ポール・マッカートニーのファンサイト(非公認)。ポール・マッカートニーやビートルズの最新ニュース、アルバム・楽曲の解説、ライブ・ツアー記録、新譜・テレビ放送等。

Average Person

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:4分32秒
収録アルバム:Pipes Of Peace
収録シングル:なし

アルバムでの前の曲「Sweetest Little Show」とのメドレー形式で登場するSEを多用したショー仕立ての曲。歌詞の内容は、ボクサー、ウェイトレス、機関士などの想像上の「平均的な人」が登場するというもの。
「ライブ・ショーみたいにやりたかったんだ。ただ歌を聴いているだけじゃなくて、映画を見ているような感じにね。 それで音響効果を使って雰囲気を出したんだ。」(ポール)
この曲は、1980年9月30日に(1)ウィングスとして行われたリハーサル で演奏され、その後、1982年2月4日に行われたアルバム『Tug Of War』のレコーディングで、デイブ・マタックスのドラム演奏で録音された。ところが、曲の雰囲気が『Tug Of War』の雰囲気に合わなかったということで、同じく『Tug Of War』に収録予定だった曲「Keep Under Cover」と共に『Tug Of War』の収録リストから漏れ、1983年に行われたアルバム『Pipes Of Peace』のセッションで、今度はリンゴ・スターをドラムに迎えてレコーディングされ、アルバム収録されるに至った。
元ウィングスのデニー・レインがギターとコーラスで参加している。
この曲の(2)デモ音源も、1980年夏に「Rude Studio」で制作されたアルバム『Tug Of War』のデモとして発見されている。

この曲の(1)リハーサル、(2)デモ音源は、以下のブートで聴くことができる。

(1)
When It Rains, It Pours (Disk 2) (Vigotone — vigo162)

(2)
Rude Studio Demos (Columbus Records — CD 080)
Studio Tracks Vol. 4 (Chapter One — CO25147)
War And Peace (Instant Analysis — R&G 1020)
Give Us A Chord Paul (Angry Dog — AD 9901)

演奏:
Paul McCartney: Guitars, Bass, Synthesisers, Vocal, Backing vocal
Denny Laine: Electric Guitar, Backing Vocal
Eric Stewert: Backing Vocal
Linda McCartney: Backing Vocal
Ringo Starr: Drums
録音スタジオ:AIR Studios, Montserrat and London, and Cherokee Studios, LA
録音日:1980.12-1983.7
プロデューサー:George Martin
エンジニア:Geoff Emerick
イギリス発売日:1983.10.31
アメリカ発売日:1983.10.31
日本発売日:1983.11.21

歌詞・コード
A        D    A
Look at the average person
Em            E
Speak to the man in the street
A    D       A    Bm   C
Can you imagine the first one you’d meet
Bm A
Oh oh oh oh
Bm C   Bm A
Oh oh oh oh oh oh oh

A                         Dm A
Well, I’m talking to a former engine driver (driver)
A                   Dm A
Trying to find out what he used to do
Dm                   Em Dm
Tells me that he always kept his engine (engine)
A
Spit and polished up, as good as new
E7
But he said his only great ambition
A            Dmaj7 Amaj7
Was to work with lions in a zoo
Amaj7            D
(Oh to work with lions in a zoo)
Dm  A/C#  Bm7-5   A
Yes, dear, you heard right
Dm      A/C#    Bm7   E7       A
Told me his ambition was to work with lions every night

Dm A/C# Bm7-5 A Dm A/C# Bm7 E7 A

Look at the average person
Speak to the man in the street
Can you imagine the first one you’d meet
Oh oh oh oh

Well, I met a woman working as a waitress (waitress)
I asked exactly what it was she did
Said she worked the summer crowd at seasides (seasides)
Winter time she ran away and hid
Once she had a Hollywood audition
But the part was given to a kid
(Yes the part was given to a kid)
Yes sir, you heard right
Hollywood ambition made a starlet grow up overnight

Dm A/C# Bm7-5 A Dm A/C# Bm7 E7 Fmaj7 Cmaj7

Gm7 Fmaj7 Esus4 E Esus4 E F E

Well, I bumped into a man who’d been a boxer (boxer)
Asked him what had been his greatest night
He looked into the corners of his memory (mem’ry)
Searching for a picture of the fight
But he said he always had a feeling
That he lacked a little extra height
(Could have used a little extra height)
Yes mate, you heard right
He always had a feeling that he might have lacked
A little height

Look at the average person
Speak to the man in the queue
Can you imagine the first one is you

Bm A Bm C Bm A Bm C Bm A Gmaj7 Fmaj9

A       D    A
Look at the average person

(c) 1983 MPL Communications, Inc.

