ポール・マッカートニーのファンサイト(非公認)。ポール・マッカートニーやビートルズの最新ニュース、アルバム・楽曲の解説、ライブ・ツアー記録、新譜・テレビ放送等。

1991Unplugged

Every Night

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:(1)2分31秒 (2)4分17秒 (3)3分24秒 (4)2分51秒
収録アルバム:(1)McCartney, Wingspan (2)Concert For Kanpuchea (3)Unplugged (4)Back In The U.S., Back In The World
収録シングル:なし

リンダへの気持ちを歌ったアコースティックの響きが心地よいブルージーなバラード。ポールはこの曲を、ビートルズ時代のゲットバック・セッション(1969年1月22日)で一度リハーサルしているが、この時点では歌詞が未完であった。その後、1969年春にギリシャで休暇中に歌詞を仕上げた。歌詞にはリンダへの愛と、ビートルズ時代の人間関係の葛藤が歌われている。
1970年2月22日にロンドンのアビーロード第2スタジオでポール1人で多重録音し、2日後の24日にもう一度リミックスを行っている。シングルカットされていないが、ポールお気に入りの曲で、その後、1979年ウィングス・イギリスツアー、1991年のMTVによるテレビ番組『Unplugged』、1993年のニュー・ワールド・ツアー、2002-3年のツアーで取り上げられている。
1979年ウィングスのイギリスツアーでは、エレクトリック・セットで演奏され、ギタリストのローレンス・ジューバーによるリードギターがフィーチャーされたり、2002-3年のツアーではポール1人による弾き語りで演奏されたりと、時と場所によって演奏スタイルが異なっているのがおもしろい。1993年ニュー・ワールド・ツアーの演奏は公式ライブアルバムには収録されていないが、テレビでのみ放送された番組『Live from The New World』で、1993年6月15日シャーロット公演の演奏を見ることができる。
2002-3年のツアーでの演奏の様子は、公式DVD『Back In The U.S.』で見ることができる。
公式アルバムに収録された以外のライブ演奏は、以下のブートで聴くことができる。
なお、フィービー・スノウが1977年にこの曲をカバーし、全英26位のヒットを記録した。

(5)1979年12月17日グラスゴー公演(完全版)
Last Flight – Disc 2 (Vigotone — vigotone 165)
(6)1993年5月5日シンシナチ公演リハーサル
Oobu Joobu Part 14 (Yellow Cat Records — YC 058)
(7)1993年6月15日シャーロット公演
Out In The Crowd (Nikko Records NK 005-06)
Goodbye America 1993 (Live Storm — LSCD 51272)
Hope Of Deliverance Live (Not Guilty — NG370993)
Hot Night In Charlotte Disc 1 (Star — Star 008)
Live Tonight Disc 1 (Crystal Cat Records — CC340)
The Magical US Tour (Flashback — Flash 07.93.0216)
(8)1993年11月15日東京公演
Live In Argentina Special (DVD 1) (Unknown — none)
(9)2002年4月24日ワシントン公演
Driving Macca! (Label Unknown)
(10)2002年5月15日タンパ公演
Live In Tampa Florida 2002 (Night Hawk)
(11)2003年5月24日モスクワ公演
The Complete Russia Concert (DVD 2) (Macca Fan Records — MFR 2003)

(1)
演奏:
Paul McCartney: All Instruments and Voices
録音スタジオ:Abbey Road Studios, London
録音日:1970.2.22, 24
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Paul McCartney, Robin Black
イギリス発売日:1970.4.17
アメリカ発売日:1970.4.20
日本発売日:1970.6.25

(2)
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Bass
Linda McCartney: Keyboards, Backing Vocal
Denny Laine: Acoustic guitar, Backing Vocal
Steve Holly: Drums, Backing Vocal
Laurence Juber: Electric guitar, Backing Vocal
録音スタジオ:live from Hammarsmith Odeon Cinema, London
録音日:1979.12.29
プロデューサー:Chris Thomas
エンジニア:Bill Price, Dick Allott, Geoff Davis, John Walls
イギリス発売日:1981.4.3
アメリカ発売日:1981.3.30
日本発売日:1981.4.28

