ポール・マッカートニーのファンサイト(非公認)。ポール・マッカートニーやビートルズの最新ニュース、アルバム・楽曲の解説、ライブ・ツアー記録、新譜・テレビ放送等。

1990Tripping the Live Fantastic highlights

The Fool On The Hill

作詞作曲:John Lennon, Paul McCartney
収録時間:(1)5分1秒 (2)3分9秒
収録アルバム:(1)Tripping The Live Fantastic, Tripping The Live Fantastic Hightlights (2)Back In The U.S., Back In The World
収録シングル:なし

ビートルズ時代の1967年に、アルバム(イギリスではEP)『Magical Mystery Tour』で発表した曲。丘の上に建つ世捨て人のことを歌った歌であるが、正論を説くが世の中から相手にされない偉人を隠喩としていると歌詞から推測できる。
ポールはこの曲をウィングス時代のライブから取り上げており、ライブで演奏したのは、1979年のウィングス・イギリスツアー、1989-90年のゲットバック・ツアー、そして2002-3年のツアーである。このうち、1989-90年のゲットバック・ツアー、1989-90年のゲットバック・ツアー、そして2002-3年のツアーでの演奏については、公式ライブで発表している。
1979年の演奏の時は、ホーン・セクションがフルートやリコーダーを演奏した神秘的な演奏となっている。1989-90年のゲットバック・ツアーの時は、曲を演奏する前に「この曲を、ジョン、ジョージ、リンゴに捧げます」とコメントし、曲のエンディング部分のリフレインを追加し、そこにマーティン・ルーサー・キング牧師の有名な演説を流した。マーティン・ルーサー・キング牧師を「正論を説く偉人」に重ねているのであろう。
2002-3年のツアーでは、ウィックスのキーボードに合わせて、ポールがエレキ・ピアノ(ポールは「マジック・ピアノ」と呼んでいる)で弾き語りする。この曲を演奏する前に、エレキピアノで幻想的なフレーズを弾き、「マッサージタイム」と言って、ツアーで各地に宿泊した際にマッサージを受けた体験談を話す。その中には、東京でマッサージを受けている時に、マッサージ師のおばあさんが「Yesterday」を歌うというエピソードも含まれている。
公式アルバムに収録されている以外のライブバージョンは、以下のブートで聴くことができる。

(3)1979年12月17日グラスゴー公演
Last Flight – Disc 1 (Vigotone — Vigotone 164)
Glasgow 1979 (Cool Orangesicle — C 3 201)
(3)1990年1月23日ロンドン公演
Welcome To Wombley – CD 1 (Voxx — VOXX 0003-01)
(4)1989年12月9日モントリオール公演、1990年7月15日フィラデルフィア公演、
公式ビデオ『Get Back』
(5)1990年6月28日リバプール公演
Imagine In Liverpool (The Comeback) (Red Phantom — RPCD 1025)
Radio One’s Liverpool Concert June 1990 (FM) (Liverpool Concert) (Goblin Records — CD3004)
(6)1990年7月4日ワシントン公演
Live at Robert F Kennedy Stadium Part2 (Label Unknown)
4th Of July (CD 1) (Yellow Cat Records — YC 009)
Independance Day (Disc 1) (Red Phantom — RPCD 2135/36)
(8)2002年4月24日ワシントン公演
Driving Macca! (Label Unknown)
(9)2002年5月15日タンパ公演
Live In Tampa Florida 2002 (Night Hawk)
(10)2003年5月24日モスクワ公演
The Complete Russia Concert (DVD 2) (Macca Fan Records — MFR 2003)

(1)
演奏:
Paul McCartney: Piano, Vocal
Linda McCartney: Keyboards, Vocal
Paul “Wix” Wickens: Keyboards, Backing Vocal
Chris Whitten: Drums
Robbie Mclntosh; Electric Guitar, Backing Vocal
Hamish Stuart: Bass, Backing Vocal
録音スタジオ:live from Wembley
録音日:1990.1.13
プロデューサー:Paul McCartney, Bob Clearmountain & Peter Henderson
エンジニア:Bob Clearmountain
イギリス発売日:1990.11.5
アメリカ発売日:1990.11.6
日本発売日:1990.11.5

(2)
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Keyboard
Paul “Wix” Wickens: Keyboards
録音スタジオ:live from Washington
録音日:2002.4.23
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:David Kahne
イギリス発売日:2003.3.17
アメリカ発売日:2002.11.26
日本発売日:2002.11.13

歌詞
Day after day alone on a hill the
man with the fool grin is keeping perfectly still, But
nobody wants to know him, they can see that he’s justa fool and
he never gives an answer.

But the fool on the hill sees the sun going down and the
eyes in his head see the world spinning round

Well on the way head in a cloud, the
man of thousand voices talking perfectly loud, But
nobody ever hears him, or the sound he appears to make and
he never seems to notice.

But the fool on the hill sees the sun going down and the
eyes in his head see the world spinning round

Day after day alone on a hill the
man with the foolish grin is keeping perfectly still, And
nobody seems to like him, they can tell what he wants to do and
he never shows his feelings.

But the fool on the hill sees the sun going down and the
eyes in his head see the world spinning round

Day after day alone on a hill the
man with the foolish grin is keeping perfectly still.
He never listens to them he knows that they’re fools
They don’t like him.

But the fool on the hill sees the sun going down and the
eyes in his head see the world spinning round

C Am C

(c)1967 Nothern Songs. Ltd.

※2004年時点の情報です。

 

 

 

 

The End

作詞作曲:John Lennon, Paul McCartney
収録時間:(1)3分17秒 (2)3分31秒
収録アルバム:(1)Tripping The Live Fantastic!!, Trippinng The Live Fantastic Highlights!!! (2)Back In The U.S., Back In The World
収録シングル:なし

ビートルズの実質的な最後のアルバムとなった『Abbey Road』の最後から2曲目に収録されている曲。
このアルバムの壮大なメドレーの最後を飾る曲としてポールが作ったもので、ビートルズの演奏では、リンゴ・スターのドラム・ソロに続き、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、ジョン・レノンの順でリード・ギターが披露される。
最後に登場する歌詞「The love you take is equal to the love you made.」は、ビートルズ解散を意識してポールがファンに向けて書いたものである。
ポールは、1989~90年のゲットバックツアーのリハーサルの時にこの曲を演奏したところ、スタッフの一人が泣きじゃくったので、この曲をステージのレパートリーとして取り入れたというエピソードがある。2002~3年と2004年のツアーでは、コンサートのアンコールの最後の曲として演奏した。
ステージでは、ドラム・ソロの間に、ポールがキーボードを離れギターを抱え、ツアーバンドメンバーとギター・ソロ・バトルを繰り広げる。ギター・ソロはもちろんアドリブで演奏されているため、日によって異なる。この時、キーボードのウィックスがベースの音を演奏して、バンド全体の演奏をカバーしている。
なお、1997年9月15日にロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで開催されたモンセラット島救済コンサートでもこの曲を出演者全員で演奏した。
公式アルバムに収録されている以外の演奏は、以下のブートで聴くことができる。

(3)1990年1月23日ロンドン公演
Welcome To Wombley – CD 1 (Voxx — VOXX 0003-01)
(4)1990年7月15日フィラデルフィア公演
公式ビデオ『Get Back』
(5)1990年6月28日リバプール公演
Imagine In Liverpool (The Comeback) (Red Phantom — RPCD 1025)
Radio One’s Liverpool Concert June 1990 (FM) (Liverpool Concert) (Goblin Records — CD3004)
(6)1990年7月4日ワシントン公演
Live at Robert F Kennedy Stadium Part2 (Label Unknown)
4th Of July (CD 1) (Yellow Cat Records — YC 009)
Independance Day (Disc 1) (Red Phantom — RPCD 2135/36)
(7)1997年9月15日ロンドン・ロイヤル・アルバート・ホール
公式ビデオ・DVD『モンセラット島救済コンサート』
(8)2002年4月24日ワシントン公演
Driving Macca! (Label Unknown)
(9)2002年5月15日タンパ公演
Live In Tampa Florida 2002 (Night Hawk)
(10)2003年5月24日モスクワ公演
The Complete Russia Concert (DVD 2) (Macca Fan Records — MFR 2003)
(11)2004年5月30日マドリード公演
!Viva Espana! CD 2 (Tobacco Kill Records — TKR 006)
(12)2004年6月20日サンクトペテルブルグ公演
San Petersburg Soundboard (CD 2) (Tobacco Kill Records — SPS 2)

