ポール・マッカートニーのファンサイト(非公認)。ポール・マッカートニーやビートルズの最新ニュース、アルバム・楽曲の解説、ライブ・ツアー記録、新譜・テレビ放送等。

2001Wingspan

Eat At Home(出ておいでよお嬢さん)

作詞作曲:Paul McCartney, Linda McCartney
収録時間:3分22秒
収録アルバム:Ram, Wingspan (Japan only)
収録シングル:Eat At Home (Japan only)、Uncle Albert / Admiral Halsey (UK only)

家庭生活に入ったポールがリンダへ向けて歌ったものと言われているバディー・ホリー風の軽快なロック。リンダのコーラスが印象的。日本とドイツのみでシングルカットされ、また、ベスト盤『Wingspan』の日本盤のボーナストラックとして収録されている。
1975年秋にポールはこの曲のことを「家庭料理に対する要望だよ。ちょっと卑猥な。」と答えており、歌詞には性的な意味を内包しているとも考えられる。
1972年のヨーロッパツアーのオープニングナンバーとしてライブ演奏され、8月のヨーロッパツアーでは、オープニングのインストゥルメンタル・ナンバーとのメドレーで演奏している。

演奏:
Paul McCartney: Bass, Guitars, Keyboards, Vocals
Linda McCartney: Vocals
Dave Spinoza: Guitars
Hugh McCracken: Guitars
Denny Seiwell: Drums
録音スタジオ:Columbia Recording Studio, A&R Recording Studios, NY, and Sound Recorders Studio, LA
録音日:1970.12-1971.4
プロデューサー:Paul & Linda McCartney
エンジニア:Tim, Ted, Phil, Dixson, Armin and Jim
イギリス発売日:1971.5.21
アメリカ発売日:1971.5.17
日本発売日:1971.6.25

 

歌詞・コード
Bb        Eb
Come on, little lady
Bb
Lady, let’s eat at home
Eb
Come on, little lady
Bb
Lady, let’s eat at home
F        Bb
Eat at home, eat at home

Come on, little lady
Lady, let’s eat in bed
Come on, little lady
Lady, let’s eat in bed
Eat in bed, eat in bed

F
Bring the love that you feel for me
Bb
Into line with the love I see
F
And in the morning you bring to me
Bb    B  C  F
Lo-o-o-o-oooo-ooo-o-ooove

Come on, little lady
Lady, now don’t do that
Come on, little lady
Lady, now don’t do that
F      A        B
Don’t do that, don’t do that oo oo ooo ooo oo

F Bb F Bb

Bb    B  C  F
Lo-o-o-o-oooo-ooo-o-ooove

Come on, little lady
Lady, let’s eat at home
Come on, little lady
Lady, let’s eat at home
Eat at home, eat at home

Bb Eb Bb Eb Bb F Bb

Bring the love that you feel for me
Into line with the love I see
And in the morning you bring to me
Lo-o-o-o-oooo-ooo-o-ooove

Come on, little lady
Lady, now don’t do that
Come on, little lady
Lady, now don’t do that
Don’t do that, don’t do that
Don’t do that
Don’t do that
Don’t do that
Don’t do that

(c) 1971 (Renewed) Paul McCartney and Linda McCartney. Administered by MPL Communications, Inc.

Daytime Nightime Suffering

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:3分16秒
収録アルバム:Back To The Egg (bonus track), Wingspan
収録シングル:Goodnight Tonight

アルバム『Back To The Egg』のセッションでレコーディングされたポップなナンバーで、シングル「Goodnight Tonight」のB面として発表され、アルバム『Back To The Egg』にはボーナストラックとして収録されている。
B面ながら、ファンには人気の高い曲で、A面として発売するべきとの声が多かった。ポールは1987年のインタビューで、ビートルズ時代の曲を含めて、この曲が一番気に入っていると答えている。そのため、ベストアルバム『Wingspan』にも収録されている。
レコーディングは、1979年1~2月に、ポール・マッカートニーの音楽出版を手がける会社MPLのロンドンにあるオフィスの地下に作られた、アビーロード・スタジオの第2スタジオをそっくりそのまま模倣して作ったスタジオ「Replica Studio」で行われた。ミキシングは2月に同じ場所で、24トラックテープを用い、49回も行われたという。
ポールの息子ジェームスが、鳴き声で参加している(2分3秒のところで聞こえる)。
「この曲は女性賛美歌なんだ。”What does she get for all of this?”(彼女はこの代償として何を手に入れるんだろう?)という歌詞に対して、”Daytime Nightime Suffering”(昼も夜も悩み続ける)なんだ。女性の苦境ってとこだね。この曲が女性賛美にメリットがあろうとなかろうと、この曲は単なるポップソングなんだ。それだけ。」(ポール)
この曲のアウトテイクは2種類見つかっており、それぞれ以下のブートで聴くことができる。

