ポール・マッカートニーのファンサイト(非公認)。ポール・マッカートニーやビートルズの最新ニュース、アルバム・楽曲の解説、ライブ・ツアー記録、新譜・テレビ放送等。

2009Good Evening New York City

Flaming Pie

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:2分27秒
収録アルバム:Flaming Pie
収録シングル:なし

1997年のアルバム『Flaming Pie』からのタイトル曲。元々、ニューアルバムのために「Souvenir」をジェフ・リンとレコーディングしている時に浮かんだギター・フレーズを元に、即興に近い形で作られた曲。ポールは歌詞を探している時に、1961年にリバプール地元の情報誌「Mersey Beat」に掲載された「ビートルズの名前は、夢の中で、燃えさかるパイ(flaming pie)に乗ってやってきた人に『君たちは、Aを使ったbeetlesだ』と言われたのが由来」というジョン・レノンのビートルズの名前の由来を語った記事を思い出し、それを歌詞に使った。
「”sky”, “bye”, “cry”などの歌詞に韻を踏む言葉を探していたら、”pie”という言葉が浮かんで、ジョンの話を思い出したんだ。”flaming pie”、うん、いいじゃないか!ってね。」(ポール)
1996年2月20,27日の2日間で歌詞を完成させ、1996年2月27日の1日でレコーディングを完成させた。レコーディングは、ポールの歌とピアノ、そしてジェフ・リンのギターを1発取りし、その後にポールのドラムとベースおよびコーラスを被せた。
即興でレコーディングした感が強いので、プロデューサーのジェフ・リンの色が濃いアレンジとなっている。
1997年にアルバムのプロモーションのためにテレビ番組『TFI Friday』『Oprah Show』に出演した時にライブ演奏したが、アルバム発売後7年後の2004年のツアーでレパートリーに取り入れ演奏した。2004年のツアーを伝える各国ニュースでは、この曲と「All My Loving」を演奏する姿が放送で使われた。
アウトテイク、ライブテイクなどは、以下のブートで聴くことができる。

(1)デモ
Veggie Pie (McV — McV 1)
(2)1997年6月27日テレビ番組『TFI Friday』
Veggie Pie (McV — McV 1)
Another Flaming Pie (Walrus Records — Walrus 038)
(3)1997年11月24日『Oprah Winfrey Show』
Veggie Pie (McV — McV 1)
Another Flaming Pie (Walrus Records — Walrus 038)
(4)2004年5月30日マドリード公演
!Viva Espana! CD 2 (Tobacco Kill Records — TKR 006)
(5)2004年6月20日サンクトペテルブルグ公演
San Petersburg Soundboard (CD 2) (Tobacco Kill Records — SPS 2)

演奏:
Paul McCartney: lead vocal, harmony vocal, piano, drums, bass guitar, electric guitar
Jeff Lynne: harmony vocal, electric guitar
録音スタジオ:The Mill, Sussex
録音日:1996.2.27
プロデューサー:Paul McCartney, Jeff Lynne
エンジニア:Geoff Emerick, Jon Jacobs, Keith Smith
イギリス発売日:1997.5.5
アメリカ発売日:1997.5.27
日本発売日:1997.5.17

19970627_03 19971120_02

歌詞・コード
A
Making love underneath the bed
Shooting stars from a purple sky
G       D       C A
I don’t care how I do it
I’m the man on the flaming pie

Stick my tongue out and lick my nose
Tuck my shirt in and zip my fly
Go ahead, have a vision
I’m the man on the flaming pie

B
Everything I do has a simple explanation
E
When I’m with you, you could do with a vacation
A
I took my brains out and stretched ‘em on the rack
D            E        D   E
Now I’m not so sure I’m ever gonna get ‘em back

Cut my toes off to spite my feet
I don’t know whether to laugh or cry
Never mind, check my rhythm
I’m the man on the flaming pie

A G D C

I’m the man on the flaming pie
Everything I do has a simple explanation
When I’m with you, you could do with a vacation
I took my brains out and stretched ‘em on the rack
Now I’m not so sure I’m ever gonna get ‘em back

(c) 1997 MPL Communications, Ltd.
Administered by MPL Communications, Inc.

 

The End

作詞作曲:John Lennon, Paul McCartney
収録時間:(1)3分17秒 (2)3分31秒
収録アルバム:(1)Tripping The Live Fantastic!!, Trippinng The Live Fantastic Highlights!!! (2)Back In The U.S., Back In The World
収録シングル:なし

ビートルズの実質的な最後のアルバムとなった『Abbey Road』の最後から2曲目に収録されている曲。
このアルバムの壮大なメドレーの最後を飾る曲としてポールが作ったもので、ビートルズの演奏では、リンゴ・スターのドラム・ソロに続き、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、ジョン・レノンの順でリード・ギターが披露される。
最後に登場する歌詞「The love you take is equal to the love you made.」は、ビートルズ解散を意識してポールがファンに向けて書いたものである。
ポールは、1989~90年のゲットバックツアーのリハーサルの時にこの曲を演奏したところ、スタッフの一人が泣きじゃくったので、この曲をステージのレパートリーとして取り入れたというエピソードがある。2002~3年と2004年のツアーでは、コンサートのアンコールの最後の曲として演奏した。
ステージでは、ドラム・ソロの間に、ポールがキーボードを離れギターを抱え、ツアーバンドメンバーとギター・ソロ・バトルを繰り広げる。ギター・ソロはもちろんアドリブで演奏されているため、日によって異なる。この時、キーボードのウィックスがベースの音を演奏して、バンド全体の演奏をカバーしている。
なお、1997年9月15日にロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで開催されたモンセラット島救済コンサートでもこの曲を出演者全員で演奏した。
公式アルバムに収録されている以外の演奏は、以下のブートで聴くことができる。