(1)
演奏:
Paul McCartney: Piano, Guitar, Vocal
Linda McCartney: Keyboards, Vocal
Paul “Wix” Wickens: Keyboards, Backing Vocal
Chris Whitten: Drums
Robbie Mclntosh: Electric Guitar, Backing Vocal
Hamish Stuart :Bass, Electric Guitar, Backing Vocal
録音スタジオ:live from Tronto, Canada
録音日:1989.12.7
プロデューサー:Paul McCartney, Bob Clearmountain & Peter Henderson
エンジニア:Bob Clearmountain
イギリス発売日:1990.11.5
アメリカ発売日:1990.11.6
日本発売日:1990.11.5

(2)
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Guitar
Rusty Anderson: Backing Vocal, Guitar
Brain Ray: Backing Vocal, Bass, Guitar
Paul “Wix” Wickens: Backing Vocal, Acoustic Guitar
Abe Raboriel Jr.: Backing Vocal, Drums
録音スタジオ:live from Ft.Lauderdale
録音日:2002.5.17
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:David Kahne
イギリス発売日:2003.3.17
アメリカ発売日:2002.11.26
日本発売日:2002.11.13

歌詞・コード

A D B E
Oh Yeah All Right
A          Ebdim    A
Are you gon na be in my dreams tonight

A7 A D7 D7
Love You Love You
A
And in the end
G/A         F      Dm7 G7 C D Eb F C
The love you take is equal to the love you made

(c)1969 Northern Songs

Eleanor Rigby

作詞作曲:John Lennon, Paul McCartney
収録時間:(1)2分12秒 (2)2分36秒 (3)2分17秒
収録アルバム:(1)Give My Regards To Broad Street (2)Tripping The Live Fantastic!! (3)Back In The U.S., Back In The World
収録シングル:なし

オリジナルはビートルズ時代のアルバム『Revolver』に収録されている。曲の大部分はポールが書いたが、歌詞の一部をジョンが手伝っている。Eleanor Rigbyという架空の人物を登場させた物語風の作品。当初、登場人物の名前は、Daisy Hawkins, Lionel Bart, Eleanor Bygravesなどの候補があったという。「リグビーという名前はブリストルにあるショップの窓の上に書かれていた『株式会社リグビー』からとったんだ。エリナーの方は多分、半意識的に当時一緒に仕事をしていたエリナー・ブロンからとった。」(ポール)
ジョンとポールが初めて出会ったウールトン教会の墓地に、Eleanor Rigbyという名前の墓があることは有名。
ポールはこの曲が気に入っているようで、1984年の映画『ヤァ!ブロードストリート』のために再演した。ビートルズのオリジナルは弦楽八重奏をバックに歌っていたが、映画の再演では、アコースティックギターを弾きながら、弦楽四重奏をバックに歌った。映画ではこの曲に続いて、メドレー形式でクラシック作品に仕上げた「Eleanor’s Dream」に繋がる。
中止になった1980年の日本公演で演奏する予定であったが、初めてライブで披露したのは、1989~90年のゲットバック・ツアーの時である。この時はキーボードのウィックスがシンセサイザーで奏でるストリングスをバックに、アコースティックギターを弾きながら歌った。オリジナルよりもテンポは少し遅い。
2002~2003年のワールド・ツアー、2004年の「04 Summer」ツアーの時も同じ編成でライブ演奏している。
公式発表されなかった音源は、以下のブートで聴くことができる。

(4)1989年12月9日モントリオール公演
公式ビデオ『Get Back』
(5)1990年1月23日ロンドン公演
Welcome To Wombley – CD 2 (Voxx — VOXX 0003-02)
(6)1990年4月1日バークレー公演
Berkeley Concert 1990 (CD 2) (Yellow Cat Records — YC 008)
A Dream Apart (Big Music — BIG028)
(7)1990年4月20日リオ公演
Live On TV In Rio – Part 1 (Ram Records — RAM 007)
(8)1990年6月28日リバプール公演
Imagine In Liverpool (The Comeback) (Red Phantom — RPCD 1025)
Radio One’s Liverpool Concert June 1990 (FM) (Liverpool Concert) (Goblin Records — CD3004)
(9)1990年7月4日ワシントン公演
Live at Robert F Kennedy Stadium Part2 (Label Unknown)
4th Of July (CD 1) (Yellow Cat Records — YC 009)
Independance Day (Disc 1) (Red Phantom — RPCD 2135/36)
(10)1995年3月23日ロンドン・セントジェイムス宮殿 “An Evening With Paul McCartney & Friends”.
The Alternate Revolver – Solo (Pear Records — PCD 006)
A Royal Command Performance (Cool Orangesicle — C3-203)
A Royal Performance (Strawberry Records — STR 005)
New Moon Over Macca Vol. 6 (Madman — MM-1004-6)
(11)2002年4月24日ワシントン公演
Driving Macca! (Label Unknown)
(12)2002年5月15日タンパ公演
Live In Tampa Florida 2002 (Night Hawk)
(13)2003年5月24日モスクワ公演
The Complete Russia Concert (DVD 2) (Macca Fan Records — MFR 2003)
(14)2004年5月30日マドリード公演
!Viva Espana! CD 2 (Tobacco Kill Records — TKR 006)
(15)2004年6月20日サンクトペテルブルグ公演
San Petersburg Soundboard (CD 2) (Tobacco Kill Records — SPS 2)

(1)
演奏:
Paul McCartney: Acoustic guitar, Vocal
Gabriell String Quartet
Kenneth Sillito: Leader, Brendan O’Reilly: Violin, Ian Jewel: Viola, Keith Harvey: Cello
録音スタジオ:AIR Studio, Abbey Road Studiom CTS Studio, London
録音日:1982.12-1984.7
プロデューサー:George Martin
エンジニア:Geoff Emerick, Jon Jacobs, Jon Kelly, Stuart Breed
イギリス発売日:1984.10.22
アメリカ発売日:1984.10.22
日本発売日:1984.10.22

(2)
演奏:
Paul McCartney: Acoustic guitar, Vocal
Paul “Wix” Wickens: Keyboards
録音スタジオ:live from Worcester
録音日:1990.2.8
プロデューサー:Paul McCartney, Bob Clearmountain & Peter Henderson
エンジニア:Bob Clearmountain
イギリス発売日:1990.11.5
アメリカ発売日:1990.11.6
日本発売日:1990.11.5

(3)
演奏:
Paul McCartney: Acoustic guitar, Vocal
Paul “Wix” Wickens: Keyboards
録音スタジオ:live from Denver
録音日:2002.5.7
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:David Kahne
イギリス発売日:2003.3.17
アメリカ発売日:2002.11.26
日本発売日:2002.11.13

歌詞・コード
C            Em
Ah, look at all the lonely people
Ah, look at all the lonely people

Em
Eleanor Rigby picks up the rice in the church
C
Where a wedding has been
Em
Lives in a dream
Waits at the window, wearing the face that she keeps
Em7    C
In a jar by the door
Em
Who is it for

Em7      Em6     Em(b6)     Em
All the lonely people, where do they all come from
Em7      Em6     Em(b6)     Em
All the lonely people, where do they all belong

Father McKenzie, writing the words of a sermon
That no one will hear
No one comes near
Look at him working, darning his socks in the night
When there’s nobody there
What does he care