(1)Rough Mix
Hot Hits And Cold Cuts (Second Mix) (Library Product — 2337)
Studio Tracks Vol. 1 (Chapter One — CO 25132)

(2)Alternate Version
Eggs Up (Disc 2) (Masterfraction — MFCD 016)

演奏:
Paul McCartney: Vocal, Bass, Keyboards
Linda McCartney: Keyboards, Backing Vocal
Denny Laine: Electric guitar, Backing Vocal
Laurence Juber: Electric guitar, Backing Vocal
Steve Holly:Drums, Backing Vocal
録音スタジオ:Replica Studio, London
録音日:1979.1-2
プロデューサー:Paul McCartney, Chris Thomas
エンジニア:Phil McDonald, Mark Vigars
イギリス発売日:1979.3.23
アメリカ発売日:1979.3.19
日本発売日:1979.4.20

歌詞・コード
C                  F G F G
What does she get for all the love she gave you
C             F
There on the ladder of regrets

Bb F Bb F

C         G         F C F C
What does she get for all the love she gave you
G       F
There on the ladder of regrets
G Bb F Bb F     C     Am7   Dm7   G7
Daytime nighttime suffering is all she gets

C      G          F C F C
Where are the prizes for the games she entered
G           F
With little chance of much success
G Bb F Bb F  C       Am7  Dm7  G7
Daytime nighttime suffering is all she gets

Cm    Gm  Cm   Gm
Come on river, overflow
Cm    Gm      Ab
Let your love for your people show
Gm Fm   Cm  Fm     Cm
Come on river, flow through me
Fm    Cm          Db
Let your love for your people be
G    Cm  Gm     Cm
You are the river, I am the stream
Gm       Cm Gm    Cm
Flow mighty river through me

What does it pay to play the leading lady
When like the damse l in distress
Daytime nighttime suffering is all she gets

C    Cmaj7
No less, no more
C6   Cmaj7
No sea, no shore
F     C
No sand, no pail
D9     G7
No fairy tale anymore

Come on river, flow through me
Don’t be stopped by insanity
Come on river, overflow
Let your love for your neighbours grow
You are the river, I am the stream
Flow mighty river through me

Daytime nighttime suffering is all she gets
Daytime nighttime suffering is all she gets
Daytime nighttime suffering is all she gets

C F Em Dm7 C
What does she get for all the love she gave you

(c) 1979 MPL Communications, Ltd.

http://www.youtube.com/watch?v=BBenNlNGIn8

Call Me Back Again

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:(1)4分58秒 (2)5分15秒
収録アルバム:(1)Venus And Mars, Wingspan (2)Wings Over America
収録シングル:なし

1974年に1973年度グラミー賞授賞式出席のためにロサンゼルスのビバリーヒルズ・ホテルに滞在していたときに書いた曲。ベーシックトラックはアルバム『Venus And Mars』のレコーディングのために訪れていたニューオリンズで録音されたが、トニー・ドーシーのヘルプの元、後ほどホーンセクションを録音している。
ベストアルバム『Wingspan』にも収録されていることから、ポールのお気に入りの1曲だということが分かる。ポールのパワフルなボーカルが聴けるナンバーだ。
アルバム『Venus And Mars』発売後の1975-76年のツアーで演奏している。
ラフミックス、サウンドボード録音のライブは、以下のブートで聴くことができる。

(3)Rough Mix
Played To Press (Library Product — 2327)
Studio Tracks Vol. 4 (Chapter One — CO25147)
Venus And Mars Paul’s Rough Sketch (Master Of Orange — MOO 10008)
Venus And Mars Unknown Mixes (Master Of Orange — MOO 00003)
(4)1975年11月13日メルボルン公演
Live In Melbourne, Australia (DVD — Label Unknown)
(5)1976年6月22日ロサンゼルス公演
Rock Show Complete (DVD — Label Unknown)

