ポール・マッカートニーのファンサイト(非公認)。ポール・マッカートニーやビートルズの最新ニュース、アルバム・楽曲の解説、ライブ・ツアー記録、新譜・テレビ放送等。

Bogey Music

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:3分25秒
収録アルバム:McCartneyⅡ
収録シングル:なし

エルビス・プレスリー風のボーカルを聴かせるストレートなロックンロール。Aを基調とした3コードと1つのコードで出来ているという非常にシンプルな曲展開である。何重にも録音されたボーカルが面白い。
歌詞は、レイモンド・ブリッグスの小説 “Fungus The Bogeyman” に影響されたもの。
「ある日、スタジオに本を持って行ってんだ。本を開けるとそこには、音楽を嫌う中高年層に反抗するボギーランドの若年層のことが書かれていたんだ。ボギーランドっていうのは、海底都市のこと。若者は、テディーボーイのようなあったかい服を着始めるんだ。僕はこのページから拝借して、『うわ、これってロックンロールみたいだ!』と思って、この曲を作ったんだ。」
ポールは同じ小説から、「Bogey Wobble」という曲を作ったが、この曲はお蔵入りになったままである。
以下のブートでアウトテイクを聴くことができるが、公式テイクとほぼ同じである。

The Lost Mccartney II Album – CD 2 (Birthday Records — BR 042)
The Lost McCartney Album (Disc 2) (Voxx — VOXX 0007-02)

演奏:
Paul McCartney: All Instruments and Voices
録音スタジオ:Peasmarsh, East Sussex, Spirit Of Ranachan Studio, Scotland
録音日:1979.6-7
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Paul McCartney
イギリス発売日:1980.5.16
アメリカ発売日:1980.5.26
日本発売日:1980.6.5

歌詞・コード
A
Everybody bogey, dig that bogey beat
Man, that bogey rhythm
Smells so clean and sweet
D
Everybody bogey, bogey on the street
Oh, without bogey music my life is incomplete
Without bogey music my life is incomplete

A
If you little bogeys want to sing along
D
You’ve got to clean your bogey act up
And learn the bogey song
E
Without bogey music my life is incomplete
Dm           A
Without bogey music life is incomplete
Dm           A
Without bogey music life is incomplete

Dm      A
Bogey music, bogey music
Dm       A      Dm A [NC]
Bogey music, bogey music

A                    D      E
“All right, here we are now in bogey land.”

A         [NC] Dm          [NC]
Well when the younger bogeys hear that bogey sound
A        [NC] E
Every little bogey got to bogey down
A
Bogey, man, bogey
[NC]
Bogey, man, bogey
Bogey, man, bogey on down
Bogey music, oh

Dm       A
Bogey music, bogey music
Dm       A
Bogey music, bogey music
Dm       A
Bogey music, bogey music
Dm       A
Bogey music, bogey music
Bogey man, bogey on down
Dm
Bogey music

A            Dm
All you little bogeys, I want you to sing along
A            Dm
Clean your bogey act up and learn the bogey song
A            Dm
Without bogey music, life is incomplete
A
You know it… suckers

Dm
Oooh, bogey music
A
Oooh, bogey music
Bogey music
Bogey music

(c) 1980 MPL Communications Ltd. Administered by MPL Communications, Inc.

 

Bo Diddley

作詞作曲:Ellas McDaniels
収録時間:4分00秒
収録アルバム:なし
収録シングル:なし

1955年にボ・ディドリーが発表したデビュー曲。グループ名がデビュー曲名になっているという面白い曲である。
ビートルズ関連では、ジョン・レノンも出演した1969年9月13日カナダ・トロントでの「Tronto Rock & Roll Revival」でボ・ディドリーが出演し、この曲を演奏した。
ポールは、第4回バディーホリー・ウィーク(1979年9月7-14日)のハイライトとして、9月14日にロンドンのハマースミス・オデオンで行われた「Buddy Holly Week Concert」でこの曲を演奏した。
このコンサートはバディー・ホリー・ファンクラブの会員のみにチケット販売され、コンサートの様子は録画され、1984年9月8日に、MPL制作のフィルム『The Music Lives On』として、イギリスBBCチャンネル4で放送され、また、London Weekend Televisionでも放送された。
ポールは珍しく、ハンドマイク1本で楽器を弾かずに歌っている。
以下のブートで聴くことができる。

Two Buddies (TAKRL — TAKRL 9000)
Telecasts 1979 (DVD) (MPL (Fake) — w/r)
2 Buddies On Holly Days (Library Product — 2323)
The Original McCartney II Double Album (Ram Records — RAM 004)

録音スタジオ:live from Odeon Cinema, Hammersmith, London
録音日:1979.9.14
イギリス発売日:未発表
アメリカ発売日:未発表
日本発売日:未発表

 

Bluebird

作詞作曲:Paul McCartney, Linda McCartney
収録時間:(1)3分21秒 (2)3分43秒 (3)54秒
収録アルバム:(1)Band On The Run (2)Wings Over America (3)Band On The Run 25th Anniversary Edition
収録シングル:Bluebird (Germany only)

