ポール・マッカートニーのファンサイト(非公認)。ポール・マッカートニーやビートルズの最新ニュース、アルバム・楽曲の解説、ライブ・ツアー記録、新譜・テレビ放送等。

1993Paul Is Live

A Fine Day

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:6分4秒
収録アルバム:Paul Is Live
収録シングル:なし

1993年ニューワールド・ツアー中のサウンドチェックで演奏された即興曲。公式アルバム『Paul Is Live』に収録された。
このワールド・ツアーのサウンドチェックから、他にも「I Wanna Be Your Man」「Hotel In Benidorm」が収録されている。
ニューヨーク滞在中の1日を即興で歌った曲である。
1993年6月11日ニューヨーク郊外のイースト・ラザフォード公演のサウンドチェックから収録されたが、このサウンドチェック以外、この曲を演奏するテープは発見されていない。

演奏:
Paul McCartney: Lead Vocal, Electric Guitar
Linda McCartney: Keyboards
Hamish Stuart: Bass, Vocal harmonies
Robbie Mclntosh: Electoric Guitar, Vocal harmonies
Paul “Wix” Wickens: Keyboards, Vocal harmonies
Blair Cunningham: Drums
録音スタジオ:rehearsal from East Rutherford, NJ
録音日:1993.6.11
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Geoff Emerick
イギリス発売日:1993.11.8
アメリカ発売日:1993.11.16
日本発売日:1993.11.10

 

 

Drive My Car

作詞作曲:John Lennon, Paul McCartney
収録時間:2分16秒
収録アルバム:Paul Is Live
収録シングル:なし

ビートルズ時代に発表したモータウン風の曲。ベースとギターのフレーズ、車のクラクション風の音楽など、各フレーズが印象的な曲である。オーティス・レディングの「Respect」に影響された曲とも言われている。
「これは僕の曲の1つだ。でも、歌詞の”golden rings”のところで何かあったな・・・歌詞に行き詰まっていて・・・よく覚えていないけど、そういうわけか、車を用いることを思いついたんだ。で、それを皮肉に使おうと。ロサンゼルスの若手女優が「そう、あなたは私の車を運転できるよね。」と言っているような感じさ。それが面白かったので、歌詞が一気に出来たね。」(ポール)
実際のところ、歌詞の一部はジョン・レノンが手伝っている。
オリジナルはビートルズのアルバム『Rubber Soul』の1曲目を飾った。ビートルズ時代にライブ演奏されたことはないが、1993年のニュー・ワールド・ツアーで取り上げ、この時も、この曲をオープニング・ナンバーに持ってきた。
2004年のツアー「04 Summer」でレパートリーに復活し、セットリストの中盤で演奏した。しかし、2005年2月6日のNFLスーパーボウル・ハーフタイムショーで演奏した時は、オープニング・ナンバーに持ってきた。
公式アルバム『Paul Is Live』に収録されたカンサス・シティー公演以外の演奏は、以下のブートで聴くことができる。

(2)1993年ツアーリハーサル
 Beatles Originals (Solo) (Yellow Cat Records — YC 067)
 Oobu Joobu Part 7 (Yellow Cat Records — YC 051)
(3)1993年ツアーリハーサル
 公式ビデオ『Movin’ On』
(4)1993年6月15日シャーロット公演
 Out In The Crowd (Nikko Records NK 005-06)
 Back In The U.S.A. (Vol. 3) (Banana — BAN-029-C)
(5)1993年11月14日東京公演
 Hola Argentina (CD 1) (Macca Fan Records — w/r)
(6)2004年6月20日サンクトペテルブルグ公演
 San Petersburg Soundboard (CD 2) (Tobacco Kill Records — SPS 2)
(7)2004年6月26日グラストンベリー・フェスティバル
 Glastonbury 2004 (DVD) (Label Unknown)
(8)2005年2月6日NFLスーパーボウル・ハーフタイムショー
 Paul McCartney At The Super Bowl 2002-2005 (Wall Of Sound — WOS-DVD-001)