(3)1990年1月23日ロンドン公演
Welcome To Wombley – CD 1 (Voxx — VOXX 0003-01)
(4)1990年7月15日フィラデルフィア公演
公式ビデオ『Get Back』
(5)1990年6月28日リバプール公演
Imagine In Liverpool (The Comeback) (Red Phantom — RPCD 1025)
Radio One’s Liverpool Concert June 1990 (FM) (Liverpool Concert) (Goblin Records — CD3004)
(6)1990年7月4日ワシントン公演
Live at Robert F Kennedy Stadium Part2 (Label Unknown)
4th Of July (CD 1) (Yellow Cat Records — YC 009)
Independance Day (Disc 1) (Red Phantom — RPCD 2135/36)
(7)1997年9月15日ロンドン・ロイヤル・アルバート・ホール
公式ビデオ・DVD『モンセラット島救済コンサート』
(8)2002年4月24日ワシントン公演
Driving Macca! (Label Unknown)
(9)2002年5月15日タンパ公演
Live In Tampa Florida 2002 (Night Hawk)
(10)2003年5月24日モスクワ公演
The Complete Russia Concert (DVD 2) (Macca Fan Records — MFR 2003)
(11)2004年5月30日マドリード公演
!Viva Espana! CD 2 (Tobacco Kill Records — TKR 006)
(12)2004年6月20日サンクトペテルブルグ公演
San Petersburg Soundboard (CD 2) (Tobacco Kill Records — SPS 2)

(1)
演奏:
Paul McCartney: Piano, Guitar, Vocal
Linda McCartney: Keyboards, Vocal
Paul “Wix” Wickens: Keyboards, Backing Vocal
Chris Whitten: Drums
Robbie Mclntosh: Electric Guitar, Backing Vocal
Hamish Stuart :Bass, Electric Guitar, Backing Vocal
録音スタジオ:live from Tronto, Canada
録音日:1989.12.7
プロデューサー:Paul McCartney, Bob Clearmountain & Peter Henderson
エンジニア:Bob Clearmountain
イギリス発売日:1990.11.5
アメリカ発売日:1990.11.6
日本発売日:1990.11.5

(2)
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Guitar
Rusty Anderson: Backing Vocal, Guitar
Brain Ray: Backing Vocal, Bass, Guitar
Paul “Wix” Wickens: Backing Vocal, Acoustic Guitar
Abe Raboriel Jr.: Backing Vocal, Drums
録音スタジオ:live from Ft.Lauderdale
録音日:2002.5.17
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:David Kahne
イギリス発売日:2003.3.17
アメリカ発売日:2002.11.26
日本発売日:2002.11.13

歌詞・コード

A D B E
Oh Yeah All Right
A          Ebdim    A
Are you gon na be in my dreams tonight

A7 A D7 D7
Love You Love You
A
And in the end
G/A         F      Dm7 G7 C D Eb F C
The love you take is equal to the love you made

(c)1969 Northern Songs

Eleanor Rigby

作詞作曲:John Lennon, Paul McCartney
収録時間:(1)2分12秒 (2)2分36秒 (3)2分17秒
収録アルバム:(1)Give My Regards To Broad Street (2)Tripping The Live Fantastic!! (3)Back In The U.S., Back In The World
収録シングル:なし

オリジナルはビートルズ時代のアルバム『Revolver』に収録されている。曲の大部分はポールが書いたが、歌詞の一部をジョンが手伝っている。Eleanor Rigbyという架空の人物を登場させた物語風の作品。当初、登場人物の名前は、Daisy Hawkins, Lionel Bart, Eleanor Bygravesなどの候補があったという。「リグビーという名前はブリストルにあるショップの窓の上に書かれていた『株式会社リグビー』からとったんだ。エリナーの方は多分、半意識的に当時一緒に仕事をしていたエリナー・ブロンからとった。」(ポール)
ジョンとポールが初めて出会ったウールトン教会の墓地に、Eleanor Rigbyという名前の墓があることは有名。
ポールはこの曲が気に入っているようで、1984年の映画『ヤァ!ブロードストリート』のために再演した。ビートルズのオリジナルは弦楽八重奏をバックに歌っていたが、映画の再演では、アコースティックギターを弾きながら、弦楽四重奏をバックに歌った。映画ではこの曲に続いて、メドレー形式でクラシック作品に仕上げた「Eleanor’s Dream」に繋がる。
中止になった1980年の日本公演で演奏する予定であったが、初めてライブで披露したのは、1989~90年のゲットバック・ツアーの時である。この時はキーボードのウィックスがシンセサイザーで奏でるストリングスをバックに、アコースティックギターを弾きながら歌った。オリジナルよりもテンポは少し遅い。
2002~2003年のワールド・ツアー、2004年の「04 Summer」ツアーの時も同じ編成でライブ演奏している。
公式発表されなかった音源は、以下のブートで聴くことができる。

(4)1989年12月9日モントリオール公演
公式ビデオ『Get Back』
(5)1990年1月23日ロンドン公演
Welcome To Wombley – CD 2 (Voxx — VOXX 0003-02)
(6)1990年4月1日バークレー公演
Berkeley Concert 1990 (CD 2) (Yellow Cat Records — YC 008)
A Dream Apart (Big Music — BIG028)
(7)1990年4月20日リオ公演
Live On TV In Rio – Part 1 (Ram Records — RAM 007)
(8)1990年6月28日リバプール公演
Imagine In Liverpool (The Comeback) (Red Phantom — RPCD 1025)
Radio One’s Liverpool Concert June 1990 (FM) (Liverpool Concert) (Goblin Records — CD3004)
(9)1990年7月4日ワシントン公演
Live at Robert F Kennedy Stadium Part2 (Label Unknown)
4th Of July (CD 1) (Yellow Cat Records — YC 009)
Independance Day (Disc 1) (Red Phantom — RPCD 2135/36)
(10)1995年3月23日ロンドン・セントジェイムス宮殿 “An Evening With Paul McCartney & Friends”.
The Alternate Revolver – Solo (Pear Records — PCD 006)
A Royal Command Performance (Cool Orangesicle — C3-203)
A Royal Performance (Strawberry Records — STR 005)
New Moon Over Macca Vol. 6 (Madman — MM-1004-6)
(11)2002年4月24日ワシントン公演
Driving Macca! (Label Unknown)
(12)2002年5月15日タンパ公演
Live In Tampa Florida 2002 (Night Hawk)
(13)2003年5月24日モスクワ公演
The Complete Russia Concert (DVD 2) (Macca Fan Records — MFR 2003)
(14)2004年5月30日マドリード公演
!Viva Espana! CD 2 (Tobacco Kill Records — TKR 006)
(15)2004年6月20日サンクトペテルブルグ公演
San Petersburg Soundboard (CD 2) (Tobacco Kill Records — SPS 2)

