ポール・マッカートニーのファンサイト(非公認)。ポール・マッカートニーやビートルズの最新ニュース、アルバム・楽曲の解説、ライブ・ツアー記録、新譜・テレビ放送等。

Brown Eyed Handsome Man

作詞作曲:Chuck Berry
収録時間:2分27秒
収録アルバム:Run Devil Run
収録シングル:No Other Baby

オリジナルはチャック・ベリーが1955年に発売した曲。ビートルズもカバーした「Too Much Monkey Business」のB面として発表された。当時バディー・ホリーもカバーし、1963年全英3位のヒットとなった。ポールが初めて聴いたのは、おそらくバディー・ホリーのバージョンであろう。
ポールがアルバムに収録したのは、ジョニー・アレンがチャック・ベリーの「Promised Land」をカバーした時のような、ケイジャン風にアレンジしている。間奏では、クリス・ホールのアコーディオンをフィーチャーしている。
ジョン・レノンもこの曲をレコーディングしたことがあり、弾き語りによるデモ・バージョンが、ラジオ番組「The Lost Lennon Tapes」で放送されたことがある。
シングルB面に収録されたため、プロモーション・ビデオが制作された。1999年10月22日に公道上で行われたプロモーション・ビデオの撮影では、銃(もちろん偽物)が使われたため、本物と勘違いした通行人が警察を呼んで騒ぎになったため、撮影が中止になり、結局、Black Island Studios内で撮影されたダンサーと踊るポールの姿が撮影され、それがビデオに採用された。プロモーション・ビデは公式DVD『Live at the Cavern Club!』のボーナストラックに収録されている。
なお、この曲はライブでも演奏されたことがあり、1999年9月18日ハリウッドでの演奏、1999年11月2日テレビ番組『Later With Jools Holland』での演奏、1999年12月14日リバプール・キャバーンクラブでの演奏は、それぞれ公式DVD『Paul McCartney and Friends / The Peta Concert for Party Animals』、『Later with Jools Holland Legends』、『Live at the Cavern Club!』で見ることができる。その他でもテレビ番組でライブ演奏しており。それぞれ以下のブートで聴くことができる。

(1)『Paul McCartney and Friends / The Peta Concert for Party Animals』リハーサル 1999年9月18日
Party Of The Century – Rehearsals For PETA Concert (Watchtower — WT 2001032)
(2)テレビ番組『Red Alert with The National Lotttery』1999年11月13日
Rock Devil Rock (Yellow Cat Records — YC 068)
Get Off Me Arse! (Label Unknown — MZ 121-122)
(3)テレビ番組『The Apocalypse Tube』1999年11月20日
Devil Music (Fab 4 Records — FAB 4-010)

演奏:
Paul McCartney: Vocal, Bass Guitar, Percussion, Electric Guitar
David Gilmour: Electric Guitar
Mick Green: Electric Guitar(Hi String)
Pete Winfield: Piano
Ian Paice: Drums, Percussion
Chris Hall: Accordion
録音スタジオ:Abbey Road Studios, London
録音日:1999.5.3
プロデューサー:Chris Thomas, Paul McCartney
エンジニア:Geoff Emerick, Paul Hicks, Steve Rooke
イギリス発売日:1999.10.4
アメリカ発売日:1999.10.5
日本発売日:1999.10.5

歌詞・コード
G Dm7 G Dm7 G Dm7 G Dm7 G Dm7 G Dm7 G Dm7 G Dm7

G
Well flying ‘cross the desert in my TWA
I saw a woman walkin’ ‘cross the sand
C
She’d been walking thirty miles en route to Bombay
D              G
To meet a brown eyed handsome man
C     D          G
Her destination was a brown eyed handsome man

Way back in history, three thousand years
In fact ever since the world began
There’s been a whole lotta women sheddin’ tears
Over a brown eyed handsome man
A lot of trouble was a brown eyed handsome man

G C D G Dm7 G Dm7 G Dm7 G Dm7 G Dm7 G Dm7

G Dm7 G Dm7

Well the Milo de Venus was a beautiful lass
She had the world in the palm of her hand
She lost both her arms in a wrestling match
To win a brown eyed handsome man
She fought and won herself a brown eyed handsome man

Well the beautiful daughter couldn’t make up her mind
Between a doctor and a lawyer man
Her mother told her daughter, Go out and find yourself
A brown eyed handsome man
Just like your daddy was, a brown eyed handsome man

Well a-two-three the count with nobody home
He hit a hi’ flyer into the stand
A rounded third, he was heading for home
It was a brown eyed handsome man
C       D      G
That won the game, it was a brown eyed handsome man
Dm7     G     Dm7    G
It was a brown eyed handsome man

(c) Arc Music Corp.

