ポール・マッカートニーのファンサイト(非公認)。ポール・マッカートニーやビートルズの最新ニュース、アルバム・楽曲の解説、ライブ・ツアー記録、新譜・テレビ放送等。

Cut Across Shorty

作詞作曲:Wayne Walker, Marijohn Wilkin
収録時間:(1)2分18秒 (2)1分58秒
収録アルバム:なし
収録シングル:なし

オリジナルはエディー・コクラン。オリジナル・バージョンよりも、ロッド・スチュワート&フェイセズがカバーしたことで知られる。
ポールお気に入りのナンバーのようで、(1)1980年9月30日のウィングスのリハーサルと、(2)MTVのテレビ番組『Unplugged』のリハーサルで演奏している未発表曲。当初(1)のバージョンは、1987年のアルバム『CHOBA B CCCP』で演奏されたものと思われていた。(2)のバージョンは、1995年7月17日に放送されたポールDJのラジオ番組『Oobu Joobu』で放送された。
以下のブートでこの曲を聴くことができる。

(1)1980年9月30日ウィングス・リハーサル
Good Times Comin’ (Vigotone — VT-121)
When It Rains, It Pours (Disk 1) (Vigotone — vigo161)
(2)1991年MTV『Unplugged』リハーサル
Oobu Joobu Part 10 (Yellow Cat Records — YC 054)

(1)
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Bass
Linda McCartney: Keyboards
Denny Laine: Electric guitar
Laurence Juber; Electric guitar
Steve Holly: Drums,
録音スタジオ:Pugin’s Hall, Tenderden, Kent
録音日:1980.9.30
プロデューサー:unknown
エンジニア:unknown
イギリス発売日:未発表
アメリカ発売日:未発表
日本発売日:未発表

(2)
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Acoustic guitar
Paul “Wix” Wickens: Accodion
Blair Cunningham: Drums
Robbie Mclntosh; Acoustic guitar
Hamish Stuart: Acoustic bass guitar
録音スタジオ:The Barn, Hog Hill, Sussex
録音日:1991.1
プロデューサー:unknown
エンジニア:unknown
イギリス発売日:未発表
アメリカ発売日:未発表
日本発売日:未発表

歌詞・コード
C
Now a country boy called Shorty
F
And a city boy named Dan
C
Had to prove who could win the fastest
D7          G
To win Miss Lucy’s hand
C
Now Dan had all the money
F
And he also had the looks
C
But Shorty must’ve had somethin’, boys
G7           C
That can’t be found in books

F
Well, “Cut across, Shorty, Shorty, cut across!”
C
That’s what Miss Lucy said
F
“Cut across, Shorty, Shorty, cut across;
G7      C
It’s you I wanna wed!”

Now Dan had been in trainin’
A week before the race
He made up his mind ol’ Shorty
Would end in 2nd place
And Dan, with his long legs a-flyin’
Left Shorty far behind
And Shorty heard him holler out
“Miss Lucy, you’ll soon be mine!”

(chorus)

But Shorty wasn’t worried
There was a smile upon his face
He knew that he was gonna win
‘Cause Lucy had fixed the race
And just like that old story
About the turtle and the hare
When Dan crossed over the finish line
He found Shorty waitin’ there

(chorus)
G7     C
“It’s you I wanna wed!”

 

Cumberland Gap

作詞作曲:Lester Flatt, Earl Scruggs
収録時間:1分33秒
収録アルバム:なし
収録シングル:なし

アメリカのトラディショナル・ソング。「Cumberland Gap」とは、ケンタッキーとテネシーに境を接するウェストヴァージニアの要地で、1862年に南北間で壮絶な争奪戦が繰り広げられた場所。南軍の圧力でこの地を失った北軍のモーガン将軍を嘲笑するといった内容。
ポールはこの曲を、1991年のMTVによるテレビ番組『Unlugged』のリハーサルで演奏し、ポールがDJを担当した番組『Oobu Joobu』の第2回で放送した(1995年5月27日放送)。公式には未発表であり、以下のブートで聴くことができる。