(1)
演奏:
Paul McCartney: Acoustic guitar, Vocal
Gabriell String Quartet
Kenneth Sillito: Leader, Brendan O’Reilly: Violin, Ian Jewel: Viola, Keith Harvey: Cello
録音スタジオ:AIR Studio, Abbey Road Studiom CTS Studio, London
録音日:1982.12-1984.7
プロデューサー:George Martin
エンジニア:Geoff Emerick, Jon Jacobs, Jon Kelly, Stuart Breed
イギリス発売日:1984.10.22
アメリカ発売日:1984.10.22
日本発売日:1984.10.22

(2)
演奏:
Paul McCartney: Acoustic guitar, Vocal
Paul “Wix” Wickens: Keyboards
録音スタジオ:live from Worcester
録音日:1990.2.8
プロデューサー:Paul McCartney, Bob Clearmountain & Peter Henderson
エンジニア:Bob Clearmountain
イギリス発売日:1990.11.5
アメリカ発売日:1990.11.6
日本発売日:1990.11.5

(3)
演奏:
Paul McCartney: Acoustic guitar, Vocal
Paul “Wix” Wickens: Keyboards
録音スタジオ:live from Denver
録音日:2002.5.7
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:David Kahne
イギリス発売日:2003.3.17
アメリカ発売日:2002.11.26
日本発売日:2002.11.13

歌詞・コード
C            Em
Ah, look at all the lonely people
Ah, look at all the lonely people

Em
Eleanor Rigby picks up the rice in the church
C
Where a wedding has been
Em
Lives in a dream
Waits at the window, wearing the face that she keeps
Em7    C
In a jar by the door
Em
Who is it for

Em7      Em6     Em(b6)     Em
All the lonely people, where do they all come from
Em7      Em6     Em(b6)     Em
All the lonely people, where do they all belong

Father McKenzie, writing the words of a sermon
That no one will hear
No one comes near
Look at him working, darning his socks in the night
When there’s nobody there
What does he care

All the lonely people, where do they all come from
All the lonely people, where do they all belong

Ah, look at all the lonely people
Ah, look at all the lonely people

Eleanor Rigby, died in the church and was buried
Along with her name
Nobody came
Father McKenzie, wiping the dirt from his hands
As he walks from the grave
No one was saved

All the lonely people, where do they all come from
All the lonely people, where do they all belong

(c) 1966 Northern Songs









Drive My Car

作詞作曲:John Lennon, Paul McCartney
収録時間:2分16秒
収録アルバム:Paul Is Live
収録シングル:なし

ビートルズ時代に発表したモータウン風の曲。ベースとギターのフレーズ、車のクラクション風の音楽など、各フレーズが印象的な曲である。オーティス・レディングの「Respect」に影響された曲とも言われている。
「これは僕の曲の1つだ。でも、歌詞の”golden rings”のところで何かあったな・・・歌詞に行き詰まっていて・・・よく覚えていないけど、そういうわけか、車を用いることを思いついたんだ。で、それを皮肉に使おうと。ロサンゼルスの若手女優が「そう、あなたは私の車を運転できるよね。」と言っているような感じさ。それが面白かったので、歌詞が一気に出来たね。」(ポール)
実際のところ、歌詞の一部はジョン・レノンが手伝っている。
オリジナルはビートルズのアルバム『Rubber Soul』の1曲目を飾った。ビートルズ時代にライブ演奏されたことはないが、1993年のニュー・ワールド・ツアーで取り上げ、この時も、この曲をオープニング・ナンバーに持ってきた。
2004年のツアー「04 Summer」でレパートリーに復活し、セットリストの中盤で演奏した。しかし、2005年2月6日のNFLスーパーボウル・ハーフタイムショーで演奏した時は、オープニング・ナンバーに持ってきた。
公式アルバム『Paul Is Live』に収録されたカンサス・シティー公演以外の演奏は、以下のブートで聴くことができる。

(2)1993年ツアーリハーサル
 Beatles Originals (Solo) (Yellow Cat Records — YC 067)
 Oobu Joobu Part 7 (Yellow Cat Records — YC 051)
(3)1993年ツアーリハーサル
 公式ビデオ『Movin’ On』
(4)1993年6月15日シャーロット公演
 Out In The Crowd (Nikko Records NK 005-06)
 Back In The U.S.A. (Vol. 3) (Banana — BAN-029-C)
(5)1993年11月14日東京公演
 Hola Argentina (CD 1) (Macca Fan Records — w/r)
(6)2004年6月20日サンクトペテルブルグ公演
 San Petersburg Soundboard (CD 2) (Tobacco Kill Records — SPS 2)
(7)2004年6月26日グラストンベリー・フェスティバル
 Glastonbury 2004 (DVD) (Label Unknown)
(8)2005年2月6日NFLスーパーボウル・ハーフタイムショー
 Paul McCartney At The Super Bowl 2002-2005 (Wall Of Sound — WOS-DVD-001)

drive_my_car_promo1.jpgdrive_my_car_promo2.jpg

演奏:
 Paul McCartney: Vocal, Bass
 Linda McCartney: Backing Vocal
 Hamish Stuart: Backing Vocal, Electric Guitar
 Robbie Mclntosh: Backing Vocal, Electric Guitar
 Paul “Wix” Wickens: Backing Vocal, Acoustic Guitar
 Blair Cunningham: Drums
録音スタジオ:Live from Kansas City
録音日:1993.5.31
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Geoff Emerick
イギリス発売日:1993.11.8
アメリカ発売日:1993.11.16
日本発売日:1993.11.10

歌詞・コード
Am7         D
Asked a girl what she wanted to be
Am7       D
And she said baby, can’t you see
Am7          D
I want to be famous, a star on the screen
Em           Em7+
But you can do something in between

F#m7         Am7 Bm7 Cm7 Bm7 Am7
Baby you can drive my car
F#m7         Am7 Bm7 Cm7 Bm7 Am7
Yes I’m gonna be a star
F#m7         Am7
Baby you can drive my car
Bm7   Em7+
And baby I love you

I told the girl that my prospects were good, And she said “Baby, it’s understood
Working for peanuts, is all very fine, But I can show you a better time

Baby you can drive my car, Yes I’m gonna be a star
Baby you can drive my car, and maybe I’ll love you”
Beep, beep, beep, beep, yeah!

Baby you can drive my car, Yes I’m gonna be a star
Baby you can drive my car, and maybe I’ll love you”

I told that girl I could start right away, And said, “Listen babe, I got something to say
I got no car and it’s breaking my heart, But I found a driver, and that and that’s a start

Baby you can drive my car, Yes I’m gonna be a star
Baby you can drive my car, and maybe I’ll love you”
Beep, beep, beep, beep, yeah!
Beep, beep, beep, beep, yeah!
Beep, beep, beep, beep, yeah!
Beep, beep, beep, beep, yeah!