ポールが1971年頃にジャマイカで休暇を取っている時に書いたボサノバ風のアコースティック・バラード。ビートルズ時代にインド滞在中に書いた「Blackbird」の姉妹曲とも言える。「Bluebird」とは、北米産の青い羽の鳴鳥ルリツグミのこと。ポールのリバプール時代からの仲間、ハウイー・ケイシーのサックス・ソロが素晴らしい。
歌詞からは、人間の肉体的・精神的束縛からの解放や超越的な愛の力などが読み取れ、ポールの詩作における気質の変化が感じられる。
中期ウィングスのレパートリーとなっていた曲で、公式発表されているバージョンとしては、アルバム収録のオリジナル・バージョン以外に、(2)1975-1976年のワールド・ツアーでの演奏、(3)日本公演中止に関する日本のファン向けのメッセージと共にオーストラリアのホテルで録音されたアカペラ・バージョン が存在する。(3)のバージョンの演奏シーンは1975年11月に日本の番組「ポール・マッカートニーのすべて」で放送され、また、公式DVD『Wingspan』で見ることができる。
他にも、(4)1973年のテレビ番組『James Paul McCartney』でのギター弾き語り、(5)1974年8月『One Hand Clapping』セッションでの演奏 が未発表テイクとして存在する。それらは以下のブートで聴くことができる。

(4)1973年『James Paul McCartney』
The Making Of James Paul McCartney (ReproMan — RPM 106)
The Making Of James Paul McCartney (Midnight Beat — MB CD 114)

(5)1974年8月『One Hand Clapping』
One Hand Clapping (Chapter One — CO 25109)
The Blackbird Sessions (Goblin Records — CD 3002)
The Nashville Sessions (Voxx)

アルバム『Wings Over America』に収録されているのは、1976年5月27日のシンシナティ公演であり、1975-76年のワールド・ツアーのうち、それ以外の公演でライン録音で聴くことができるのは以下のとおり。

(6)1975年11月13日メルボルン公演
Live In Melbourne, Australia (DVD — Label Unknown)
(7)1976年6月22日ロサンゼルス公演
映画『Rock Show』

(1)
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Bass, Drums, Guitars, Keyboards
Linda McCartney: Backing vocal
Denny Laine; Guitars, Backing vocal
Howie Casey: Saxphone
録音スタジオ:Apapa, Nigeria and ARC Studios, Ikeja, Nigeria, AIR Studios and Kingway Studios, London
録音日:1973.8-11
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Geoff Emerick
イギリス発売日:1973.11.30
アメリカ発売日:1973.12.3
日本発売日:1974.2.10

(2)
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Accoustic guitar
Linda McCartney: Percussion, Backing Vocal
Denny Laine: Accoustic guitar, Backing Vocal
Jimmy McCulloch: Accoustic guitar, Backing Vocal
Joe English: Percussion, Backing Vocal
Howie Casey: Saxphone
録音スタジオ:live from Cincinnati
録音日:1976.5.27
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Phil McDonald, Jacks Maxson, Mark Vigars & Tom Walsh
イギリス発売日:1976.12.10
アメリカ発売日:1976.12.10
日本発売日:1977.1.25

(3)
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Accoustic guitar
Linda McCartney: Backing Vocal
Denny Laine: Backing Vocal
Jimmy McCulloch: Accoustic guitar, Backing Vocal
Joe English: Backing Vocal
録音スタジオ:rehearsal from Australia
録音日:1975.11
プロデューサー:Paul McCartney
イギリス発売日:1999.3.22
アメリカ発売日:1999.3.22
日本発売日:1999.4.9

歌詞・コード
Gm                    Fm         Bb6
Late at night when the wind is still, I’ll come flying through your door
Fm          Bb
And you’ll know what love is for

Bb                         Ebmaj7       Ab7
I’m a bluebird, I’m a bluebird, I’m a bluebird, I’m a bluebird, yeah yeah yeah
Ebmaj7             Ab7
I’m a bluebird, I’m a bluebird, I’m a bluebird, yeah yeah yeah

Gm                     Fm     Bb6
Touch your lips with a magic kiss, and you’ll be a bluebird too
Fm       Bb
And you’ll know what love can do

Bb                        Ebmaj7       Ab7
I’m a bluebird, I’m a bluebird, I’m a bluebird, I’m a bluebird, yeah yeah yeah
Ebmaj7            Ab7
I’m a bluebird, I’m a bluebird, I’m a bluebird, yeah yeah yeah

Cm Cm/Bb G7 Cm Cm/Bb G7 Ab Ebmaj7
Bluebird, ah ha… Bluebird, ah ha… Bluebird…

Fly away through the midnight air, as we head across the sea
And at last we will be free

Bb                            Ebmaj7      Ab7
You’re a bluebird, you’re a bluebird, you’re a bluebird, you’re a bluebird, yeah yeah yeah
Ebmaj7                  Ab7
You’re a bluebird, you’re a bluebird, you’re a bluebird, yeah yeah yeah