All the lonely people, where do they all come from
All the lonely people, where do they all belong

Ah, look at all the lonely people
Ah, look at all the lonely people

Eleanor Rigby, died in the church and was buried
Along with her name
Nobody came
Father McKenzie, wiping the dirt from his hands
As he walks from the grave
No one was saved

All the lonely people, where do they all come from
All the lonely people, where do they all belong

(c) 1966 Northern Songs









Don’t Let The Sun Catch You Cryin’

作詞作曲:Joe Greene
収録時間:(1)4分31秒
収録アルバム:Tripping the Live Fantastic
収録シングル:なし

レイ・チャールズのカバー。ライブアルバム『Tripping The Live Fantastic!』に収録されたのは、1989年12月9日にカナダ・モントリオール公演のリハーサルで演奏されたテイク。ビートルズのデビュー前からのレパートリーであり、ビートルズの1969年ゲットバック・セッションでも演奏し、ポールがボーカルを取っていた。
レイ・チャールズとまではいかないが、ハスキーでブルージーなボーカルを披露している。マージー・サウンドのバンドとしてビートルズと同時期に活動したザ・ペイスメーカーズも同名曲を発表しているが、別の曲である。
ポールがリハーサルやサウンドチェックでよく演奏する曲で、公式ライブ盤以外にも、以下のブートでリハーサル音源を見ることができる。1993年12月24日に日本で放送された番組『The New World Tour』では、1993年11月15日東京公演のサウンドチェックでこの曲を演奏する映像が放送された。

(1)1990年4月4日アリゾナ公演サウンドチェック
Back In The USA – Arizona 1990/San Francisco 1990 (CD 1) (Sirius Records — SR 017)
Arizona Soundchecks 1990/Cactus Club Arizona 1986 (CD 1) (Yellow Cat Records — YC 011)
DeLIVErance (CD 1) (Live Line — LL 2-25452)
Hit The Road Paul Disc 1 (Unbelievable Music — UM015)
(2)1993年5月5日シンシナティ公演サウンドチェック
Oobu Joobu Part 14 (Yellow Cat Records — YC 058)
(3)1993年11月15日東京公演サウンドチェック
Magical Mystery Tokyo (Pluto Records — PLR CD 9406)
Paul Is Vision (Sandwich — piv 002)

演奏:
Paul McCartney: Vocal, Piano
Linda McCartney: Keyboard, Backing Vocal
Paul “Wix” Wickens: Piano, Backing Vocal
Chris Whitten: Drums
Robbie Mclntosh: Electric Guitar, Backing Vocal
Hamish Stuart: Bass, Backing Vocal
録音スタジオ:soundcheck from Montreal, Canada
録音日:1989.12.9
プロデューサー:Paul McCartney, Bob Clearmountain & Peter Henderson
エンジニア:Bob Clearmountain
イギリス発売日:1990.11.5
アメリカ発売日:1990.11.6
日本発売日:1990.11.5

歌詞
Don’t let the sun catch you cryin’,
Cryin’ on my front door,
You done daddy dirty now
And honey he ain’t gonna love you no more.

And don’t let the sun catch you cryin’,
Cryin’ on my front door,
You done daddy dirty now
And honey he ain’t gonna love you no more.

Well you can cry, cry, cry, cry
Oh now baby, you can wail.
Yo can bang your little head on the pavement
Till the man comes and throws you in jail.

Cryin’ on my front door,
You done daddy dirty now
Yeah and honey he ain’t gonna love you no more.

Well you can cry, cry, cry, cry
Oh now baby, baby you can wail.
You can bang your hear on that hard hard pavement
Till the man comes and throws you in jail.

Cryin’ on my front door,
You done daddy dirty now
And honey he ain’t gonna love you no more.

Yeah, you know you done him dirty now,
you know you done him dirty,
and I just can’t love you no more.

(c) Northern Music Corp

(c)Jash http://pmccartney.com

Coming Up

coming_up

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:(1)3分52秒 (2)3分47秒 (3)4分8秒 (4)3分31秒 (5)3分28秒 (6)5分18秒 (7)4分55秒 (8)3分50秒 (9)3分26秒
収録アルバム:(1)McCartneyⅡ (3)Concerts For The People Of Kampuchea (4)All The Best (5)All The Best (US) (6)Tripping The Live Fantastic (7)Knebworth The Album (8)Wingspan (9)Back In The U.S., Back In The World
収録シングル:(1)(2)Coming Up

1979年夏に、ポールが自宅スコットランドのスタジオにおいて、テクノポップに影響されてポール1人ですべての楽器を演奏して製作されたアルバム『McCartneyⅡ』からのファースト・シングルで、全米1位、全英2位を獲得した大ヒット曲。1980年代のポールを代表する曲で、ポールがソロ・アーティストとして全米1位を獲得した最後の曲でもある。
アルバム『McCartneyⅡ』は元々、公式にアルバムとして発表するつもりはなく、ポールのライフワークの1つとして製作されたものであるので、この曲もアドリブで作り上げられたものである。それは、ウィングスとして活動して約8年が経過し、ポールもバンドとしてではなく、個人的な趣味の範疇で何か新しい音楽を模索していたのが影響している。
「曲を書くこと、つまり、新しい曲を作ることっていうのは、結果がどうであれ、魅力的な経験なんだ。ある人は僕に『君はマジックを信じるかい?』って聞くけど、僕は『そうさ! 僕の娘が生まれた時はマジックのようだった。魔法使いのようだったよ。』って答えるんだ。曲が出来上がるのも同じようなマジックだと思うんだ。曲がどうやって作られるのか、曲自体が何なのかわからないけど、人間の本能の一部なんだよ。」(ポール)
「この曲は、僕がスコットランドの農場で作ったものなんだ。そこでは、自分の研究を実験室の中で自分の世界に閉じこもってやるちょっと狂った教授のように、僕1人だけでこの曲をちょこっと作ったんだ。僕が1人で曲を作るときは、この教授のようになっていると思うよ。自分自身だけに没頭して、気が狂った人のようにね。でもこういうやり方が好きなんだ。」(ポール)
「ジョン・レノンとレコーディングをしていた奴に聞いたんだけど、ジョンが不精をしていたとき、この曲を聴いて『くそ! ポールっていい曲書くじゃないか!』って言ったらしい。どうやら、それがジョンが再びレコーディングを始めたきっかけらしいよ。それでジョンは『俺の方がうまくやってる!』なんて思っていたんだろうね。いい話じゃないか。」(ポール)

この曲のプロモビデオも製作されており、ロンドンから南へ下った郊外ワンズワースの「Ewards TV」のスタジオで、1980年5月26日と27日の2日間で、キース・マクミラン監督のもと撮影された。
ポール1人で全ての楽器を担当しているのになぞって、プロモビデオもポールが1人10役、リンダが1人2役、総勢12人のバンドとして登場する。1役ずつビデオを撮影していくので、撮影だけで合計25時間も要したという。ポールとリンダが扮しているこのバンドは「Plastic Macs」と名付けられ、ポールは1965年頃のビートルズ時代のポール、ハンク・マービン、ロン・メイル、デイブ・ギルモア、アンディー・マッケイ、バディー・ホリーなどに、リンダは女性シンガーと男性シンガーに扮している。
「ビデオの中で、僕が大好きな場面があるんだ。ステージの中でサックス・プレイヤーのポールが別のミュージシャンのポールと視線を交わすんだよ。これはポールのアイデアで、すべて計算の上でのことなんだけど、この演出はとてもうまく生きているよね。もう一つそういう場面があって、二人のギタリストが目を合わせてお互いにギターを振り上げるんだ。こういう細かいところで雰囲気が出ていて、とてもいいなあ。本当のバンドになりきっているよね。」(キース・マクミラン)。このプロモビデオは、ポールが1980年にサタデー・ナイト・ライブに出演したときにも放送された。

