ポール・マッカートニーのファンサイト(非公認)。ポール・マッカートニーやビートルズの最新ニュース、アルバム・楽曲の解説、ライブ・ツアー記録、新譜・テレビ放送等。

Don’t Be Careless Love

作詞作曲:Paul McCartney, Declan Patrick MacManus
収録時間:3分17秒
収録アルバム:Flowers In The Dirt
収録シングル:なし

ポールとエルヴィス・コステロとの共作曲。ラブ・ソングでありながら、少し不気味な内容を包含する歌詞とは裏腹に、穏やかなメロディーや曲調が印象的な曲。当初、エルヴィス・コステロとこの曲のレコーディングを行ったが、アルバム『Flowers In The Dirt』内の次曲である「That Day Is Done」と同様に、1988年10月28日と29日に、ロスの Sunset Sound Factory のスタジオBで、キーボディストのミッチェル・フルームと再録音を行った。その時にオーバーダブに参加したのは、ヘイミッシュ・スチュアートと、アルバム『Press To Play』でタイムキーパーを担当したジェリー・マロッタである。
しかし、冒頭のポール、エルヴィス、ヘイミッシュ・スチュアートによるコーラスワークはそのまま採用することとなった。
「僕とエルビスでレコーディングしていいテープが出来たんだけど完成はしなかった。それでミッチェルと再録音したんだけど、ほとんどエルビスと作ったテイクを使っている。ボーカルは気に入っていたから、ほんのちょっと整えればよかったんだ。」(ポール)
エルヴィス・コステロと録音したアコースティック・ギターの演奏によるデモ・テープも発見されており、以下のブートで聴くことができる。

Paul McCartney & Elvis Costello: The McCartney/McManus Collaboration (Vigotone — VT 174)

演奏:
Paul McCartney: Lead Vocal, Harmonies, Bass, Acoustic guitar, Tambourine, Finger Snaps
Hamish Stuart: Guitar, Harmonies, Tambourine
Chris Whitten: Drums, Harmonies
Mitchell Froom: Keyboards
Elvis Costello: Keyboards, Harmonies
録音スタジオ:The Mill, Hog Hill, Sussex, Sunset Sound Factory, LA
録音日:1988.7-8, 1988.10.28-29
プロデューサー:Paul McCartney, Mitchell Froom, Neil Dorfsman
エンジニア:Peter Henderson, Tchad Black, Richard Moakes
イギリス発売日:1989.6.5
アメリカ発売日:1989.6.6
日本発売日:1989.6.14

歌詞・コード

D    A       D    G/A    D7
Burn the midnight lamp down until the dawn
Em          B7            Em Asus4 A
I’ll keep watch until I’m sure you’re coming home
D         A           D
Shadows play and flicker on the bedroom wall
D7          Em
They turn into a bad dream overnight
B7               Em
Something could be terribly wrong

A         C#m
Don’t be careless love
C      Bm
Don’t be careless love
F#m             C#m
Don’t be, don’t be careless love

C#m
In my dreams you’re running nowhere
C                Bm
Every step you’ve taken turns to glue
F#m
Walking down a spiral staircase
Falling through, falling through

G      C      G
Don’t be careless love
F     Em A
Don’t be careless love

The lamp burns down and out
I’m getting pretty tired of this
I feel so bad, something must be going amiss
I won’t be there so look out for yourself
You’re getting in deep whatever you do
Don’t let me go back to sleep

Don’t be careless love
Don’t be careless love
Don’t be, don’t be careless love

Saw your face in the morning paper
Saw your body rolled up in a rug
Chopped up into two little pieces
By some thug
Don’t be careless love, be careless love

But in the morning light
When I wake up again, you’re by my side
And that’s the way it’s always been
But in the dark your mind plays funny tricks on you
A             D
Your mind plays funny tricks on you
A             C#m
Your mind plays funny tricks on you
C      Bm Bb Gm D
Don’t be careless love

(c) 1989 MPL Communications Ltd. and Plangent Visions Music Ltd. Administered by MPL Communications, Inc. and Plangent Visions Music, Inc.

 

(c)Jash http://pmccartney.com

Doctor Pepper

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:7秒
収録アルバム:なし
収録シングル:なし

ポールがスコットランドの自宅でピアノ弾き語りで作成したデモの中からの1曲。
収録テープが途中で切れている影響か、曲は実質4秒で終わってしまう。
「C Moon」に似たピアノリフで始まる曲。完全版が発見されていないので、残念ながら曲の全貌をつかむことはできない。
以下のブートで聴くことができる。

The Piano Tape (Mistral Music — MM 9231)

演奏:
Paul McCartney: Vocal, Piano
録音スタジオ:Home, Sessex, Scotland
録音日:circa 1974
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Paul McCartney
イギリス発売日:未発表
アメリカ発売日:未発表
日本発売日:未発表

 

(c)Jash http://pmccartney.com

Distractions

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:4分38秒
収録アルバム:Flowers In The Dirt
収録シングル:なし