Cm Cm/Bb G7 Cm Cm/Bb G7 Ab Ebmaj7
Bluebird, ah ha… Bluebird, ah ha… Bluebird…

SAX SOLO (same as verse)
(at last we will be free… bluebird you and me… at last we will be free)

Cm Cm/Bb G7 Cm Cm/Bb G7 Ab Ebmaj7
Bluebird, ah ha… Bluebird, ah ha… Bluebird…

Gm                Fm        Bb6
All alone on a desert island, we’re living in the trees
Fm      Bb
And we’re flying in the breeze

Bb                             Ebmaj7      Ab7
We’re the bluebirds, we’re the bluebirds, we’re the bluebirds, we’re the bluebirds

Cm   Cm/Bb   G7    Cm  Cm/Bb  G7       Ab  Ebmaj7
Singing bluebird, ah ha (bluebird) Bluebird, ah ha (bluebird), Bluebird (bluebird)

(c) 1974 (Renewed) Paul and Linda McCartney. Administered by MPL Communications, Inc.

 



Blue Sway

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:6分5秒
収録アルバム:なし
収録シングル:なし

1979年夏に行われた、アルバム『McCartneyⅡ』のためのレコーディング・セッションからの未発表曲。
未発表曲「All You Horseriders」とのメドレー形式で登場する。
ファイアーマンによる一連のプロジェクトを先取りしたかのようなアンビエント・ハウスに近いインストゥルメンタル曲であるが、シンセサイザーで奏でられるメロディーは鮮明である。ポールのボーカルが遠くから聞こえる。
アルバム『McCartneyⅡ』の未発表曲の中では評判がよい曲である。

演奏:
Paul McCartney: Synthesizer, Bass, Drums
録音スタジオ:Rude Studio, Sussex, Spirit Of Ranachan Studio, Campeltown
録音日:1979.6-7
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Paul McCartney
イギリス発売日:なし
アメリカ発売日:なし
日本発売日:なし

 

Blue Suede Shoes

作詞作曲:Carl Perkins
収録アルバム:なし
収録シングル:なし

オリジナルはカール・パーキンス。オールディーズのスタンダードとなった曲で、エルビス・プレスリーのバージョンが一番有名である。他にも、エディー・コクラン、ヘンリー・マッシーニなどがカバーしている。
ビートルズもデビュー前から演奏しており、ビートルズのゲットバック・セッションでの演奏は、公式アルバム『Anthology 3』に収録されており、ジョン・レノンは1969年カナダ・トロントでのライブで演奏しており、さらにジョージ・ハリスンも、カール・パーキンスのデビュー30周年を祝ったテレビ番組『Blue Suede Shoes – Rockabilly Session』で、原作者のカール・パーキンスと一緒に演奏している。
ポールも公式発表はしていないが、幾度となくこの曲を演奏している。
(1)1989年8月24日のニューヨークでの公開リハーサル、(2)1993年2月11日のテレビ番組『Saturday Night Live』のリハーサル、(3)1993年4月27日メンフィス公演の楽屋でのカール・パーキンスとのセッション、(4)1993年ツアーでのリハーサル(ラジオ番組『Oobu Joobu』第12回で放送)、(5)1999年3月15日のロックの殿堂「Rock’n’roll Hall Of Fame」の授賞式での演奏(エリック・クラプトン、ビリー・ジョエル、ブルース・スプリングスティーンらと共演)、などである。それぞれ以下のブートで聴くことができる。
(3)カール・パーキンスとのセッションは、アメリカのみで発売された公式ビデオ『My Old Friend』で演奏を見ることができる。

(1)Live Rarities (Starlight Records — SL 87042)
Live At The Lyceum Theater NYC Sound Checks And Press Conference – Disc 1 (Phantom Record — PH1005CD)
(2)The True Saturday Night Live Rehearsals (Voxx — VOXX 0016-1)
Saturday Night Live Rehearsals (Yellow Cat Records — YC006)
(3)Old Friends From Montserrat W/ Carl Perkins (Yellow Cat Records — YC 064)
(4)Oobu Joobu Part 12 (Yellow Cat Records — YC 056)
Old Friends From Montserrat W/ Carl Perkins (Yellow Cat Records — YC 064)
(5)Always Back To You (No Label Records — NLR 9911)
I Got Stung (Yellow Cat Records — YC 066)

(1)
演奏:
Paul McCartney: Electric Guitar, Vocal
Linda McCartney: Keyboards, Backing Vocal
Paul “Wix” Wickens: Keyboards, Backing Vocal
Chris Whitten: Drums
Robbie Mclntosh: Electric Guitar, Backing Vocal
Hamish Stuart: Bass, Backing Vocal
録音スタジオ:Lyceum Theater, New York
録音日:1989.8.24