この曲を発表した前後から、ほとんどのライブで演奏しており、公式ライブ盤やベストアルバムにも収録されているため、バージョン違いはかなり多い。公式で発表されているだけでも9つのバージョンが存在する。
シングルとして発売されたときは、B面に1979年12月17日グラスゴー公演でのウィングスの演奏を編集して収録したが、アメリカで全米1位までヒットしたのはこちらのライブバージョン。それゆえ、アメリカで発売されたベスト盤『All The Best』『Wingspan』には、ジャケットの曲目に特に明記されていないが、こちらのライブバージョンが収録されている。ただし、シングルB面に収録されたライブバージョンよりは少し収録時間が短く、演奏後のMCがかなりカットされている。
また、イギリスや日本で発売されたベスト盤『All The Best』にはスタジオ録音版が収録されているが、オリジナルのLP盤より少しスピードが速い。さらに、ベスト盤『Wingspan』のイギリス盤・日本盤には少し違ったミックスが収録されており、それは1回目のサックスソロの前に、シンセで奏でるサックスが右側チャンネルに長く残っていることから違いが分かる。

ポールはこの曲をライブで、1979年のイギリスツアー、1989-90年のゲットバックツアー、1993年のニューワールド・ツアー、2002-03年のワールドツアー(2003年ヨーロッパツアーは途中まで)で演奏している。
1989-90年で演奏されたときは、2番のボーカルをヘイミッシュ・シチュアートが担当し、さらに間奏ではドラムソロを挿入し、ディスコ風にアレンジした。2002-03年のワールドツアーで演奏されたときは、終盤のサビの繰り返しを1回少なくした。
公式盤に収録された以外のライブのうち、サウンドボード録音では以下のブートで聴くことができる。
また、アルバム『McCartneyⅡ』のアウトテイクとして、5分26秒の完全版をブートで聴くことができる。
なお、ベスト盤『Wingspan』が発売された時にこの曲がリミックスされて、5分20秒の「Linus Loves Mix」と3分5秒の「Zak’s Mix」として、12インチプロモ盤として配られた。これらは(21)のブートで聴くことができる。

(10)『McCartneyⅡ』アウトテイク
Eggs Up (Disc 2) (Masterfraction — MFCD 016)
The Lost Mccartney II Album – CD 2 (Birthday Records — BR 042)
The Lost McCartney Album (Disc 2) (Voxx — VOXX 0007-02)
The Original McCartney II Double Album (Ram Records — RAM 004)
Alternate Takes 1979-1981 (TJT Productions — TJT-056)
(11)1979年12月17日グラスゴー公演(完全版)
Last Flight – Disc 2 (Vigotone — vigotone 165)
(12)1989年ツアーリハーサル
Oobu Joobu Part 13 (Yellow Cat — YC 057)
(13)1990年1月23日ロンドン公演
Welcome To Wombley – CD 1 (Voxx — VOXX 0003-01)
(14)1990年4月1日バークレー公演
Berkeley Concert 1990 (CD 2) (Yellow Cat Records — YC 008)
A Dream Apart (Big Music — BIG028)
(15)1990年4月20日リオ公演
Live On TV In Rio – Part 1 (Ram Records — RAM 007)
(16)1989-1990年演奏場所不明
公式ビデオ『Get Back』
公式ビデオ『Going Home』
(17)1990年6月28日リバプール公演
Imagine In Liverpool (The Comeback) (Red Phantom — RPCD 1025)
Radio One’s Liverpool Concert June 1990 (FM) (Liverpool Concert) (Goblin Records — CD3004)
(18)1990年7月4日ワシントン公演
Live at Robert F Kennedy Stadium Part2 (Label Unknown)
4th Of July (CD 1) (Yellow Cat Records — YC 009)
Independance Day (Disc 1) (Red Phantom — RPCD 2135/36)
(19)1993年6月15日シャーロット公演
Out In The Crowd (Nikko Records NK 005-06)
Goodbye America 1993 (Live Storm — LSCD 51272)
Hope Of Deliverance Live (Not Guilty — NG370993)
Hot Night In Charlotte Disc 1 (Star — Star 008)
Live Tonight Disc 1 (Crystal Cat Records — CC340)
The Magical US Tour (Flashback — Flash 07.93.0216)
(20)1993年11月15日東京公演
Live In Argentina Special (DVD 1) (Unknown — none)
(21)『Wingspan』Remix
Macca Mixes (Yellow Cat — YC 071)
(22)2002年4月24日ワシントン公演
Driving Macca! (Label Unknown)
(23)2002年5月15日タンパ公演
Live In Tampa Florida 2002 (Night Hawk)

coming_promo2 coming_promo1

(1)(4)(5)(8)
演奏:
Paul McCartney: All Instruments and Voices
録音スタジオ:Peasmarsh, East Sussex, Spirit Of Ranachan Studio, Scotland
録音日:1979.6-7
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Paul McCartney
イギリス発売日:1980.4.11
アメリカ発売日:1980.4.14
日本発売日:1980.5.5

(2)(5)
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Bass
Linda McCartney: Keyboards, Backing Vocal
Denny Laine: Electric Guitar, Backing Vocal
Laurence Juber: Electric Guitar, Backing Vocal
Steve Holly: Drums
Tony Dorsey: Tromborn
Thaddeus Richard: Saxophone
Steve Howerd: Trumpet
Howie Casey: Saxophone
録音スタジオ:live from Glasgow, Scotland
録音日:1979.12.17
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Paul McCartney
イギリス発売日:1980.4.11
アメリカ発売日:1980.4.14
日本発売日:1980.5.5

(3)
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Bass
Linda McCartney: Keyboards, Backing Vocal
Denny Laine: Electric Guitar, Backing Vocal
Laurence Juber: Electric Guitar, Backing Vocal
Steve Holly: Drums
Tony Dorsey: Tromborn
Thaddeus Richard: Saxophone
Steve Howerd: Trumpet
Howie Casey: Saxophone
録音スタジオ:live from Hammarsmith Odeon, London
録音日:1979.12.29
プロデューサー:Chris Thomas
エンジニア:Bill Price, Dick Allott, Geoff Davis, John Walls
イギリス発売日:1980.4.3
アメリカ発売日:1980.3.30
日本発売日:1980.4.28

(6)
演奏:
Paul McCartney: Bass, Vocal
Linda McCartney: Keyboards, Backing Vocal
Paul “Wix” Wickens: Keyboards, Backing Vocal
Chris Whitten: Drums
Robbie Mclntosh: Electric Guitar, Backing Vocal
Hamish Stuart: Electric Guitar, Vocal
録音スタジオ:live from Tokyo
録音日:1990.3.3
プロデューサー:Paul McCartney, Bob Clearmountain, Peter Henderson
エンジニア:Bob Clearmountain
イギリス発売日:1990.11.5
アメリカ発売日:1990.11.6
日本発売日:1990.11.5

(7)
演奏:
Paul McCartney: Bass, Vocal
Linda McCartney: Keyboards, Backing Vocal
Paul “Wix” Wickens: Keyboards, Backing Vocal
Chris Whitten: Drums
Robbie Mclntosh: Electric Guitar, Backing Vocal
Hamish Stuart: Electric Guitar, Vocal
録音スタジオ:live from Knebworth
録音日:1990.6.30
プロデューサー:Paul McCartney, Bob Clearmountain, Peter Henderson
エンジニア:Bob Clearmountain
イギリス発売日:1990.8.6
アメリカ発売日:1990.8.7
日本発売日:1990.8.30

(9)
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Bass
Rusty Anderson: Backing Vocal, Guitar
Brain Ray: Backing Vocal, Guitar
Paul “Wix” Wickens: Backing Vocal, Acoustic Guitar
Abe Raboriel Jr.: Backing Vocal, Drums
録音スタジオ:live from New York
録音日:2002.4.26
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:David Kahne
イギリス発売日:2003.3.17
アメリカ発売日:2002.11.26
日本発売日:2002.11.13