drive_my_car_promo1.jpgdrive_my_car_promo2.jpg

演奏:
 Paul McCartney: Vocal, Bass
 Linda McCartney: Backing Vocal
 Hamish Stuart: Backing Vocal, Electric Guitar
 Robbie Mclntosh: Backing Vocal, Electric Guitar
 Paul “Wix” Wickens: Backing Vocal, Acoustic Guitar
 Blair Cunningham: Drums
録音スタジオ:Live from Kansas City
録音日:1993.5.31
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Geoff Emerick
イギリス発売日:1993.11.8
アメリカ発売日:1993.11.16
日本発売日:1993.11.10

歌詞・コード
Am7         D
Asked a girl what she wanted to be
Am7       D
And she said baby, can’t you see
Am7          D
I want to be famous, a star on the screen
Em           Em7+
But you can do something in between

F#m7         Am7 Bm7 Cm7 Bm7 Am7
Baby you can drive my car
F#m7         Am7 Bm7 Cm7 Bm7 Am7
Yes I’m gonna be a star
F#m7         Am7
Baby you can drive my car
Bm7   Em7+
And baby I love you

I told the girl that my prospects were good, And she said “Baby, it’s understood
Working for peanuts, is all very fine, But I can show you a better time

Baby you can drive my car, Yes I’m gonna be a star
Baby you can drive my car, and maybe I’ll love you”
Beep, beep, beep, beep, yeah!

Baby you can drive my car, Yes I’m gonna be a star
Baby you can drive my car, and maybe I’ll love you”

I told that girl I could start right away, And said, “Listen babe, I got something to say
I got no car and it’s breaking my heart, But I found a driver, and that and that’s a start

Baby you can drive my car, Yes I’m gonna be a star
Baby you can drive my car, and maybe I’ll love you”
Beep, beep, beep, beep, yeah!
Beep, beep, beep, beep, yeah!
Beep, beep, beep, beep, yeah!
Beep, beep, beep, beep, yeah!

(c)1966 Northern Songs Ltd.



 

(c)Jash http://pmccartney.com

C’mon People

cmon_people.jpgcmon_people2.jpg

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:(1)5分45秒 (2)5分31秒
収録アルバム:(1)Off The Ground (2)Paul Is Live
収録シングル:C’mon People

アルバム『Off The Ground』からの第2弾シングルとして発売されたビートルズっぽいピアノ・バラード。
ポールがジャマイカで休暇を取っている時に書いた。ポールは友人である詩人アドリアン・ミッチェルに作った詩についてアドバイスを求めたところ、’coming in’を’rushing in’や’charging in’に変えるように勧められ、歌詞を一部変更した。
アルバム『Off The Ground』のためにレコーディングされた他の曲と同様、政治的メッセージ色の強い歌詞となっている。
「たくさんの人が1つになって、世界を変えるためにはどうすればいいか政治家に問う、こういう動きが事の始まりだと思う。そうやって、物事を変えることができるんだ。」(ポール)
この曲をレコーディングしている時に録音機材の調子がおかしくなったため、最初のテイクがベーシックトラックとして採用され、当初は後ほどオーバーダブを加える予定であったが、ポールはこの曲がビートルズっぽいのに気付き、ジョージ・マーティンによるオーケストラ・アレンジを加えることにした。
「ヘイミッシュと僕とで’oh yeah’というコーラスを歌っている時、まるでジョンと歌っているように感じた。ジョンの魂みたいなのがスタジオにあったんだ。」(ポール)
「”C’mon People”は、ピアノであれこれやっているうちに生まれたんだ。この曲は60年代っぽいと思うし、ビートルズみたいなところもあると思うね。最近まで僕は、ビートルズの影響を避けて、まったく違うことをしようとしてきた。でも、それだと非常にいいものでも否定してしまう可能性がある。ビートルズのスタイルを作ったのは僕たちなんだから、僕やジョージやリンゴがそのスタイルで音楽を作ってもなにもおかしくないんだよ。だからそういうものができあがっても、あえて作り直すことはしなかった。終わってみるとすごく楽観的な内容に仕上がっていた。この曲だけは、オーケストラが入ってもいいと思った。ほかはもっとバンド向きの曲だからね。そこでもっとスケールの大きな曲にしようとジョージ・マーティンに電話をかけたんだ。彼はあたたかく迎えてくれて『本当に私でいいのかい』と聞いてきた。ほとんど引退してしまっているからね。『もちろんだよ』と言って頼んだんだけど、彼はまるで十代の若者のように、心を込めて指揮をつとめてくれた。そして半分くらいできあがったところで、『いい曲だよポール!』と言ってくれたんだ。これは本当にうれしかった。」(ポール)
シングル発売される際に、4分2秒に編集されたラジオ・エディット・バージョンがアメリカの各放送局に配られた。また、1992年11月16日から18日にかけて、元10ccのケヴィン・ゴドレー監督によりロンドンのブレイ・フィルム・スタジオにてプロモーション・ビデオが撮影された。プロモーション・ビデオの撮影風景は、公式ビデオ『Movin’ On』でも見ることができる。
アルバム『Off The Ground』発売後に行われたワールドツアー「The New World Tour」でも演奏され、ライブアルバム『Paul Is Live』や公式DVD『Paul Is Live』でも聴くことができる。
その他のライブ(サウンドボード録音)は、以下のブートで聴くことができる。

