ポール・マッカートニーのファンサイト(非公認)。ポール・マッカートニーやビートルズの最新ニュース、アルバム・楽曲の解説、ライブ・ツアー記録、新譜・テレビ放送等。

compilation album

For You Blue

作詞作曲:George Harrison
収録時間:3分4秒
収録アルバム:Concert For George
収録シングル:なし

ジョージ・ハリスンがビートルズ時代にアルバム『Let It Be』で発表した曲。シャッフルのリズムが印象的な3コードのブルース。
2002年11月29日にロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで開催されたジョージ・ハリスンの追悼コンサート「Concert For George」でポールが演奏したジョージの曲の1つ。ポールはアコースティックギターを弾きながら歌う。このコンサートを収録したアルバム『Concert For George』で聴くことができ、また、DVD『Concert For George』でも演奏シーンを見ることができる。
同じコンサートで演奏された「All Things Must Pass」とは異なり、同年にポールが行ったツアーのリハーサルでは演奏されていなかった。この曲を取り上げたのは、翌年に発売されたビートルズのアルバム『Let It Be … Naked』にこの曲が収録されていることも影響しているのであろうか。

演奏:
Paul McCartney: Vocal, Acoustic Guitar
Eric Clapton: Guitar
Tom Petty: Guitar
Jeff Lynne: Guitar
Billy Preston: Keyboards
Ringo Starr: Drums
Dave Bronze: Bass
Gary Brooker: Keyboards
Jim Capaldi: Drums
Ray Cooper: Percussion
Dhani Harrison: Guitar
Jim Horn: Alto Sax
Jim Keltner: Drums
Katie Kissoon: Backing Vocal
Albert Lee: Guitar
Andy Fairweather Low: Guitar
Marc Mann: Electric Guitar
Tessa Niles: Backing Vocal
Tom Scott: Tenor Sax
Henry Spinetti: Drums
Chris Stainton: Keyboards
Klaus Voorman: Bass
録音スタジオ:Live from Royal Albert Hall, London
録音日:2002.11.29
プロデューサー:Jeff Lynne
エンジニア:Jeff Lynne, Ryan Ulyate, Marc Mann, Alastair Sirkett, Geoff Foster
イギリス発売日:2003.11.18
アメリカ発売日:2003.11.18
日本発売日:2003.11.27

D7 G7 A7 D7

D7 G7 D7
Because you’re sweet and lovely girl I love you,
G7 D7
Because you’re sweet and lovely girl it’s true,
A7 G7 D7
I love you more than ever girl I do.
D7 G7 D7
I want you in the morning girl I love you,
G7 D7
I want you at the moment I feel blue,
A7 G7 D7
I’m living ev’ry moment girl for you.

D7 G7 D7 D7
G7 G7 D7 D7
A7 G7 D7 A7

[Bop. Bop, cat bop. Go, Johnny, Go. There go the 12 bar blues. Elmore James’ got nothin’ on this baby!]

D7 G7 D7
I’ve loved you from the moment I saw you,
G7 D7
You looked at me that’s all you had to do,
A7 G7 D7
I feel it now I hope you feel it too.
D7 G7 D7
Because you’re sweet and lovely girl I love you,
G7 D7
Because you’re sweet and lovely girl it’s true,
A7 G7 D7
I love you more than ever girl I do.
Rhythm and blues.

 

All You Need Is Love

作詞作曲:John Lennon, Paul McCartney
収録時間:3分37秒
収録アルバム:Party At The Palace
収録シングル:なし

ビートルズが1967年に発表したシングル曲で、全米・全英とも1位を獲得しており、衛星番組「Our World」で放映されたり、ビートルズのベスト・アルバム「The Beatles 1」にも収録されている有名曲。
有名な曲にも関わらず、ビートルズ解散後もメンバーがこの曲を演奏したことはなかったが、2002年6月3日にイギリスのバッキンガム宮殿で開催された「クィーン・エリザベス二世即位50周年記念コンサート」で演奏された。
このコンサートで最後のセクションで演奏された曲で、コンサート出演者全員が舞台に上がり、ポールは、ベースの演奏と3番の歌詞を担当した。他に、ロッド・スチュワートやジョー・コッカーらが参加している。
このコンサートでは、他に「Her Majesty」「Blackbird」「Hey Jude」「While My Guitar Gently Weeps」「I Saw Her Standing There」を演奏したが、アルバムに収録されたのは、この曲と「Hey Jude」のみ。
同時に発売されたDVDでも、この演奏を見ることができる。

演奏:
Paul McCartney: Vocal, Bass
Rod Stewart: Vocal
Joe Cocker: Vocal
and various artists
録音スタジオ: Live from Buckingham Palace, London
録音日:2002.6.3
プロデューサー:Cerrie Frost
エンジニア:Geoff Posner, Andy Rose
イギリス発売日:2002.6.24
アメリカ発売日:2002.6.24
日本発売日:2002.7.26

