ポール・マッカートニーのファンサイト(非公認)。ポール・マッカートニーやビートルズの最新ニュース、アルバム・楽曲の解説、ライブ・ツアー記録、新譜・テレビ放送等。

1999Run Devil Run

Fabulous

作詞作曲:Harry Land, Jon Sheldon
収録時間:2分15秒
収録アルバム:なし
収録シングル:No Other Baby

オリジナルは1957年のチャーリー・グレイシー。ビルボード・チャートで全米26位まで上昇した。オリジナルはエルビス・プレスリーの「Don’t Be Cruel」に似ている。
アルバム『Run Devil Run』のセッションでレコーディングされたが、アルバムには収録されず、シングル「No Other Baby」のカップリングでイギリスでのみ発売された。しかしこの曲は、1999年12月14日リバプール・キャバーンクラブでのライブで取り上げ、アメリカ、日本でも公式DVD『Live at the Cavern Club』で発売されたので、ポール・マッカートニーの演奏は聴くことができることとなる。

演奏:
Paul McCartney: Vocal, Bass Guitar, Electric Guitar
David Gilmour: Electric Guitar
Mick Green: Electric Guitar
Pete Winfield: Piano
Ian Paice: Drums
録音スタジオ:Abbey Road Studios, London
録音日:1999.3.1
プロデューサー:Chris Thomas, Paul McCartney
エンジニア:Geoff Emerick, Paul Hicks, Steve Rooke
イギリス発売日:1999.12.25
アメリカ発売日:未発表
日本発売日:未発表

歌詞・コード

E
Well I always knew I was crazy for you
A7        E
But how’d I know you’d thrill me so
F#7 B7     E
If this is love, it’s fabulous

Your lips close to mine, I get chills up my spine
And when we touch, I thrill so much
If this is love, it’s fabulous

A      E     A       E
Well I read in a book about love its charms
A      E     F#7       B7
But I never knew till I held you in my arms

Oh when I hold you tight, I know, I know I’m right
‘Cause only you can do what you do
If this is love, it’s fabulous

Well I read in a book about love its charms
But I never knew till I held you in my arms

Well I always knew I was crazy for you
But how’d I know you’d thrill me so
F#7 B7     E
If this is love, it’s fabulous
F#7 B7     E
If this is love, it’s fabulous
F#7 B7     E
If this is love, it’s fabulous

(c)1957 GLADYS MUSIC 301

Coquette

作詞作曲:Green John W, Lombardo Carmen, Kahn Gus
収録時間:2分41秒
収録アルバム:Run Devil Run
収録シングル:なし

オリジナルは1927年に作られたスタンダードナンバーで、グレン・ミラー・オーケストラなどが演奏している。ポールがカバーしたバージョンは、ファッツ・ドミノが1958年に発表したシングル「Whole Lotta Lovin’」のB面で発表されたバージョンである。
「Coquette」とは、”男たらしの女”という意味。鶏の鳴き声が語源。
ポールは当初、レコーディングしたボーカルを気に入らなかったという。
「最初のテイクを聴いて『これって、パブにいるシンガーみたいだ』と思った。そういう歌い方をしたくなかったんだけど、よく考えると、これってパブで歌っている歌なんだって分かった。グラスゴーで土曜日の夜に歌っているようなね。ファッツ・ドミノはそういう風に歌っていたんだ。ファッツの歌い方が好きなので、もう他の歌い方は出来なくなった。」(ポール)

演奏:
Paul McCartney: Vocal, Bass Guitar, Electric Guitar
David Gilmour: Electric Guitar
Mick Green: Electric Guitar
Pete Winfield: Piano
Ian Paice: Drums
録音スタジオ:Abbey Road Studios, London
録音日:1999.3.1
プロデューサー:Chris Thomas, Paul McCartney
エンジニア:Geoff Emerick, Paul Hicks, Steve Rooke
イギリス発売日:1999.10.4
アメリカ発売日:1999.10.5
日本発売日:1999.10.5

歌詞・コード
C F C G

C               G7
Hear me, why you keep foolin’, little coquette
C      G7
Making fun of the one who loves you
C               G7
Breakin’ hearts you are rulin’, little coquette
C
True hearts, tenderly dreamin’ of you

C7
Some day you’ll fall in love
F           E Eb D7
As I fell in love with you
D7
Maybe the one you love
G7          G7aug
Will just be foolin’ too

C              G7
And when you are alone, with all your regrets
C     G7
You know, my little coquette, I love you

Some day you’ll fall in love
As I fell in love with you
Now maybe the one you love
Will just be foolin’ too

And when you are alone, with all your regrets
C     F C Db9 C9
Now you know, my little coquette, I love you

(c)1927 EMI Feist Catalog Inc./Gilbert Keyes Music

 