(1)
演奏:
Paul McCartney: Bass, Drums, Guitars, Keyboards, Backing vocal
Linda McCartney: Keyboards, Backing vocal
Denny Laine: Guitars, Backing vocal
Jimmy McCulloch: Vocal, Guitars
Joe English: Drums, Backing Vocal
録音スタジオ:Sea Saint Studios, New Orleans
録音日:1974.11-1975.3
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Alan O’Duffy, Geoff Emerick
イギリス発売日:1975.5.30
アメリカ発売日:1975.5.27
日本発売日:1975.6.20

(2)
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Piano
Linda McCartney: Keyboards, Backing Vocal
Denny Laine: Bass, Backing Vocal
Jimmy McCulloch: Electric Guitar, Backing Vocal
Joe English: Drums, Backing Vocal
Tony Dorsey: Tromborn
Thaddeus Richard: Saxophone
Steve Howerd: Trumpet
Howie Casey: Saxophone
録音スタジオ:live from Cincinnati
録音日:1976.5.27
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Phil McDonald, Jacks Maxson, Mark Vigars, Tom Walsh
イギリス発売日:1976.12.10
アメリカ発売日:1976.12.10
日本発売日:1977.1.25

歌詞・コード
C D F Dm Eb9 F

F Dm      Eb9         F
Well when I, when I was just a little baby boy
Dm
Every night I would call
Eb9             F
Your number brought me joy
Bb      Ab   F    Eb     C   C+
I called your house, every night since then
F
But I ain’t never, no no never
G7
Heard you calling me
Eb9           F
Come on and call me back again
Eb9      F
Call me back again

I’ve heard your name every night since then
But I ain’t never, no no never
Heard you calling me
Come on and call me back again
Call me back again

Well when I, when I was just a little baby boy
Every night I would call
Because your number brought me joy

Oh, I’ve called your name, every night since then
But I ain’t never, no no no no never
Heard you calling me
Come on and call me back again
Call me back again
Come on and call me back again
Call me back again
Come on and call me
Call me back again

Why won’t you call me
Call me back again
Come on and call me back again
Call me back again
Come on and call me back again
Call me back again

(c) 1975 MPL Communications, Inc.

 

Bluebird

作詞作曲:Paul McCartney, Linda McCartney
収録時間:(1)3分21秒 (2)3分43秒 (3)54秒
収録アルバム:(1)Band On The Run (2)Wings Over America (3)Band On The Run 25th Anniversary Edition
収録シングル:Bluebird (Germany only)

ポールが1971年頃にジャマイカで休暇を取っている時に書いたボサノバ風のアコースティック・バラード。ビートルズ時代にインド滞在中に書いた「Blackbird」の姉妹曲とも言える。「Bluebird」とは、北米産の青い羽の鳴鳥ルリツグミのこと。ポールのリバプール時代からの仲間、ハウイー・ケイシーのサックス・ソロが素晴らしい。
歌詞からは、人間の肉体的・精神的束縛からの解放や超越的な愛の力などが読み取れ、ポールの詩作における気質の変化が感じられる。
中期ウィングスのレパートリーとなっていた曲で、公式発表されているバージョンとしては、アルバム収録のオリジナル・バージョン以外に、(2)1975-1976年のワールド・ツアーでの演奏、(3)日本公演中止に関する日本のファン向けのメッセージと共にオーストラリアのホテルで録音されたアカペラ・バージョン が存在する。(3)のバージョンの演奏シーンは1975年11月に日本の番組「ポール・マッカートニーのすべて」で放送され、また、公式DVD『Wingspan』で見ることができる。
他にも、(4)1973年のテレビ番組『James Paul McCartney』でのギター弾き語り、(5)1974年8月『One Hand Clapping』セッションでの演奏 が未発表テイクとして存在する。それらは以下のブートで聴くことができる。

(4)1973年『James Paul McCartney』
The Making Of James Paul McCartney (ReproMan — RPM 106)
The Making Of James Paul McCartney (Midnight Beat — MB CD 114)

(5)1974年8月『One Hand Clapping』
One Hand Clapping (Chapter One — CO 25109)
The Blackbird Sessions (Goblin Records — CD 3002)
The Nashville Sessions (Voxx)