(3)1992年12月10日テレビ番組『Up Close』
Looking For Changes (Yellow Cat Records — YC 003)

(4)1993年ツアー・リハーサル
Oobu Joobu Part 16 & 17 (Disk 2) (Yellow Cat Records — YC 061)

(5)1993年7月15日シャーロット公演
Live In Charlotte (Complete) DVD 2 (Macca Fan Records/DVD — MFR/DVD 2004/21b)
Hot Night In Charlotte (DVD 1) (MPL (Fake) — MPL FN)

cmon_people_promo1.jpgcmon_people_promo2.jpg

(1)
演奏:
Paul McCartney: Lead Vocal, Backing Vocal, Piano, Electric Guitar, Celeste, Whistling
Linda McCartney: Moog
Hamish Stuart: Backing Vocal, Bass Guitar
Robbie Mclntosh: Electric Guitar, Acoustic Guitar
Paul “Wix” Wickens: Synth Strings, Synth Orchestra, Congas
Blair Cunningham: Drums, Congas
Irvine Arditti: Violin
Alan Brind: Violin
Benedict Cruft: Violin
Miranda Fulleylove: Violin
Roger Garland: Violin
Roy Gillard: Violin
Pauline Lowbury: Violin
Rita Manning: Violin
David Ogden: Violin
Bernard Partridge: Violin
Jonathan Rees: Violin
Michael Rennie: Violin
Celia Sheen: Violin
Garlina Solodchim: Violin
Barry Wilde: Violin
Donald Weekes: Violin
Jeremy Williams: Violin
David Woodcock: Violin
Roger Chase: Viola
Ken Essex: Viola
Andrew Parker: Viola
George Robertson: Viola
Graeme Scott: Viola
John Underwood: Viola
Robert Bailey: Cello
Paul Kegg: Cello
Ben Kennard: Cello
Anthony Pleeth: Cello
Roger Smith :Cello
Jonathan Williams: Cello
Paul Cullington: Bass
Chris Cullington: Bass
Skaila Kanga: Harp
Nicholas Busch: Horn
Frank Lloyd: Horn
Josephine Lively: Oboe
Richard Morgan :Oboe
Martin Parry: Flute
Jane Pickles: Flute
Guy Barker: Trumpet
Derek Watkins: Trumpet
Terence Emery: Percussion
Tristan Fry: Percussion
録音スタジオ:The Mill, Sussex, Abbey Road Studios, London
録音日:1991.11-1992.9
プロデューサー:Paul McCartney, Julian Mendelsohn
エンジニア:Bob Kraushaar
イギリス発売日:1993.2.2
アメリカ発売日:1993.2.9
日本発売日:1993.2.8