 

Broomsticks

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:5分14秒
収録アルバム:なし
収録シングル:Young Boy

ポールには珍しいアコースティックを基調としたブルース・ナンバー。まるでエリック・クラプトンの『Unplugged』のような雰囲気である。アルバム『Flaming Pie』の時にスティーブ・ミラーとセッションしたとき、スティーブ・ミラーが弾く幾つものブルース・リフに魅せられて、ポールが作った曲である。当初は「Slow Blues」というタイトルが付けられていた。
ポールがほとんどの楽器を担当しているため、アコースティック・ギターのソロ、ピアノのソロもポールが弾いている。ポールの曲では珍しくポールのピアノ・ソロが聴ける曲でもある。
アルバム『Falming Pie』には収録されず、アルバムからの第1弾シングル「Young Boy」のカップリングとして収録された。

演奏:
Paul McCartney vocal and harmonies, drums, acoustic guitar, acoustic bass, organ, piano, percussion and sound effects  Steve Miller electric guitar, acoustic guitar
録音スタジオ:Hog-Hill Studio, Sussex
録音日:1995.5.4
プロデューサー:Paul McCartney, Jeff Lynne
エンジニア:Geoff Emerick, Jon Jacobs
イギリス発売日:1997.4.28
アメリカ発売日:発売なし
日本発売日:発売なし

歌詞・コード
INTRO: E D B E D B A G E B7 E A D# E A D# E

A D# E A D# E

A7                        E
As long as we’re together, it’s gonna be just fine
E       D  B   E    D
‘Cause I heard it on the wind, howling through
B   A   G   E
The middle of the mind

E
A little pinch of pepper, a little speck of spice
Stir it in the cauldron and come up with something nice

As long as we’re together, it’s gonna be just fine
‘Cause I heard it on the wind, howling through
The middle of the mind

SOLO

Yeah I heard it on the wind, howling through
The middle of the mind

A little dash of magic, a little splash of light
Jump aboard my broomstick, come and join me for a flight

As long as we’re together, it’s gonna be just fine
Well I heard it on the wind, howling through
The middle of the night

And he told me once and he told me twice
But I heard in the middle of the night

A little dash of magic, a little splash of light
Put it in your camera and it’s gonna turn out alright

As long as we’re together, it’s gonna be just fine
You know I heard it on the broomstick, howling through
The middle of the mind
Well I heard it on the wind, howling through
The middle of the night

As long as we’re together, it’s gonna be alright

(c) 1997 MPL Communications, Ltd. Administered by MPL Communications, Inc.

The Broadcast

作曲:Paul McCartney
収録時間:1分26秒
収録アルバム:Back To The Egg
収録シングル:なし

ポールが作曲したクラシック風のBGMに乗せて、詩の朗読が行われるという一風変わった形の曲。
アルバム『Back To The Egg』のレコーディングの行われたリンプ城で、ポールがメロトロン、ピアノ、ギズモ(10ccのゴドレー&クリームが考案した楽器)を弾いたものがBGMとして使われた。
詩の朗読は、リンプ城の所有者であるマーガリーが行っており、朗読された詩は Ian hay作「The Sport Of Kings」と John Galsworthy作「The Little Man」。
なお当初この曲は、アルバム『Back To The Egg』の冒頭の曲「Reception」の中で、ラジオから流れる放送の1つとして使われ、そのバージョンではさらに A.P.Herbert作「The Poodle And The Pug」も朗読されている。そのバージョンは、以下のブートで聴くことができる。

Eggs Up (Disc 1) (Masterfraction — MFCD 015)
Eggs Up (Cage Records — CD 1979)
Oh, Mistake (Hawg Leg Records — HL 100)

演奏:
Paul McCartney: Piano, Mellotron, Gizmotron
録音スタジオ:Lympne Castle, Kent, UK
録音日:1978.6-1979.4
プロデューサー:Paul McCartney, Paul McCartney, Chris Thomas
エンジニア:Phil McDonald, Mark Vigars
イギリス発売日:1979.6.8
アメリカ発売日:1979.6.11
日本発売日:1979.6.10

歌詞・コード
F# G#7sus4 C#11 F#

F# G#7sus4 C#11 F#

F# G#7sus4 C#11 F#

“We’re got a chance and we’ll take it
We may win or we may lose
We may even have to cut and run for it
Well, it won’t be the first time I’ve run
And it won’t be the first time I’ve been caught
It’s the game that matters
Brother, I am proud to know you
This is one of the greatest moments I have ever experienced
I think I sense the situation when we can all esteem it
An honour to breathe the rather inferior atmosphere
In this station, here along with our little friend
I guess we should all go home
And treasure the memory of his face
As the whitest thing in our museum of recollection
And, perhaps, this good woman will also go home
And wash the face of our little brother here
I’m inspired with a new faith in mankind
Ladies and gentlemen, I wish to present to you
A sure enough saint only one a halo to be transferred
Stand right on.”