(c)1966 Northern Songs Ltd.



 

(c)Jash http://pmccartney.com

Calico Skies

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:(1)2分29秒 (2)2分30秒 (3)2分31秒
収録アルバム:(1)Flaming Pie (2)Back In The World (3)Hope – For The Children Of Iraq
収録シングル:なし

1991年8月にポールがロング・アイランドのハンプトンで家族と休暇を過ごしていた時に書いた曲。その時、大型ハリケーンのボブが辺りを襲って停電になり、家族からの要望でアコースティック1本で弾き語りできるような曲を作った。
「ハリケーンのボブが原因であたりが停電になったんだ。ろうそくを灯しながら、料理なんかしてたんだ。とっても原始的だったけど、こういう質素な感じになってしまうのもかえってよかった。レコードをかけることができなかったので、アコースティック・ギターで曲を作った。そのうちの1曲。この曲は停電の時の思い出そのものだ。」(ポール)
「この曲を聴いた人たちには、これまでになくエモーショナルだと言われるんだけど、特に何かにインスピレーションを得て書いたというわけじゃないんだ。僕の中にはありとあらゆる感情が渦巻いている。僕はそれらの感情をよく知っているし、何かを書いている時には、そのプールの中にどっぷり浸かっているようなものなんだ。この曲は “Blackbird” に通じるようなアコースティックなものにしたいと思っていた。ドラムを入れたり凝ったアレンジを施さなくても成り立つような、シンプルなもの。もしどこかで『何か一曲やってよ』って言われても、すぐパッとプレイできるようなもの」(ポール)
アルバム『Off The Ground』発売前の1992年2月22日にレコーディングされたが、『Off The Ground』がバンド演奏の曲を中心に収録したため収録が見送られ、次作の『Flaming Pie』に収録された。アルバム『Flamig Pie』では、ギターのチューニングを半音下げて演奏されている。
公式発表から約5年後の2002年11月17日大阪公演で、突如ライブ演奏され、次の年の2003年のツアーで演奏された。
イラク戦争で犠牲になった子供達を支援するチャリティーアルバム『Hope – For The Children Of Iraq』のために、この曲の2003年3月のヨーロッパツアーのリハーサル演奏が提供された。ライブ演奏されたのは弾き語りではなくバンドとしての演奏で、キーもギターのチューニングを変えずに(D)演奏されている。
その他のバージョンは、以下のブートで聴くことができる。

(4)弾き語りデモ
公式ビデオ『In The World Tonight』
(5)弾き語りデモ、アルバム『Flaming Pie』EPK
We’d Go On For Hours (No Label Records — nlr 9902)
(6)1998年2月1日 テレビ番組『Christopher Reeve: A Celebration Of Hope』
We’d Go On For Hours (No Label Records — nlr 9902)
(7)2002年4月24日ワシントン公演
Driving Macca! (Label Unknown)
(8)2002年5月15日タンパ公演
Live In Tampa Florida 2002 (Night Hawk)
(9)2003年5月24日モスクワ公演
The Complete Russia Concert (DVD 2) (Macca Fan Records — MFR 2003)
(10)2003年ツアーリハーサル
Secret Show Extra 2002 (Now Disc International — NOW 04)
(11)2004年5月30日マドリード公演
!Viva Espana! CD 2 (Tobacco Kill Records — TKR 006)
(12)2004年6月20日サンクトペテルブルグ公演
San Petersburg Soundboard (CD 2) (Tobacco Kill Records — SPS 2)

(1)
演奏:
Paul McCartney: vocal, acoustic guitar, knee slap/percussion
録音スタジオ:The Mill, Sussex
録音日:1992.2.22
プロデューサー:Paul McCartney, George Martin
エンジニア:Bob Kraushaar
イギリス発売日:1997.5.5
アメリカ発売日:1997.5.27
日本発売日:1997.5.17

(2)
Paul McCartney: Vocal, Acoustic Guitar
Rusty Anderson: Backing Vocal, Acoustic Guitar
Brain Ray: Backing Vocal, Bass
Paul “Wix” Wickens: Backing Vocal, Accordion
Abe Raboriel Jr.: Backing Vocal, Drums
録音スタジオ:live from Osaka
録音日:2002.11.18
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:David Kahne
イギリス発売日:2003.3.17
アメリカ発売日:なし
日本発売日:2003.3.29

(3)
Paul McCartney: Vocal, Acoustic Guitar
Rusty Anderson: Backing Vocal, Acoustic Guitar
Brain Ray: Backing Vocal, Bass
Paul “Wix” Wickens: Backing Vocal, Accordion
Abe Raboriel Jr.: Backing Vocal, Drums
録音スタジオ:rehearsal from London
録音日:2003.3
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:David Kahne
イギリス発売日:2003.4
アメリカ発売日:2003.4
日本発売日:2003.5.28

歌詞・コード
D A/D G/D D G/D D
D A/D G/D D D6 G/D D
D    A/D G/D  D    G/D D
It was writ-ten that I would love you
D    A/D G/D D D6 G/D D
From the mo–ment I opened my eyes
D     A/D G/D   D    G/D D
And the morning when I first saw you
D    A/D G/D D D6 G/D D
Gave me life under cali-co skies

D/F#  G   G6 A    D  A D A Bm
I will hold you for as long as you like
Dadd9/A G G6 A  D A D A D
I’ll hold you for the rest of my life

Always looking for ways to love you
Never failing to fight at your side
While the angels of love protect us
From the innermost secrets we hide
I’ll hold you for as long as you like
I’ll hold you for the rest of my life

Long live all of us crazy soldiers
Who were born under calico skies
May we never be called to handle
All the weapons of war we despise
I’ll hold you for as long as you like
I’ll hold you for the rest of my life
I’ll hold you for as long as you like
D A D A
I’ll hold you for the rest of my
A D A D A
For the rest of my life

(c)1997 MPL Communications, Ltd. Administered by MPL Communications, Inc.