(3)
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Acoustic guitar
Linda McCartney: Vocal harmonies, Harmonium
Paul “Wix” Wickens: Piano, Vocal harmonies
Blair Cunningham: Drums
Robbie Mclntosh: Acoustic guitar, Vocal harmonies
Hamish Stuart: Acoustic bass guitar, Vocal harmonies
録音スタジオ:Limehouse Television Studios, Wembley
録音日:1991.1.25
プロデューサー:Joel Gallen
エンジニア:Geoff Emerick, Peter Craigie, Gary Stewart, Eddie Klein
イギリス発売日:1991.5.13
アメリカ発売日:1991.6.4
日本発売日:1991.5.25

(4)
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Acoustic guitar
録音スタジオ:live from Dallas
録音日:2002.5.9
プロデューサー:Joel Gallen
エンジニア:Geoff Emerick, Peter Craigie, Gary Stewart, Eddie Klein
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:David Kahne
イギリス発売日:2003.3.17
アメリカ発売日:2002.11.26
日本発売日:2002.11.13

歌詞・コード
E7                     Bm7
Every night I just wanna go out, get out of my head
E7                     Bm7
Every day I don’t want to get up, get out of my bed

A   Fm       Bm
Every night I want to play out
F7             B
And every day I want to do ooh ooh oh oh
E                        Fm7
But tonight I just want to stay in, and be with you
B
And be with you

E         A  E   B7
Oo Oo Oo Oo Oo Oo Oo Oo, Oo, Oo
E         A  E   B7
Oo Oo Oo Oo Oo Oo Oo Oo, Oo, Oo

Believe me mama

Every day I lean on a lamp post, I’m wasting my time
Every day I lay on a pillow, I’m resting my mind

Every morning brings a new day
Every night that day is through ooh ooh oh oh
But tonight I just want to stay in, and be with you
And be with you

Ooh…
Ooh …………..
Believe me mama ooh ………….
Ooh …………..

(c) 2002 MPL Communications

 

 

Blue Moon Of Kentucky

作詞作曲:Bill Monroe
収録時間:4分22秒
収録アルバム:Unplugged
収録シングル:なし

オリジナルは1946年にビル・モンローが発表したカントリー曲。当時全米1位を獲得した。
エルビス・プレスリーがアップ・テンポのロカビリー・バージョンにアレンジして1954年に発表した。
ポールお気に入りの曲のようで、ビートルズのデビュー前から最近に至るまで、あらゆる時代で演奏している。
ポールが公式発表したのは、1991年のMTV『Unplugged』でのパフォーマンス。前半はビル・モンロー風に、後半はエルビス・プレスリー風に演奏している。
「この曲をレコーディングするつもりはなかったけど、初期ウィングスのツアーの時に演奏して、そしてレコーディングしたんだ。でもリリースしなかった。今(注:アルバム『Unplugged』のこと)はリリースしたけどね。当初意図していたこととはちょっと違ったね。おもしろいね。それでいいんだ。」(ポール)
ポールの言うとおり、(1)1972年のウィングス・イギリス大学ツアー、ヨーロッパツアーでライブ演奏された。また、(2)1974年8月の未発表フィルム『One Hand Clapping』の時のセッション、(3)1980年10月のウィングスのセッション でも演奏されている。
また、ビートルズのアンソロジー・プロジェクトの時に、1994年にポール、ジョージ、リンゴが集まった時のセッションで、ポールのボーカルで演奏され、その時の様子は公式DVD『The Beatles Anthology』の「Special Features」で見ることができる。
ウィングスのバージョンは以下のブートで聴くことができる。