(2)
演奏:
Paul McCartney: Acoustic Guitar, Vocal
Linda McCartney: Keyboards, Backing Vocal
Paul “Wix” Wickens: Keyboards, Backing Vocal
Blair Cummingham: Drums
Robbie Mclntosh: Electric Guitar, Backing Vocal
Hamish Stuart: Bass, Backing Vocal
録音スタジオ:NBC Studios, New York
録音日:1993.2.11

(3)
演奏:
Paul McCartney: Acoustic Guitar
Carl Perkins: Acoustic Guitar
録音スタジオ:Liberty Bowl Memoriam Stadium, Memphis
録音日:1993.4.27

(4)
演奏:
Paul McCartney: Acoustic Guitar, Vocal
Linda McCartney: Keyboards, Backing Vocal
Paul “Wix” Wickens: Keyboards, Backing Vocal
Blair Cummingham: Drums
Robbie Mclntosh: Electric Guitar, Backing Vocal
Hamish Stuart: Bass, Backing Vocal
録音スタジオ:unknown
録音日:circa 1993

(5)
演奏:
Paul McCartney, Robbie Robertson, Bonnie Raitt, Dion, Billy Joel, Eric Clapton, Bruce Springsteen, Bono, Sid McGinnis, Anton Fig, Will Lee, CBS Orchestra
録音スタジオ:Waldorf Astoria Hotel, New York
録音日:1999.3.15

歌詞
Well it’s a one for the money
Two for the show
Three to get ready
Now go cat go but don’t you
Step on my blue suede shoes
Well, you can do anything
But lay off of my blue suede shoes

Well you can knock me down
Step in my face
Slander my name
All over the place
And do anything
That you want to do
But ah honey lay off of my shoes
And don’t you
Step on my blue suede shoes
You can do anything
But lay off of my blue suede shoes

Well you can burn my house
Steal my car
Drink my liquor
From an old fruit jar
And do anything
That you want to do
But ah ah honey lay off of my shoes
And don’t you
Step on my blue suede shoes
Well you can do anything
But lay off of my blue suede shoes

Blue blue blue suede shoes babe
Blue blue blue suede shoes babe
Blue blue blue suede shoes hey
Blue blue blue suede shoes
Well you can do anything
But lay off of my blue suede shoes

 

Blue Moon Of Kentucky

作詞作曲:Bill Monroe
収録時間:4分22秒
収録アルバム:Unplugged
収録シングル:なし

オリジナルは1946年にビル・モンローが発表したカントリー曲。当時全米1位を獲得した。
エルビス・プレスリーがアップ・テンポのロカビリー・バージョンにアレンジして1954年に発表した。
ポールお気に入りの曲のようで、ビートルズのデビュー前から最近に至るまで、あらゆる時代で演奏している。
ポールが公式発表したのは、1991年のMTV『Unplugged』でのパフォーマンス。前半はビル・モンロー風に、後半はエルビス・プレスリー風に演奏している。
「この曲をレコーディングするつもりはなかったけど、初期ウィングスのツアーの時に演奏して、そしてレコーディングしたんだ。でもリリースしなかった。今(注:アルバム『Unplugged』のこと)はリリースしたけどね。当初意図していたこととはちょっと違ったね。おもしろいね。それでいいんだ。」(ポール)
ポールの言うとおり、(1)1972年のウィングス・イギリス大学ツアー、ヨーロッパツアーでライブ演奏された。また、(2)1974年8月の未発表フィルム『One Hand Clapping』の時のセッション、(3)1980年10月のウィングスのセッション でも演奏されている。
また、ビートルズのアンソロジー・プロジェクトの時に、1994年にポール、ジョージ、リンゴが集まった時のセッションで、ポールのボーカルで演奏され、その時の様子は公式DVD『The Beatles Anthology』の「Special Features」で見ることができる。
ウィングスのバージョンは以下のブートで聴くことができる。

(1)1972年ウィングス・ツアー
Live In Lyon – July 14, 1972 (Label Unknown)
Nottingham University 9 February 1972 (Label Unknown)
First Live Show, Spring 1972 (Ram Records — RAM 003)
Live In Arles 13 July 1972 (N/A)
Arles ’72 (Strawberry Records — STR 023)
Frankfurt,West Germany 19 July 1972 (N/A)
Wings Over Switzerland – CD 1 (Mistral Music — MM 9110)
Gothenburg,Sweden 10 August 1972 (Unknown)
Wings Over Sweden (Disc 1) (Barrier — BAR 001)
Wings Over Denmark CD 1 (Salamander — SCD 1163)
Wings Wild Live – Disc 1 (Main Stream — Mast 023)
Complaint To The Queen (Wings Over Holland 1972) (Maisie — BTA 00)
Wings Live In Rotterdam 1972 – CD 1 (Unknown)
Live In Groningen August 19, 1972 (DarthDisc — DD 009)
Wings At The Hague – Disk 1 (Unknown — hague1)
Cine Roma – CD 1 (Unknown)
Belgium 1972 (Disc 1) (Voxx — VOXX-0014-01)

(2)1974年8月『One Hand Clapping』
The Sound Of One Hand Clapping (EMU)
One Hand Clapping (Yellow Cat Records — YC 028)
The Nashville Sessions (Voxx)