Brown Eyed Handsome Man

作詞作曲:Chuck Berry
収録時間:2分27秒
収録アルバム:Run Devil Run
収録シングル:No Other Baby

オリジナルはチャック・ベリーが1955年に発売した曲。ビートルズもカバーした「Too Much Monkey Business」のB面として発表された。当時バディー・ホリーもカバーし、1963年全英3位のヒットとなった。ポールが初めて聴いたのは、おそらくバディー・ホリーのバージョンであろう。
ポールがアルバムに収録したのは、ジョニー・アレンがチャック・ベリーの「Promised Land」をカバーした時のような、ケイジャン風にアレンジしている。間奏では、クリス・ホールのアコーディオンをフィーチャーしている。
ジョン・レノンもこの曲をレコーディングしたことがあり、弾き語りによるデモ・バージョンが、ラジオ番組「The Lost Lennon Tapes」で放送されたことがある。
シングルB面に収録されたため、プロモーション・ビデオが制作された。1999年10月22日に公道上で行われたプロモーション・ビデオの撮影では、銃(もちろん偽物)が使われたため、本物と勘違いした通行人が警察を呼んで騒ぎになったため、撮影が中止になり、結局、Black Island Studios内で撮影されたダンサーと踊るポールの姿が撮影され、それがビデオに採用された。プロモーション・ビデは公式DVD『Live at the Cavern Club!』のボーナストラックに収録されている。
なお、この曲はライブでも演奏されたことがあり、1999年9月18日ハリウッドでの演奏、1999年11月2日テレビ番組『Later With Jools Holland』での演奏、1999年12月14日リバプール・キャバーンクラブでの演奏は、それぞれ公式DVD『Paul McCartney and Friends / The Peta Concert for Party Animals』、『Later with Jools Holland Legends』、『Live at the Cavern Club!』で見ることができる。その他でもテレビ番組でライブ演奏しており。それぞれ以下のブートで聴くことができる。

(1)『Paul McCartney and Friends / The Peta Concert for Party Animals』リハーサル 1999年9月18日
Party Of The Century – Rehearsals For PETA Concert (Watchtower — WT 2001032)
(2)テレビ番組『Red Alert with The National Lotttery』1999年11月13日
Rock Devil Rock (Yellow Cat Records — YC 068)
Get Off Me Arse! (Label Unknown — MZ 121-122)
(3)テレビ番組『The Apocalypse Tube』1999年11月20日
Devil Music (Fab 4 Records — FAB 4-010)

演奏:
Paul McCartney: Vocal, Bass Guitar, Percussion, Electric Guitar
David Gilmour: Electric Guitar
Mick Green: Electric Guitar(Hi String)
Pete Winfield: Piano
Ian Paice: Drums, Percussion
Chris Hall: Accordion
録音スタジオ:Abbey Road Studios, London
録音日:1999.5.3
プロデューサー:Chris Thomas, Paul McCartney
エンジニア:Geoff Emerick, Paul Hicks, Steve Rooke
イギリス発売日:1999.10.4
アメリカ発売日:1999.10.5
日本発売日:1999.10.5

歌詞・コード
G Dm7 G Dm7 G Dm7 G Dm7 G Dm7 G Dm7 G Dm7 G Dm7

G
Well flying ‘cross the desert in my TWA
I saw a woman walkin’ ‘cross the sand
C
She’d been walking thirty miles en route to Bombay
D              G
To meet a brown eyed handsome man
C     D          G
Her destination was a brown eyed handsome man

Way back in history, three thousand years
In fact ever since the world began
There’s been a whole lotta women sheddin’ tears
Over a brown eyed handsome man
A lot of trouble was a brown eyed handsome man

G C D G Dm7 G Dm7 G Dm7 G Dm7 G Dm7 G Dm7

G Dm7 G Dm7

Well the Milo de Venus was a beautiful lass
She had the world in the palm of her hand
She lost both her arms in a wrestling match
To win a brown eyed handsome man
She fought and won herself a brown eyed handsome man

Well the beautiful daughter couldn’t make up her mind
Between a doctor and a lawyer man
Her mother told her daughter, Go out and find yourself
A brown eyed handsome man
Just like your daddy was, a brown eyed handsome man

Well a-two-three the count with nobody home
He hit a hi’ flyer into the stand
A rounded third, he was heading for home
It was a brown eyed handsome man
C       D      G
That won the game, it was a brown eyed handsome man
Dm7     G     Dm7    G
It was a brown eyed handsome man

(c) Arc Music Corp.