(1)1972年ウィングス・ツアー
Live In Lyon – July 14, 1972 (Label Unknown)
Nottingham University 9 February 1972 (Label Unknown)
First Live Show, Spring 1972 (Ram Records — RAM 003)
Live In Arles 13 July 1972 (N/A)
Arles ’72 (Strawberry Records — STR 023)
Frankfurt,West Germany 19 July 1972 (N/A)
Wings Over Switzerland – CD 1 (Mistral Music — MM 9110)
Gothenburg,Sweden 10 August 1972 (Unknown)
Wings Over Sweden (Disc 1) (Barrier — BAR 001)
Wings Over Denmark CD 1 (Salamander — SCD 1163)
Wings Wild Live – Disc 1 (Main Stream — Mast 023)
Complaint To The Queen (Wings Over Holland 1972) (Maisie — BTA 00)
Wings Live In Rotterdam 1972 – CD 1 (Unknown)
Live In Groningen August 19, 1972 (DarthDisc — DD 009)
Wings At The Hague – Disk 1 (Unknown — hague1)
Cine Roma – CD 1 (Unknown)
Belgium 1972 (Disc 1) (Voxx — VOXX-0014-01)

(2)1974年8月『One Hand Clapping』
The Sound Of One Hand Clapping (EMU)
One Hand Clapping (Yellow Cat Records — YC 028)
The Nashville Sessions (Voxx)

(3)1980年10月
When It Rains, It Pours (Disk 1) (Vigotone — vigo161)

また、ポールがDJを担当したラジオ番組『Oobu Joobu』では、第10回放送でお遊びで演奏した(4)モック・バージョン、第4回の放送では、(5)ポールとビル・モンロー、エルビス・プレスリーのバージョンを混合して放送した。
以下のブートで聴くことができる。

(4)Oobu Joobu Part 4 (Yellow Cat Records — YC 048)
Oobu Joobu Part 10 (Yellow Cat Records — YC 054)

(5)Oobu Joobu Part 16 & 17 (Disk 1) (Yellow Cat Records — YC 060)

演奏:
Paul McCartney: Vocal, Acoustic guitar
Linda McCartney: Vocal harmonies, Harmonium
Paul “Wix” Wickens: Piano, Vocal harmonies
Blair Cunningham: Drums
Robbie Mclntosh; Acoustic guitar, Vocal harmonies
Hamish Stuart: Acoustic bass guitar, Vocal harmonies
録音スタジオ:Limehouse Television Studios, Wembley
録音日:1991.1.25
プロデューサー:Joel Gallen
エンジニア:Geoff Emerick, Peter Craigie, Gary Stewart, Eddie Klein
イギリス発売日:1991.5.13
アメリカ発売日:1991.6.4
日本発売日:1991.5.25

歌詞・コード
*
A                            D
WELL, BLUE MOON OF KENTUCKY KEEP ON SHINING,
A                             E7
SHINE ON THE ONE THAT’S GONE AND LEFT ME BLUE
A                           D
WELL, BLUE MOON OF KENTUCKY KEEP ON SHINING,
A            E7            A
SHINE ON THE ONE THAT’S GONE AND LEFT ME BLUE.

**
D
WELL, IT WAS ON ONE MOONLIGHT NIGHT
A
WITH THE STARS SHINING BRIGHT,
D            A       E7
WIND BLOWIN’ HIGH, MY LOVE SAID GOODBYE.
A                     D
BLUE MOON OF KENTUCKY KEEP ON SHINING,
A              E7          A
SHINE ON THE ONE THAT’S GONE AND LEFT ME BLUE.

repeat **
A                 D
WELL, BLUE MOON, YEAH, BLUE MOON,
A                 E7
YEAH, BLUE MOON KEEP SHINING BRIGHT,
A
WELL, BLUE MOON KEEP ON SHINING BRIGHT,
D
BRING MY BABY BACK TONIGHT.
A     E7              A
BLUE MOON, YEAH, KEEP SHINING BRIGHT.

repeat *

repeat **
A                   E7           A
YEAH, SHINE ON THE ONE THAT’S GONE AND LEFT ME BLUE.

