ポール・マッカートニーのファンサイト(非公認)。ポール・マッカートニーやビートルズの最新ニュース、アルバム・楽曲の解説、ライブ・ツアー記録、新譜・テレビ放送等。

Drive My Car

作詞作曲:John Lennon, Paul McCartney
収録時間:2分16秒
収録アルバム:Paul Is Live
収録シングル:なし

ビートルズ時代に発表したモータウン風の曲。ベースとギターのフレーズ、車のクラクション風の音楽など、各フレーズが印象的な曲である。オーティス・レディングの「Respect」に影響された曲とも言われている。
「これは僕の曲の1つだ。でも、歌詞の”golden rings”のところで何かあったな・・・歌詞に行き詰まっていて・・・よく覚えていないけど、そういうわけか、車を用いることを思いついたんだ。で、それを皮肉に使おうと。ロサンゼルスの若手女優が「そう、あなたは私の車を運転できるよね。」と言っているような感じさ。それが面白かったので、歌詞が一気に出来たね。」(ポール)
実際のところ、歌詞の一部はジョン・レノンが手伝っている。
オリジナルはビートルズのアルバム『Rubber Soul』の1曲目を飾った。ビートルズ時代にライブ演奏されたことはないが、1993年のニュー・ワールド・ツアーで取り上げ、この時も、この曲をオープニング・ナンバーに持ってきた。
2004年のツアー「04 Summer」でレパートリーに復活し、セットリストの中盤で演奏した。しかし、2005年2月6日のNFLスーパーボウル・ハーフタイムショーで演奏した時は、オープニング・ナンバーに持ってきた。
公式アルバム『Paul Is Live』に収録されたカンサス・シティー公演以外の演奏は、以下のブートで聴くことができる。

(2)1993年ツアーリハーサル
 Beatles Originals (Solo) (Yellow Cat Records — YC 067)
 Oobu Joobu Part 7 (Yellow Cat Records — YC 051)
(3)1993年ツアーリハーサル
 公式ビデオ『Movin’ On』
(4)1993年6月15日シャーロット公演
 Out In The Crowd (Nikko Records NK 005-06)
 Back In The U.S.A. (Vol. 3) (Banana — BAN-029-C)
(5)1993年11月14日東京公演
 Hola Argentina (CD 1) (Macca Fan Records — w/r)
(6)2004年6月20日サンクトペテルブルグ公演
 San Petersburg Soundboard (CD 2) (Tobacco Kill Records — SPS 2)
(7)2004年6月26日グラストンベリー・フェスティバル
 Glastonbury 2004 (DVD) (Label Unknown)
(8)2005年2月6日NFLスーパーボウル・ハーフタイムショー
 Paul McCartney At The Super Bowl 2002-2005 (Wall Of Sound — WOS-DVD-001)

drive_my_car_promo1.jpgdrive_my_car_promo2.jpg

演奏:
 Paul McCartney: Vocal, Bass
 Linda McCartney: Backing Vocal
 Hamish Stuart: Backing Vocal, Electric Guitar
 Robbie Mclntosh: Backing Vocal, Electric Guitar
 Paul “Wix” Wickens: Backing Vocal, Acoustic Guitar
 Blair Cunningham: Drums
録音スタジオ:Live from Kansas City
録音日:1993.5.31
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Geoff Emerick
イギリス発売日:1993.11.8
アメリカ発売日:1993.11.16
日本発売日:1993.11.10

歌詞・コード
Am7         D
Asked a girl what she wanted to be
Am7       D
And she said baby, can’t you see
Am7          D
I want to be famous, a star on the screen
Em           Em7+
But you can do something in between

F#m7         Am7 Bm7 Cm7 Bm7 Am7
Baby you can drive my car
F#m7         Am7 Bm7 Cm7 Bm7 Am7
Yes I’m gonna be a star
F#m7         Am7
Baby you can drive my car
Bm7   Em7+
And baby I love you

I told the girl that my prospects were good, And she said “Baby, it’s understood
Working for peanuts, is all very fine, But I can show you a better time

Baby you can drive my car, Yes I’m gonna be a star
Baby you can drive my car, and maybe I’ll love you”
Beep, beep, beep, beep, yeah!