 

Auraveda

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:12分51秒
収録アルバム:Rushes
収録シングル:なし

ポール・マッカートニーとYOUTHによるトランス・ミュージックのプロジェクト「The Fireman」のセカンド・アルバム『Rushes』に収録されている3トラック目の曲。
「Appletree Cinnabar Amber」と同様、アンビエント・ハウスであり、ポールが普段作る曲とは似ても似つかない。
この曲は、2002年から2004年のツアーにかけて、プレショーのBGMとして使われていたもので、ポール・マッカートニー・ファンにとっては、聴いたことがないように思っていても実は聴いたことがある曲となっている。

録音スタジオ:Hog Hill Studio, Sussex
録音日:1995.10-1998
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Youth
イギリス発売日:1998.9.21
アメリカ発売日:1998.10.20
日本発売日:1998.11.18

 

Atlantic Ocean

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:6分25秒
収録アルバム:なし
収録シングル:Young Boy (UK)

1997年にイギリスのみで発売されたマキシCDシングル「Young Boy」に収録された曲。このシングルでは、シングルの中でポールがラジオ番組『Oobu Joobu』のDJを行っているという設定でDJ部分が再録音され、 その第2回目として、この曲が登場するという設定である。実際に放送されたラジオ番組『Oobu Joobu』では、第1回の1995年5月27日に放送された。
曲自体は、1987年にフィル・ラモーンのプロデュースのもと録音された。ダンスミュージック調のリズムに乗せて、ハーフスポークンのボーカルを入れるなど、ラップ調に近い仕上がりとなっている。1987年に録音されたオリジナル・バージョンは以下のブートで聴くことができるが、公式にリリースされたバージョン(「Young Boy」のB面)に至るまでは、何度もリメイクされたとあって、ボーカルがかなり異なっている。
ラジオ番組『Oobu Joobu』で放送されたバージョンと、公式リリースされたバージョンとは近い。

Paul McCartney: Pizza And Fairy Tales (Disc 2) (Vigotone — VT-190)
Paul McCartney: Return To Lindiana (Label Unknown)
Return To Pepperland – The Unreleased 1987 Album (Sergeant M Records — SM 0001)
MoMac’s Hidden Tracks: Volume 21 (Label Unknown)

演奏:
Paul McCartney: vocal, keyboard, bass guitar, electric guitar
Phil Picket: keyboards
Louis Jardim: percussion
Stuart Elliott: drums
Martin Barre: guitar
録音スタジオ:Hog-Hill, Sussex, England
録音日:started at 1987.3.20
プロデューサー:Phil Ramone
エンジニア:Jon Jacobs, Steve Lyons
イギリス発売日:1997.4.28
アメリカ発売日:なし
日本発売日:なし

歌詞・コード
Bm
UH!
HIT IT!
UH!
HIT IT OUT!

STOLEN BLACK MAN, FAM’LY LOST,
PACKED AS CARGO, SHIP WAS TOSSED,
NOW SURVIVES TO COUNT THE COST.
HE FEELS THE RHYTHM OF THE ATLANTIC OCEAN.
THE RHYTHM OF THE ATLANTIC OCEAN.
FEEL THE RHYTHM OF THE ATLANTIC OCEAN.
THE RHYTHM.

UH, UH, UH, UH-UH

BRITISH PIRATE RULED THE SEA
IN TRINIDAD TO BIMINI
NOW HE HAS ETERNITY TO FEEL
FEEL THE RHYTHM OF THE ATLANTIC OCEAN,
FEEL THE RHYTHM OF THE ATLANTIC OCEAN,
FEEL THE RHYTHM OF THE ATLANTIC OCEAN,
FEEL THE RHYTHM, THE RHYTHM.

OCEAN LINERS COME AND GO
SENDING SAILORS TO AND FRO
WHALE AND DOLPHIN DOWN BELOW
LISTEN TO THE RHYTHM.