(3)1980年10月
When It Rains, It Pours (Disk 1) (Vigotone — vigo161)

また、ポールがDJを担当したラジオ番組『Oobu Joobu』では、第10回放送でお遊びで演奏した(4)モック・バージョン、第4回の放送では、(5)ポールとビル・モンロー、エルビス・プレスリーのバージョンを混合して放送した。
以下のブートで聴くことができる。

(4)Oobu Joobu Part 4 (Yellow Cat Records — YC 048)
Oobu Joobu Part 10 (Yellow Cat Records — YC 054)

(5)Oobu Joobu Part 16 & 17 (Disk 1) (Yellow Cat Records — YC 060)

演奏:
Paul McCartney: Vocal, Acoustic guitar
Linda McCartney: Vocal harmonies, Harmonium
Paul “Wix” Wickens: Piano, Vocal harmonies
Blair Cunningham: Drums
Robbie Mclntosh; Acoustic guitar, Vocal harmonies
Hamish Stuart: Acoustic bass guitar, Vocal harmonies
録音スタジオ:Limehouse Television Studios, Wembley
録音日:1991.1.25
プロデューサー:Joel Gallen
エンジニア:Geoff Emerick, Peter Craigie, Gary Stewart, Eddie Klein
イギリス発売日:1991.5.13
アメリカ発売日:1991.6.4
日本発売日:1991.5.25

歌詞・コード
*
A                            D
WELL, BLUE MOON OF KENTUCKY KEEP ON SHINING,
A                             E7
SHINE ON THE ONE THAT’S GONE AND LEFT ME BLUE
A                           D
WELL, BLUE MOON OF KENTUCKY KEEP ON SHINING,
A            E7            A
SHINE ON THE ONE THAT’S GONE AND LEFT ME BLUE.

**
D
WELL, IT WAS ON ONE MOONLIGHT NIGHT
A
WITH THE STARS SHINING BRIGHT,
D            A       E7
WIND BLOWIN’ HIGH, MY LOVE SAID GOODBYE.
A                     D
BLUE MOON OF KENTUCKY KEEP ON SHINING,
A              E7          A
SHINE ON THE ONE THAT’S GONE AND LEFT ME BLUE.

repeat **
A                 D
WELL, BLUE MOON, YEAH, BLUE MOON,
A                 E7
YEAH, BLUE MOON KEEP SHINING BRIGHT,
A
WELL, BLUE MOON KEEP ON SHINING BRIGHT,
D
BRING MY BABY BACK TONIGHT.
A     E7              A
BLUE MOON, YEAH, KEEP SHINING BRIGHT.

repeat *

repeat **
A                   E7           A
YEAH, SHINE ON THE ONE THAT’S GONE AND LEFT ME BLUE.

(c)1946 Southern Music Publishing



Blue Jean Bop

作詞作曲:Vincent, Levy
収録時間:1分57秒
収録アルバム:Run Devil Run
収録シングル:なし

オリジナルは1956年のジーン・ビンセント&ブルー・キャップスで、当時全英16位まで上昇した曲である。
ポールはアルバム『Run Devil Run』でカバーし、アルバムの1曲目に持ってきた。1999年12月14日のリバプール・キャバーンクラブでのライブでも2曲目に演奏した。
「この曲は、たぶんジョンが持っていたアルバムで初めて聴いたんだ。午後にペニーレインの近くに行って、たばこを吸いながら聴いた。この曲は僕のお気に入りの1つだ。生まれて最初に買ったレコードはジーン・ヴィンセントの”Be-Bop-A-Lula”だ。ジーンが好きだった。」(ポール)
「アルバム『Run Devil Run』は現代風にアレンジしたけど、2,3曲、オリジナルに忠実に演奏したかった。だって、オリジナルの記憶が鮮明でとても気に入っているから。」(ポール)
ポールが語るように、オリジナルに忠実な演奏である。
「デイブとミックの2本のギターがちょっとうるさくて、ノレなかった。だから、ボーカルにエコーを掛けて、伴奏はドラムだけにして、ベースを弾きながら録音した。」(ポール)
なお、1999年12月14日のリバプール・キャバーンクラブでの演奏は、公式DVDで確認できる。音は以下のブートで聴くことができる。

Live At The Cavern Club, 14 Dec 1999 (JS Records — JS 040)
Rock Devil Rock Volume 2 (Yellow Cat Records — YC069)
Let’s Have A Party (Strawberry Records — STR 021)

演奏:
Paul McCartney: Vocal, Bass Guitar
David Gilmour: Electric Guitar
Mick Green: Electric Guitar
Ian Paice: Drums
録音スタジオ:Abbey Road Studios, London
録音日:1999.5.3
プロデューサー:Chris Thomas, Paul McCartney
エンジニア:Geoff Emerick, Paul Hicks, Steve Rooke
イギリス発売日:1999.10.4
アメリカ発売日:1999.10.5
日本発売日:1999.10.5