(2)
演奏:
Paul McCartney: Lead Vocal, Piano
Linda McCartney: Backing Vocal, Keyboards
Hamish Stuart: Backing Vocal, Bass Guitar
Robbie Mclntosh: Backing Vocal, Electric Guitar
Paul “Wix” Wickens: Backing Vocal, Keyboards
Blair Cunningham: Backing Vocal, Drums
録音スタジオ:live from Kansas City
録音日:1993.5.31
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Geoff Emerick
イギリス発売日:1993.11.8
アメリカ発売日:1993.11.16
日本発売日:1993.11.10

歌詞・コード

D#
Well We’re Going To, Yeah We’re Going To
D#aug
Get It Right This Time.
D#
We’re Going To Really Going To
D#aug
Raise It To The Sky.

G#             Bb         C
People Are Ready To Forgive A Few Mistakes
G#             Bb
But Let’s Get Started, Form A Party
C F G C
Don’t You Know How Long It Takes!

C7   Am7        C/B  C
C’mon People Let The Fun Begin.
C7       Am7       C/B   C
We’ve Got A Future And It’s Rushing In.
C7       Am7         C/B     C
Call All The Minstrels From The Ancient Shrine.
C7         Am7        C/B     C
Pass Down The Message That It’s Right This Time.

D#
Well I’m Trying To, Yeah I’m Crying To
D#aug
Lay It On The Line.
D#
We’re Trying To, Really Dying To
D#aug
Get It Right This Time.
G#                Bb        C
So Many Yearning For The Way It’s Gonna Be.
G#                 Bb
Believe It When You See It Happening To You.,
C F G C
You Know It’s Real.

C’mon People Let The World Begin.
We’ve Got A Future And It’s Charging In.
We’ll Make The Best Of All We Have, And More.
We’ll Do What Never Has Been Done Before.

G# Bb C
Oh Yeah.
G# Bb C
Oh Yeah, Oh Yeah
G# Bb C
Oh Yeah.
G# Bb C
Oh Yeah, Oh Yeah

Well I’m Going To, Yeah I’m Going To
Get It Right This Time.
I’m Going To, Really Going To
Raise It To The Sky.
I Must Admit I May Have Made A Few Mistakes,
But Let’s Get Started, From A Party
Don’t You Know How Long It Takes!

So C’mon People Let The Fun Begin.
We’ve Got A Future And It’s Rushing In.
Call All The Minstrels From The Ancient Shrine.
Pass Down The Message That It’s Right This Time.

Oh Yeah.
Oh Yeah, Oh Yeah
Oh Yeah.
Oh Yeah, Oh Yeah

C’mon People Let The World Begin.
We’ve Got A Future And It’s Charging In.

(c)1992, 1993 MPL Communications, Ltd. Administered by MPL Communications, Inc.

(c)Jash http://pmccartney.com



Biker Like An Icon

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:(1)3分26秒 (2)3分28秒
収録アルバム:(1)Off The Ground (2)Paul Is Live
収録シングル:Biker Like An Icon