Baby you can drive my car, Yes I’m gonna be a star
Baby you can drive my car, and maybe I’ll love you”

I told that girl I could start right away, And said, “Listen babe, I got something to say
I got no car and it’s breaking my heart, But I found a driver, and that and that’s a start

Baby you can drive my car, Yes I’m gonna be a star
Baby you can drive my car, and maybe I’ll love you”
Beep, beep, beep, beep, yeah!
Beep, beep, beep, beep, yeah!
Beep, beep, beep, beep, yeah!
Beep, beep, beep, beep, yeah!

(c)1966 Northern Songs Ltd.



 

(c)Jash http://pmccartney.com

Dress Me Up As A Robber

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:2分41秒
収録アルバム:Tug Of War
収録シングル:Take It Away (12″)

ポールにしては珍しいフージョン風の曲。ファルセットのボーカルや挑発的な歌詞もポールにとっては珍しい。
「君は僕に対してしたいことは何だってできるさ。好きなように僕に命令することもできる。しかし僕は僕であるだけだ。君は僕を水平の格好にすることもできるし、泥棒にだって、戦士にだってできる。でもそんなこと関係ない。僕は僕なのさ。こんな歌だ。」(ポール)
この曲は1977年に作られ、1980年夏にデモ・テープが作られたが、当初はイントロのギターリフがなく、歌詞も完成しなかったため、プロデューサーのジョージ・マーティンが気に入らず、ポールに曲を完成させるようにアドバイスした。そこでポールはさらに手を加えて曲を完成させ、レコーディングにこぎつけた。レコーディングはモンセラット島のジョージ・マーティンのスタジオで1981年2月3日に行われ、デイブ・マタックスがドラム、デニー・レインがシンセサイザーとギター、ジョージ・マーティンがピアノを担当した。
シングル「Take It Away」の12インチ盤のB面に収録されたバージョンは、イントロがアルバムの前曲「Be What You See (Link)」とかぶっていない。
1980年夏に制作したデモ・テープは2バージョン存在し、以下のブートで聴くことができる。

Rude Studio Demos (Columbus Records — CD 080)
Tug Of War Demos (Red Square — RS 03)
War And Peace (Instant Analysis — R&G 1020)
Give Us A Chord Paul (Angry Dog — AD 9901)
Studio Tracks Vol. 4 (Chapter One — CO25147)

演奏:
Paul McCartney: Guitars, Vocal, Bass
Dave Mattacks: Drums, Percussion
Denny Laine: Synthesiser, Electric guitar
George Martin: Electric piano
Linda McCartney: Backing vocal
録音スタジオ:AIR Studios, Montserrat, West Indies
録音日:1981.2.3
プロデューサー:George Martin
エンジニア:Geoff Emerick
イギリス発売日:1982.4.26
アメリカ発売日:1982.4.26
日本発売日:1982.5.10

歌詞
Well You Can Dress Me Up As A Robber
But I Won’t Be In Disguise
Only Love Is A Robber
And He Lives Within Your Eyes
Ooh, Ooh Eee Ooh

You Can Dress Me Up As A Sailor
But I’ll Never Run To Sea
As Long As Your Love Is Available To Me
What Do I Do With A Sea Of Blue?
Ooh, Eee Ooh

Dressing Me Up
It Doesn’t Make A Difference
What You Want To Do
Whichever Way You Look At It
I’m Still In Love With You
If We Go On Forever
I May Never Make A Change

Dressing Me Up
And If I Don’t Convince You
You Needn’t Look Too Far
To See That I’m Not Lying
‘Cos I Love You The Way You Are
And What’s The Point Of Changing
When I’m Happy As I Am?

Well You Can Dress Me Up As A Soldier
But I Wouldn’t Know What For
I Was The One That Told You He Loved You
Don’t Wanna Go To Another War
No, No, No

(c) 1982 MPL Communications, Inc.