歌詞・コード
A              D     A
Blue jean baby, with your big blue eyes
D     A
Don’t want you looking at other guys
D       A
Got to make you give me one more chance
I can’t keep still so baby let’s dance

D
Well the blue jean bop is the bop for me
A
It’s the bop that is done in the dungaree
D
You dip your hip, you free your knee
A
Well wiggle on your baby, one two three

D
Well a-blue jean bop, blue jean bop a-baby
A
Blue jean bop, blue jean bop a-baby
E      D           A
Blue jean bop, baby won’t you bop with me

SOLO: A D A E D A

Well blue jean baby when I bop with you
Well my heart starts hopping like a kangaroo
My feet do things they’ve never done before
Well a-blue jean baby, give me more more more

Well a-blue jean bop, blue jean bop a-baby
Blue jean bop, blue jean bop a-baby
Blue jean bop, baby won’t you bop with me

SOLO

Well a-blue jean bop, blue jean bop a-baby
Blue jean bop, blue jean bop a-baby
Blue jean bop, baby won’t you bop with me

Well a-blue jean bop, blue jean bop a-baby
Blue jean bop, blue jean bop a-baby
Blue jean bop, baby won’t you bop with me

(c) Morley Music
作詞作曲:Vincent, Levy
収録時間:1分57秒
収録アルバム:Run Devil Run
収録シングル:なし

オリジナルは1956年のジーン・ビンセント&ブルー・キャップスで、当時全英16位まで上昇した曲である。
ポールはアルバム『Run Devil Run』でカバーし、アルバムの1曲目に持ってきた。1999年12月14日のリバプール・キャバーンクラブでのライブでも2曲目に演奏した。
「この曲は、たぶんジョンが持っていたアルバムで初めて聴いたんだ。午後にペニーレインの近くに行って、たばこを吸いながら聴いた。この曲は僕のお気に入りの1つだ。生まれて最初に買ったレコードはジーン・ヴィンセントの”Be-Bop-A-Lula”だ。ジーンが好きだった。」(ポール)
「アルバム『Run Devil Run』は現代風にアレンジしたけど、2,3曲、オリジナルに忠実に演奏したかった。だって、オリジナルの記憶が鮮明でとても気に入っているから。」(ポール)
ポールが語るように、オリジナルに忠実な演奏である。
「デイブとミックの2本のギターがちょっとうるさくて、ノレなかった。だから、ボーカルにエコーを掛けて、伴奏はドラムだけにして、ベースを弾きながら録音した。」(ポール)
なお、1999年12月14日のリバプール・キャバーンクラブでの演奏は、公式DVDで確認できる。音は以下のブートで聴くことができる。

Live At The Cavern Club, 14 Dec 1999 (JS Records — JS 040)
Rock Devil Rock Volume 2 (Yellow Cat Records — YC069)
Let’s Have A Party (Strawberry Records — STR 021)

演奏:
Paul McCartney: Vocal, Bass Guitar
David Gilmour: Electric Guitar
Mick Green: Electric Guitar
Ian Paice: Drums
録音スタジオ:Abbey Road Studios, London
録音日:1999.5.3
プロデューサー:Chris Thomas, Paul McCartney
エンジニア:Geoff Emerick, Paul Hicks, Steve Rooke
イギリス発売日:1999.10.4
アメリカ発売日:1999.10.5
日本発売日:1999.10.5

歌詞・コード
A              D     A
Blue jean baby, with your big blue eyes
D     A
Don’t want you looking at other guys
D       A
Got to make you give me one more chance
I can’t keep still so baby let’s dance

D
Well the blue jean bop is the bop for me
A
It’s the bop that is done in the dungaree
D
You dip your hip, you free your knee
A
Well wiggle on your baby, one two three

D
Well a-blue jean bop, blue jean bop a-baby
A
Blue jean bop, blue jean bop a-baby
E      D           A
Blue jean bop, baby won’t you bop with me

SOLO: A D A E D A

Well blue jean baby when I bop with you
Well my heart starts hopping like a kangaroo
My feet do things they’ve never done before
Well a-blue jean baby, give me more more more

Well a-blue jean bop, blue jean bop a-baby
Blue jean bop, blue jean bop a-baby
Blue jean bop, baby won’t you bop with me

SOLO

Well a-blue jean bop, blue jean bop a-baby
Blue jean bop, blue jean bop a-baby
Blue jean bop, baby won’t you bop with me

Well a-blue jean bop, blue jean bop a-baby
Blue jean bop, blue jean bop a-baby
Blue jean bop, baby won’t you bop with me

(c) Morley Music

Blackpool

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:(1)4分16秒 (2)1分42秒 (3)1分57秒
収録アルバム:なし
収録シングル:なし