FOREIGN ARTISTS STOWS AWAY,
WANTS TO REACH THE USA,
LIVES TO PAINT ANOTHER DAY.
AND FEEL THE RHYTHM OF THE ATLANTIC OCEAN,
FEEL THE RHYTHM OF THE ATLANTIC OCEAN,
FEEL THE RHYTHM OF THE ATLANTIC OCEAN,
LISTEN TO THE RHYTHM.

OFF THE BUS FROM PENNY LANE,
YOUNG MUSICIANS TOOK A PLANE,
GOT INVITED BACK AGAIN .
UH, UH, UH,
TO FEEL THE RHYTHM OF THE ATLANTIC OCEAN,
FEEL THE RHYTHM OF THE ATLANTIC OCEAN,
UH, FEEL THE RHYTHM OF THE ATLANTIC OCEAN,
FEEL THE RHYTHM, UH-UH.

YEAH, YEAH

YEAH.

THE RHYTHM OF THE ATLANTIC OCEAN,
FEEL THE RHYTHM OF THE ATLANTIC OCEAN,
FEEL THE RHYTHM OF THE ATLANTIC OCEAN,
FEEL THE RHYTHM.
UH UH UH-UH-UH

FEEL THE RHYTHM OF THE ATLANTIC OCEAN,
YEAH, FEEL THE RHYTHM OF THE ATLANTIC OCEAN,
FEEL THE RHYTHM OF THE ATLANTIC OCEAN,
I FEEL THE RHYTHM OF THE ATLANTIC OCEAN,
FEEL THE RHYTHM, OH-OH, OF THE ATLANTIC OCEAN, OOH.
FEEL THE RHYTHM, OH-OH, OF THE ATLANTIC OCEAN, OH-OH-OH.

UH-
DOO, DOO, DOO.

OCEAN LINERS COME AND GO
SENDING SAILORS TO AND FRO
WHALE AND DOLPHINS DOWN BELOW.
AAH –
FOREIGN ARTIST STOWS AWAY,
WANTS TO REACH THE USA,
LIVES TO PAINT ANOTHER DAY.
AND FEEL THE RHYTHM OF THE ATLANTIC OCEAN,
THEY FEEL THE RHYTHM OF THE ATLANTIC OCEAN,
FEEL THE RHYTHM OF THE ATLANTIC OCEAN,
FEEL THE RHYTHM, OH-OH, YEAH, THE ATLANTIC OCEAN, UH-UH,
YEAH, FEEL THE RHYTHM OH-OH, OF THE ATLANTIC OCEAN, UH-UH-OOH.

OOH –

HEY-HEY, YEAH –

FEEL THE RHYTHM OF THE ATLANTIC OCEAN,
FEEL THE RHYTHM OF THE ATLANTIC OCEAN,
FEEL THE RHYTHM OF THE ATLANTIC OCEAN,
FEEL THE RHYTHM OF THE ATLANTIC OCEAN,
FEEL THE RHYTHM, WOH-OH-OH, OF THE ATLANTIC OCEAN.
DOO-DOO-DOO-DOO –

FEEL THE RHYTHM, OH-OH, OF THE ATLANTIC OCEAN, OH-OH,
YEAH, FEEL THE RHYTHM OF THE ATLANTIC OCEAN,
I FEEL THE RHYTHM OF THE ATLANTIC OCEAN,
I FEEL THE RHYTHM OF THE ATLANTIC OCEAN,
I FEEL THE RHYTHM OF THE ATLANTIC OCEAN,
YEAH, I FEEL THE RHYTHM OF THE ATLANTIC OCEAN,
I FEEL THE RHYTHM OF THE ATLANTIC OCEAN,
FEEL THE RHYTHM, FEEL THE RHYTHM, OF THE ATLANTIC OCEAN, ATLANTIC OCEAN,
FEEL THE RHYTHM, FEEL THE RHYTHM, OF THE ATLANTIC OCEAN, ATLANTIC OCEAN,
FEEL THE RHYTHM, FEEL THE RHYTHM, OF THE ATLANTIC OCEAN, ATLANTIC OCEAN,
FEEL THE RHYTHM OF THE ATLANTIC OCEAN,
YEAH,
FEEL THE RHYTHM OF THE ATLANTIC OCEAN,
FEEL THE RHYTHM OF THE ATLANTIC OCEAN,
FEEL THE RHYTHM OF THE ATLANTIC OCEAN.

(c) 1995, 1997 MPL Communications Ltd. Administered by MPL Communications, Inc.