Oobu Joobu Radio Chronicles Part Two      (Label Unknown — PMCD0P1)
Oobu Joobu Part 1 & 2  (Yellow Dog — YC045/046)

演奏:
Paul McCartney: Vocal, Acoustic guitar
Paul “Wix” Wickens: Accodion
Blair Cunningham: Drums
Robbie Mclntosh; Acoustic guitar
Hamish Stuart: Acoustic bass guitar
録音スタジオ:The Barn, Hog Hill, Sussex
録音日:1991.1
プロデューサー:unknown
エンジニア:unknown
イギリス発売日:未発表
アメリカ発売日:未発表
日本発売日:未発表

 

Cuff Link

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:1分53秒
収録アルバム:London Town
収録シングル:With A Little Luck

アルバム『London Town』の中で「Backwards Traveller」とのメドレー形式で登場するインストゥルメンタル。シングル「With A Little Luck」でも「Backwards Traveller」とのメドレー形式で収録されている。しかし、CD化された時は、1つの独立したトラックとして扱われている。
「Backwards Traveller」と同時期にレコーディングされ、ウィングスのメンバーであったギタリストのジミー・マッカロックとドラマーのジョー・イングリッシュが脱退した後にレコーディングされたため、ポールがドラムを含めて全ての楽器を演奏している。
この曲の当初のタイトルは「Off The Cuff Link」。そのためか、邦題は「カフ・リンクをはずして」となっている。

演奏:
Paul McCartney: Bass, Drums, Guitars, Keyboards
録音スタジオ:Abbey Road Studios and AIR Studio, London
録音日:1977.9, 1978.1
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Geoff Emerick
アシスタント・エンジニア:Pete Henderson, Steve Churchyard, Mark Vigrs
イギリス発売日:1978.3.23
アメリカ発売日:1978.3.20
日本発売日:1978.4.7

Crossroads Theme

作詞作曲:Tony Hatch
収録時間:59秒
収録アルバム:Venus And Mars
収録シングル:なし

60年代英国ガールズ・ポップの草分け的存在ペトゥラ・クラークの夫として知られる作曲家トニー・ハッチが書いたナンバー。イギリスのテレビ局ITVで放送されていたメロ・ドラマ「Crossroads」のテーマ曲。イギリス国内では有名な曲である。
ポールはこの曲を、アルバムを締めくくるナンバーとして取り上げた。
「トニー・ドーシー(ウィングスのホーンセクションのメンバー)が好きな曲なんだ。彼はこの曲を僕が書いたと思っていたようだ。この曲を取りあげたのはイギリス式のちょっとしたジョークなんだ。この曲がジョークと分からなければ、単にアルバムの終わりの曲に聞こえる。『みなさん、ダイアナ・ロスでした!』と言って、ダイアナ・ロスがステージから降りた後に、オーケストラが演奏を続けているようなもんだ。ジョークとして捉えると、この曲は”Lonely Old People”っていう曲の後にあるってことだ。歌詞には”Nobody asked us to play”(誰も演奏してくれって頼まない)ってあって、老人は曲が終わったあと、何をするわけでもない。老人には関わりたくないってこと。イギリスの老人は、テレビ番組”Croassroad”を見るのが好きなんだ。つまりそれがジョークってこと。実際、僕らの演奏したこのバージョンがテレビ番組のテーマとして使われているんだ。」(ポール)
ポールが語るように、1975年にこのウィングスの演奏したバージョンが、実際にテレビ番組『Crossroad』として使われた。リード・ギターはポールが弾いている。
ベーシック・トラックはニュー・オリンズでレコーディングされ、オーケストラ部分は、1975年3月10日に Wally Heider Studio で録音された。
この曲のオルタネイト・バージョンが2種類、以下のブートで聴くことができる。