(c)Jash

Down To The River

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:3分30秒
収録アルバム:Off The Ground – The Complete Works
収録シングル:C’mon People

アンプラグドのバンドセットで演奏するカントリー・タッチの曲。D、F#m、G、Aのコードを用いたサビの繰り返しが多い単調な曲である。ハーモニカはポールが吹いている。
この曲は、アルバム『Off The Ground』のレコーディング・セッションで演奏する前に、1991年に行ったヨーロッパ・シークレット・ツアーでもレパートリーにあげて演奏した。演奏した場所は、ナポリ(イタリア、1991年6月5日)、セイント・オーステル(イギリス、1991年6月7日)、ウェストクリフ・オン・シー(イギリス、1991年6月19日)、コペンハーゲン(デンマーク、1991年7月24日)。同じツアーでシークレット・ライブを行ったバルセロナ(スペイン、1991年5月8日)、ロンドン(イギリス、1991年5月10日)ではこの曲を演奏していない。

演奏:
Paul McCartney: Lead Vocal, Backing Vocal, Acoustic Guitar, Hamonica
Linda McCartney: Backing Vocal, Keyboards
Hamish Stuart: Backing Vocal, Bass
Robbie Mclntosh :Backing Vocal, Acoustric Guitar
Paul “Wix” Wickens: Backing Vocal, Accordion
Blair Cunningham: Backing Vocal, Drums
録音スタジオ:The Mill, Hog Hill, Sussex
録音日:1991.11-1992.10
プロデューサー:Paul McCartney, Julian Mendelsohn
エンジニア:Bob Kraushaar
イギリス発売日:1993.2.22
アメリカ発売日:1993.7.20
日本発売日:1994.4.8

歌詞・コード
D
NOW TAKE ME DOWN TO THE RIVER,
F#m
BABY, TAKE ME DOWN TO THE RIVER,
G
YOU CAN TAKE ME DOWN TO THE RIVER,
D
WHERE THE WATERS FLOW, OH YEAH.

DOWN TO THE RIVER,
CAN YOU TAKE ME DOWN TO THE RIVER,
BABY, TAKE ME DOWN TO THE RIVER,
WHERE THE WATERS FLOW.

A
YEAH, WELL, I KNOW,
YEAH, I KNOW,
WELL, I KNOW,
I KNOW I WANNA GO.

NOW, DOWN TO THE RIVER,
YOU CAN TAKE ME DOWN TO THE RIVER,
YOU CAN TAKE ME DOWN TO THE RIVER,
WHERE THE WATERS FLOW,
FLOW, DOWN, DOWN, DOWN.

OH YEAH, TAKING ME, TAKING ME DOWN TO THE RIVER,
OH, DOWN, DOWN, DOWN, DOWN, DOWN, YEAH,
DOWN TO THE RIVER,
WHERE THE WATERS FLOW.
DOWN, TAKE ME DOWN.

TAKE ME NOW.

DOWN, DOWN, DOWN, DOWN,
TAKING ME DOWN TO THE RIVER,
DOWN TO THE RIVER,
WILL YOU TAKE ME DOWN TO THE RIVER,
WHERE THE WATERS FLOW.
TAKE ME DOWN, YEAH!

YEAH, YEAH, WELL, I KNOW,
AH, WELL, I KNOW,
WELL, I KNOW,
I KNOW I WANNA GO.

YEAH, TAKE ME DOWN TO THE RIVER,
YOU CAN TAKE ME DOWN TO THE RIVER,
CAN YOU TAKE ME DOWN TO THE RIVER,
WHERE THE WATERS FLOW.

(c) 1993 MPL Communications Ltd.

(c)Jash http://pmccartney.com

Down In Memphis

作詞作曲:Paul McCartney, Carl Perkins
収録時間:2分9秒
収録アルバム:なし
収録シングル:なし

ポールは、1993年の「ニューワールド・ツアー」で北米を回っている時、1993年4月27日のメンフィス公演のバックステージで、カール・パーキンスと久々の再会を果たし、アコースティック・ギター2本だけによるジャム・セッションを行った。この曲は、そのジャム・セッションのウォーミング・アップとして演奏された即興曲で、ボーカルも即興である。
この時のジャム・セッションの模様は、ポールがDJを担当したラジオ番組『Oobu Joobu』の第12回(1995年7月31日放送)で放送され、また、公式ビデオ『Go Cat Go!』『My Old Friend』でも映像で見ることができる。
以下のブートでも聴くことができる。