歌詞・コード
E
You Want A Love To Last Forever
One That Will Never Fade Away
I Want To Help You With Your Problem
Stick Around, I Say

A    E
Coming Up, Coming Up, Yeah
A
Coming Up Like A Flower
E
Coming Up, I Say

You Want A Friend You- Can Rely On
One Who Will Never Fade Away
And If You’re Searching For An Answer
Stick Around. I Say

It’s Coming Up, It’s Coming Up
It’s Coming Up Like A Flower
It’s Coming Up. Yeah

You Want Some Peace And Understanding
So Everybody Can Be Free
I Know That We Can Get Together
We Can Make It, Stick With Me

It’s Coming Up, It’s Coming Up
It’s Coming Up Like A Flower
It’s Coming Up For You And Me

Coming Up, Coming Up
It’s Coming Up, It’s Coming Up, I Say
It’s Coming Up Like A Flower
It’s Coming Up
I Feel It In My Bones

You Want A Better Kind Of Future
One That Everyone Can Share
You’re Not Alone, We All Could Use It
Stick Around We’re Nearly There

It’s Coming Up, It’s Coming Up Everywhere
It’s Coming Up Like A Flower
It’s Coming Up For All To Share
It’s Coming Up, Yeah
It’s Coming Up, Anyway
It’s Coming Up Like A Flower
Coming Up

(c) 1980 MPL Communications, Ltd.










Carry That Weight

作詞作曲:John Lennon, Paul McCartney
収録時間:(1)1分44秒 (2)3分06秒
収録アルバム:(1)Tripping The Live Fantastic, Tripping The Live Fantastic Hightlights (2)Back In The U.S., Back In The World
収録シングル:なし

ビートルズ時代にアルバム『Abbey Road』B面で発表したメドレー曲のうちの1曲。オリジナルでは、「Golden Slumbers」と「The End」とのメドレーになっている。メロディーと歌詞の一部は、同じくアルバム『Abbey Road』に収録されている曲「You Never Give Me Your Money」から引用されている。
1989~90年のワールドツアー「ゲットバック・ツアー」の時は、コンサートのアンコールの最後として、オリジナルに忠実にメドレー「Golden Slumbers」「Carry That Weight」「The End」3曲を演奏した。ポールは前2曲ではキーボードを、最後の1曲では途中でギターに持ち替えて演奏した。
2002~03年のワールドツアーの時は、「You Never Give Me Your Money」と「Carry That Weight」をミックスさせて、ポールが「マジック・ピアノ」と呼んでいるエレクトリック・ピアノの弾き語りで少しアレンジを変えて、この曲を披露した。発売されたアルバム『Back In The U.S.』,『Back In The World』の曲名クレジットでは、2曲のミックスであるにも関わらず「Carry That Weight」と1曲しかクレジットされていない。
このツアーで演奏した際は、「You Never Give Me Your Money」の歌詞の一部を変えて、「This is a fever I don’t know the words but I don’t think I’m even gonna bother to try and learn them before the end of the tour.」(熱気で歌詞を忘れてしまったけど、ツアーの終わりまでには何とか歌詞を思い出してみせるよ。)と歌っている。ツアーの終盤であった2002年11月18日大阪公演や、2003年5月24日モスクワ公演、2003年6月1日リバプール公演では、オリジナル通りの歌詞で歌った。
ライブで演奏されたバージョンは、以下のブートでも聴くことができる。

(3)1990年1月23日ロンドン公演
Welcome To Wombley – CD 2 (Voxx — VOXX 0003-01)
(4)1990年4月1日バークレー公演
Berkeley Concert 1990 (CD 2) (Yellow Cat Records — YC 008)
A Dream Apart (Big Music — BIG028)
(5)1990年6月28日リバプール公演
Imagine In Liverpool (The Comeback) (Red Phantom — RPCD 1025)
Radio One’s Liverpool Concert June 1990 (FM) (Liverpool Concert) (Goblin Records — CD3004)
(6)1990年6月30日ネブワース公演
The Knebworth Concert (Vigotone — VT-CD 15)
The Knebworth Concert (Goblin Records — CD 3012)
(7)1990年7月4日ワシントン公演
Live at Robert F Kennedy Stadium Part2 (Label Unknown)
4th Of July (CD 1) (Yellow Cat Records — YC 009)
Independance Day (Disc 1) (Red Phantom — RPCD 2135/36)
(8)1990年7月15日フィラデルフィア公演
公式ビデオ『Get Back』
(9)2002年4月24日ワシントン公演
Driving Macca! (Label Unknown)
(10)2002年5月13日アトランタ公演
公式DVD『Back In The U.S.』
(11)2002年5月15日タンパ公演
Live In Tampa Florida 2002 (Night Hawk)
(12)2003年5月24日モスクワ公演
The Complete Russia Concert (DVD 2) (Macca Fan Records — MFR 2003)

(1)『Tripping The Live Fantastic』『Tripping The Live Fantastic Hightlights』
演奏:
Paul McCartney: Piano, Vocal
Linda McCartney: Keyboards, Vocal
Paul “Wix” Wickens: Keyboards, Backing Vocal
Chris Whitten: Drums
Robbie Mclntosh: Electric Guitar, Backing Vocal
Hamish Stuart: Bass, Backing Vocal
録音スタジオ:live from Tronto
録音日:1989.12.7
プロデューサー:Paul McCartney, Bob Clearmountain, Peter Henderson
エンジニア:Bob Clearmountain
イギリス発売日:1990.11.5
アメリカ発売日:1990.11.6
日本発売日:1990.11.5

(2)『Back In The U.S.』『Back In The World』
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Keyboard
録音スタジオ:live from Tampa
録音日:2002.5.15
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:David Kahne
イギリス発売日:2003.3.17
アメリカ発売日:2002.11.26
日本発売日:2002.11.13

歌詞
You never give me your money
You only give me your funny paper
and in the middle of negotiations
you break down

I never give you my number
I only give you my situation
and in the middle of investigation
I break down

Out of college, money spent
See no future, pay no rent
All the money’s gone, nowhere to go
Any jobber got the sack
Monday morning, turning back
Yellow lorry slow, nowhere to go
But oh, that magic feeling, nowhere to go
Oh, that magic feeling
Nowhere to go

Boy, you gotta carry that weight
Carry that weight a long time
Boy, you gotta carry that weight
Carry that weight a long time

I never give you my pillow
I only send you my invitation
And in the middle of the celebrations
I break down

Boy, you gotta carry that weight
Carry that weight a long time
Boy, you gotta carry that weight
Carry that weight a long time

(c)1969 Northern Songs Ltd.



Can’t Buy Me Love

作詞作曲:John Lennon, Paul McCartney
収録時間:(1)2分17秒 (2)2分9秒
収録アルバム:(1)Tripping The Live Fantastic, Tripping The Live Fantastic Hightlights (2)Back In The U.S., Back In The World
収録シングル:なし

1964年に全米1位を獲得したビートルズ・ナンバー。1989~90年のワールドツアー「ゲットバック・ツアー」、1993年の「ニュー・ワールド・ツアー」、そして2002~03年のワールド・ツアーで再演した。
「ゲットバック・ツアー」と「ニュー・ワールド・ツアー」ではポールはエレクトリック・ギターを抱え、リードギターをも弾いている。2002~03年のツアーでは、ビートルズ時代と同じく、へフナーのベースを弾きながら歌った。
1989年のツアーから2003年の「Back In The World」ツアーまで演奏しているので、公式ライブ盤に収録されたバージョン以外でも多数音源が残されており、サウンドボード録音で聴ける音源と収録ブートを以下に列記する。中でも面白いのが、(10)1992年12月10日にテレビ番組『Up Close』で演奏されたカントリー・タッチにアレンジされたバージョンである。

