ポール・マッカートニーのファンサイト(非公認)。ポール・マッカートニーやビートルズの最新ニュース、アルバム・楽曲の解説、ライブ・ツアー記録、新譜・テレビ放送等。

2001Driving Rain

Driving Rain

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:(1)3分27秒 (2)(3)3分11秒
収録アルバム:(1)Driving Rain (2)Back In The U.S. (3)Back In The World
収録シングル:なし

ポールのアルバム(2001年発売)『Driving Rain』からのタイトル曲。ロサンゼルスの大西洋海岸の高速道路をヘザーと一緒にドライブした後に書かれた曲。曲作りの過程については、ポール自身が2002年のツアーのMCで語っている。
「僕らがアルバム『Driving Rain』をレコーディングしていたとき、ロサンジェルスにいたんだけど、必死にレコーディングして1日休暇を取ったんだ。折角イギリスから来たんだしね。いい天気になるぞ!って思って休暇を取ったら、雨が降ったんだ。どしゃぶりだった! でもよかったんだ。大西洋海岸の高速道路に乗って、黒い小さなコルベットでラジオを聞きながらドライブしたんだ。とにかく、雨は降っていたけど楽しい日を過ごした。それで戻ってから、この曲が出来たんだよ。」(ポール)
また、ポールは曲を作った時のことをこう回想している。
「ある日の夕方、ピアノのあるところに座っていて、曲を書き始めたんだけど、その日はベースの部分が少し出来たところだったんだ。ロサンゼルスの家にはセキュリティーシステムがあって、声で知らせてくれるんだ。”Something’s open!”(何かが開きました)ってな感じで。それを拝借したんだ。」(ポール) その歌詞とポールがヘザーと婚約した気持ちを重ねているかのようだ。
当初はバラードであった曲であるが、アレンジの途中でアップテンポとした。
2001年6月14日に開催された地雷撲滅のための慈善団体「Adopt-A-Minefield」が主催するコンサートで、アルバム発売前にも関わらず演奏した。アルバム発売後は、2002年のツアー「Driving USA」「Back In The U.S.」「Driving Mexico」「Driving Japan」で演奏した。2003年のツアー「Back In The World」では、途中の4月5日シェフィールド公演まで演奏されたが、ツアーの途中で体調を崩したため、それ以降はレパートリーから外れた。
ライブ・バージョンは以下のブートで聴くことができる。

(4)2001年6月14日Adopt-A-Minefield リハーサル
 Adopt-A-Minefield Rehearsals (Unknown — nlaall20010614)
 Together On Stage – Adopt-A-Minefield (CD 1) (Watchtower — WT 2001026/27)
(5)2001年6月14日Adopt-A-Minefield
 Paul Of Kintyre (Disc 2) (RAR — RAR 008/9)
 Together On Stage – Adopt-A-Minefield (CD 1) (Watchtower — WT 2001026/27)
(6)2002年4月24日ワシントン公演
 Driving Macca! (Label Unknown)
(7)2002年5月15日タンパ公演
 Live In Tampa Florida 2002 (Night Hawk)

(1)アルバム『Driving Rain』
演奏:
 Paul McCartney: Bass, Vocal, Acoustic Guitar
 Abe Laboriel Jr.: Drums
 Rusty Anderson: 12 String Guitar, Electric Guitar.
 Gabe Dixon: Wurlitzer, organ
 David Kahne: Synthesizer
録音スタジオ:Henson Recording Studio, LA
録音日:2001.2.27
プロデューサー:David Kahne
イギリス発売日:2001.11.12
アメリカ発売日:2001.11.13

(2)アルバム『Back In The U.S.』『Back In The World』
演奏:
 Paul McCartney: Vocal, Bass
 Rusty Anderson: Backing Vocal, Guitar
 Brain Ray: Backing Vocal, Guitar
 Paul “Wix” Wickens: Backing Vocal, Acoustic Guitar
 Abe Raboriel Jr.: Backing Vocal, Drums
録音スタジオ:live from Chicago
録音日:2002.4.11
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:David Kahne
イギリス発売日:2003.3.17
アメリカ発売日:2002.11.26
日本発売日:2002.11.13

(c)Jash http://pmccartney.com



歌詞・コード
F#                Bm
One, two, three, four, five, let’s go for a drive
F#                Bm              A    G
Six, seven, eight, nine, ten, let’s go there and back again, oohh

D                 Gmaj7
Somethings open an it’s my heart
D                  Gmaj7
Somethings missing it’s when, apart
Bb                   C           D
Somethings good it’s when were, back together again

A nothing’s wrong it’s just insane
Nothing’s right until your, back again
Nothing’s broken when it’s, softly spoken
And, walkin slowly down the lane

Gmaj7              D
Why don’t we drive in the rain
Gmaj7               D
Straight throught eye of the hurricane
Gmaj7        A/G   A
Go a ride in the driving rain