We’d Go On For Hours (No Label Records — nlr 9902)

演奏:
Paul McCartney: Vocal, Acoustic Guitar
Carl Perkins: Vocal, Acoustic Guitar
録音スタジオ:Liberty Bowl Memorial Stadium
録音日:1993.4.27
プロデューサー:Carl Perkins, Rick Korn
エンジニア:unknown
イギリス発売日:未発表
アメリカ発売日:未発表
日本発売日:未発表

 

(c)Jash http://pmccartney.com

Don’t You Wanna Dance

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:3分2秒
収録アルバム:なし
収録シングル:なし

ポールがスコットランドの農場にある自宅スタジオ「Rude Studio」で作った未発表曲デモ。
イントロの東洋風メロディーによるシンセサイザーは、アルバム『McCartneyⅡ』の「Frozen Jap」の雰囲気に通ずるものがある。
ドラム・マシーンのリズムをベースとして、生演奏のドラム、アコースティック・ギター、シンセサイザー、ポールとリンダによるコーラスを加えている。どことなく、アルバム『London Town』に収録されている「Backwards Traveller」に似ているかもしれない。
以下のブートで聴くことができる。

Wild Life Demos (Red Square — RS 01)
Home Demo’s (Orange — Orange 14)

演奏:
Paul McCartney: Bass, Guitars, Keyboards, Drums
Linda McCartney: Chorus
録音スタジオ:Rude Studio, Campbeltown, Scotland
録音日:circa 1977.8
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Paul McCartney
イギリス発売日:未発表
アメリカ発売日:未発表
日本発売日:未発表

(c)Jash http://pmccartney.com

Don’t Let The Sun Catch You Cryin’

作詞作曲:Joe Greene
収録時間:(1)4分31秒
収録アルバム:Tripping the Live Fantastic
収録シングル:なし

レイ・チャールズのカバー。ライブアルバム『Tripping The Live Fantastic!』に収録されたのは、1989年12月9日にカナダ・モントリオール公演のリハーサルで演奏されたテイク。ビートルズのデビュー前からのレパートリーであり、ビートルズの1969年ゲットバック・セッションでも演奏し、ポールがボーカルを取っていた。
レイ・チャールズとまではいかないが、ハスキーでブルージーなボーカルを披露している。マージー・サウンドのバンドとしてビートルズと同時期に活動したザ・ペイスメーカーズも同名曲を発表しているが、別の曲である。
ポールがリハーサルやサウンドチェックでよく演奏する曲で、公式ライブ盤以外にも、以下のブートでリハーサル音源を見ることができる。1993年12月24日に日本で放送された番組『The New World Tour』では、1993年11月15日東京公演のサウンドチェックでこの曲を演奏する映像が放送された。

(1)1990年4月4日アリゾナ公演サウンドチェック
Back In The USA – Arizona 1990/San Francisco 1990 (CD 1) (Sirius Records — SR 017)
Arizona Soundchecks 1990/Cactus Club Arizona 1986 (CD 1) (Yellow Cat Records — YC 011)
DeLIVErance (CD 1) (Live Line — LL 2-25452)
Hit The Road Paul Disc 1 (Unbelievable Music — UM015)
(2)1993年5月5日シンシナティ公演サウンドチェック
Oobu Joobu Part 14 (Yellow Cat Records — YC 058)
(3)1993年11月15日東京公演サウンドチェック
Magical Mystery Tokyo (Pluto Records — PLR CD 9406)
Paul Is Vision (Sandwich — piv 002)

演奏:
Paul McCartney: Vocal, Piano
Linda McCartney: Keyboard, Backing Vocal
Paul “Wix” Wickens: Piano, Backing Vocal
Chris Whitten: Drums
Robbie Mclntosh: Electric Guitar, Backing Vocal
Hamish Stuart: Bass, Backing Vocal
録音スタジオ:soundcheck from Montreal, Canada
録音日:1989.12.9
プロデューサー:Paul McCartney, Bob Clearmountain & Peter Henderson
エンジニア:Bob Clearmountain
イギリス発売日:1990.11.5
アメリカ発売日:1990.11.6
日本発売日:1990.11.5

歌詞
Don’t let the sun catch you cryin’,
Cryin’ on my front door,
You done daddy dirty now
And honey he ain’t gonna love you no more.