ポールが自宅の屋根裏部屋でマーティンの12弦ギターを弾きながら作った曲。1992年1月に行われたアルバム『Off The Ground』のリハーサルで試しに演奏されたバージョンがよかったため、そのテイクをそのままアルバムに収録した。
「”Biker Like An Icon”はポールがアルバムに収録予定の曲を目の前で弾いてくれた後に、初めてレコーディングした曲だ。ただ音と取っただけだったけど、曲の概要をつかむのに15分しかかからなかった。それでレコーディングしたんだ。」(ロビー・マッキントッシュ)
「この曲はシンプルな小曲だね。50回もリハーサルするとダメになるような曲。ささっとレコーディングしたんだ。それがよかった。」
曲のタイトルは、リンダ・マッカートニーが使っていたカメラ、ライカとニコンを掛け合わせて、「I like a Nikon」から進化させていったもの。バイク野郎を追っかける少女のことを歌っている。ロビー・マッキントッシュのリード・ギターが、バイクの音を模倣している。
当初、アルバムのプロモーションとして、7インチのビニル盤シングルとして17000枚限定で発売予定であったがキャンセルとなり、1991年1月に収録されたMTV『Unplugged』のアルバムに収録されていない曲「Things We Said Today」「Mean Woman Blues」「Midnight Special」とカップリングさせて発売されることになったが、これもラジオ局DJ用のCDシングルとして300部制作されただけでキャンセルとなった。結局、1993年ツアーのライブアルバム『Paul Is Live』に収録されたライブ・バージョンとをカップリングさせて、残りの「Things We Said Today」「Midnight Special」とのカップリングで1993年冬にヨーロッパで、アルバム『Off The Ground』からの第3弾シングルとして発売された。
シングル発売されたが、結局チャートインせず。
プロモーション・ビデオも作成され、3種類存在する。1993年1月12日にロンドンのPinewood Studiosで撮影された演奏シーン(公式ビデオ『Movin’ On』に収録)のみのフィルム、バイク野郎を追いかける少女をメインで映したフィルム、画面の3/4がバイク野郎・少女、1/4が演奏シーンをコラージュさせたフィルムの3種類である。

1993年のニュー・ワールド・ツアーで演奏された曲で、ライン録音による演奏は以下のブートで聴くことができる。

(3)1992年12月10日エド・サリバン・シアター『Up Close』
C’mon People (High Live — HL 2911)
Complete UP Close (DVD) (Macca Fan Records/DVD — MFR/DVD 2004 6 7)
Phasing Phun Volume 8 (1989-1997) (Two Boys Limited Labs — TBL-014 (8))
Back In The U.S.A. (Vol. 2) (Banana — BAN-029-B)
First Night (CD 1) (Front Row — Front 11)
Looking For Changes (Yellow Cat Records — YC 003)
Oobu Joobu (Part 1) (DVD) (MPL (Fake) — 970201)

(4)1993年6月15日シャーロット公演
Out In The Crowd (Nikko Records NK 005-06)
Back In The U.S.A. (Vol. 3) (Banana — BAN-029-C)

(5)1993年11月15日東京公演
Paul Is Vision – Soundcheck + Live (Label Unknown)
biker_like_an_icon_promo1 biker_like_an_icon_promo2

(1)アルバム『Off The Ground』
演奏:
Paul McCartney: Lead Vocal, Backing Vocal, Acoustic Guitar, Percussion
Linda McCartney: Keyboard
Hamish Stuart: Backing Vocal, Bass Guitar
Robbie Mclntosh: Slide Guitar
Paul “Wix” Wickens: Backing Vocal, Piano, Linn Drum, Drum Programing, Percussion
Blair Cunningham: Backing Vocal, Percussion録音スタジオ:
録音日:1992.1
プロデューサー:Paul McCartney, Julian Mendelsohn
エンジニア:Bob Kraushaar
イギリス発売日:1993.2.2
アメリカ発売日:1993.2.9
日本発売日:1993.2.8

(2)アルバム『Paul Is Live』
演奏:
Paul McCartney: Lead Vocal, Acoustic Guitar
Linda McCartney: Backing Vocal, Keyboards
Hamish Stuart: Backing Vocal, Acoustic Bass Guitar
Robbie Mclntosh: Backing Vocal, Acoustic Guitar
Paul “Wix” Wickens: Backing Vocal, Keyboards
Blair Cunningham: Drums
録音スタジオ:live from Boulder, Colorado USA
録音日:1993.5.5
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Geoff Emerick
イギリス発売日:1993.11.8
アメリカ発売日:1993.11.16
日本発売日:1993.11.10

歌詞・コード
Em7 A Em7 A
Em7      A
There was girl who loved a biker
Em7            A
she used to follow him across America
Em7     A        Em7 A
But the biker didn’t like her.

She didn’t care, she still persisted
though her brother said she was twisted
and the family said they wouldn’t miss her
anyway.

CaddD      C
She loved the biker like an icon
Asus2     B7   Em7   A
gazing at his picture everyday.
She loved the biker like an icon
slowly watching precious water drip away.