(3)1990年1月23日ロンドン公演
Welcome To Wombley – CD 1 (Voxx — VOXX 0003-01)
(4)1990年4月1日バークレー公演
Berkeley Concert 1990 (CD 2) (Yellow Cat Records — YC 008)
A Dream Apart (Big Music — BIG028)
(5)1990年4月20日リオ公演
Live On TV In Rio – Part 1 (Ram Records — RAM 007)
(6)1990年6月15日フィラデルフィア公演
公式ビデオ『Get Back』
(7)1990年6月28日リバプール公演
Imagine In Liverpool (The Comeback) (Red Phantom — RPCD 1025)
Radio One’s Liverpool Concert June 1990 (FM) (Liverpool Concert) (Goblin Records — CD3004)
(8)1990年6月30日ネブワース公演
The Knebworth Concert (Vigotone — VT-CD 15)
The Knebworth Concert (Goblin Records — CD 3012)
(9)1990年7月4日ワシントン公演
Live at Robert F Kennedy Stadium Part2 (Label Unknown)
4th Of July (CD 1) (Yellow Cat Records — YC 009)
Independance Day (Disc 1) (Red Phantom — RPCD 2135/36)
(10)1992年12月10日テレビ番組『Up Close』
Looking For Changes (Yellow Cat Records — YC 003)
(11)1993年6月15日シャーロット公演
Out In The Crowd (Nikko Records NK 005-06)
Goodbye America 1993 (Live Storm — LSCD 51272)
Hope Of Deliverance Live (Not Guilty — NG370993)
Hot Night In Charlotte Disc 1 (Star — Star 008)
Live Tonight Disc 1 (Crystal Cat Records — CC340)
The Magical US Tour (Flashback — Flash 07.93.0216)
(12)1993年11月15日東京公演
Hola Mexico (Voxx — VOXX 0005-01)
(13)2002年4月24日ワシントン公演
Driving Macca! (Label Unknown)
(14)2002年5月13日アトランタ公演
公式DVD『Back In The U.S.』
(15)2002年5月15日タンパ公演
Live In Tampa Florida 2002 (Night Hawk)
(16)2003年5月24日モスクワ公演
The Complete Russia Concert (DVD 2) (Macca Fan Records — MFR 2003)

(1)『Tripping The Live Fantastic!!』『Tripping The Live Fantastic!! Highlights!!』
演奏:
Paul McCartney: Electric Guitar, Vocal
Linda McCartney: Keyboards, Backing Vocal
Paul “Wix” Wickens: Keyboards, Backing Vocal
Chris Whitten: Drums
Robbie Mclntosh: Electric Guitar, Backing Vocal
Hamish Stuart: Bass, Backing Vocal
録音スタジオ:live from Munich
録音日:1989.10.10
プロデューサー:Paul McCartney, Bob Clearmountain, Peter Henderson
エンジニア:Bob Clearmountain
イギリス発売日:1990.11.5
アメリカ発売日:1990.11.6
日本発売日:1990.11.5

(2)『Back In The U.S.』『Back In The World』
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Bass
Rusty Anderson: Backing Vocal, Guitar
Brain Ray: Backing Vocal, Guitar
Paul “Wix” Wickens: Backing Vocal, Acoustic Guitar
Abe Raboriel Jr.: Backing Vocal, Drums
録音スタジオ:live from Atlanta
録音日:2002.5.13
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:David Kahne
イギリス発売日:2003.3.17
アメリカ発売日:2002.11.26
日本発売日:2002.11.13

歌詞
Can’t buy me love, love Can’t buy me love

I’ll buy you a diamond ring my friend, if it makes you feel alright
I’ll get you anything my friend, if it makes you feel alright
For I don’t care too, much for money, money can’t buy me love

I’ll give you all I got to give, if you say you’ll love me too
I may not have a lot to give, but what I got I’ll give to you
For I don’t care too, much for money, money can’t buy me love

Can’t buy me love Everybody tells me so
Can’t buy me love No no no, no

Say you don’t need no diamond ring, and I’ll be satisfied
Tell me that you want the kind of thing, that money just can’t buy
I don’t care too, much for money, money can’t buy me love

Can’t buy me love , Love
Can’t buy me love, Oh oh

(c)1964 Northern Songs Ltd.





Birthday

birthday
作詞作曲:John Lennon, Paul McCartney
収録時間:2分43秒
収録アルバム:Tripping The Live Fantastic!!!
収録シングル:Birthday

オリジナルは、ビートルズの1968年のアルバム『The Beatles(通称:ホワイト・アルバム)』に収録されている。ジョン・レノンの誕生日を祝う歌として、ジョンとポールが共同でスタジオで曲を書き、1968年10月18日に録音された。
ポールはビートルズ解散以後初めて、1990年のツアーで、ジョン・レノンの生誕50周年を祝福する目的で演奏した。
「ウィングスで活動しているとき、ビートルズの曲は避けていた。その頃はビートルズ解散から間もなかったし、離婚みたいな感じで、ちょっと感傷的だったんだ。前のかみさんの歌を歌いたくないのと同じだ。ビートルズのメンバーはみんなそんな感情を持っていて、ビートルズとは別の生活を築きたかったんだ。でも今となっては、そうする必要もなくなり、つまり、ビートルズの曲を避ける必要もなくなったんだ。」(ポール)
ライブ・アルバムには1990年6月30日のネブワース・フェスティバルでの演奏が収められている。
また、ライブ・アルバムからの第1弾シングルとして発売され、ライブ・アルバム未収録曲の「Good Day Sunshine」「P.S. Love Me Do」「Let ‘Em In」がカップリングされた。
シングル・カットされたため、1990年7月15日のフィラデルフィア公演の模様を編集したプロモーション・ビデオも制作された。プロモーション・ビデオは単体でVCDとして発売されたことがあるが、現在ではもちろん廃盤で入手困難。1990年7月15日フィラデルフィア公演での演奏は、公式ビデオ『Going Home』(テレビ番組『From Rio To Liverpool』として放送)で見ることができる。
2003年のツアー「Back In The World」でレパートリーに復活した。
公式アルバム以外でのライン録音による演奏は、以下のブートで聴くことができる。

(1)1990年7月4日ワシントン公演
Live at Robert F Kennedy Stadium Part2 (Label Unknown)
(2)2003年5月24日モスクワ公演
The Complete Russia Concert (DVD 2) (Macca Fan Records — MFR 2003)

birthday_promo1 birthday_promo2
演奏:
Paul McCartney: Bass, Vocal
Linda McCartney: Keyboards, Vocal
Paul “Wix” Wickens: Keyboards, Backing Vocal
Chris Whitten: Drums
Robbie Mclntosh: Electric Guitar, Backing Vocal
Hamish Stuart: Electric Guitar, Backing Vocal
録音スタジオ:live from Knebworth
録音日:1990.6.30
プロデューサー:Paul McCartney, Bob Clearmountain & Peter Henderson
エンジニア:Bob Clearmountain
イギリス発売日:1990.10.8
アメリカ発売日:1990.10.6
日本発売日:1990.11.5

歌詞・コード

A
You say it’s your birthday
A
It’s my birthday too yeah
D
They say it’s your birthday
A
We’re gonna have a good time
E
I’m glad it’s your birthday
A
Happy birthday to you

E
Yes we’re going to a party party
E
Yes we’re going to a party party
E
Yes we’re going to a party party
C      G
I would like you to dance
C             G
(Birthday) Take a cha – cha -cha chance
C             G
(Birthday) I would like you to dance
C       G
(Birthday) Dance
E

A
You say it’s your birthday
A
It’s my birthday too yeah
D
They say it’s your birthday
A
We’re gonna have a good time
E
I’m glad it’s your birthday
A
Happy birthday to you

(c) 1968,1990 Northern Songs

 