1971年頃にポールが書いた未発表曲。ポールが子供の頃よく遊びに行ったというブラックプール、サウスポート等の観光地の情景やそこにいた女性達のことが歌われている。
おそらく、1971年のアルバム『Wild Life』のレコーディング時に作られた曲と推測される。
3コードを基調とするブギウギ風の曲であるが、公式発表されることはなかった。
ポールがデモ・レコーディングしたバージョンは3つ発見されており、(1)1972年頃のデモ・レコーディング、(2)1974年8月の通称「Backyardセッション」でのギター弾き語り、(3)1974年頃のピアノ弾き語りデモ である。
それぞれのバージョンは、以下のブートで聴くことができる。

(1)1972 Demo
Cold Cuts Vol. 2 (Orange — ORANGE 5)
Wild Life Sessions (Misterclaudel — mccd-12)
(2)1974.8 Backyard
Backyard+ (Yellow Cat Records — YC029)
Good Times Comin’ (Vigotone — VT-121)
So Long (CD 2) (That’s Life — TL930033-2)
The Sound Of One Hand Clapping (EMU)
(3)1974 Piano Tape
The Piano Tape (Mistral Music — MM 9231)

(1)1972 Demo
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Guitars, Drums
録音スタジオ:Rude Studio, Sussex (probably)
録音日:circa 1972
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Paul McCartney
イギリス発売日:未発表
アメリカ発売日:未発表
日本発売日:未発表

(2)1974.8 Backyard
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Acoustic Guitar
録音スタジオ:Abbey Road Studio, London
録音日:1974.8
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Paul McCartney
イギリス発売日:未発表
アメリカ発売日:未発表
日本発売日:未発表

(3)1974 Piano Tape
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Piano
録音スタジオ:Rude Studio, Sussex (probably)
録音日:circa 1974
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Paul McCartney
イギリス発売日:未発表
アメリカ発売日:未発表
日本発売日:未発表

歌詞・コード
Blackpool, 38, 23, 38
Blackpool, that’s the place for me
Southport, 23, 38, 23
Southport, that’s the place for me

I like ‘em heavy and tall
Don’t like ‘em skinny and small
I like ‘em heavy and tall
Don’t like ‘em skinny and small

Blackpool, 38, 23, 38
Blackpool, that’s the place for me
Margate, 29, 42, 28
Margate, that’s the place for me

Let me tell you how I like ‘em
I like ‘em heavy and tall
Don’t like ‘em skinny and small
I like ‘em heavy and tall
Don’t like ‘em skinny and small

Margate, 28, 39, 23
Margate, that’s the place for me
Let me tell you about Southport
Southport, 53, 23, 43
Southport, that’s the place for me

Let me tell you how I like ‘em
I like ‘em heavy and tall
Don’t like ‘em skinny and small
I like ‘em heavy and tall
Don’t like ‘em skinny and small

Blackpool, 38, 23, 38
Blackpool, that’s the place for me and the place for you

(c) 1971 MPL Communications




 

Blackbird

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:(1)2分27秒 (2)2分10秒 (3)2分30秒
収録アルバム:(1)Wings Over America (2)Unplugged (3)Back In The U.S, Back In The World
収録シングル:なし

オリジナルはビートルズのアルバム『The Beatles(通称:ホワイト・アルバム)』に収録されている。
ビートルズがインドまで瞑想旅行に出掛けたときにポールがアコースティック・ギターで作った曲で、瞑想旅行に同行したドノバンに教わったスリーフィンガー弾きを駆使している。ビートルズの曲の中では弾き語りの曲として有名である。
2002-2003年のツアーでこの曲を演奏するときに、MCでこの曲を作曲したエピソードを語っている。
「この曲は、アメリカの南部の州で人権問題があった60年代に書いた。イギリスでは女性のことを時々”bird”って言うことがあるんだ。他にもいろいろと言い方はあるけどね。僕は当時の若い黒人女性たちの奮闘を思い浮かべ、それを念頭に置いて書いた。」(ポール)
ポール自身お気に入りの曲で、ビートルズ解散後も、(4)1973年のテレビ番組『James Paul McCartney』、(6)1975年の『Backyard』セッション、(1)1975-76年のウィングス・ワールド・ツアー、(2)1991年のテレビ番組『Unplugged』、(11)1993年4月16日ハリウッド・ボウルでのアースデイ・コンサート、(12)1997年のラジオ番組『Flaming Pie Radio Show』、(3)2002-2003年のツアー といろいろな場所で演奏している。また、2002年リハーサルでは、この曲をアップテンポにてバンドスタイルで演奏しており、DVD『Back In The U.S.』を購入した人だけがアクセスできたインターネット上のストリーミング配信『Secret Website Show』で見ることができた。
公式発表されている(1)(2)(3)のバージョン以外は、以下のブートで聴くことができる。