 


Blackbird

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:(1)2分27秒 (2)2分10秒 (3)2分30秒
収録アルバム:(1)Wings Over America (2)Unplugged (3)Back In The U.S, Back In The World
収録シングル:なし

オリジナルはビートルズのアルバム『The Beatles(通称:ホワイト・アルバム)』に収録されている。
ビートルズがインドまで瞑想旅行に出掛けたときにポールがアコースティック・ギターで作った曲で、瞑想旅行に同行したドノバンに教わったスリーフィンガー弾きを駆使している。ビートルズの曲の中では弾き語りの曲として有名である。
2002-2003年のツアーでこの曲を演奏するときに、MCでこの曲を作曲したエピソードを語っている。
「この曲は、アメリカの南部の州で人権問題があった60年代に書いた。イギリスでは女性のことを時々”bird”って言うことがあるんだ。他にもいろいろと言い方はあるけどね。僕は当時の若い黒人女性たちの奮闘を思い浮かべ、それを念頭に置いて書いた。」(ポール)
ポール自身お気に入りの曲で、ビートルズ解散後も、(4)1973年のテレビ番組『James Paul McCartney』、(6)1975年の『Backyard』セッション、(1)1975-76年のウィングス・ワールド・ツアー、(2)1991年のテレビ番組『Unplugged』、(11)1993年4月16日ハリウッド・ボウルでのアースデイ・コンサート、(12)1997年のラジオ番組『Flaming Pie Radio Show』、(3)2002-2003年のツアー といろいろな場所で演奏している。また、2002年リハーサルでは、この曲をアップテンポにてバンドスタイルで演奏しており、DVD『Back In The U.S.』を購入した人だけがアクセスできたインターネット上のストリーミング配信『Secret Website Show』で見ることができた。
公式発表されている(1)(2)(3)のバージョン以外は、以下のブートで聴くことができる。

(4)1973年2-3月テレビ番組『James Paul McCartney』
MoMac’s Hidden Tracks: Volume 05 (Label Unknown)
James Paul McCartney DVD (BBC Video — BBC Videos)
James Paul McCartney (Chapter One — CO 25128)
James Paul McCartney (Berkeley — 2028)
James Paul McCartney (From TV Station Master Tape) (Watchtower — WT 2001043)
(5)1973年2-3月テレビ番組『James Paul McCartney』リハーサル
The Making Of James Paul McCartney (ReproMan — RPM 106)
The Making Of James Paul McCartney (Midnight Beat — MB CD 114)
(6)1974年8月『Backyard』セッション
The Blackbird Sessions (Goblin Records — CD 3002)
Alternate Takes 1975-1978 (TJT Productions — TJT-055)
Backyard+ (Yellow Cat YC 029)
(7)1975年11月13日メルボルン公演
Live In Melbourne, Australia (DVD — Label Unknown)
(8)1976年6月22日ロサンゼルス公演
映画『Rock Show』
(9)1990年6月13日ラジオ・番組『The Steven Wright Show』
Big Mac’s Live Tracks (Orange One)
(10)1991年1月テレビ番組『unplugged』リハーサル
Oobu Joobu Part 10 (Yellow Cat Records — YC 054)
(11)1993年4月16日アースデイ・コンサート
Destroys Anaheim (Slick-O 100-200)
(12)1997年5月ラジオ番組『Flaming Pie Radio Show』
Another Flaming Pie (Walrus Records — Walrus 038)
(13)2002年4月24日ワシントン公演
Driving Macca! (Label Unknown)
(14)2002年5月15日タンパ公演
Live In Tampa Florida 2002 (Night Hawk)
(15)2002年6月3日『Party At The Palace』
Party At The Palace (DVD — Label Unknown)
(16)2003年5月24日モスクワ公演
The Complete Russia Concert (DVD 2) (Macca Fan Records — MFR 2003)
(17)2003年ツアーリハーサル
Secret Show Extra 2002 (Now Disc International — NOW 04)
(18)2004年5月30日マドリード公演
!Viva Espana! CD 2 (Tobacco Kill Records — TKR 006)
(19)2004年6月20日サンクトペテルブルグ公演
San Petersburg Soundboard (CD 2) (Tobacco Kill Records — SPS 2)

(1)『Wings Over America』
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Acoustic Guitar
録音スタジオ:unknown
録音日:1976
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Phil McDonald, Jacks Maxson, Mark Vigars & Tom Walsh
イギリス発売日:1976.12.10
アメリカ発売日:1976.12.10
日本発売日:1977.1.25

(2)『Unplugged』
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Acoustic Guitar
Robbie Mclntosh: Acoustic Guitar
録音スタジオ:Limehouse Television Studios, Wembley
録音日:1991.1.25
プロデューサー:Joel Gallen
エンジニア:Geoff Emerick
アシスタント・エンジニア:Peter Craigie, Gary Stewart, Eddie Klein
イギリス発売日:1991.5.13
アメリカ発売日:1991.6.4
日本発売日:1991.5.25

(3)『Back In The U.S.』『Back In The World』
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Acoustic Guitar
録音スタジオ:live from Boston
録音日:2002.4.19
プロデューサー:David Kahne
エンジニア:Geoff Emerick
イギリス発売日:2003.3.17
アメリカ発売日:2002.11.26
日本発売日:2002.11.13

歌詞・コード
G       Am7   G/B   G
Blackbird singing in the dead of night
C    A7/C#   D   B7/D#   Em Em7/Eb
Take these broken wings and learn to fly
D A7/C# C Cm
All your life
G/B      A7        D7        G C G/B A7 D7 G
You were only waiting for this moment to arise

Blackbird singing in the dead of night
Take these sunken eyes and learn to see
All your live
You were only waiting for this moment to be free

F C/E Dm C Bb6 C
Blackbird, fly
F C/E Dm C Bb6 A7
Blackbird, fly
D7            G Am7 G/B G
Into the light of a dark black night

Blackbird, fly
Blackbird, fly
D7            G Am7 G/B G
Into the light of a dark black night

Blackbird singing in the dead of night
Take these sunken eyes and learn to see
All your live
You were only waiting for this moment to be free
C    G/B A7         D7       G
You were only waiting for this moment to be free
C    G/B A7         D7       G
You were only waiting for this moment to be free

(c) 1968 Nothern Songs





 

Band On The Run

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:(1)5分9秒 (2)4分33秒 (3)5分10秒 (4)1分3秒 (5)36秒 (6)4分59秒 (7)5分0秒
収録アルバム:(1)Band On The Run, Wings Greatest, All The Best, Wingspan, Radio X 70’s, ミュージック・オブ・ザ・ミレニアム, グラミー・ボックス, ベスト・ヒット・USA 70’s タイムマシーン・スペシャル (2)Wings Over America (3)Tripping The Live Fantastic!! (4)(5)(6)Band On The Run 25th Anniversary Edition (7)Back In The U.S., Back In The World
収録シングル:Band On The Run