(1) Venus And Mars Paul’s Rough Sketch (Master Of Orange — MOO 10008)
Venus And Mars Unknown Mixes (Master Of Orange — MOO 00003)
(2) Venus And Mars Outtakes Are Alright Tonight CD 2 (No Pig — NP 1906 2)

演奏:
Paul McCartney: Bass, Keyboards, Guitar
Linda McCartney: Keyboards
Jimmy McCulloch: Guitars
Joe English: Drums
録音スタジオ:Sea Saint Studios, New Orleans
録音日:1974.11-1975.3, 1975.3.10
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Alan O’Duffy, Geoff Emerick
イギリス発売日:1975.5.30
アメリカ発売日:1975.5.27
日本発売日:1975.6.20

 

Crackin’ Up

作詞作曲:Ellas McDaniel
収録時間:(1)3分53秒 (2)50秒
収録アルバム:(1)CHOBA B CCCP (2)Tripping The Live Fantastic
収録シングル:なし

オリジナルはボ・ディドリー。ローリング・ストーンズやヤードバーズがカバーしたことでスタンダード曲となった。特にローリング・ストーンズのロン・ウッドとボ・ディドリーの共演が有名。
ポールは、1987年のアルバム『CHOBA B CCCP』のセッションでレコーディングして公式に発表したが、1989-90年のゲット・バックツアーや、1993年のニューワールド・ツアーのサウンドチェックで好んで演奏した。1993年11月18日福岡公演のサウンドチェックでも演奏されたことがある。ライブ・アルバム『Tripping The Live Fantastic』にも収録した。ただしこのアルバムに収録されたバージョンは、1コーラスだけで終わる。完全版は、ポールがDJを担当したラジオ番組『Oobu Joobu』1995年7月3日放送の第8回で聴くことができる(以下のブート(4)参照)。ポールはどのバージョンでもギターを弾いている。
また、(3)1980年10月に行われたウィングスのリハーサルでも、この曲を演奏している。

(1)1980年10月ウィングス・リハーサル
Ballroom Dancing (Orange — Orange 021)
(2)1993年ツアー・サウンドチェック
Oobu Joobu Part 8 (Yellow Cat Records — YC 052)

(1)
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Electric guitar
Nick Garvey: Bass, Backing Vocal
Henry Spinetti: Drums
Mick Gallagher: Keyboards
録音スタジオ:The Mill, Hog Hill, Sussex
録音日:1987.7.21
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Peter Henderson
イギリス発売日:1991.11.30
アメリカ発売日:1991.10.29
日本発売日:1991.10.23

(2)
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Electric Guitar
Linda McCartney: Keyboards, Backing Vocal
Paul “Wix” Wickens: Keyboards, Backing Vocal
Chris Whitten: Drums
Robbie Mclntosh: Electric Guitar, Backing Vocal
Hamish Stuart: Bass, Backing Vocal
録音スタジオ:rehearsal from Los Angels
録音日:1989.11.23
プロデューサー:Paul McCartney, Bob Clearmountain, Peter Henderson
エンジニア:Bob Clearmountain
イギリス発売日:1990.11.5
アメリカ発売日:1990.11.6
日本発売日:1990.11.5

歌詞・コード
E A B7 E A B7 E A B7 E A B7

E                  A         B7 E A B7
You’re always karkin’ ‘bout the money I spent,
E                   A        B7 E A B7
You never quit screamin’ ‘bout payin’ the rent.

E            A     B7
Quit buggin’ me, yeah, yeah.
E    A    B7
He’s crackin’ up, yeah, yeah.
E    A    B7
He’s crackin’ up, yeah, yeah.
E          A     B7
He’s crackin’ up, I’m crackin’ up, baby.

I do your laundry and your cooking too
Well what for a woman can a man like me do

Give me your man, yeah, yeah.
He’s crackin’ up, yeah, yeah.
He’s crackin’ up, yeah, yeah.
He’s crackin’ up, I’m crackin’ up, baby.