(c)1946 Southern Music Publishing



Blackbird

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:(1)2分27秒 (2)2分10秒 (3)2分30秒
収録アルバム:(1)Wings Over America (2)Unplugged (3)Back In The U.S, Back In The World
収録シングル:なし

オリジナルはビートルズのアルバム『The Beatles(通称:ホワイト・アルバム)』に収録されている。
ビートルズがインドまで瞑想旅行に出掛けたときにポールがアコースティック・ギターで作った曲で、瞑想旅行に同行したドノバンに教わったスリーフィンガー弾きを駆使している。ビートルズの曲の中では弾き語りの曲として有名である。
2002-2003年のツアーでこの曲を演奏するときに、MCでこの曲を作曲したエピソードを語っている。
「この曲は、アメリカの南部の州で人権問題があった60年代に書いた。イギリスでは女性のことを時々”bird”って言うことがあるんだ。他にもいろいろと言い方はあるけどね。僕は当時の若い黒人女性たちの奮闘を思い浮かべ、それを念頭に置いて書いた。」(ポール)
ポール自身お気に入りの曲で、ビートルズ解散後も、(4)1973年のテレビ番組『James Paul McCartney』、(6)1975年の『Backyard』セッション、(1)1975-76年のウィングス・ワールド・ツアー、(2)1991年のテレビ番組『Unplugged』、(11)1993年4月16日ハリウッド・ボウルでのアースデイ・コンサート、(12)1997年のラジオ番組『Flaming Pie Radio Show』、(3)2002-2003年のツアー といろいろな場所で演奏している。また、2002年リハーサルでは、この曲をアップテンポにてバンドスタイルで演奏しており、DVD『Back In The U.S.』を購入した人だけがアクセスできたインターネット上のストリーミング配信『Secret Website Show』で見ることができた。
公式発表されている(1)(2)(3)のバージョン以外は、以下のブートで聴くことができる。

(4)1973年2-3月テレビ番組『James Paul McCartney』
MoMac’s Hidden Tracks: Volume 05 (Label Unknown)
James Paul McCartney DVD (BBC Video — BBC Videos)
James Paul McCartney (Chapter One — CO 25128)
James Paul McCartney (Berkeley — 2028)
James Paul McCartney (From TV Station Master Tape) (Watchtower — WT 2001043)
(5)1973年2-3月テレビ番組『James Paul McCartney』リハーサル
The Making Of James Paul McCartney (ReproMan — RPM 106)
The Making Of James Paul McCartney (Midnight Beat — MB CD 114)
(6)1974年8月『Backyard』セッション
The Blackbird Sessions (Goblin Records — CD 3002)
Alternate Takes 1975-1978 (TJT Productions — TJT-055)
Backyard+ (Yellow Cat YC 029)
(7)1975年11月13日メルボルン公演
Live In Melbourne, Australia (DVD — Label Unknown)
(8)1976年6月22日ロサンゼルス公演
映画『Rock Show』
(9)1990年6月13日ラジオ・番組『The Steven Wright Show』
Big Mac’s Live Tracks (Orange One)
(10)1991年1月テレビ番組『unplugged』リハーサル
Oobu Joobu Part 10 (Yellow Cat Records — YC 054)
(11)1993年4月16日アースデイ・コンサート
Destroys Anaheim (Slick-O 100-200)
(12)1997年5月ラジオ番組『Flaming Pie Radio Show』
Another Flaming Pie (Walrus Records — Walrus 038)
(13)2002年4月24日ワシントン公演
Driving Macca! (Label Unknown)
(14)2002年5月15日タンパ公演
Live In Tampa Florida 2002 (Night Hawk)
(15)2002年6月3日『Party At The Palace』
Party At The Palace (DVD — Label Unknown)
(16)2003年5月24日モスクワ公演
The Complete Russia Concert (DVD 2) (Macca Fan Records — MFR 2003)
(17)2003年ツアーリハーサル
Secret Show Extra 2002 (Now Disc International — NOW 04)
(18)2004年5月30日マドリード公演
!Viva Espana! CD 2 (Tobacco Kill Records — TKR 006)
(19)2004年6月20日サンクトペテルブルグ公演
San Petersburg Soundboard (CD 2) (Tobacco Kill Records — SPS 2)

(1)『Wings Over America』
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Acoustic Guitar
録音スタジオ:unknown
録音日:1976
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Phil McDonald, Jacks Maxson, Mark Vigars & Tom Walsh
イギリス発売日:1976.12.10
アメリカ発売日:1976.12.10
日本発売日:1977.1.25