ポール・マッカートニー&ウィングスの代表曲の1つ。3部構成から成る壮大なアレンジが施されている。アルバム『Band On The Run』のタイトル曲で、アルバムからの第2弾シングル(1974年4月発売)であるにも関わらず、全米1位、全英3位を獲得した大ヒット曲。
アルバム『Band On The Run』自体は、1975年グラミー賞最優秀コンテンポラリー/ポップ・ボーカル賞、最優秀エンジニアリング賞を獲得、アメリカでは発売12日後にゴールド・ディスクを獲得、ローリング・ストーン誌での1973年最優秀アルバム、ビルボード誌では4回トップの座に輝き、73週間も200位以内にとどまっていた。イギリスでは1974年の年間ベスト・セラー・アルバムとなり、ミュージック・ウィーク誌で7週1位を獲得したという大ヒットを記録した。
よってこの曲は、レコード会社による独自のオムニバス・アルバムにも収録されていることが多い。判明しているだけでも、『Radio X 70’s』, 『ミュージック・オブ・ザ・ミレニアム』, 『グラミー・ボックス』, 『ベスト・ヒット・USA 70’s タイムマシーン・スペシャル』に収録されている。
ナイジェリアのラゴスでレコーディングされ、当時ウィングスのメンバーがポール、リンダ、デニーレインの3人となっていたので、ドラム、キーボード、ギター等ほとんどの楽器をポールが弾いている。
歌詞の中の「If I ever get out of here」は、1969年のビートルズ時代に、アップル社での会議でジョージ・ハリスンが発した言葉。
「この曲では、1つ、とてもうれしいことがあった。キース・ムーンがこの曲をラジオで聞いて、ドラムを誰がたたいているのか尋ねていたらしい。わからないはずだった。あの時、僕たちにはドラマーがいなかったから僕がドラムをたたいていたんだ。僕は本当にドラムが好きだ。」(ポール)
ポールの代表曲だけあって、1976年以降の全てのツアーでポールはこの曲を演奏している。
意外なことに、アルバム発売25周年として発売された記念盤『Band On The Run 25th Anniversary Edition』に収録されているアウトテイクと1974年のリハーサル(通称『One Hand Clapping』)以外、アウトテイクは発見されていない。
この曲のライブ・バージョンは、公式盤(2)(3)(7)以外でも、以下のブートで聴くことができる。

(8)1974年8月リハーサル『One Hand Clapping』
Anthology (Disc 1) (Odeon (Fake) — OM 7099-1)
Paul McCartney: One Hand Clapping (Yellow Cat Records — YC 028)
Paul McCartney: One Hand Clapping (Chapter One — CO 25109)
Alternate Takes 1973-1974 (TJT Productions — TJT-054)
Fab Trax Volume 6 (MPL (Fake) — CDP 7243 5 35510 2 5)
Rough Notes (Pod Records — SR 73941)
(9)1975年11月13日メルボルン公演
Live In Melbourne, Australia (DVD — Label Unknown)
(10)1976年6月10日映画『Rock Show』
(11)1979年12月17日グラスゴー公演
Last Flight – Disc 1 (Vigotone Vigotone 164)
(12)1990年1月16日ロンドン公演
Welcome To Wombley – CD 2 (VOXX 0003-02)
(13)1990年4月1日バークレー公演
Berkeley Concert 1990 (CD 2) (Yellow Cat Records — YC 008)
A Dream Apart (Big Music — BIG028)
(14)1990年4月20日リオ公演
Live On TV In Rio – Part 1 (Ram Records — RAM 007)
(15)1990年7月4日ワシントン公演
Live at Robert F Kennedy Stadium Part2 (Label Unknown)
(16)1993年6月15日シャーロット公演
Out In The Crowd (Nikko Records NK 005-06)
(17)2002年4月24日ワシントン公演
Driving Macca! (Label Unknown)
(18)2002年5月15日タンパ公演
Live In Tampa Florida 2002 (Night Hawk)
(19)2003年5月24日モスクワ公演
The Complete Russia Concert (DVD 2) (Macca Fan Records — MFR 2003)
(20)2004年5月30日マドリード公演
!Viva Espana! CD 2 (Tobacco Kill Records — TKR 006)
(21)2004年6月20日サンクトペテルブルグ公演
San Petersburg Soundboard (CD 2) (Tobacco Kill Records — SPS 2)
(22)2004年6月26日グラストンベリー・フェスティバル
Glastonbury 2004 (DVD) (Label Unknown)

(1)Original
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Bass, Drums, Guitars, Keyboards
Linda McCartney: Backing vocal
Denny Laine: Guitars, Backing vocal
録音スタジオ:Apapa, Nigeria and ARC Studios, Ikeja, Nigeria, AIR Studios and Kingway Studios, London
録音日:1973.8-11
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Geoff Emerick
イギリス発売日:1973.11.30
アメリカ発売日:1973.12.3
日本発売日:1974.2.10

(2)『Wings Over America』
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Bass
Linda McCartney: Keyboards, Backing Vocal
Denny Laine: Electric Guitar, Backing Vocal
Jimmy McCulloch: Electric Guitar, Backing Vocal
Joe English: Drums, Backing Vocal
Tony Dorsey: Trombone
Howie Casey: Saxphone
Steve Howard: Trumpet
Thadeus Richard: Saxphone
録音スタジオ:live from Denver
録音日:1976.6.7
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Phil McDonald, Jacks Maxson, Mark Vigars & Tom Walsh
イギリス発売日:1976.12.10
アメリカ発売日:1976.12.10
日本発売日:1977.1.25

(3)『Tripping The Live Fantastic!!』
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Bass
Linda McCartney: Vocal harmonies, Keyboards
Paul “Wix” Wickens: Keyboards, Vocal harmonies
Chris Whitten: Drums
Robbie Mclntosh: Electoric Guitar, Vocal harmonies
Hamish Stuart: Electoric Guitar, Vocal harmonies
録音スタジオ:live from Wembley, London
録音日:1990.1.16
プロデューサー:Paul McCartney, Bob Clearmountain & Peter Henderson
エンジニア:Bob Clearmountain
イギリス発売日:1990.11.5
アメリカ発売日:1990.11.6
日本発売日:1990.11.5