 

At The End Of Another Day

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:15秒
収録アルバム:なし
収録シングル:なし

1973年4月16日にアメリカ、1973年5月10日にイギリスで放送されたポール・マッカートニー&ウィングスによるスペシャル番組『James Paul McCartney』の中で、番組最後に演奏された「Yesterday」の前にポールがアコースティック1本で歌った未発表曲。この曲の完奏バージョンは見つかっておらず、その時の即興演奏の曲なのか、以前から作られていた曲なのかは不明。
TV番組『James Paul McCartney』は、ウィングスの演奏により、次々と曲が演奏されるシーンが続くというプロモ・クリップを見ているような番組。日本では1974年にNHK『世界のワンマンショー』の第1回として放送された。
この曲は、以下のブートで聴くことができる。

MoMac’s Hidden Tracks: Volume 5 (Label Unknown)
James Paul McCartney DVD (BBC Video — BBC Videos)
James Paul McCartney (From TV Station Master Tape) (Watchtower — WT 2001043)

演奏:
Paul McCartney: Vocal, Guitar
録音スタジオ:ATV Elstree Studios, Boreham Wood, UK
録音日:1973.2-3
プロデューサー:Gary Smith, Dwight Hemion
イギリス放送日:1973.4.16
アメリカ放送日:1973.5.10
日本放送日:1974

 

Arrow Through Me

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:3分37秒
収録アルバム:Back To The Egg
収録シングル:Arrow Through Me (US and Japan only)

ポールがロックへの回顧をテーマとして制作したコンセプト・アルバム『Back To The Egg』からの曲。ムーグ・シンセとブラスを主体とした不思議な感じのする曲である。
アメリカと日本でシングル発売され、1979年10月13日付けビルボード・ヒットチャートで29位まで上昇。日本では「来日記念盤」とラベルされて発売されたが、皮肉にもコンサートが中止になったのは承知のところ。シングルのB面は「Old Siam, Sir」。シングル発売されたので、プロモビデオも作成された。
1979年のイギリス・ツアーでも演奏された曲である。この曲のラフ・ミックス等のスタジオ・アウトテイクは数種類存在し、ブートで聴くことができる。
以下に主なアウトテイクを紹介する。

(1)Early Take
MoMac’s Hidden Tracks: Volume 12 (Label Unknown)
(2)Alternate Mix (Spirit Of Ranachan Rough Mixes in July 1978)
Glasgow 1979 (Yellow Dog Records — YDO-022)
Eggs Up (Cage Records — CD 1979)
(3)Rough Mix
Suitable For Framing (MPL (Fake) — JPM 40 IF)
Oh, Mistake (Hawg Leg Records — HL 100)

演奏:
Paul McCartney: Vocal, Bass, Keyboards
Linda McCartney: Keyboards, Backing Vocal
Denny Laine: Electric guitar, Backing Vocal
Laurence Juber: Electric guitar, Backing Vocal
Steve Holly: Drums, Backing Vocal
録音スタジオ:RAK Mobile Studio (Spirit of Ranachan), Scotland and Replica Studio, London
録音日:1978.6.29-1979.4
プロデューサー:Paul McCartney, Chris Thomas
エンジニア:Phil McDonald, Mark Vigars
イギリス発売日:1979.6.8
アメリカ発売日:1979.6.11
日本発売日:1979.6.10

歌詞・コード
E  E7   A              C#7sus4   C#
Ooh baby, you couldn’t have done a worse thing to me
F#m7                        F#m7/B
If you’d have taken an arrow and run it right through me

Ooh baby, a bird in the hand is worth two flying
But when it came to love I knew you’d be lying

Cmaj7
It could have been a finer fling
Bbmaj7
Would have been a major attraction
Cmaj7
With no other thing
Bbmaj7
Offering a note of distraction
Em7       Cmaj7    A6       D  B/D#
Come on, get up, get under way and bring your love

Ooh baby, you wouldn’t have found a more down hero
If you’d have started at nothing and counted to zero

Ooh baby, you couldn’t have done a worse thing to me
If you’d have taken an arrow and run it right through me

It could have been a finer fling
Flying in a righter direction
With no other thing
Featuring but love and affection
Come on, get up, get under way and bring your love

Ooh baby, you wouldn’t have found a more down hero
If you’d have started at nothing and counted to zero

Fmaj7 E

(c) 1979 MPL Communications Ltd.