She did her best to fix a meeting
she pulled it off one night in Hollywood.
When he met her he couldn’t let her get away.

She didn’t ask for her permission
he took advantage of her position.
But he was always her ambition anyway.

She loved the biker …

The family tried so hard to find her
they showed her picture across America.
But no trace of her sweet face was ever found.

She loved the biker …

(c) 1992, 1993 MPL Communications, Ltd.

 


All My Loving

作詞作曲:John Lennon, Paul McCartney
収録時間:(1)2分14秒 (2)2分9秒
収録アルバム:(1)Paul Is Live (2)Back In The U.S., Back In The World
収録シングル:なし

オリジナルは、1963年に発売されたビートルズの2枚目のアルバム『With The Beatles』に収録されている。ビートルズとしてはアルバム発売後しばらくライブで演奏していた。1964年にアメリカで初めてのテレビ出演となったテレビ番組「Ed Sullivan Show」で、一番最初に演奏した曲でもあり、ビートルズとしてシングル発売はしていないものの、有名な曲である。
ポールはビートルズ解散後、この曲を1993年のツアー「The New World Tour」で初めて演奏した。このツアーでも、ビートルズ時代に使用していたへフナーベースを演奏しながら歌っていたので、ビートルズ時代を彷彿とさせるものがある。
その後も、1999年4月10日にロンドンのアルバートホールで開催されたリンダ・マッカートニー追悼コンサート「Here, There And Everywhere」でも演奏し、その様子は日本でも2001年3月7日にNHK BS2で放送されたことがある。
また、2002-3年のツアーでもこの曲を演奏している。『Back In The U.S.』と『Back In The World』に収録されているのは同じライブバージョン。さらに、2004年のヨーロッパ・ツアー「04 Summer」でも取り上げている。
ビートルズ時代のライブでは、3番のハモリ部分は、ポールが上のパートを歌っていたが、ソロ時代のライブでは、1番、2番の音程と同じ下のパートを歌っている。

(1)
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Bass
Linda McCartney: Backing Vocal
Hamish Stuart: Backing Vocal, Electric Guitar
Robbie Mclntosh: Backing Vocal, Electric Guitar
Paul “Wix” Wickens: Backing Vocal, Acoustic Guitar
Blair Cunningham: Drums
録音スタジオ:Live from New York
録音日:1993.6.11
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Geoff Emerick
イギリス発売日:1993.11.8
アメリカ発売日:1993.11.16
日本発売日:1993.11.10

(2)
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Bass
Rusty Anderson: Backing Vocal, Guitar
Brain Ray: Backing Vocal, Guitar
Paul “Wix” Wickens: Backing Vocal, Acoustic Guitar
Abe Raboriel Jr.: Backing Vocal, Drums
録音スタジオ:Live from the tour “Driving USA” 2002.4-5
録音日:Unknown
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:David Kahne
イギリス発売日:2003.3.17
アメリカ発売日:2002.11.26
日本発売日:2002.11.13

歌詞・コード
F#m        B
Close your eyes and I’ll kiss you
E       C#m
Tomorrow I’ll miss you
A       F#m   D B7
Remember I’ll always be true
F#m    B
And then while I’m away
E      C#m
I’ll write home every day
A       B     E
And I’ll send all my loving to you

I’ll pretend that I’m kissing
The lips I am missing
And hope that my dreams will come true
And then while I’m away
I’ll write home every day
And I’ll send all my loving to you

C#m C#maj7/C   E
All my loving, I will send to you
C#m C#maj7/C   E
All my loving, darling, I’ll be true

(SOLO)
A E F#m B7

Close your eyes and I’ll kiss you
Tomorrow I’ll miss you
Remember I’ll always be true
And then while I’m away
I’ll write home every day
And I’ll send all my loving to you

All my loving, I will send to you
All my loving, darling, I’ll be true

C#m      E+
All my loving, all my loving
C#m+         E+
All my loving, I will send to you

c 1993,2002,2003 Northern Songs