(c) 1979 MPL Communications Ltd.

 

Bring It To Jerome

作詞作曲:Green Jerome
収録時間:2分48秒
収録アルバム:DVD『Back In The U.S.』
収録シングル:なし

ポールが1993年のワールド・ツアー「The New World Tour」や2002-2003年にかけてのワールド・ツアーのサウンドチェックでよく演奏していた曲。本番のライブで演奏されたことはない。
この曲はポールが作った曲ではなく、オリジナルはボー・ディドリー。オールディーズの1曲となっており、他にマンフレッド・マンが演奏している。
公式アルバムには収録されていないが、公式DVD『Back In The U.S.』のボーナス・トラック「Special Features」に収録されており、サウンドチェックでの演奏シーン(2002年4月1日オークランドと推測される)を見ることができる。
また、1993年5月23日ミネアポリス公演でのサウンドチェックは、ポールがDJを務めたラジオ番組『Oobu Joobu』の第5回(1995年6月12日に放送)で放送されたことがある。以下のブートで聴くことができる。

Oobu Joobu Part 5 (Yellow Cat Records — YC 049)
Oobu Joobu Part 16 & 17 (Disk 1) (Yellow Cat Records — YC 060)

演奏:
Paul McCartney: Vocal, Guitar
Rusty Anderson: Backing Vocal, Guitar
Brain Ray: Backing Vocal, Bass
Paul “Wix” Wickens: Backing Vocal, Acoustic Guitar
Abe Raboriel Jr.: Backing Vocal, Drums
録音スタジオ:live from Oakland
録音日:2002.4.1
プロデューサー:Paul McCartney, Mark Haefeli
イギリス発売日:2003.3.29
アメリカ発売日:2002.11.26
日本発売日:2002.12.26

 

Bring It On Home To Me

作詞作曲:Sam Cooke
収録時間:3分12秒
収録アルバム:CHOBA B CCCP
収録シングル:なし

1962年にサム・クックが放った全米No.1ヒット。数多くのアーティストがカバーしており、その中には、アニマルズ、ロッド・スチュアート、ジョン・レノンなどがいる。ジョン・レノンはアルバム『Rock’n’roll』でカバーしているが、ポールの方がオリジナルに忠実なスローテンポのアレンジとなっている。
ポールはツアーのサウンドチェックでもこの曲をよく演奏しており、特に1989-90年のゲットバック・ツアーと、1993年の「The New World Tour」の時期に演奏していた。1993年11月14日東京ドームでのサウンドチェックで演奏する様子は、後にテレビ番組でも放送された。
サウンドチェックの演奏は、ライン録音だと以下のブートで聴くことができる。

(1)1991年9月25日リハーサル、TV番組『In Concert 91』で放送
Always Back To You (No Label Records — NLR 9911)
(2)1993年
Oobu Joobu Part 15 (Yellow Cat Records — YC 059)
(3)1993年5月23日ミネアポリスでのリハーサル
Oobu Joobu Part 5 (Yellow Cat Records — YC 049)
(3)1993年11月14日東京ドームリハーサル
Magical Mystery Tokyo (Pluto Records — PLR CD 9406)
Paul Is Vision 1 (Sandwich — piv 002)
Tokyo Dome 1993. The Master Tape Version (DVD) (MPL Films Japan — 2002 MPL)

演奏:
Paul McCartney: Vocal & Bass
Mick Green: Electric guitar
Chris Whitten: Drums
Mick Gallagher: Piano
録音スタジオ:Hog-Hill Studio, Sussex
録音日:1987.7.20
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Peter Henderson
イギリス発売日:1991.11.30
アメリカ発売日:1991.10.29
日本発売日:1991.10.23

歌詞・コード
G           D
If you ever change your mind
G    G7      C
About leaving, leaving me behind
G         D           C
Ooh, you better bring it to me, bring your sweet loving
D            G     C    G D
Bring it on home to me yeah, yeah, yeah

You know I laughed when you left
But now I know I’ve only hurt myself
Ooh, you better bring it to me, bring your sweet loving
Bring it on home to me yeah, yeah, yeah