You’re always hollering about where I’ve been
You’re always screaming about the money I spent

I’m all fed up, yeah, yeah.
He’s crackin’ up, yeah, yeah.
He’s crackin’ up, yeah, yeah.
He’s crackin’ up, I’m crackin’ up, baby.

I spoiled you woman a long time ago
I used to cook your meals I brang ‘em to your home

I’m all fed up, yeah, yeah.
He’s crackin’ up, yeah, yeah.
He’s crackin’ up, yeah, yeah.
He’s crackin’ up, I’m crackin’ up, baby.

(c) Tristan Music


Country Dreamer

作詞作曲:Paul McCartney, Linda McCartney
収録時間:3分7秒
収録アルバム:Red Rose Sppedway (bonus track), Band On The Run (bonus track)
収録シングル:Helen Wheels

1973年のシングル「Helen Wheels」のB面に収録されたカントリー。アルバム『Red Rose Speedway』のセッションで、1972年終わりにレコーディングされたが、アルバム『Red Rose Speedway』には収録されず、CD化された時にボーナス・トラックとして収録された。1993年にアルバムがリマスターされて再発されたときは、アルバム『Band On The Run』の方のボーナス・トラックとして追加された。よって現在入手しようと思えば、アルバム『Band On The Run』の方を購入すればいい。
カントリー・フレーバーあふれるポールのアコースティック・ギターの演奏、ヘンリー・マッカロウのスライド・ギター、そしてポールのユニゾン・ボーカルが心地よい。
日本のグループ、ブラウン・ライスのデビュー曲として提供された。
(1)1973年に放送されたテレビ番組『James Paul McCartney』のギター弾き語りセッションでも演奏されたが、この時はキーをCからEに変更させている。また(2)1974年8月の8月のアコースティック・セッション「Backyard」でも演奏している。それぞれ以下のブートで聴くことができる。

(1)テレビ番組『James Paul McCartney』
The Making Of James Paul McCartney (ReproMan — RPM 106)
The Making Of James Paul McCartney (Midnight Beat — MB CD 114)

(2)「Backyard」セッション
Backyard+ (Yellow Cat Records — YC029)
Good Times Comin’ (Vigotone — VT-121)

演奏:
Paul McCartney: Vocal, Acoustic Guitar, Keyboard
Linda McCartney: Backing vocal
Denny Laine: Bass, Backing vocal
Denny Seiwell: Drums
Henry McCullough: Electric guitar, Backing vocal
録音スタジオ:Olympic Sound Studios, Barnes
録音日:1972.3-12
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Alan Parsons, Richard Lush, Dixson Van Winkie, Tim Geeland, Glyn Johns, David Hentschel
イギリス発売日:1973.10.26
アメリカ発売日:1973.11.12
日本発売日:1973.12.20

歌詞・コード
C     F     C
I’d like to walk in a field with you,
G7    F      C      G7
take my hat and my boots off too.
C     F     C    A7
I’d like to lie in a field with you.
D7      G7     C   A7
Would you like to do it too, May?
D7     G7      C G7
Would you like to do it too?

I like to stand in the stream with you,
roll my trousers up and not feel blue.
I’d like to wash in a stream with you.
D7       G7      C
Would you like to do it too?

Am             G
You and I, country dreamer,
F                  C
when there’s nothing else to do;
Am             G
Me oh my, country dreamer,
F                  G
make a country dream come true.

I’d like to climb up a hill with you,
stand on top and admire the view.
I’d like to roll down a hill with you.
Would you like to do it too, May?
Would you like to do it too?

You and I, country dreamer,
when there’s nothing else to do;
Me oh my, country dreamer,
make a country dream come true.

I’d like to climb up a hill with you,
take my hat and my boots off too.
I’d like to lie in a field with you.
Would you like to do it too, May?
D7 G7 C A7
Would you like to do it too, May?
D7 G7 F C
Would you like to do it too?