(2)『Unplugged』
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Acoustic Guitar
Robbie Mclntosh: Acoustic Guitar
録音スタジオ:Limehouse Television Studios, Wembley
録音日:1991.1.25
プロデューサー:Joel Gallen
エンジニア:Geoff Emerick
アシスタント・エンジニア:Peter Craigie, Gary Stewart, Eddie Klein
イギリス発売日:1991.5.13
アメリカ発売日:1991.6.4
日本発売日:1991.5.25

(3)『Back In The U.S.』『Back In The World』
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Acoustic Guitar
録音スタジオ:live from Boston
録音日:2002.4.19
プロデューサー:David Kahne
エンジニア:Geoff Emerick
イギリス発売日:2003.3.17
アメリカ発売日:2002.11.26
日本発売日:2002.11.13

歌詞・コード
G       Am7   G/B   G
Blackbird singing in the dead of night
C    A7/C#   D   B7/D#   Em Em7/Eb
Take these broken wings and learn to fly
D A7/C# C Cm
All your life
G/B      A7        D7        G C G/B A7 D7 G
You were only waiting for this moment to arise

Blackbird singing in the dead of night
Take these sunken eyes and learn to see
All your live
You were only waiting for this moment to be free

F C/E Dm C Bb6 C
Blackbird, fly
F C/E Dm C Bb6 A7
Blackbird, fly
D7            G Am7 G/B G
Into the light of a dark black night

Blackbird, fly
Blackbird, fly
D7            G Am7 G/B G
Into the light of a dark black night

Blackbird singing in the dead of night
Take these sunken eyes and learn to see
All your live
You were only waiting for this moment to be free
C    G/B A7         D7       G
You were only waiting for this moment to be free
C    G/B A7         D7       G
You were only waiting for this moment to be free

(c) 1968 Nothern Songs





 

Be-Bop-A-Lula

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:4分4秒
収録アルバム:Unplugged
収録シングル:なし

オリジナルは1956年にジーン・ビンセントが発表した曲。オールディーズの代表曲とも言える有名曲である。数多くのアーティストがカバーしているロックンロールのスタンダードで、ジョン・レノンもロックンロール・カバーアルバム『Rock’n’roll』でカバーし、アルバムの1曲目に据えている。
ポールは1991年のMTV『Unplugged』で初めて演奏したが、ショーの中では実際には12曲目に演奏したにも関わらず、公式発売したアルバムでは1曲目に持ってきているところは、ジョン・レノンを意識していると思われる。
この曲は、1957年7月6日リバプールのセント・ピータース教会で、ポールがジョンのバンド、クォリーメンの演奏を初めて見た後に、楽屋でポールがジョンに弾いてみせた曲のうちの1曲だと言われている。その他に弾いてみせた曲はエディ・コクランの「Twenty Flight Rock」。
『Unplugged』以外でも、1991年5月8日~7月24日のヨーロッパ・シークレット・ツアーや、1993年ワールド・ツアーのリハーサルでも演奏している。
公式盤に収録されていないそれらの演奏は、以下のブートで聴くことができる。

・1993年5月31日 カンサスシチー Arrowhead Stadiumでのリハーサル
Oobu Joobu Part 3 (Yellow Cat Records — YC 047)
・1993年11月15日 東京ドームでのリハーサル
Sayonara Mr. Paul (Live Storm — LSCD 51550)
Hey Tokyo! (Kiss The Stone — KTS 250)
Magical Mystery Tokyo (Pluto Records — PLR CD 9406)
Paul Is Vision 1 (Sandwich — piv 002)
Tokyo Dome 1993. The Master Tape Version (DVD) (MPL Films Japan — 2002 MPL)

演奏:
Paul McCartney: Vocal, Acoustic guitar
Linda McCartney: Vocal harmonies, Harmonium
Paul “Wix” Wickens: Piano, Vocal harmonies
Blair Cunningham: Drums
Robbie Mclntosh; Acoustic guitar, Vocal harmonies
Hamish Stuart: Acoustic bass guitar, Vocal harmonies録音スタジオ:
録音日:1991.1.25
プロデューサー:Joel Gallen
エンジニア:Geoff Emerick
アシスタント・エンジニア:Peter Craigie, Gary Stewart & Eddie Klein
イギリス発売日:1991.5.13
アメリカ発売日:1991.6.4
日本発売日:1991.5.25