One, two, three, four, five, let’s go for a drive
Six, seven, eight, nine, ten, oohhew
One, two, three, four, five, let’s go for a drive
Six, seven, eight, nine, ten, ya let’s go there and back again, baby,
Baby

You come walkin through my door
Like the one that i’ve been waiting for
Letting sunshine in the darkest place when
I’ve been going back there again

(c) 2001 MPL Communications

Back In The Sunshine Again

作詞作曲:Paul McCartney, James McCartney
収録時間:4分22秒
収録アルバム:Driving Rain
収録シングル:なし

ポールが息子のジェームスと共作したナンバー。2人が1997年にアリゾナに滞在していたときに書き始めたため、歌詞の内容から考えると、リンダに捧げられた歌であると推測できる。
2001年2月28日に、16トラックのアナログ・テープで録音し始め、それをDavid Leonardがオーバーダブのためにミックス・ダウンしたトラックに、ジェームスがリズム・ギターとリード・ギターを加えた。
ポールはこのレコーディングで、へフナーのベースとエピフォンのギターを使っている。
この曲のアウトテイクとしては、(1)2001年12月にレコーディングされたピアノ・デモ、(2)2001年12月11日にドイツのテレビ番組「Tros TV Show」のために再レコーディングされたバージョンが発見されている。
以下のブートで聴くことができる。

(1)Piano Demo
MoMac’s Hidden Tracks: Volume 26 (Label Unknown)

(2)TV Appearance
Driving Rain … In The New Century (Disc 2) (BATZ — BATZ 0206)

演奏:
Paul McCartney: Vocal, Bass, Guitar
James McCartney: Guitar
Rusty Anderson: Guitar
Abe Laboriel Jr.: Drums
Gabe Dixon: Piano
録音スタジオ:Henson Recording Studio, LA
録音日:2001.2.28
プロデューサー:David Kahne
イギリス発売日:2001.11.12
アメリカ発売日:2001.11.13
日本発売日:2001.11.12

歌詞・コード
INTRO: Am7 Dm Am7 Em7 (2X)

Am7 Dm Am7 Em7    Am7   Dm Am7 Em7
Here we are, back in the sunshine again
Am7 Dm Am7 Em7    Am7   Dm Am7 Em7
No more worries, no more pain
Well we’re leaving behind, all our trouble and strive
That’s the way it’s gonna be, oh, the rest of my life

Well here we are, here we are, back in the sunshine again
No more worries, no more worries, no more pain, no more pain

Bb                Dm          G
Much to short to spend it lonely, you only throw it away
Bb            Dm        G Em
Listen to your voice of reason, yeah call it a day, ay, ay, ay

Take a ride, take a ride, out to the land of the free
Don’t hurry, take your time, take your time
Come spend it with me, ooooh
Back in the sunshine (2X)

Here we are, back in the sunshine again
No more worries, no more worries, no more worries
And no more pain

Bb              Dm           G
Much to short to spend it lonely, you only throw it away
Bb              Dm          G Em
Listen to your voice of reason, you call it a day, ay, ay, ay

Here we are, back in the sunshine again
No more worries, no more worries, and no more pain
Here we are, here we are, yeah we’re back in the sunshine again
No more worries, oh no and no more pain

Why, why, we’re back in the sunshine again
No more worry or pain
Yeah we’re back in the sunshine again

 

About You

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:2分54秒
収録アルバム:Driving Rain
収録シングル:なし

ポールがゴアに滞在している時に書いた曲。ポールが休暇を過ごすときによく持っていくアンプ付きの小型ギターで作曲した。ポールはこの曲をリンダへの賛美として書いた。

演奏:
Paul McCartney: vocals, guitar
Rusty Anderson: bass, 12-string guitar
Abe Laboriel Jr.:drums, percussion
Gabe Dixon: Wurlitzer, organ
録音スタジオ:Henson Recording Studio, LA
録音日:2001.2.16
プロデューサー:David Kahne
イギリス発売日:2001.11.12
アメリカ発売日:2001.11.13

歌詞・コード

Bm         G
You give me power to get out of bed
Bm         G
When in the morning I’m feeling dead
D            G           F#
Living and loving is enough to accept, it’s true

D    A Bm G
Gonna say it about you
Bm G D A
Gonna say it about you

Bm          G
Out of the darkness and into the light
Bm           G
Straight to the center, of everything right
D           G          F#
Darling don’t worry, the sky will be bright and blue

D    A Bm G
When I say it about you
D    A Bm G
Gonna say it about you yeah
Bm G D A
I’ll say it about you

(Bridge)
A ( D A )
G ( F#m D )
A ( D A )
G

Bm           G
When did you teach me to fly through the air
Bm       G
Sooner or later I will be there
D            G         F#
I read the headlines and now I can swear it’s true

D    A Bm G
And they say it about you
G           Bm
Gonna say it about you
G           Bm
Gonna say it about you
G           Bm
Gonna say it about you
G           Bm
Gonna say it about you

(c) 2001 MPL Communications