(c) 1974 (Renewed) Paul and Linda McCartney. Administered by MPL Communications, Inc.
(c) Jash http://pmccartney.com

Cottonfields

作詞作曲:Traditinal, arr. Ledbetter Huddie
収録時間:3分23秒
収録アルバム:なし
収録シングル:なし

1972年ウィングスのヨーロッパ・ツアーで演奏された未発表曲。トラディショナル・ソングで、ビーチ・ボーイズや、クリーデンス・クリアウォーター・リヴァイヴァルの演奏で知られる。ビーチ・ボーイズが1969年にイギリス5位のヒットを記録した。
ウィングスがこの曲を演奏したテープは、1972年8月22日のベルギー・アントワープ公演でしか発見されておらず、ツアーの他の日で演奏されたかどうか、また、スタジオでレコーディングされたことがあるのかどうかは不明。
この公演のテープは、以下のブートで良質なモノラル・ライン録音で聴くことができる。

Cottonfields (Library Product — LPOE2325)
Got Any Toothpicks? (Madman — Madman -72)
I Am Your Singer (Living Legend — LLRCD 087)
Belgium 1972 (Disc 1) (Voxx — VOXX-0014-01)

演奏:
Paul McCartney: Bass, Vocal
Linda McCartney: Backing vocal, Keyboard
Denny Laine: Guitar, Backing vocal
Denny Seiwell: Drums
Henry McCullough: Guitar
録音スタジオ:live from Antwerp, Belgium
録音日:1972.8.22
プロデューサー:unknown
エンジニア:unknown
イギリス発売日:未発表
アメリカ発売日:未発表
日本発売日:未発表

 

(c)Jash http://pmccartney.com

Cosmically Conscious

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:(1)1分58秒 (2)4分39秒
収録アルバム:(1)Off The Ground (2)Off The Ground – The Complete Works
収録シングル:(2)Off The Ground

ビートルズ時代の1968年、ビートルズのメンバーとインドまで瞑想旅行に行った時に書いた曲。このインド旅行の時に書かれた「Blackbird」「Mother’s Nature Sun」などは、ビートルズのアルバム『The Beatles(通称、ホワイトアルバム)』でレコーディングされたが、この曲は当時未発表のままであり、1993年のアルバム『Off The Ground』で初めて日の目を見ることになった。
アルバム『Off The Ground』には、最後の12トラック目「C’mon People」が終わった後のシークレット・トラックとして登場。アルバムのジャケットには「and remember to be consmically conscious」と書かれていることから、この曲が収録されていることが分かる。歌詞は発表された25年前に書かれたものであるが、その内容は、環境問題や動物虐待問題を取り扱ったアルバム『Off The Ground』に通ずるものがある。
オカリナやシタールが登場することから、曲を作ったインドの風景が感じられる。
アルバム『Off The Ground』のセッションで録音され、アルバムに収録されずにシングルとして発売された曲を集めた限定盤『Off THe Ground – The Complete Works』には、この曲の完全版が収録されている。この完全版では、最後に「Down To The River」の一部が登場する。

演奏:
Paul McCartney: Lead Vocal, Backing Vocal, Sitar, Ocarina Acoustic Guitar, Bass
Linda McCartney: Backing Vocal, Keyboards
Hamish Stuart: Backing Vocal, Electric Guitar
Robbie Mclntosh: Backing Vocal, Electric Guitar
Paul “Wix” Wickens: Backing Vocal, Keyboards
Blair Cunningham: Backing Vocal, Drums
録音スタジオ:The Mill, Hog Hill, Sussex
録音日:1991.11-1992.10
プロデューサー:Paul McCartney, Julian Mendelsohn
エンジニア:Bob Kraushaar
イギリス発売日:1993.2.2
アメリカ発売日:1993.2.9
日本発売日:1993.2.8

歌詞
C’mon, Be Cosmically Conscious,
Cosmically Conscious With Me
How To Be Cosmically Conscious,
Cosmically Conscious With Me