Arizona Light

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:8分39秒
収録アルバム:Strawberries Oceans Ships Forest
収録シングル:なし

ポール・マッカートニーとYOUTHによるプロジェクト「The Fireman」によるファースト・アルバム『Strawberries Oceans Ships Forest』の5トラック目に収録されている曲。プロデューサーのYOUTHは、キリング・ジョークのベーシスト、マーティン・グローバーであり、ポールとはアルバム『Off The Ground』のダンス・ミックス「Deliverance」を制作時に初めて共同で仕事をした。
このアルバムは、サセックスにあるポールの自宅スタジオで1992年10月にレコーディングされた。リリースされたのは1993年のワールド・ツアー中であるが、レコーディングはワールド・ツアー以前に行われていたことになる。
『Rushes』同様、このアルバムのアーティストに関する情報は全く公表されなかったため、発売当初は全く注目されなかったが、アルバムの発売レーベルが「Juggler Music」とポールの音楽出版社MPLのロゴを連想させるものであったり、EMIから発売されていることなどから、ポールが制作に関わったのではないかという噂が広まり、ポールもファンクラブ会報誌「Club Sandwitch」で、自らが制作を行ったことを匂わせている。日本盤では堂々と「ポール・マッカートニーとYOUTHによる」と明記されている。

録音スタジオ:Hog Hill Studio, Sussex
録音日:1992.10
プロデューサー:Youth
エンジニア:Matt Austin
イギリス発売日:1993.11.15
アメリカ発売日:1994.2.22
日本発売日:1994.2.2

 

Appletree Cinnabar Amber

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:7分12秒
収録アルバム:Rushes
収録シングル:なし

ポール・マッカートニーとYOUTHによるトランス・ミュージックのプロジェクト「The Fireman」のセカンド・アルバム『Rushes』に収録されている5トラック目の曲。
このアルバムは、タイトル『Rushes』とアーティスト名「The Fireman」から、ビートルズの「Penny Lane」の歌詞”and the fireman rushes in …”を連想させる。
「The Fireman」名義として発売したこのアルバムは、前回のファーストアルバム『Straeberry Oceans Ships Forest』と同様、ポール・マッカートニーが関わったことは公式には全く公表されてなかったが、日本盤には堂々と「ポール・マッカートニーによるプロジェクト」と記されている。
このアルバムのセッションは1995年10月30日と31日に行われ「Hey Now」「Let Me Love You Always」という2曲が作成されたが、その後、リンダ・マッカートニーのアルバム『Wide Prarie』のセッションが行われる前の1998年に再びセッションが開始され、完成された。
この曲もアルバムの他曲と同様、アンビエント・ハウスであり、ポールのサウンドからかなりかけ離れたものであり、ポールの前衛的・先進的な音楽的実験の姿勢に関する一面が伺い知れる。

録音スタジオ:Hog Hill Studio, Sussex
録音日:1995.10-1998
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Youth
イギリス発売日:1998.9.21
アメリカ発売日:1998.10.20
日本発売日:1998.11.18

Appaloosa

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:6分32秒
収録アルバム:なし
収録シングル:なし

リンダ・マッカートニーのアルバム『Wide Prarie』に収録されている曲。リンダが70年代に作った1フレーズ分のメロディーにポールが手を加えて完成した曲。リンダがピアノの練習のためによく弾いていた曲と言われている。
『Wide Prarie』に収録のバージョンは1998年3月にレコーディングが行われたが、それ以前に、この曲のオーケストラ・バージョンが1992年1月に、『Livepool Oratorio』の指揮者でもあるカール・デイビス指揮のもと、ロンドン・シンフォニー・オーケストラによって録音された。このオーケストラ・バージョンは、1994年7月16日にBBC2で放送されたバリー・チャティントン監督の30分のフィルム『Appaloosa』に使用された。このフィルムは『Blankit’s First Show』に続くリンダ飼育の馬のドキュメンタリー映像である。
ちなみに、バリー・チャティントンは、未発表のMPLフィルム『Bruce McMouse』『Band On The Run Film』『Rockestra Documentary』を監督した人物である。
この曲が録音されたオーケストラ・セッションでは、他に「Love’s Full Glory」「I Got Up」、ポール作曲の未発表曲「Blankit」などが録音されている。
カール・デイビスは、この曲を、1992年5月12日にボストンで行われた「Boston Pops」でも指揮しており、この時の演奏風景は、1992年にPBSで放送された番組『A Tribute To Paul McCartney』で放送された。