(4)1973年2-3月テレビ番組『James Paul McCartney』
MoMac’s Hidden Tracks: Volume 05 (Label Unknown)
James Paul McCartney DVD (BBC Video — BBC Videos)
James Paul McCartney (Chapter One — CO 25128)
James Paul McCartney (Berkeley — 2028)
James Paul McCartney (From TV Station Master Tape) (Watchtower — WT 2001043)
(5)1973年2-3月テレビ番組『James Paul McCartney』リハーサル
The Making Of James Paul McCartney (ReproMan — RPM 106)
The Making Of James Paul McCartney (Midnight Beat — MB CD 114)
(6)1974年8月『Backyard』セッション
The Blackbird Sessions (Goblin Records — CD 3002)
Alternate Takes 1975-1978 (TJT Productions — TJT-055)
Backyard+ (Yellow Cat YC 029)
(7)1975年11月13日メルボルン公演
Live In Melbourne, Australia (DVD — Label Unknown)
(8)1976年6月22日ロサンゼルス公演
映画『Rock Show』
(9)1990年6月13日ラジオ・番組『The Steven Wright Show』
Big Mac’s Live Tracks (Orange One)
(10)1991年1月テレビ番組『unplugged』リハーサル
Oobu Joobu Part 10 (Yellow Cat Records — YC 054)
(11)1993年4月16日アースデイ・コンサート
Destroys Anaheim (Slick-O 100-200)
(12)1997年5月ラジオ番組『Flaming Pie Radio Show』
Another Flaming Pie (Walrus Records — Walrus 038)
(13)2002年4月24日ワシントン公演
Driving Macca! (Label Unknown)
(14)2002年5月15日タンパ公演
Live In Tampa Florida 2002 (Night Hawk)
(15)2002年6月3日『Party At The Palace』
Party At The Palace (DVD — Label Unknown)
(16)2003年5月24日モスクワ公演
The Complete Russia Concert (DVD 2) (Macca Fan Records — MFR 2003)
(17)2003年ツアーリハーサル
Secret Show Extra 2002 (Now Disc International — NOW 04)
(18)2004年5月30日マドリード公演
!Viva Espana! CD 2 (Tobacco Kill Records — TKR 006)
(19)2004年6月20日サンクトペテルブルグ公演
San Petersburg Soundboard (CD 2) (Tobacco Kill Records — SPS 2)

(1)『Wings Over America』
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Acoustic Guitar
録音スタジオ:unknown
録音日:1976
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Phil McDonald, Jacks Maxson, Mark Vigars & Tom Walsh
イギリス発売日:1976.12.10
アメリカ発売日:1976.12.10
日本発売日:1977.1.25

(2)『Unplugged』
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Acoustic Guitar
Robbie Mclntosh: Acoustic Guitar
録音スタジオ:Limehouse Television Studios, Wembley
録音日:1991.1.25
プロデューサー:Joel Gallen
エンジニア:Geoff Emerick
アシスタント・エンジニア:Peter Craigie, Gary Stewart, Eddie Klein
イギリス発売日:1991.5.13
アメリカ発売日:1991.6.4
日本発売日:1991.5.25

(3)『Back In The U.S.』『Back In The World』
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Acoustic Guitar
録音スタジオ:live from Boston
録音日:2002.4.19
プロデューサー:David Kahne
エンジニア:Geoff Emerick
イギリス発売日:2003.3.17
アメリカ発売日:2002.11.26
日本発売日:2002.11.13

歌詞・コード
G       Am7   G/B   G
Blackbird singing in the dead of night
C    A7/C#   D   B7/D#   Em Em7/Eb
Take these broken wings and learn to fly
D A7/C# C Cm
All your life
G/B      A7        D7        G C G/B A7 D7 G
You were only waiting for this moment to arise

Blackbird singing in the dead of night
Take these sunken eyes and learn to see
All your live
You were only waiting for this moment to be free

F C/E Dm C Bb6 C
Blackbird, fly
F C/E Dm C Bb6 A7
Blackbird, fly
D7            G Am7 G/B G
Into the light of a dark black night

Blackbird, fly
Blackbird, fly
D7            G Am7 G/B G
Into the light of a dark black night

Blackbird singing in the dead of night
Take these sunken eyes and learn to see
All your live
You were only waiting for this moment to be free
C    G/B A7         D7       G
You were only waiting for this moment to be free
C    G/B A7         D7       G
You were only waiting for this moment to be free

(c) 1968 Nothern Songs





 

Bison

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:2分40秒
収録アルバム:Rushes
収録シングル:なし

ポール・マッカートニーとYOUTHによるトランス・ミュージックのプロジェクト「The Fireman」のセカンド・アルバム『Rushes』に収録されている6トラック目の曲。
アルバム『Rushes』のうち、「Fluid」の2つのバージョンとこの曲の合計3トラックを収録したプロモーションCDが制作されており、そこには7分55秒のExtended Versionが収録されている。このプロモーションCDは1998年8月21日に配布された。
また、1998年10月17日には、アルバム『Rushes』のウェブ・キャストがインターネット上で公開され、そこで8分39秒のバージョンが聴けた。このウェブ・キャストでは他に「Watercolour Guitars」「Palo Verde」「Fluid」がストリーミング配信された。

録音スタジオ:Hog Hill Studio, Sussex
録音日:1995.10-1998
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Youth
イギリス発売日:1998.9.21
アメリカ発売日:1998.10.20
日本発売日:1998.11.18