(4)『Band On The Run 25th Anniversary Edition』 Nicely Toasted Mix
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Guitar
録音スタジオ:Hog-Hill Studio, Sussex
録音日:circa 1999
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Paul McCartney
イギリス発売日:1999.3.15
アメリカ発売日:1999.3.15
日本発売日:1999.4.9

(5)『Band On The Run 25th Anniversary Edition』 Nothern Comic Version
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Guitar
録音スタジオ:Hog-Hill Studio, Sussex
録音日:circa 1999
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Paul McCartney
イギリス発売日:1999.3.15
アメリカ発売日:1999.3.15
日本発売日:1999.4.9

(6)『Band On The Run 25th Anniversary Edition』 Barn Rehearsal
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Bass
Linda McCartney: Vocal harmonies, Keyboards
Paul “Wix” Wickens: Keyboards, Vocal harmonies
Chris Whitten: Drums
Robbie Mclntosh: Electoric Guitar, Vocal harmonies
Hamish Stuart: Electoric Guitar, Vocal harmonies
録音スタジオ:unknown
録音日:1989.7.21
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:unknown
イギリス発売日:1999.3.15
アメリカ発売日:1999.3.15
日本発売日:1999.4.9

(7)『Back In The U.S.』『Back In The World』
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Bass
Rusty Anderson: Backing Vocal, Guitar
Brain Ray: Backing Vocal, Guitar
Paul “Wix” Wickens: Backing Vocal, Acoustic Guitar
Abe Raboriel Jr.: Backing Vocal, Drums
録音スタジオ:live from Dallas
録音日:2002.5.9
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:David Kahne
イギリス発売日:2003.3.17
アメリカ発売日:2002.11.26
日本発売日:2002.11.13

歌詞・コード
Dmaj7         D
Stuck inside these four walls,
G6        G6/A
Sent inside forever,
Dmaj7       Dmaj9
Never seeing no one
G     A  G D
Nice again like you,
Gm6 G D Gm6 Dmaj7 Gm6
Mama you, mama you.

Am D6 Am D6 Am

Am
If I ever get out of here,
D
Thought of giving it all away
Am
To a registered charity.
D
All I need is a pint a day
Am
If I ever get out of here.

C D C D C
C Fmaj7 C Fmaj7

C            Fmaj7
Well, the rain exploded with a mighty crash
As we fell into the sun,
C              Fmaj7
And the first one said to the second one there
Em
I hope you’re having fun.
G       C  Em C   Am
Band on the run, band on the run.
F        C
And the jailer man and sailor Sam
F           Fmaj7
We’re searching every one
N.C. C
For the band on the run, band on the run
Band on the run, band on the run.

Well, the undertaker drew a heavy sigh
Seeing no one else had come,
And a bell was ringing in the village square
For the rabbits on the run.

Band on the run, band on the run.
And the jailer man and sailor Sam
Were searching every one

For the band on the run, band on the run
Band on the run, band on the run.

Well, the night was falling as the desert world
Began to settle down.
In the town they’re searching for us every where
But we never will be found.

Band on the run, band on the run.
And the county judge who held a grudge
Will search for evermore

For the band on the run, band on the run
Band on the run band on the run,
Band on the run

Em G C

(c) 1974 (Renewed) Paul and Linda McCartney. Administered by MPL Communications, Inc.

※記載は2004年時点のものです。それ以降に発売されたバージョンは、随時追加していきます。

 








Back In The U.S.S.R.

作詞作曲:John Lennon, Paul McCartney
収録時間:(1)3分16秒 (2)2分56秒
収録アルバム:(1)Tripping The Live Fantastic!!, Tripping The Live Fantastic Highlights!!
(2)Back In The U.S., Back In The World
収録シングル:なし

ビートルズのアルバム『The Beatles(通称:ホワイトアルバム)』の1曲目に収録されているロックン・ロール・ナンバー。タイトルはチャック・ベリーの「Back In The U.S.A.」のパロディーで、ビートルズのアルバムではポールがドラムを演奏している。
ポールはソロになってから、1989-90年のツアー(ゲット・バック・ツアー)、1993年のツアー(ニュー・ワールド・ツアー)、2002-3年のワールド・ツアー、2004年の欧米サマー・ツアーで演奏しているという、最近のポールのコンサートでは無くてはならないビートルズ・ナンバーとなっている。
コンサートでは、曲の内容に合わせ、バック・スクリーンに旧ソ連の演奏が映し出されている。2003年5月24日には、この曲を念願のロシアで演奏し、当日途中から見に来たプーチン大統領のために、アンコールでもう一度演奏したという、ポールにとって忘れられない出来事となった。
公式アルバムに収録されているのは、(1)1990年3月5日東京公演、(2)2002年5月9日ダラス公演 での演奏である。
この曲は合計4回のツアーで演奏されているので、サウンドボードによって聴くことができる音源も多いが、ブートで確認できる音源を可能な限り以下に整理した。

(3)1990年1月16日ロンドン公演
Welcome To Wombley – CD 2 (VOXX 0003-02)
(4)1990年4月1日バークレー公演
Berkeley Concert 1990 (CD 2) (Yellow Cat Records — YC 008)
A Dream Apart (Big Music — BIG028)
(5)1990年4月20日リオ公演
Live On TV In Rio – Part 2 (Ram Records — RAM 008)
(6)1990年6月28日リバプール公演
Imagine In Liverpool (The Comeback) (Red Phantom — RPCD 1025)
Radio One’s Liverpool Concert June 1990 (FM) (Liverpool Concert) (Goblin Records — CD3004)
(7)1990年6月30日ロンドン・ネブワース
The Knebworth Concert (Vigotone — VT-CD 15)
The Knebworth Concert (Goblin Records — CD 3012)
(8)1990年7月4日ワシントン公演
Live at Robert F Kennedy Stadium Part2 (Label Unknown)
(9)1993年6月15日シャーロット公演
Out In The Crowd (Nikko Records NK 005-06)
(10)1993年10月3日ベルリン公演(リハーサル)
Oobu Joobu Part 3 (Yellow Cat YC047)
(11)1993年11月15日東京公演
Tokyo Dome 1993. The Master Tape Version (DVD) (MPL Films Japan — 2002 MPL)
(12)2002年4月24日ワシントン公演
Driving Macca! (Label Unknown)
(13)2002年5月15日タンパ公演
Live In Tampa Florida 2002 (Night Hawk)
(14)2003年5月24日モスクワ公演
The Complete Russia Concert (DVD 2) (Macca Fan Records — MFR 2003)
(15)2004年5月30日マドリード公演
!Viva Espana! CD 2 (Tobacco Kill Records — TKR 006)
(16)2004年6月20日サンクトペテルブルグ公演
San Petersburg Soundboard (CD 2) (Tobacco Kill Records — SPS 2)
(17)2004年6月26日グラストンベリー・フェスティバル
Glastonbury 2004 (DVD) (Label Unknown)