I’ll give you jewellery, and money too
And that’s not all I, all I do for you
Ooh, you better bring it to me, bring your sweet loving
Bring it on home to me yeah, yeah, yeah

You know I’ll always be your slave
Until I’m dead and buried in my grave
Ooh, you better bring it to me, bring your sweet loving
Bring it on home to me yeah, yeah, yeah

If you ever change your mind
About leaving, leaving me behind
Ooh, you better bring it to me, bring your sweet loving
Bring it on home to me yeah, yeah, yeah

(c) Abcko Music


Bridge Over River Suite

作詞作曲:Paul McCartney, Linda McCartney
収録時間:3分12秒
収録アルバム:Wings At The Speed Of Sound
収録シングル:Walking In The Park With Eloise

カントリー・ハムズの変名で発表した曲。邦題は「河に架ける橋組曲」。
1973年に発表したシングルB面の曲「Country Dreamer」のレコーディング中にメロディーを書き、曲のベースが出来上がっていたという。1973年12月にセッション・ギタリストのデイビー・ラットンとウィングスのメンバー、ジミー・マッカロックと共にレコーディングを開始した。それから、1974年7月にアメリカのナッシュビルで、ポールとトニー・ドーシーの書き上げたスコアを元に、ブラスセクションがレコーディングされた。ドラムはジェフ・ブリットン。
ポールにとっては珍しいブルージーなインストゥメンタル。
1976年のアルバム『Wings At The Speed Of Sound』がCD化されたときに、ボーナストラックとして追加された。
なお、以下のブートでは、ブラスセクションが録音される前のアーリー・テイクを聴くことができる。

Unsurpassed Masters Vol. 2 (Strawberry Records — STR 003)

演奏:
Paul McCartney: Bass Linda McCartney: keyboards
Denny Laine: Guitar
Jimmy McCulloch: Accoustic guitar
Davy Lutton: Guitar
Jeff Burtton: Drums
Bill Puitt, George Tidwell, Barry McDonald, Norman Ray, Dale Quillen, Thaddeus Richard: Horn Sections
録音スタジオ:EMI Odeon Studios, Paris, Sound Shop Studios, Nashville
録音日:1973.12, 1974.7
プロデューサー:Paul McCartney
イギリス発売日:1974.6.28
アメリカ発売日:1974.12.2
日本発売日:1975.3.5

(c)Jash http://pmccartney.com

Bouree

作詞作曲:George Frideric Handel
収録時間:23秒
収録アルバム:なし
収録シングル:Young Boy

1997年に発売されたアルバム『Flaming Pie』からの第1弾シングル「Young Boy」のカップリングとして収録されたポールがDJを担当するラジオ番組『Oobu Joobu』のCDシングルバージョン「Oobu Joobu – Part2」で、ポールがギター1本で弾いたインストゥルメンタル曲。
この曲は、ドイツのバロック派作曲者ヘンデル(1685~1759)が作ったクラシック音楽。

演奏:
Paul McCartney: Guitar
録音スタジオ:unknown
録音日:unknown
プロデューサー:Paul McCartney(?)
イギリス発売日:1997.4.28
アメリカ発売日:未発売
日本発売日:未発売

 

Boogie

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:1分49秒
収録アルバム:なし
収録シングル:なし

「All In Love Is Fair」「Beautiful Dream」と同じセッションで録音されたインストゥルメンタル曲。
1977年頃に行われたウィングスの新メンバーのオーディションを兼ねたセッションで演奏された。おそらくポールのオリジナルだと思われるが、この時のセッション以外でこの曲が演奏されたテープは発見されていない。
このセッションは、「Lympne Castle」での1979年5月のウィングスによるものという説もある。
2004年に発売された以下のブートで、初めて公に出た曲である。

Lympne Castle Sessions (Red Square — RS 04)

演奏:
Paul McCartney: Guitar(?)
Denny Laine: Guitar(?)
and Others
録音スタジオ:不明
録音日:circa 1977
プロデューサー:Paul McCartney(?)
エンジニア:Paul McCartney(?)
イギリス発売日:未発表
アメリカ発売日:未発表
日本発売日:未発表

 

Boil Crisis

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:(1)4分2秒 (2)4分0秒
収録アルバム:なし
収録シングル:なし

