend our nights counting shooting stars

Distractions, like butterflies, are buzzing ‘round my head
When I’m alone, I think of you
And the life we’d lead if we could only be through
With these distractions
Like butterflies, are buzzing ‘round my head
When I’m alone, I think of you
And the life we’d lead if we could only be free
Bbadd9
From these distractions

(c) 1989 MPL Communications Ltd. Administered by MPL Communications, Inc.

Back On My Feet

作詞作曲:Paul McCartney, Declan Patrick MacManus
収録時間:4分21秒
収録アルバム:Flowers In The Dirt (bonus track)
収録シングル:Once Upon A Long Ago

1987年に発売されたベスト・アルバム『All The Best』に合わせて発売されたシングル「Once Upon A Long Ago」のB面に収録された曲。1987年頃から共作活動を始めたエルヴィス・コステロとの共作曲の中で、一番最初にリリースされたものである。
ポールとエルヴィス・コステロは、1982年にポールがアルバム『Tug Of War』をレコーディングしている時にロンドンのAIRスタジオで初めて出会い、1987年頃からロンドンのMPLオフィスで落ち合い、曲を一緒に書き始めたようだ。
この曲のメロディーは既にポールが作り上げていたが、歌詞の仕上げ部分をエルヴィス・コステロが手伝い、1987年3月9日にバック・トラックをレコーディングしてこの曲を仕上げた。
フィル・ラモーンのプロデュースのもと、通称『The Lost Pepperland Album』のレコーディング・セッションで録音された曲の1つ。
1993年に再発されたアルバム『Flowers In The Dirt』のボーナス・トラックに収録された。

演奏:
Paul McCartney: Guitars, Bass, Keyboards, Vocal
Tim Renwicks: Guitar
Nick Glennie-Smith: Keyboards
Charlie Mogan: Drums
Linda McCartney: Backing Vocals
録音スタジオ:The Mill, Sussex, England
録音日:1987.3.9
プロデューサー:Phil Ramone
エンジニア:Jon Jacobs, Steve Lyon, Heff Moraes
イギリス発売日:1987.11.16
アメリカ発売日:未発売
日本発売日:1987.12.5

歌詞
How many days will the wet weather last?
I want to know will the clouds
When they roll back
Reveal a man in an old mac
Living on a park bench
Sitting on his own?

Cut to the rain as it runs down the glass
Eventually through the lightning and thunder
We see a man going under
This is how it happens
This is what he said

I don’t need love
Though temptation is sweet
Give me your hand
‘Til I’m back on my feet
You’re always telling me about my misery
I’ve seen things you’ll never see
Don’t pity me

Focus in on the breath of a man
Who takes a brown paper bag
From his knapsack
Between his whispers and wise cracks
He’s looking for permission
Screaming at the sky

I don’t need love
though temptation is sweet
Give me your hand
‘Til I’m back on my feet
You’re always telling me about my misery
I’ve seen things you’ll never see
Don’t pity me

I’ll be right again
Be upright without you
I’ll stand up again
Kick up a fuss again too

Cut back again to a girl walking by
Until the feet that are all shoes and no socks
Climb an invisible soap box
Laughing at the traffic
Shouting at the world

I don’t need love
though temptation is sweet
Give me your hand
‘Til I’m back on my feet
You’re always telling me about my misery
I’ve seen things you’ll never see
Don’t pity me

I’ll stand up again
Kick up a fuss again too
I’ll be right again
Be upright without you

We see a life through the eyes of a man
As he live and he dies
By a simple tattoo

I’ll be back again
When I land on my feet
I’ll stand up again
Kick up a fuss again, wouldn’t you

Well there you go, though we tried hard to know him
It’s there on his face
He’s a case where there’s clearly no hope

Give me your hand again
‘Til I land again

His face starts to fade
As we pull down the shade
And the picture we made
Is in glorious cinemascope

I’ll be back…