Such A Joy, Joy
Such A Joy, Joy
So That Means
Such A Joy

(c) 1993 MPL Communications


 

Corridor Music

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:17秒
収録アルバム:Give My Regards To Broad Street
収録シングル:なし

ポールが脚本、主演、音楽を担当した1984年公開の映画『ヤァ!ブロードストリート』で用いられた音楽の一部を、サントラ盤にも収録した。アルバムでは、ビートルズ・ナンバーの再現となった「Good Day Sunshine」とのメドレーで登場する。ポールが演奏するインストゥルメンタルのバックに、映画中のポールとリンゴ・スターの会話が用いられている。
1984年10月14日にLondon Weekend Televisionの番組『The South Bank Show』で放送された映画『ヤァ!ブロードストリート』のドキュメンタリー番組では、ロンドンのA.I.R.スタジオでプロデューサーのジョージ・マーティンと、この曲をレコーディングする風景が放送された。おそらく1983年11月か12月頃のセッションであると推測されるが、ハープシコード、クラシックギター、レスポールのギターでレコーディングする姿は貴重である。ここでは「Gloriana」スタイルでも演奏されているが、アルバム『ヤァ!ブロードストリート』には収録されていない。

演奏:
Paul McCartney: Vocal, All instruments except piano
George Martin: Piano
録音スタジオ:A.I.R. Studio, London
録音日:circa 1983.11-12
プロデューサー:George Martin
エンジニア:Geoff Emerick, Jon Jacobs, Jon Kelly, Stuart Breed
イギリス発売日:1984.10.22
アメリカ発売日:1984.10.22
日本発売日:1984.10.22

 

Coquette

作詞作曲:Green John W, Lombardo Carmen, Kahn Gus
収録時間:2分41秒
収録アルバム:Run Devil Run
収録シングル:なし

オリジナルは1927年に作られたスタンダードナンバーで、グレン・ミラー・オーケストラなどが演奏している。ポールがカバーしたバージョンは、ファッツ・ドミノが1958年に発表したシングル「Whole Lotta Lovin’」のB面で発表されたバージョンである。
「Coquette」とは、”男たらしの女”という意味。鶏の鳴き声が語源。
ポールは当初、レコーディングしたボーカルを気に入らなかったという。
「最初のテイクを聴いて『これって、パブにいるシンガーみたいだ』と思った。そういう歌い方をしたくなかったんだけど、よく考えると、これってパブで歌っている歌なんだって分かった。グラスゴーで土曜日の夜に歌っているようなね。ファッツ・ドミノはそういう風に歌っていたんだ。ファッツの歌い方が好きなので、もう他の歌い方は出来なくなった。」(ポール)

演奏:
Paul McCartney: Vocal, Bass Guitar, Electric Guitar
David Gilmour: Electric Guitar
Mick Green: Electric Guitar
Pete Winfield: Piano
Ian Paice: Drums
録音スタジオ:Abbey Road Studios, London
録音日:1999.3.1
プロデューサー:Chris Thomas, Paul McCartney
エンジニア:Geoff Emerick, Paul Hicks, Steve Rooke
イギリス発売日:1999.10.4
アメリカ発売日:1999.10.5
日本発売日:1999.10.5

歌詞・コード
C F C G

C               G7
Hear me, why you keep foolin’, little coquette
C      G7
Making fun of the one who loves you
C               G7
Breakin’ hearts you are rulin’, little coquette
C
True hearts, tenderly dreamin’ of you

C7
Some day you’ll fall in love
F           E Eb D7
As I fell in love with you
D7
Maybe the one you love
G7          G7aug
Will just be foolin’ too

C              G7
And when you are alone, with all your regrets
C     G7
You know, my little coquette, I love you

Some day you’ll fall in love
As I fell in love with you
Now maybe the one you love
Will just be foolin’ too

And when you are alone, with all your regrets
C     F C Db9 C9
Now you know, my little coquette, I love you

(c)1927 EMI Feist Catalog Inc./Gilbert Keyes Music