And don’t let the sun catch you cryin’,
Cryin’ on my front door,
You done daddy dirty now
And honey he ain’t gonna love you no more.

Well you can cry, cry, cry, cry
Oh now baby, you can wail.
Yo can bang your little head on the pavement
Till the man comes and throws you in jail.

Cryin’ on my front door,
You done daddy dirty now
Yeah and honey he ain’t gonna love you no more.

Well you can cry, cry, cry, cry
Oh now baby, baby you can wail.
You can bang your hear on that hard hard pavement
Till the man comes and throws you in jail.

Cryin’ on my front door,
You done daddy dirty now
And honey he ain’t gonna love you no more.

Yeah, you know you done him dirty now,
you know you done him dirty,
and I just can’t love you no more.

(c) Northern Music Corp

(c)Jash http://pmccartney.com

Don’t Let It Bring You Down

作詞作曲:Paul McCartney, Denny Laine
収録時間:4分31秒
収録アルバム:London Town
収録シングル:なし

ポールが1975年のヨーロッパ・ツアーでスコットランドのアバディーンに滞在しているときに書いた曲で、歌詞の一部をデニー・レインが手伝っている。
「アバディーンに滞在していた時だと思うけど、ホテルのベッドルームに座って、床に就く直前に、ふと12弦のギターをさわって、ポロンと奏でたメロディーがこの曲になったんだ。」(ポール)
イントロにはポールとデニー・レインが奏でるスコットランドのたて笛クラジョレットとリコーダーを用い、アコースティックを多用した3拍子の曲は、まさにスコットランド民謡風だと言える。
1977年5月のバージン諸島での船上レコーディングでベーシック・トラックを録音し、5月25日にベーシックトラックのレコーディングを終えた。この週は丁度写真家のヘンリー・デッツがLPに用いる写真を撮影するために、レコーディングにやってきた時である。
それから、同年11月にアビーロード・スタジオでオーバーダブを行い、11月24日に完成をみた。
なおこの曲で、ポールは全曲の中で一番低いキーであるFまでのボーカルを披露している。
この曲のラフ・ミックスを、以下のブートにより聴くことができる。

London Town Roughs & Demos (Mistral Music — MM 9105)
London Town Sessions (Misterclaudel — mccd 04)
Water Wings (Disc 2) (Vigotone (fake) — VT500 X 2 BEAT)

演奏:
Paul McCartney: Vocal, Bass, Flagelet, Recoder
Linda McCartney: Backing Vocal
Denny Laine: Guitars, Flagelet, Recoder, Backing vocal
Jimmy McClloch: Guitars, Backing Vocal
Joe English: Drums, Backing Vocal
録音スタジオ:Record Plant Mobile Stusio, US Virgin Islands, Abbey Road Studio, London
録音日:1977.5.1-31, 1977.11
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Geoff Emerick, Pete Henderson, Steve Churchyard, Mark Vigrs
イギリス発売日:1978.3.31
アメリカ発売日:1978.3.27
日本発売日:1978.4.7

歌詞・コード
Dm               C     G A7
Though some things in life are hard to bear
F   G   A7     Dm
Don’t let it bring you down
Dm              C     G   A7
Should the sands of time run out on you
F   G   A7    Dm
Don’t let it bring you down
Am      F            Dm
Don’t go down, don’t go underground
Am                   Bb
Things seem strange, but they change
A7
How they change

Up and down your carousel will go
So don’t let it bring you down

Dm C G A7 F G A7

Don’t go down, don’t get out of town
Get to know how it goes, how it goes
When the price you have to pay is high
Don’t let it bring you down

Dm C G A7

F    G    A7     Dm
Don’t let it bring you down

(c) 1978 MPL Communications Ltd.