 

Blue Jean Bop

作詞作曲:Vincent, Levy
収録時間:1分57秒
収録アルバム:Run Devil Run
収録シングル:なし

オリジナルは1956年のジーン・ビンセント&ブルー・キャップスで、当時全英16位まで上昇した曲である。
ポールはアルバム『Run Devil Run』でカバーし、アルバムの1曲目に持ってきた。1999年12月14日のリバプール・キャバーンクラブでのライブでも2曲目に演奏した。
「この曲は、たぶんジョンが持っていたアルバムで初めて聴いたんだ。午後にペニーレインの近くに行って、たばこを吸いながら聴いた。この曲は僕のお気に入りの1つだ。生まれて最初に買ったレコードはジーン・ヴィンセントの”Be-Bop-A-Lula”だ。ジーンが好きだった。」(ポール)
「アルバム『Run Devil Run』は現代風にアレンジしたけど、2,3曲、オリジナルに忠実に演奏したかった。だって、オリジナルの記憶が鮮明でとても気に入っているから。」(ポール)
ポールが語るように、オリジナルに忠実な演奏である。
「デイブとミックの2本のギターがちょっとうるさくて、ノレなかった。だから、ボーカルにエコーを掛けて、伴奏はドラムだけにして、ベースを弾きながら録音した。」(ポール)
なお、1999年12月14日のリバプール・キャバーンクラブでの演奏は、公式DVDで確認できる。音は以下のブートで聴くことができる。

Live At The Cavern Club, 14 Dec 1999 (JS Records — JS 040)
Rock Devil Rock Volume 2 (Yellow Cat Records — YC069)
Let’s Have A Party (Strawberry Records — STR 021)

演奏:
Paul McCartney: Vocal, Bass Guitar
David Gilmour: Electric Guitar
Mick Green: Electric Guitar
Ian Paice: Drums
録音スタジオ:Abbey Road Studios, London
録音日:1999.5.3
プロデューサー:Chris Thomas, Paul McCartney
エンジニア:Geoff Emerick, Paul Hicks, Steve Rooke
イギリス発売日:1999.10.4
アメリカ発売日:1999.10.5
日本発売日:1999.10.5

歌詞・コード
A              D     A
Blue jean baby, with your big blue eyes
D     A
Don’t want you looking at other guys
D       A
Got to make you give me one more chance
I can’t keep still so baby let’s dance

D
Well the blue jean bop is the bop for me
A
It’s the bop that is done in the dungaree
D
You dip your hip, you free your knee
A
Well wiggle on your baby, one two three

D
Well a-blue jean bop, blue jean bop a-baby
A
Blue jean bop, blue jean bop a-baby
E      D           A
Blue jean bop, baby won’t you bop with me

SOLO: A D A E D A

Well blue jean baby when I bop with you
Well my heart starts hopping like a kangaroo
My feet do things they’ve never done before
Well a-blue jean baby, give me more more more

Well a-blue jean bop, blue jean bop a-baby
Blue jean bop, blue jean bop a-baby
Blue jean bop, baby won’t you bop with me

SOLO

Well a-blue jean bop, blue jean bop a-baby
Blue jean bop, blue jean bop a-baby
Blue jean bop, baby won’t you bop with me

Well a-blue jean bop, blue jean bop a-baby
Blue jean bop, blue jean bop a-baby
Blue jean bop, baby won’t you bop with me

(c) Morley Music
作詞作曲:Vincent, Levy
収録時間:1分57秒
収録アルバム:Run Devil Run
収録シングル:なし

オリジナルは1956年のジーン・ビンセント&ブルー・キャップスで、当時全英16位まで上昇した曲である。
ポールはアルバム『Run Devil Run』でカバーし、アルバムの1曲目に持ってきた。1999年12月14日のリバプール・キャバーンクラブでのライブでも2曲目に演奏した。
「この曲は、たぶんジョンが持っていたアルバムで初めて聴いたんだ。午後にペニーレインの近くに行って、たばこを吸いながら聴いた。この曲は僕のお気に入りの1つだ。生まれて最初に買ったレコードはジーン・ヴィンセントの”Be-Bop-A-Lula”だ。ジーンが好きだった。」(ポール)
「アルバム『Run Devil Run』は現代風にアレンジしたけど、2,3曲、オリジナルに忠実に演奏したかった。だって、オリジナルの記憶が鮮明でとても気に入っているから。」(ポール)
ポールが語るように、オリジナルに忠実な演奏である。
「デイブとミックの2本のギターがちょっとうるさくて、ノレなかった。だから、ボーカルにエコーを掛けて、伴奏はドラムだけにして、ベースを弾きながら録音した。」(ポール)
なお、1999年12月14日のリバプール・キャバーンクラブでの演奏は、公式DVDで確認できる。音は以下のブートで聴くことができる。

Live At The Cavern Club, 14 Dec 1999 (JS Records — JS 040)
Rock Devil Rock Volume 2 (Yellow Cat Records — YC069)
Let’s Have A Party (Strawberry Records — STR 021)