歌詞・コード
Well
E
Be-bop-a-lula, she’s my baby
Be-bop-a-lula, I don’t mean maybe
A9
Be-bop-a-lula, she’s my baby
E
Be-bop-a-lula, I don’t mean maybe
B7        A9        E
Be-bop-a-lula, she’s my baby love, my baby love, my baby love

E
Well, she’s the girl in the red blue jeans
She’s the queen of all the teens
She’s the woman that I know
E7-10
She’s the one that loves me do – say

A9
Be-bop-a-lula, she’s my baby
E
Be-bop-a-lula, I don’t mean maybe
B7
Be-bop-a-lula, she’s my baby love, my baby love, my baby love

SOLO: E B7 A9 E

Well, she’s the woman that’s got that beat
She’s the woman with the flying feet
She’s the woman that walks around the store
She’s the one who wants me more, more, more, more

Be-bop-a-lula, she’s my baby
Be-bop-a-lula, I don’t mean maybe
Be-bop-a-lula, she’s my baby
Be-bop-a-lula, I don’t mean maybe
Be-bop-a-lula, she’s my baby love, my baby love, my baby love

SOLO: E A9 E B7 A9 E

Be-bop-a-lula, she’s my baby
Be-bop-a-lula, I don’t mean maybe
Be-bop-a-lula, she’s my baby
Be-bop-a-lula, I don’t mean maybe
B7      A9       E
Be-bop-a-lula, she’s my baby love, my baby love
E6add9
My baby love

(c) 1956 HILL AND RANGE SONGS INC

 

And I Love Her

作詞作曲:John Lennon, Paul McCartney
収録時間:4分17秒
収録アルバム:Unplugged (The Official Bootleg)
収録シングル:なし

オリジナルは、1964年に発売されたビートルズのアルバム『A Hard Day’s Night』に収録されている。初期のビートルズ時代にポールが作った秀逸のバラード作品。ジョン・レノンはこの種の曲があまり好きではなかったという。
ビートルズ時代はライブで演奏したことはなく、ポール自身も、オリジナルの発表から27年経過して初めてライブで演奏した。1991年のMTVの番組「Unplugged」で初めて演奏し、その後、1991年のシークレット・ヨーロッパ・ギグで演奏し、さらに、1993年のワールドツアーで演奏している。
公式に発表されたことがあるのは、「Unplugged」でのライブ。ライブでは、バックバンドでベースを弾いているヘイミッシュ・スチュアートがメインのメロディーを歌い、ポールは上のパートを歌っている。

演奏:
Hamish Stuart: Vocal, Acoustic bass guitar
Paul McCartney: Vocal, Acoustic guitar
Linda McCartney: Vocal harmonies, Harmonium
Paul “Wix” Wickens: Piano, Vocal harmonies
Blair Cunningham: Drums
Robbie Mclntosh: Acoustic guitar, Vocal harmonies
録音スタジオ:Live from MTV program “Unplugged”
録音日:1991.1.25
プロデューサー:Joel Gallen
エンジニア:Geoff Emerick, Peter Craigie, Gary Stewart, Eddie Klein
イギリス発売日:1991.5.13
アメリカ発売日:1991.6.4
日本発売日:1991.5.25

歌詞・コード
Em     Bm
I give her all my love
Em     Bm
That’s all I do
Em     Bm
And if you saw my love
G         A
You’d love her too
D
I love her

Em        Bm
She gives me everything
Em    Bm
And tenderly
Em        Bm
The kiss my lover brings
G        A
She brings to me
D
And I love her

Bm     D    Bm    A
A love like ours, could never die
Bm     A         A+D
As long as I have you near me

Bright are the stars that shine
Dark is the sky
I know this love of mine
Will never die
And I love her.

(c)1964,1991 Nothern Songs