ポール・マッカートニーのファンサイト(非公認)。ポール・マッカートニーやビートルズの最新ニュース、アルバム・楽曲の解説、ライブ・ツアー記録、新譜・テレビ放送等。

2005Twin Freaks

Darkroom*

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:2分18秒
収録アルバム:McCartney Ⅱ
収録シングル:なし

東洋っぽい音楽と、留置所を連想する「Darkroom」、それとアルバム『McCartneyⅡ』が日本での麻薬所持による逮捕後に発表されたことから、日本での体験が元になった曲と思われているが、実は日本での逮捕前に録音された曲である。
ポールは、まずリズムトラックをシンセサイザーで作り、それに即興で楽器とボーカルをかぶせていって作った。
「この曲は、僕がどうやって作ったかわかる曲なんだ。元のバージョンはとても長い曲で、ちょっとしたいろいろな変なノイズを入れたんだ。でも、この曲が好きだったから、編集してアルバムに収録したよ。」
「ダークルームにはいろいろな意味があるさ。写真を現像するときの暗室、ただ単に暗い部屋、男が女を誘う時に『僕のダークルームにおいで』っていうようなこと。」(ポール)
ポールの語るとおり、オリジナル・バージョンは3分38秒あり、後半部分にエレキギターが入ったりしており、そのバージョンは以下のブートで聴くことができる。

The Lost Mccartney II Album – CD 2 (Birthday Records — BR 042)
The Lost McCartney Album (Disc 2) (Voxx — VOXX 0007-02)
The Original McCartney II Double Album (Ram Records — RAM 004)

演奏:
Paul McCartney: All Instruments and Voices
録音スタジオ:Peasmarsh, East Sussex, Spirit Of Ranachan Studio, Scotland
録音日:1979.6-7
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Paul McCartney
イギリス発売日:1980.6.13
アメリカ発売日:1980.7.22
日本発売日:1980.8.5

歌詞・コード
Fm7
Got a place we can go, lights are low
Let me show you to my darkroom

Come-a, come along with me to my darkroom
Come-a, come along with me to my darkroom

Come-a, come along with me to my darkroom
Come-a, come along with me to my darkroom

Come a come a come a come a come a
Come a come a come a come a come a

Got a place we can go, lighting low
Let me show you to my darkroom

Come-a, come along with me to my darkroom
Come-a, come along with me to my darkroom, we can go
Got a place we can go, lighting low
Let me show you to my darkroom

Come-a, come along with me to my darkroom

(c) 1980 MPL Communications Ltd. Administered by MPL Communications, Inc.