演奏:
Paul McCartney: Vocal, Bass Guitar
David Gilmour: Electric Guitar
Mick Green: Electric Guitar
Ian Paice: Drums
録音スタジオ:Abbey Road Studios, London
録音日:1999.5.3
プロデューサー:Chris Thomas, Paul McCartney
エンジニア:Geoff Emerick, Paul Hicks, Steve Rooke
イギリス発売日:1999.10.4
アメリカ発売日:1999.10.5
日本発売日:1999.10.5

歌詞・コード
A              D     A
Blue jean baby, with your big blue eyes
D     A
Don’t want you looking at other guys
D       A
Got to make you give me one more chance
I can’t keep still so baby let’s dance

D
Well the blue jean bop is the bop for me
A
It’s the bop that is done in the dungaree
D
You dip your hip, you free your knee
A
Well wiggle on your baby, one two three

D
Well a-blue jean bop, blue jean bop a-baby
A
Blue jean bop, blue jean bop a-baby
E      D           A
Blue jean bop, baby won’t you bop with me

SOLO: A D A E D A

Well blue jean baby when I bop with you
Well my heart starts hopping like a kangaroo
My feet do things they’ve never done before
Well a-blue jean baby, give me more more more

Well a-blue jean bop, blue jean bop a-baby
Blue jean bop, blue jean bop a-baby
Blue jean bop, baby won’t you bop with me

SOLO

Well a-blue jean bop, blue jean bop a-baby
Blue jean bop, blue jean bop a-baby
Blue jean bop, baby won’t you bop with me

Well a-blue jean bop, blue jean bop a-baby
Blue jean bop, blue jean bop a-baby
Blue jean bop, baby won’t you bop with me

(c) Morley Music

All Shook Up

作詞作曲:Otis Blackwell, Elvis Presley
収録時間:2分4秒
収録アルバム:Run Devil Run
収録シングル:なし

ポールにとって2枚目のロックンロール・カバーアルバム『Run Devil Run』に収録されている。オリジナルはエルビス・プレスリーが1957年に発表したシングルで、当時8週連続全米1位を獲得したという大ヒット曲。エルビス・プレスリーが初めて全英1位を獲得した曲でもある。
ポールは、15歳の誕生日にリバプールの街へ出掛けて女の子をナンパしたがうまいこといかずに落ち込んで、家に帰って聴いた曲として覚えているという。
アルバム発売後、ポールは、1999年12月14日に地元リバプールのキャバーンクラブで行ったライブでこの曲を演奏している。この日の演奏はCDとしては発売されていないが、DVDで公式に発売されており、ポールが演奏している姿を見ることができる。また、12月2日に出演したBBCのテレビ番組「Parkinson Show」でも、この曲を演奏した。
「Parkinson Show」での演奏は、以下のブートで聴くことができる。

Rock Devil Rock (Yellow Cat Records — YC 068)
Parkinson (Rocky Records — RR-131)
Get Off Me Arse! (Label Unknown — MZ 121-122)
Devil Music (Fab 4 Records — FAB 4-010)

演奏:
Paul McCartney: Vocal, Bass Guitar
David Gilmour: Electric Guitar, Backing Vocals
Mick Green: Electric Guitar
Dave Mattacks: Drums
Geraint Watkins: Wurlitzer, Piano
録音スタジオ:Abbey Road Studios, London
録音日:1999.5.4
プロデューサー:Chris Thomas, Paul McCartney
エンジニア:Geoff Emerick, Paul Hicks
イギリス発売日:1999.9.4
アメリカ発売日:1999.9.5
日本発売日:1999.9.5

歌詞・コード
E
Well a-bless my soul what’s wrong with me
I’m itching like a man on a fuzzy tree
My friends say I’m acting wild as a bug
I’m in love, I’m all shook up
A B  E
Mm mm yeah yeah yeah

A-well my hands are shaking and my knees are weak
I can’t seem to stand on my own two feet
Who do you thank when you have such luck
I’m in love, I’m all shook up
Mm mm yeah yeah yeah

A
Well now please don’t ask what’s on my mind
E
I’m a little mixed up but I’m feeling fine
A
When I met a girl that I love best
B
My heart beats so it scares me to death
E
When she touched my hand, what a chill I got
Her lips are like a volcano when it’s hot
I’m proud to say that she’s my buttercup
I’m in love, I’m all shook up
Mm mm yeah yeah yeah

SOLO: E A E B A E

Well now please don’t ask what’s on my mind
I’m a little mixed up but I’m feeling fine
When I met a girl that I love the best
My heart beats so it scares me to death

When she touched my hand, what a chill I got
Her lips are like a volcano when it’s hot
I’m proud to say that she’s my buttercup
I’m in love, I’m all shook up
Mm mm yeah yeah yeah yeah
Mm mm yeah yeah
Mm mm baby now I’m all shook up

(c) 1957 Shalimar Music Co.