Band On The Run

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:(1)5分9秒 (2)4分33秒 (3)5分10秒 (4)1分3秒 (5)36秒 (6)4分59秒 (7)5分0秒
収録アルバム:(1)Band On The Run, Wings Greatest, All The Best, Wingspan, Radio X 70’s, ミュージック・オブ・ザ・ミレニアム, グラミー・ボックス, ベスト・ヒット・USA 70’s タイムマシーン・スペシャル (2)Wings Over America (3)Tripping The Live Fantastic!! (4)(5)(6)Band On The Run 25th Anniversary Edition (7)Back In The U.S., Back In The World
収録シングル:Band On The Run

ポール・マッカートニー&ウィングスの代表曲の1つ。3部構成から成る壮大なアレンジが施されている。アルバム『Band On The Run』のタイトル曲で、アルバムからの第2弾シングル(1974年4月発売)であるにも関わらず、全米1位、全英3位を獲得した大ヒット曲。
アルバム『Band On The Run』自体は、1975年グラミー賞最優秀コンテンポラリー/ポップ・ボーカル賞、最優秀エンジニアリング賞を獲得、アメリカでは発売12日後にゴールド・ディスクを獲得、ローリング・ストーン誌での1973年最優秀アルバム、ビルボード誌では4回トップの座に輝き、73週間も200位以内にとどまっていた。イギリスでは1974年の年間ベスト・セラー・アルバムとなり、ミュージック・ウィーク誌で7週1位を獲得したという大ヒットを記録した。
よってこの曲は、レコード会社による独自のオムニバス・アルバムにも収録されていることが多い。判明しているだけでも、『Radio X 70’s』, 『ミュージック・オブ・ザ・ミレニアム』, 『グラミー・ボックス』, 『ベスト・ヒット・USA 70’s タイムマシーン・スペシャル』に収録されている。
ナイジェリアのラゴスでレコーディングされ、当時ウィングスのメンバーがポール、リンダ、デニーレインの3人となっていたので、ドラム、キーボード、ギター等ほとんどの楽器をポールが弾いている。
歌詞の中の「If I ever get out of here」は、1969年のビートルズ時代に、アップル社での会議でジョージ・ハリスンが発した言葉。
「この曲では、1つ、とてもうれしいことがあった。キース・ムーンがこの曲をラジオで聞いて、ドラムを誰がたたいているのか尋ねていたらしい。わからないはずだった。あの時、僕たちにはドラマーがいなかったから僕がドラムをたたいていたんだ。僕は本当にドラムが好きだ。」(ポール)
ポールの代表曲だけあって、1976年以降の全てのツアーでポールはこの曲を演奏している。
意外なことに、アルバム発売25周年として発売された記念盤『Band On The Run 25th Anniversary Edition』に収録されているアウトテイクと1974年のリハーサル(通称『One Hand Clapping』)以外、アウトテイクは発見されていない。
この曲のライブ・バージョンは、公式盤(2)(3)(7)以外でも、以下のブートで聴くことができる。

(8)1974年8月リハーサル『One Hand Clapping』
Anthology (Disc 1) (Odeon (Fake) — OM 7099-1)
Paul McCartney: One Hand Clapping (Yellow Cat Records — YC 028)
Paul McCartney: One Hand Clapping (Chapter One — CO 25109)
Alternate Takes 1973-1974 (TJT Productions — TJT-054)
Fab Trax Volume 6 (MPL (Fake) — CDP 7243 5 35510 2 5)
Rough Notes (Pod Records — SR 73941)
(9)1975年11月13日メルボルン公演
Live In Melbourne, Australia (DVD — Label Unknown)
(10)1976年6月10日映画『Rock Show』
(11)1979年12月17日グラスゴー公演
Last Flight – Disc 1 (Vigotone Vigotone 164)
(12)1990年1月16日ロンドン公演
Welcome To Wombley – CD 2 (VOXX 0003-02)
(13)1990年4月1日バークレー公演
Berkeley Concert 1990 (CD 2) (Yellow Cat Records — YC 008)
A Dream Apart (Big Music — BIG028)
(14)1990年4月20日リオ公演
Live On TV In Rio – Part 1 (Ram Records — RAM 007)
(15)1990年7月4日ワシントン公演
Live at Robert F Kennedy Stadium Part2 (Label Unknown)
(16)1993年6月15日シャーロット公演
Out In The Crowd (Nikko Records NK 005-06)
(17)2002年4月24日ワシントン公演
Driving Macca! (Label Unknown)
(18)2002年5月15日タンパ公演
Live In Tampa Florida 2002 (Night Hawk)
(19)2003年5月24日モスクワ公演
The Complete Russia Concert (DVD 2) (Macca Fan Records — MFR 2003)
(20)2004年5月30日マドリード公演
!Viva Espana! CD 2 (Tobacco Kill Records — TKR 006)
(21)2004年6月20日サンクトペテルブルグ公演
San Petersburg Soundboard (CD 2) (Tobacco Kill Records — SPS 2)
(22)2004年6月26日グラストンベリー・フェスティバル
Glastonbury 2004 (DVD) (Label Unknown)

(1)Original
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Bass, Drums, Guitars, Keyboards
Linda McCartney: Backing vocal
Denny Laine: Guitars, Backing vocal
録音スタジオ:Apapa, Nigeria and ARC Studios, Ikeja, Nigeria, AIR Studios and Kingway Studios, London
録音日:1973.8-11
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Geoff Emerick
イギリス発売日:1973.11.30
アメリカ発売日:1973.12.3
日本発売日:1974.2.10

(2)『Wings Over America』
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Bass
Linda McCartney: Keyboards, Backing Vocal
Denny Laine: Electric Guitar, Backing Vocal
Jimmy McCulloch: Electric Guitar, Backing Vocal
Joe English: Drums, Backing Vocal
Tony Dorsey: Trombone
Howie Casey: Saxphone
Steve Howard: Trumpet
Thadeus Richard: Saxphone
録音スタジオ:live from Denver
録音日:1976.6.7
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Phil McDonald, Jacks Maxson, Mark Vigars & Tom Walsh
イギリス発売日:1976.12.10
アメリカ発売日:1976.12.10
日本発売日:1977.1.25

(3)『Tripping The Live Fantastic!!』
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Bass
Linda McCartney: Vocal harmonies, Keyboards
Paul “Wix” Wickens: Keyboards, Vocal harmonies
Chris Whitten: Drums
Robbie Mclntosh: Electoric Guitar, Vocal harmonies
Hamish Stuart: Electoric Guitar, Vocal harmonies
録音スタジオ:live from Wembley, London
録音日:1990.1.16
プロデューサー:Paul McCartney, Bob Clearmountain & Peter Henderson
エンジニア:Bob Clearmountain
イギリス発売日:1990.11.5
アメリカ発売日:1990.11.6
日本発売日:1990.11.5

(4)『Band On The Run 25th Anniversary Edition』 Nicely Toasted Mix
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Guitar
録音スタジオ:Hog-Hill Studio, Sussex
録音日:circa 1999
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Paul McCartney
イギリス発売日:1999.3.15
アメリカ発売日:1999.3.15
日本発売日:1999.4.9

(5)『Band On The Run 25th Anniversary Edition』 Nothern Comic Version
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Guitar
録音スタジオ:Hog-Hill Studio, Sussex
録音日:circa 1999
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Paul McCartney
イギリス発売日:1999.3.15
アメリカ発売日:1999.3.15
日本発売日:1999.4.9

(6)『Band On The Run 25th Anniversary Edition』 Barn Rehearsal
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Bass
Linda McCartney: Vocal harmonies, Keyboards
Paul “Wix” Wickens: Keyboards, Vocal harmonies
Chris Whitten: Drums
Robbie Mclntosh: Electoric Guitar, Vocal harmonies
Hamish Stuart: Electoric Guitar, Vocal harmonies
録音スタジオ:unknown
録音日:1989.7.21
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:unknown
イギリス発売日:1999.3.15
アメリカ発売日:1999.3.15
日本発売日:1999.4.9

(7)『Back In The U.S.』『Back In The World』
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Bass
Rusty Anderson: Backing Vocal, Guitar
Brain Ray: Backing Vocal, Guitar
Paul “Wix” Wickens: Backing Vocal, Acoustic Guitar
Abe Raboriel Jr.: Backing Vocal, Drums
録音スタジオ:live from Dallas
録音日:2002.5.9
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:David Kahne
イギリス発売日:2003.3.17
アメリカ発売日:2002.11.26
日本発売日:2002.11.13

歌詞・コード
Dmaj7         D
Stuck inside these four walls,
G6        G6/A
Sent inside forever,
Dmaj7       Dmaj9
Never seeing no one
G     A  G D
Nice again like you,
Gm6 G D Gm6 Dmaj7 Gm6
Mama you, mama you.