(1)
演奏:
Paul McCartney: Electric Guitar, Vocal
Linda McCartney: Keyboards, Backing Vocal
Paul “Wix” Wickens: Keyboards, Backing Vocal
Chris Whitten: Drums
Robbie Mclntosh: Electric Guitar, Backing Vocal
Hamish Stuart: Bass, Backing Vocal
録音スタジオ:live from Tokyo
録音日:1990.3.5
プロデューサー:Paul McCartney, Bob Clearmountain & Peter Henderson
エンジニア:Bob Clearmountain
イギリス発売日:1990.11.5
アメリカ発売日:1990.11.6
日本発売日:1990.11.5

(2)
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Bass
Rusty Anderson: Backing Vocal, Guitar
Brain Ray: Backing Vocal, Guitar
Paul “Wix” Wickens: Backing Vocal, Acoustic Guitar
Abe Raboriel Jr.: Backing Vocal, Drums
録音スタジオ:live from Dallas
録音日:2002.5.9
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:David Kahne
イギリス発売日:2003.3.17
アメリカ発売日:2002.11.26
日本発売日:2002.11.13

歌詞・コード
A            D
Flew in from Miami Beach BOAC
C         D
Didn’t get to bed last night
A             D
One the way the paper bag was on my knee
C          D
Man, I had a dreadful flight

A
I’m back in the USSR
C             D
You don’t know how lucky you are boy
D         A B7 E7
Back in the USSR

Been away so long I hardly knew the place
Gee, it’s good to be back home
Leave it till tomorrow to unpack my case
Honey, disconnect the phone

I’m back in the USSR
You don’t know how lucky you are boy
[NC]                  A
Back in the US, back in the US, back in the USSR

D7
Well the Ukraine girls really knock me out
A         A7
They leave the West behind
D
And Moscow girls make me sing and shout
E7*             D7*             A B7 E7
That Georgia’s always on my mi-mi-mi-mi-mi-mi-mind

A D C D A D
C D

I’m back in the USSR
You don’t know how lucky you are boys
Back in the USSR

Show me round your snow-peaked mountains way down south
Take me to your daddy’s farm
Let me hear your balalaikas ringing out
Come and keep your comrade warm

I’m back in the USSR
You don’t know how lucky you are boy
Back in the USSR

 


All My Loving

作詞作曲:John Lennon, Paul McCartney
収録時間:(1)2分14秒 (2)2分9秒
収録アルバム:(1)Paul Is Live (2)Back In The U.S., Back In The World
収録シングル:なし

オリジナルは、1963年に発売されたビートルズの2枚目のアルバム『With The Beatles』に収録されている。ビートルズとしてはアルバム発売後しばらくライブで演奏していた。1964年にアメリカで初めてのテレビ出演となったテレビ番組「Ed Sullivan Show」で、一番最初に演奏した曲でもあり、ビートルズとしてシングル発売はしていないものの、有名な曲である。
ポールはビートルズ解散後、この曲を1993年のツアー「The New World Tour」で初めて演奏した。このツアーでも、ビートルズ時代に使用していたへフナーベースを演奏しながら歌っていたので、ビートルズ時代を彷彿とさせるものがある。
その後も、1999年4月10日にロンドンのアルバートホールで開催されたリンダ・マッカートニー追悼コンサート「Here, There And Everywhere」でも演奏し、その様子は日本でも2001年3月7日にNHK BS2で放送されたことがある。
また、2002-3年のツアーでもこの曲を演奏している。『Back In The U.S.』と『Back In The World』に収録されているのは同じライブバージョン。さらに、2004年のヨーロッパ・ツアー「04 Summer」でも取り上げている。
ビートルズ時代のライブでは、3番のハモリ部分は、ポールが上のパートを歌っていたが、ソロ時代のライブでは、1番、2番の音程と同じ下のパートを歌っている。

(1)
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Bass
Linda McCartney: Backing Vocal
Hamish Stuart: Backing Vocal, Electric Guitar
Robbie Mclntosh: Backing Vocal, Electric Guitar
Paul “Wix” Wickens: Backing Vocal, Acoustic Guitar
Blair Cunningham: Drums
録音スタジオ:Live from New York
録音日:1993.6.11
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Geoff Emerick
イギリス発売日:1993.11.8
アメリカ発売日:1993.11.16
日本発売日:1993.11.10

(2)
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Bass
Rusty Anderson: Backing Vocal, Guitar
Brain Ray: Backing Vocal, Guitar
Paul “Wix” Wickens: Backing Vocal, Acoustic Guitar
Abe Raboriel Jr.: Backing Vocal, Drums
録音スタジオ:Live from the tour “Driving USA” 2002.4-5
録音日:Unknown
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:David Kahne
イギリス発売日:2003.3.17
アメリカ発売日:2002.11.26
日本発売日:2002.11.13

歌詞・コード
F#m        B
Close your eyes and I’ll kiss you
E       C#m
Tomorrow I’ll miss you
A       F#m   D B7
Remember I’ll always be true
F#m    B
And then while I’m away
E      C#m
I’ll write home every day
A       B     E
And I’ll send all my loving to you

I’ll pretend that I’m kissing
The lips I am missing
And hope that my dreams will come true
And then while I’m away
I’ll write home every day
And I’ll send all my loving to you

C#m C#maj7/C   E
All my loving, I will send to you
C#m C#maj7/C   E
All my loving, darling, I’ll be true

(SOLO)
A E F#m B7

Close your eyes and I’ll kiss you
Tomorrow I’ll miss you
Remember I’ll always be true
And then while I’m away
I’ll write home every day
And I’ll send all my loving to you

All my loving, I will send to you
All my loving, darling, I’ll be true

C#m      E+
All my loving, all my loving
C#m+         E+
All my loving, I will send to you

c 1993,2002,2003 Northern Songs