(c)Jash http://pmccartney.com

Don’t Get Around Much Anymore

作詞作曲:Duke Ellington, Bob Russel
収録時間:2分49秒
収録アルバム:CHOBA B CCCP
収録シングル:Once Upon A Long Ago

オリジナルは1940年にジャズの大御所デューク・エリントンが書いた曲「Never No Lament」に、後の1942年にボブ・ラッセルが詞を付けた。ジャズのスタンダード・ナンバーとなっている曲である。第2次世界大戦中にアメリカ兵士がよく聴いていた曲だという。
ポールはこの曲を1987年の通称「ロシアン・セッション」でロック風にアレンジして取り上げ、当時、旧ソ連限定で発売したアルバム『CHOBA B CCCP』で発表し、当時の最新シングル「Once Upon A Long Ago」のB面にも収録した。
このセッションの中では最も巧妙にロック風にアレンジできた曲であり、同年11月27日に放送されたイギリスの番組『The Last Resort』出演して素晴らしい演奏を聴かせている。
ポールも結構気に入っている曲のようで、その後のワールド・ツアーのリハーサルで幾度となく演奏している。
リハーサルの演奏は以下のブートで聴くことができる。

(1)1987年11月27日テレビ番組『The Last Resort』
It’s Now Or Never (The Complete Russian Sessions) (Goblin Records — CD 3013)
All The Rest (Love Records — 1963-88JC)
On A Rainy Day (No Label Records — NLR 9707)
Live Rarities (Starlight Records — SL 87042)
(2)1989年スタジオ・リハーサル
Oobu Joobu Part 1 & 2 (Disk 2) (Yellow Cat Records — YC 046)
Oobu Joobu Radio Chronicles Part Two (Unknown — PMCD0P1)
(3)1990年1月22日ロンドン・ウェンブリー公演サウンドチェック
On A Rainy Day (No Label Records — NLR 9707)
(4)1990年9月25日スタジオ・リハーサル
Always Back To You (No Label Records — NLR 9911)

演奏:
Paul McCartney: Vocal, Electric guitar
Nick Garvey: Bass, Backing Vocal
Henry Spinetti: Drums
Mick Gallagher: Keyboards
録音スタジオ:The Mill, Hog Hill, Sussex
録音日:1987.7.21
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Peter Henderson
イギリス発売日:1987.11.16
アメリカ発売日:未発売
日本発売日:1987.12.5

(c)Jash http://pmccartney.com

歌詞・コード
C Dm7 Ebdim C/E
Missed the Saturday dance
A Bm7 Ebdim A7/C#
Heard they crowded the floor
D7     G7
Couldn’t bear it without you
C C/E Ebdim Dm7 C
Don’t get around much anymore

C Dm7 Ebdim C/E
Thought I visit the club
A Bm7 Ebdim A7/C#
Got as far as the door
D7    G7
They have asked me about you
C C/E Ebdim Dm7 C Gm7 C7
Don’t get around much anymore

F6     Bb9     Cmaj7     C7
Well darling I guess my mind’s more at ease
C7#5 D7 F#m7 B7 Em7 Ebdim D7 G7
But nevertheless I stir up memories

Been invited on dates
Might have gone but what for
Awfully different without you
Don’t get around much anymore

Well darling I guess my mind’s more at ease
But nevertheless I stir up memories

Missed the dance again
Might have gone but what for
Awfully different without you
Don’t get around much anymore


Don’t You Do Your Daddy’s Wrong

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:2分34秒
収録アルバム:なし
収録シングル:なし

「All In Love Is Fair」「Beautiful Dream」「Classical Licks」「Crazy Fool」と同じセッションで録音された未発表曲。
3コードのシンプルなロックンロール・ナンバー。「I Like Rock’n’roll」とタイトル名が付けられているブートもある。
1977年頃に行われたウィングスの新メンバーのオーディションを兼ねたセッションで演奏された。この時のセッション以外でこの曲が演奏されたテープは発見されていない。
このセッションは、「Lympne Castle」での1979年5月のウィングスによるものという説もある。
2004年に発売された以下のブートに収録されている。

Rock And Roll Jam Sessions (Kintyre Records — PROMO CD 043)
Lympne Castle Sessions (Red Square — RS 04)

演奏:unknown
録音スタジオ:Lympne Castle, Kent, UK
録音日:circa 1977(?), 1979.5-6(?)
プロデューサー:Paul McCartney(?)
エンジニア:Paul McCartney(?)
イギリス発売日:未発表
アメリカ発売日:未発表
日本発売日:未発表