ポールの娘ヘザーがセックス・ピストルズを代表とするイギリスのパンクロックが好きだったのに影響され、パンク・ロックっぽい曲を作ろうとして出来た曲。ポールが新聞記事で読んだオイルショック(Oil Crisis)を文字ってタイトルを付け、そこから物語風の歌詞を作った。
この曲は未発表のままであるが、ポールがDJを担当したラジオ番組『Oobu Joobu』の第2回で、1980年に録音されたデモが放送され、その時にポールがこの曲の制作過程を語っている。
ボーカルのほとんどがハーフ・スポークンである。
この曲のデモは2種類あり、(1)1977年夏に制作されたデモと、(2)1980年にアルバム『Tug Of War』のために制作されたデモ がある。それぞれ以下のブートで聴くことができる。

(1)1977年デモ
London Town Roughs & Demos (Mistral Music — MM 9105)
London Town Sessions (Misterclaudel — mccd 04)
Water Wings (Disc 3) (Vigotone (fake) — VT500 X 2 BEAT)
Home Demo’s (Orange — Orange 14)

(2)1980年デモ
Oobu Joobu Part 1 & 2 (Disk 2) (Yellow Cat Records — YC 046)
Rude Studio Demos (Columbus Records — CD 080)
Studio Tracks Vol. 4 (Chapter One — CO25147)
Tug Of War Demos (Red Square — RS 03)
Give Us A Chord Paul (Angry Dog — AD 9901)
War And Peace (Instant Analysis — R&G 1020)

(1)
演奏:
Paul McCartney: Bass, Guitars, Keyboards, Drums
録音スタジオ:Campbeltown, Scotland
録音日:circa 1977.8
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Paul McCartney
イギリス発売日:未発表
アメリカ発売日:未発表
日本発売日:未発表

(2)
演奏:
Paul McCartney: Bass, Guitars, Keyboards, Drums
録音スタジオ:Park Gate Studio, Sussex
録音日:1980.8
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Paul McCartney
イギリス発売日:未発表
アメリカ発売日:未発表
日本発売日:未発表

歌詞
Prick the blighter
One night in the life of a kid named Sid
He was scarred with a rod in a pyramid
There was only one thing holding him in check
Well, he didn’t, he must have a chance
‘Cause it’s always doing the ancient dance
She didn’t even glance at the pimple on his neck

You see, he had a boil crisis, boil crisis
Once again, it rears its ugly head

A fairy tale is coming true
In the land of the wife of Mr. Montague
As the fashion folder crapper moseys in
But madam’s mind is occupied
With thousand horrors petrified
She’d admit you to the black head on her chin

She got a boil crisis, boil crisis
Once again, it rears its ugly head

But the fight went on over the life of Sid
On the night in the junior champion’s quest
Is all he will have a modern judge’s toast?
As almost everybody had guessed
The judges found it second best
Through the huge unsightly boil upon his nose

He had a boil crisis
Once again, it rears its ugly head
Prick the blighter

One night in the life of a kid named Sid
He was scarred with a rod in a pyramid
There was only one thing holding him in check
Well, he didn’t, he must have a chance
As long as doing the ancient dance
She didn’t glance at the pimple on his neck

He had a boil crisis, boil crisis
Once again, it rears its ugly head
Boil crisis, boil crisis

Well, the fight went on over the life of Sid
On the night in the junior champion’s quest
As all he will have a modern judge’s toast?
As almost everybody guessed
The judges found it second best
Through the huge unsightly boil upon his nose

(c)1977 MPL Communications

 

Bogey Wobble

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:3分14秒
収録アルバム:なし
収録シングル:なし

アルバム『McCartneyⅡ』のセッションで録音されたインストゥルメンタルの未発表曲。公式発表された「Bogey Music」と同様、レイモンド・ブリッグスの小説 “Fungus The Bogeyman” に影響されている。
こちらの曲は、小説の中でのボギーランド(海底都市)のイメージ近く、泡の音をシンセサイザーで再現している。
以下のブートで聴くことができる。

Studio Tracks Vol. 1 (Chapter One — CO 25132)
The Lost Mccartney II Album – CD 1 (Birthday Records — BR 041)
The Lost McCartney Album (Not Guilty — KSK – 7120)
The Lost McCartney Album (Disc 1) (Voxx — VOXX 0007-01)
All The Rest! (CD2) (Macondo Records — macd1004)
The Original McCartney II Double Album (Ram Records — RAM 004)

演奏:
Paul McCartney: All Instruments
録音スタジオ:Peasmarsh, East Sussex, Spirit Of Ranachan Studio, Scotland
録音日:1979.6-7
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Paul McCartney
イギリス発売日:未発表
アメリカ発売日:未発表
日本発売日:未発表

 

※2011年にリマスター発売された「McCartneyII」のボーナス・ディスクに収録され公式発表されましたので、後ほど加筆修正します。