歌詞・コード
D/F# Em
Love love love
G   D/F#  Em
Love love love
D7/A  G    D7/A
Love love love

G                D/F#        Em
There’s nothing you can do that can’t be done
G                D/F#        Em
Theres nothing you can sing that can’t be sung
D7/A        G          D/F#
Nothing you can say but you can learn to
D7/A
play the game
D7/A    D7
It’s easy

There’s nothing you can make that can’t be made
No one you can save that can’t be saved
Nothing you can do but you can learn how to be you in time
It’s easy

G     A7   D7
All you need is love
G     A7   D7
All you need is love
G     B7   Em    G/D
All you need is love love
C      D7   G
Love is all you need

There’s nothing you can know that isn’t known
Nothing you can see that isn’t shown
Nowhere you can be that isn’t where you’re meant to be
Its easy

Love is all you need
All you need is love
All together now All you need is love
Everybody now All you need is love
Love is all you need …

(c) 1967, 2002 Nothern Songs

All Things Must Pass

作詞作曲:George Harrison
収録時間:3分33秒
収録アルバム:Concert For George
収録シングル:なし

ジョージ・ハリスンがビートルズ解散後の1970年に発表したアルバム『All Things Must Pass』に収録されているタイトル曲。
2002年11月29日にロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで開催されたジョージ・ハリスンの追悼コンサート「Concert For George」でポールが演奏したジョージの曲の1つで、ポールはこのコンサートで他にも「For You Blue」「Something」「While My Guitar Gently Weeps」を演奏している。このコンサートを収録したアルバム『Concert For George』で聴くことができる。また、DVD『Concert For George』でも演奏シーンを見ることができる。
ポールはこの曲をジョージの追悼コンサート以外でも、2003年5月10日のローマ・コロシアム内でのコンサートで演奏しており、さらに、2004年のツアー「04 Summer」では、ジョージの追悼としてレパートリーにまで入れている。
ビートルズ時代も、1969年のゲットバックセッションを含めて何回もリハーサルされた曲だったが、結局ビートルズの曲として発表されなかったが、ポールはビートルズとして発表したがっていたようだ。
ポールは、曲のイントロ部分のコードを、オリジナルのジョージの演奏によるものより少し変えて演奏している。
なお、2003年5月10日ローマでの演奏は、以下のブートで聴くことができる。

BITW(Show 23) – Live In Rome 10 May 2003 Disc 1
Colosseum (Disc 1) (Piccadilly Circus — PCCD 08)

2004年のツアーでは、以下のブートでサウンドボード録音で聴くことができる。
Live Madrid 2004 (CD 1) (MiC Records Home Productions) :2004年5月30日マドリッド公演
San Petersburg Soundboard (CD 1) (Tobacco Kill Records — SPS) :2004年6月20日サンクトペテルブルグ公演

演奏:
Paul McCartney: Vocal, Acoustic Guitar
Eric Clapton: Guitar
Tom Petty: Guitar
Jeff Lynne: Guitar
Billy Preston: Keyboards
Ringo Starr: Drums
Dave Bronze: Bass
Gary Brooker: Keyboards
Jim Capaldi: Drums
Ray Cooper: Percussion
Dhani Harrison: Guitar
Jim Horn: Alto Sax
Jim Keltner: Drums
Katie Kissoon: Backing Vocal
Albert Lee: Guitar
Andy Fairweather Low: Guitar
Marc Mann: Electric Guitar
Tessa Niles: Backing Vocal
Tom Scott: Tenor Sax
Henry Spinetti: Drums
Chris Stainton: Keyboards
Klaus Voorman: Bass
録音スタジオ:Live from Royal Albert Hall, London
録音日:2002.11.29
プロデューサー:Jeff Lynne
エンジニア:Jeff Lynne, Ryan Ulyate, Marc Mann, Alastair Sirkett, Geoff Foster
イギリス発売日:2003.11.18
アメリカ発売日:2003.11.18
日本発売日:2003.11.27

歌詞・コード
Sunrise doesn’t last all morning
A cloudburst doesn’t last all day
Seems my love is up and has left you with no warning
It’s not always going to be this grey

All things must pass
All things must pass away

Sunset doesn’t last all evening
A mind can blow those clouds away
After all this, my love is up and must be leaving
It’s not always going to be this grey

All things must pass
All things must pass away
All things must pass
None of life’s strings can last
So, I must be on my way
And face another day

Now the darkness only stays the night-time
In the morning it will fade away
Daylight is good at arriving at the right time
It’s not always going to be this grey

All things must pass
All things must pass away
All things must pass
All things must pass away

(c)1970 Harrisongs Ltd