Am D6 Am D6 Am

Am
If I ever get out of here,
D
Thought of giving it all away
Am
To a registered charity.
D
All I need is a pint a day
Am
If I ever get out of here.

C D C D C
C Fmaj7 C Fmaj7

C            Fmaj7
Well, the rain exploded with a mighty crash
As we fell into the sun,
C              Fmaj7
And the first one said to the second one there
Em
I hope you’re having fun.
G       C  Em C   Am
Band on the run, band on the run.
F        C
And the jailer man and sailor Sam
F           Fmaj7
We’re searching every one
N.C. C
For the band on the run, band on the run
Band on the run, band on the run.

Well, the undertaker drew a heavy sigh
Seeing no one else had come,
And a bell was ringing in the village square
For the rabbits on the run.

Band on the run, band on the run.
And the jailer man and sailor Sam
Were searching every one

For the band on the run, band on the run
Band on the run, band on the run.

Well, the night was falling as the desert world
Began to settle down.
In the town they’re searching for us every where
But we never will be found.

Band on the run, band on the run.
And the county judge who held a grudge
Will search for evermore

For the band on the run, band on the run
Band on the run band on the run,
Band on the run

Em G C

(c) 1974 (Renewed) Paul and Linda McCartney. Administered by MPL Communications, Inc.

※記載は2004年時点のものです。それ以降に発売されたバージョンは、随時追加していきます。

 








Back In The U.S.S.R.

作詞作曲:John Lennon, Paul McCartney
収録時間:(1)3分16秒 (2)2分56秒
収録アルバム:(1)Tripping The Live Fantastic!!, Tripping The Live Fantastic Highlights!!
(2)Back In The U.S., Back In The World
収録シングル:なし

ビートルズのアルバム『The Beatles(通称:ホワイトアルバム)』の1曲目に収録されているロックン・ロール・ナンバー。タイトルはチャック・ベリーの「Back In The U.S.A.」のパロディーで、ビートルズのアルバムではポールがドラムを演奏している。
ポールはソロになってから、1989-90年のツアー(ゲット・バック・ツアー)、1993年のツアー(ニュー・ワールド・ツアー)、2002-3年のワールド・ツアー、2004年の欧米サマー・ツアーで演奏しているという、最近のポールのコンサートでは無くてはならないビートルズ・ナンバーとなっている。
コンサートでは、曲の内容に合わせ、バック・スクリーンに旧ソ連の演奏が映し出されている。2003年5月24日には、この曲を念願のロシアで演奏し、当日途中から見に来たプーチン大統領のために、アンコールでもう一度演奏したという、ポールにとって忘れられない出来事となった。
公式アルバムに収録されているのは、(1)1990年3月5日東京公演、(2)2002年5月9日ダラス公演 での演奏である。
この曲は合計4回のツアーで演奏されているので、サウンドボードによって聴くことができる音源も多いが、ブートで確認できる音源を可能な限り以下に整理した。

(3)1990年1月16日ロンドン公演
Welcome To Wombley – CD 2 (VOXX 0003-02)
(4)1990年4月1日バークレー公演
Berkeley Concert 1990 (CD 2) (Yellow Cat Records — YC 008)
A Dream Apart (Big Music — BIG028)
(5)1990年4月20日リオ公演
Live On TV In Rio – Part 2 (Ram Records — RAM 008)
(6)1990年6月28日リバプール公演
Imagine In Liverpool (The Comeback) (Red Phantom — RPCD 1025)
Radio One’s Liverpool Concert June 1990 (FM) (Liverpool Concert) (Goblin Records — CD3004)
(7)1990年6月30日ロンドン・ネブワース
The Knebworth Concert (Vigotone — VT-CD 15)
The Knebworth Concert (Goblin Records — CD 3012)
(8)1990年7月4日ワシントン公演
Live at Robert F Kennedy Stadium Part2 (Label Unknown)
(9)1993年6月15日シャーロット公演
Out In The Crowd (Nikko Records NK 005-06)
(10)1993年10月3日ベルリン公演(リハーサル)
Oobu Joobu Part 3 (Yellow Cat YC047)
(11)1993年11月15日東京公演
Tokyo Dome 1993. The Master Tape Version (DVD) (MPL Films Japan — 2002 MPL)
(12)2002年4月24日ワシントン公演
Driving Macca! (Label Unknown)
(13)2002年5月15日タンパ公演
Live In Tampa Florida 2002 (Night Hawk)
(14)2003年5月24日モスクワ公演
The Complete Russia Concert (DVD 2) (Macca Fan Records — MFR 2003)
(15)2004年5月30日マドリード公演
!Viva Espana! CD 2 (Tobacco Kill Records — TKR 006)
(16)2004年6月20日サンクトペテルブルグ公演
San Petersburg Soundboard (CD 2) (Tobacco Kill Records — SPS 2)
(17)2004年6月26日グラストンベリー・フェスティバル
Glastonbury 2004 (DVD) (Label Unknown)

(1)
演奏:
Paul McCartney: Electric Guitar, Vocal
Linda McCartney: Keyboards, Backing Vocal
Paul “Wix” Wickens: Keyboards, Backing Vocal
Chris Whitten: Drums
Robbie Mclntosh: Electric Guitar, Backing Vocal
Hamish Stuart: Bass, Backing Vocal
録音スタジオ:live from Tokyo
録音日:1990.3.5
プロデューサー:Paul McCartney, Bob Clearmountain & Peter Henderson
エンジニア:Bob Clearmountain
イギリス発売日:1990.11.5
アメリカ発売日:1990.11.6
日本発売日:1990.11.5

(2)
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Bass
Rusty Anderson: Backing Vocal, Guitar
Brain Ray: Backing Vocal, Guitar
Paul “Wix” Wickens: Backing Vocal, Acoustic Guitar
Abe Raboriel Jr.: Backing Vocal, Drums
録音スタジオ:live from Dallas
録音日:2002.5.9
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:David Kahne
イギリス発売日:2003.3.17
アメリカ発売日:2002.11.26
日本発売日:2002.11.13

歌詞・コード
A            D
Flew in from Miami Beach BOAC
C         D
Didn’t get to bed last night
A             D
One the way the paper bag was on my knee
C          D
Man, I had a dreadful flight

A
I’m back in the USSR
C             D
You don’t know how lucky you are boy
D         A B7 E7
Back in the USSR

Been away so long I hardly knew the place
Gee, it’s good to be back home
Leave it till tomorrow to unpack my case
Honey, disconnect the phone

I’m back in the USSR
You don’t know how lucky you are boy
[NC]                  A
Back in the US, back in the US, back in the USSR

D7
Well the Ukraine girls really knock me out
A         A7
They leave the West behind
D
And Moscow girls make me sing and shout
E7*             D7*             A B7 E7
That Georgia’s always on my mi-mi-mi-mi-mi-mi-mind

A D C D A D
C D

I’m back in the USSR
You don’t know how lucky you are boys
Back in the USSR

Show me round your snow-peaked mountains way down south
Take me to your daddy’s farm
Let me hear your balalaikas ringing out
Come and keep your comrade warm

I’m back in the USSR
You don’t know how lucky you are boy
Back in the USSR