(c)Jash http://pmccartney.com

Don’t Break The Promises

作詞作曲:Paul McCartney, Eric Stewart, Gouldman Graham Keith
収録時間:3分39秒
収録アルバム:なし
収録シングル:The World Tonight

10ccのエリック・スチュアートとアルバム『Press To Play』の時期に書いた曲。アルバム『Flowers In The Dirt』のレコーディングでレゲエのリズムにアレンジされ録音されたが、その時点では発表されず、10ccの1992年のアルバム『Meanwhile』で、エリックと10ccのグラハムがバラードにアレンジして発表した。
一方、ポールが録音したバージョンは、ポールがDJを担当したラジオ番組『Oobu Joobu』の第9回(1995年7月10日放送)で放送され、その後、アルバム『Flaming Pie』からの第2弾シングル「The World Tonight」のカップリング「Oobu Joobu – Part 4」に収録されている。

演奏:unknown
録音スタジオ:The Mill, Hog Hill, Sussex
録音日:1988.6
プロデューサー:unknown
エンジニア:unknown
イギリス発売日:1997.6.7
アメリカ発売日:未発売
日本発売日:未発売

(c)Jash http://pmccartney.com

歌詞

YOU KNOW I CANNOT ALWAYS BE THERE WITH YOU,
WHEN SOMETHING CRAZY TAKES ME FAR AWAY.
WE MUST STICK TOGETHER THROUGH THIS MADNESS,
I’VE GOT SO MANY THINGS I WANT TO SAY.

TOO MANY FORCES TRY TO COME BETWEEN US,
SO LITTLE TIME TO SHARE AND TALK TO YOU.
IF I SHOW MY HAND TO YOU IN PANIC,
PLEASE, REMEMBER WHAT I’M GOING THROUGH.

I’VE LOVED YOU FOREVER,
BUT IT SEEMS LIKE A DAY.
AND I WANT TO BE THERE WITH YOU,
I DIDN’T WANT IT THIS WAY.

DON’T THINK I DON’T TRUST IN YOU,
I JUST NEEDED TO SAY,
DON’T BREAK THE PROMISES
THAT WE MADE TODAY,
OH NO, DON’T BREAK THE PROMISES

DO YOU REMEMBER COUNTING EVERY MOMENT
BEFORE THE WORLD WE KNEW WAS TORN APART?
NOW WHEN I CLOSE MY EYES I CAN BE WITH YOU,
BUT ARE WE REALLY DANCING IN THE DARK?

A BAD CONNECTION LEADS US TO CONFUSION,
WE’RE ALL TOO EASILY MISUNDERSTOOD.
OH, WE’VE BEEN TOGETHER THROUGH THESE NIGHTMARES
AND NOW WE’VE GOT A CHANCE TO MAKE IT GOOD.

I’VE LOVED YOU FOREVER,
BUT IT SEEMS LIKE A DAY.
AND I WANT TO BE THERE WITH YOU,
I DIDN’T WANT IT THIS WAY.

DON’T THINK I DON’T TRUST IN YOU,
I JUST WANTED TO SAY,
OH, DON’T BREAK THE PROMISES
THAT WE MADE TODAY,
OH, DON’T BREAK THE PROMISES
THAT WE MADE TODAY

DON’T YOU BREAK THE PROMISES,
(Don’t break the promises, promises)
IF YOU DO, YOU’LL BE BREAKING MY HEART.
(Don’t break the promises that you made)
OH, DON’T FORGET THE THINGS WE SAID
(Promises, promises)
AT THE START, OH NO.

I’VE LOVED YOU FOREVER,
BUT IT SEEMS LIKE A DAY.
AND I WANT TO BE THERE WITH YOU,
I DIDN’T WANT IT THIS WAY.

DON’T THINK I DON’T TRUST IN YOU,
I JUST WANTED TO SAY,
OH, DON’T BREAK THE PROMISES
THAT WE MADE TODAY, OH NO.
DON’T BREAK THE PROMISES
THAT WE MADE TODAY,
OH, DON’T BREAK THE PROMISES
THAT WE MADE TODAY.

(c)1922 MAN KEN MUSIC INC 301, 1997 MPL Communications Ltd.