オーケストラ・バージョンは、以下のブートで聴くことができる。このブートは、ポールが『Wide Prarie』を発売するきっかけとなったものである。

Appaloosa Love (Yellow Cat Records — YC 065)

演奏:
London Symphony Orchestra
録音日:1992.1.29
プロデューサー:Carl Davis
イギリス発売日:未発表
アメリカ発売日:未発表
日本発売日:未発表

Another Day

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:3分40秒
収録アルバム:Ram (Bonus Track), Wings Greatest, All The Best, Wingspan
収録シングル:Another Day

ポール・マッカートニーにとって、ビートルズ解散後のソロキャリアでのファースト・シングルとなった曲。B面は「Oh Woman, Oh Why?」。アメリカ・ビルボードで5位、イギリスで2位まで上昇し、ソロ時代初めてのヒットとなった曲で、ポールの代表曲の1つ。3種類のベスト・アルバムそれぞれに収録されている。
曲自体はビートルズ時代に作ったものであり、1969年のビートルズの「ゲット・バック・セッション」でも、ポールがピアノの弾き語りで演奏した曲であり、1969年1月9日と25日のセッションで聴くことができる。
レコーディングはアルバム『RAM』の制作時に行われたため、演奏に参加したミュージシャンはアルバム『RAM』と同じである。この時のレコーディングに参加したドラマー、デニー・シーウェルが後のウィングスの初代ドラマーとなる。
最初に発売されたシングルでは、作曲者としてリンダ・マッカートニーもクレジットされていたが、リンダが作曲した事実がないとして、当時の版権会社ノーザン・ソングスの社長、サー・ルー・グレードが、リンダの作曲者クレジットからの削除を求めて訴訟を起こした。結局、ポールはベスト・アルバムでのクレジットを単体とする。
「リンダが作曲者として認識されるかどうかは、重要じゃないって思ってた。僕が誰と一緒に作業しようとも、そのコラボレーションがどんな形であろうと、僕が作曲するのを手伝ってくれた人は、その権利の一部を所有してもいいと思う。」(ポール)
リンダは、この訴訟に触発され、自ら「Seaside Woman」を書いたと言われている。
ポールの代表曲の1つであるにも関わらず、この曲がライブで演奏されたのは、1993年のツアーのみである。

演奏:
 Paul McCartney: Bass, Guitars, Keyboards, Vocals
 Linda McCartney: Vocals
 Dave Spinoza: Guitars
 Hugh McCracken: Guitars
 Denny Seiwell: Drums
録音スタジオ:A&R Studios, Colimbia Studios, Nwe York and Sound Recorders, LA
録音日:1971.1
プロデューサー:Paul McCartney, Linda McCartney
エンジニア:Tim, Ted, Phil, Dixson, Armin and Jim
イギリス発売日:1971.2.19
アメリカ発売日:1971.2.22
日本発売日:1971.4.5

歌詞・コード
    G                      B7
Every day she takes a morning bath as she wets her hair,
Em                     Am                       D7   G
Wraps a towel around her, as she’s heading for the bedroom chair, it’s just another day.

C        G
Slipping into stockings,
C        G
Stepping into shoes,
C         G        A
Dipping in the pocket of her raincoat.
D7        G
Ah, it’s just another day.

    G                     B7
At the office where the papers grow she takes a break,
Em                   Am                    D7   G
Drinks another coffee, and she finds it hard to stay awake, it’s just another day.

C         D7         G
Du du du du du du, it’s just another day
E7        Am   D7          G
Du du du du du du, it’s just another day

D7 Em
Ahhy
Em    Cmaj9
So sad, so sad,
A           Cmaj7 Em
Sometimes she feels so sad.
Cmaj7
Alone in her apartment she’d dwell,
A          Cmaj7   Em
Till the man of her dreams comes to break the spell.
E  Am        D      D+     D6
Ah, stay, don’t stand around, and he comes and he stays

A6 B7 Em  Em9 C   B7
But he leaves the next day, so sad
A9         Cmaj7   Em
Sometimes she feels so sad.

    G              B7
As she posts another letter to the sound of five,
Em                   Am                    D7     G
People gather ‘round her, and she finds it hard to stay alive, it’s just another day.

Du du du du du du, it’s just another day
Du du du du du du, it’s just another day

So sad, so sad,
Sometimes she feels so sad.
Alone in her apartment she’d dwell,
Till the man of her dreams comes to break the spell.