アルバム『Wings Over America』に収録されているのは、1976年5月27日のシンシナティ公演であり、1975-76年のワールド・ツアーのうち、それ以外の公演でライン録音で聴くことができるのは以下のとおり。

(6)1975年11月13日メルボルン公演
Live In Melbourne, Australia (DVD — Label Unknown)
(7)1976年6月22日ロサンゼルス公演
映画『Rock Show』

(1)
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Bass, Drums, Guitars, Keyboards
Linda McCartney: Backing vocal
Denny Laine; Guitars, Backing vocal
Howie Casey: Saxphone
録音スタジオ:Apapa, Nigeria and ARC Studios, Ikeja, Nigeria, AIR Studios and Kingway Studios, London
録音日:1973.8-11
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Geoff Emerick
イギリス発売日:1973.11.30
アメリカ発売日:1973.12.3
日本発売日:1974.2.10

(2)
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Accoustic guitar
Linda McCartney: Percussion, Backing Vocal
Denny Laine: Accoustic guitar, Backing Vocal
Jimmy McCulloch: Accoustic guitar, Backing Vocal
Joe English: Percussion, Backing Vocal
Howie Casey: Saxphone
録音スタジオ:live from Cincinnati
録音日:1976.5.27
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Phil McDonald, Jacks Maxson, Mark Vigars & Tom Walsh
イギリス発売日:1976.12.10
アメリカ発売日:1976.12.10
日本発売日:1977.1.25

(3)
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Accoustic guitar
Linda McCartney: Backing Vocal
Denny Laine: Backing Vocal
Jimmy McCulloch: Accoustic guitar, Backing Vocal
Joe English: Backing Vocal
録音スタジオ:rehearsal from Australia
録音日:1975.11
プロデューサー:Paul McCartney
イギリス発売日:1999.3.22
アメリカ発売日:1999.3.22
日本発売日:1999.4.9

歌詞・コード
Gm                    Fm         Bb6
Late at night when the wind is still, I’ll come flying through your door
Fm          Bb
And you’ll know what love is for

Bb                         Ebmaj7       Ab7
I’m a bluebird, I’m a bluebird, I’m a bluebird, I’m a bluebird, yeah yeah yeah
Ebmaj7             Ab7
I’m a bluebird, I’m a bluebird, I’m a bluebird, yeah yeah yeah

Gm                     Fm     Bb6
Touch your lips with a magic kiss, and you’ll be a bluebird too
Fm       Bb
And you’ll know what love can do

Bb                        Ebmaj7       Ab7
I’m a bluebird, I’m a bluebird, I’m a bluebird, I’m a bluebird, yeah yeah yeah
Ebmaj7            Ab7
I’m a bluebird, I’m a bluebird, I’m a bluebird, yeah yeah yeah

Cm Cm/Bb G7 Cm Cm/Bb G7 Ab Ebmaj7
Bluebird, ah ha… Bluebird, ah ha… Bluebird…

Fly away through the midnight air, as we head across the sea
And at last we will be free

Bb                            Ebmaj7      Ab7
You’re a bluebird, you’re a bluebird, you’re a bluebird, you’re a bluebird, yeah yeah yeah
Ebmaj7                  Ab7
You’re a bluebird, you’re a bluebird, you’re a bluebird, yeah yeah yeah

Cm Cm/Bb G7 Cm Cm/Bb G7 Ab Ebmaj7
Bluebird, ah ha… Bluebird, ah ha… Bluebird…

SAX SOLO (same as verse)
(at last we will be free… bluebird you and me… at last we will be free)

Cm Cm/Bb G7 Cm Cm/Bb G7 Ab Ebmaj7
Bluebird, ah ha… Bluebird, ah ha… Bluebird…

Gm                Fm        Bb6
All alone on a desert island, we’re living in the trees
Fm      Bb
And we’re flying in the breeze

Bb                             Ebmaj7      Ab7
We’re the bluebirds, we’re the bluebirds, we’re the bluebirds, we’re the bluebirds

Cm   Cm/Bb   G7    Cm  Cm/Bb  G7       Ab  Ebmaj7
Singing bluebird, ah ha (bluebird) Bluebird, ah ha (bluebird), Bluebird (bluebird)

(c) 1974 (Renewed) Paul and Linda McCartney. Administered by MPL Communications, Inc.