Ah, stay, don’t stand around, and he comes and he stays
But he leaves the next day, so sad
Sometimes she feels so sad.

G                    B7
Every day she takes a morning bath as she wets her hair,
Em                    Am                     D7     G
Wraps a towel around her, as she’s heading for the bedroom chair, it’s just another day.

C      G
Slipping into stockings,
C      G
Stepping into shoes,
C       G           A
Dipping in the pocket of her raincoat.
D7
G
Ah, it’s just another day.
Am         D7        G
Du du du du du du, it’s just another day
E7       Am         D7  G F C G
Du du du du du du, it’s just another day.

(c) 1971 Paul and Linda McCartney Administered by MPL Communications, Inc.

Angry

作詞作曲:Paul McCartney, Eric Stewart

収録時間:(1)3分35秒 (2)3分35秒
収録アルバム:(1)Press To Play
収録シングル:(2)Stranglehold (US), Pretty Little Head 12″(UK)

ポールのサセックスにあるスタジオで行われていた「Saturday Afternoon Session」にフィル・コリンズとピート・タウンゼントがやって来た時に出来た曲。後日、エリック・スチュアートによる演奏を加えて、曲を完成させている。よって、アルバム『Press To Play』の最初のラインアップにはなかった曲である。
歌詞の内容は、日常生活や政治的なことに不満をぶつけているものである。
「この曲を演奏するたび、ピート・タウンゼントのように感じるんだ。この曲で腕を風車のようにグルグルと回しながら弾いたよ。」 「サッチャーやレーガン政権の南アフリカに対する態度、子供をタバコの火でいたぶろうとする人、そういうことを考えたら腹が立ってくる。」(ポール)
ラリー・アレキサンダーが後にニューヨークの「Power Station」でリミックス作業を行い、デイブ・マシューズによるオーケストレーションを加え、リミックス・バージョンとして、アメリカでは「Stranglehold」のB面として、イギリスでは「Pretty Little Head」12インチシングルのB面として発売した。
この曲が出来た時のセッションは、1995年8月21日に放送されたポールのDJによる番組「Oobu Joobu」の第15回でも、一部オンエアされた。以下のブートで聴くことができる。

Oobu Joobu Part 15 (Yellow Cat Records — YC 059)

演奏:
Paul McCartney: Guitars, Bass, Keyboards, Vocal
Eric Stewart: Guitars, Vocals
Phil Collins: Drums
Pete Townshend: Electric guitar
Ruby James, Kate Robins, Dick Morrisey, Lennie Picket: Saxophones
録音スタジオ:Hog-Hill Studio, Sussex
録音日:circa 1985.4-1986.4
プロデューサー:Paul McCartney, Hugh Padgham
エンジニア:(1)Hugh Padgham, Steve Jackson (2)Larry Alexander
イギリス発売日:1986.9.1
アメリカ発売日:1986.8.25
日本発売日:1986.9.5

歌詞・コード
What the hell gives you the right
E
To tell me what to do with my life
Especially when you made a mess
Of every chance you had of success
Look at you, just look at you
I said I’m angry, just looking at you

Well I’m sick and tired of sitting back
And listening to all your clap-trap
If you could get me take the rap, I guarantee
You’d leave me with a backslap
Push me to the left, push me to the right
Try to take me out of the way
Even if you knock me off the edge of the world
You’re still gonna hear me say

What the hell gives you the right
To tell me what to do with my life
Especially when you made a mess
Of every chance you had of success
Look at you, just look at you
I said I’m angry, just looking at you

Esus4        E     Esus4     E
Shouting down again, mama, shouting down again
Shouting down again, mama, shouting down again

SOLO: A E

I can’t begin to tell you all the reasons
Why you’re making me crazy
I’ve got so many answers, like you’re stupid
Like you’re crooked, like you’re lazy
Hit me with your left, hit me with your right
Hit me from the top to the toe
Even when you chew me up and spit me out
I’m still gonna want to know

What the hell gives you the right
To tell me what to do with my life
Especially when you made a mess
Of every chance you had of success
Look at you, just look at you
I said I’m angry, just looking at you

SOLO: A E

Shouting down again, mama, shouting down again
Shouting down again, mama, shouting down again

Shout it down
Shout it down
Shout it down
Shout it down

(c) 1986 MPL Communications Ltd.