題名「Distraction」(動揺)という通り、ポールの日常生活における悩みや葛藤などがテーマとなっている。
「よく人からこう聞かれるんだ。『君が何故悩むことがあるんだ? 君は金持ちじゃないか!』 みんなの夢だと思うよ。僕も学生の時は思っていた。たくさんのお金を稼いで金持ちになって、毎日ずっと休日なんだ。でも、実際にそうなったら、人生うまくいかないって分かるよ。おもしろくとも何ともない。そして『僕は何をしているんだろう?』って思うよ。」(ポール)
このように、ポールの日常生活の葛藤が歌詞に現れているが、それをリンダに対する愛情を表現するための隠喩として用いている。
この曲のオーケストラ・アレンジは、クレア・フィッシャーが担当した。ポールは、プリンスのペイズリー・パーク・レーベルから出たザ・ファミリーのオーケストラ・アレンジをいたく気に入り、このアレンジを担当したクレア・フィッシャーに直接アレンジすることを依頼したという。
演奏部分のベーシック・トラックは、1989年からのワールド・ツアーにも参加したヘイミッシュ・シチュアートとクリス・ウィットンとで1988年夏にスコットランドのスタジオで行い、オーケストラ・アレンジは、14本のバイオリン、4本のビオラ、2本のチェロ、1本のウッド・ベースを用いて、1988年11月1日午後2時から5時のセッションで、カリフォルニアの Chick’s Corea’s Mad Hatter Studios で行われた。オーケストラ・アレンジを聞いたポールは「まさにハリウッドって感じだね。ドリス・トロイの映画みたいだ。」と言ったという。
同日、ポールとエルヴィス・コステロの共作曲「The Lovers That Never Were」のオーケストラ・セクションも録音されたが、結局このアレンジはリリースされなかった。
当初、アルバム『Flowers In The Dirt』からの第3弾シングルとして、1989年9月25日に発売される予定であったが中止となり、第3弾シングルは「Figure Of Eight」となった。そのため、プロモーション・ビデオも制作され、公式ビデオ『Put It There』に収録されている。プロモーション・ビデオのバージョンは、アルバム『Flowers In The Dirt』に収録されているものとは若干ミックスが異なる。
1989年6月8日に収録されたスペインのテレビ番組『La Luna』でこの曲の演奏が放送される予定であり、リハーサルでも演奏したが、結局は放送されなかった。

distraction_promo1 distraction_promo2

演奏:
Paul McCartney: Lead vocal, Bass, Harmonies, Percussion, Solo Guitar
Hamish Stuart: Acoustic Guitar, Harmonies
Chris Whitten: Drums, Purcussion
Linda McCartney: Harmonies
Clare Fischer: Orchestration
録音スタジオ:The Mill, Hog Hill, Sussex, Chick’s Corea’s Mad Hatter Studios, CA
録音日:1988.7-8, 1988.11.1
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Geoff Emerick, Arne Frager, Matt Butler,Neil Dorfsman
イギリス発売日:1989.6.5
アメリカ発売日:1989.6.6
日本発売日:1989.6.14

歌詞・コード
Gm F#m Fm Gm Eb7/G Eo/G Cm/G Gm D-9 Fmaj7 Db/Cb

Gm7         Am7       A7      Dm
What is this thing in life that persuades me to spend
Gm7
Time away from you
Am7      A7     Dmadd9 Amadd9
If you can answer this you can have the moon
Gm7         Am7   A7     Dm
This is the place to be, anyway you can see
Gm7
There’s a lovely view
Am7    A7
Why are there always so many other things to do

Dmaj7 Em7/D Dmaj7

Bb       Eb        F          Gm7
Distractions, like butterflies, are buzzing ‘round my head
Eb      F
When I’m alone, I think of you
Gm7             Eb
And the life we’d lead if we could only be free
F    Bb       Eb F Gm9 Dm7
From these distractions

The postman’s at the door while the telephone rings
On the kitchen wall
Pretend we’re not at home and they’ll disappear
I want to be with you, tell me what I can do
Nothing is too small
Away from all this jazz we could do anything for all

Distractions, like butterflies, are buzzing ‘round my head
When I’m alone, I think of you
And the life we’d lead if we could only be through
With these distractions

Am9 Bm7 B7 Em Am7 Am9 Bm7 B7 Em Am9 Bm7 B7

Em Am7 Gm9 Db7-5

I’ll find a peaceful place far away from the noise
Of a busy day
Where we can spend our nights counting shooting stars

Distractions, like butterflies, are buzzing ‘round my head
When I’m alone, I think of you
And the life we’d lead if we could only be through
With these distractions
Like butterflies, are buzzing ‘round my head
When I’m alone, I think of you
And the life we’d lead if we could only be free
Bbadd9
From these distractions

(c) 1989 MPL Communications Ltd. Administered by MPL Communications, Inc.

Did We Meet Somewhere Before?

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:(1)4分59秒 (2)5分1秒 (3)5分0秒
収録アルバム:なし
収録シングル:なし

アルバム『London Town』のセッションでレコーディングされたミドルテンポのバラード。当初はワレン・ビューティーとジューリー・クリスティーの映画『Heaven Can Wait』で使用される予定で、歌詞の内容も映画の輪廻転生の内容を反映させたものとなっている。1978年に試写会が行われている。ワレン・ビューティーは映画の中でクラリネット奏者の役を演じており、映画の中のクラリネットの演奏と、この曲のイントロがリンクした形となっている。この映画には、ウィングスによる演奏は使用されず、デイブ・グルーシンがスコアを起こしたジャズ・バージョンが使用された。
ところが、この映画『Heaven Can Wait』は公開されずにお蔵入りとなってしまった。そこで、ポールはこの曲をラモーンズ主演、ロジャー・コーマン監督の映画『Rock’n’roll High School』のために提供した。この映画は50年代あたりの学園ドラマで、曲の歌詞の内容とは合っていない。映画は1979年に公開され、ウィングスによるこの曲の演奏は、映画のイントロ部分(1分頃)と30分程度経過した場面に使用されている。ポールの音楽出版会社MPLは、1979年4月17日にこの曲を著作権登録した。ところが、映画のサウンドトラックにはこの曲は収録されていない。
その後、未発表曲集『Cold Cuts』に収録されるように準備が進められ、リミックス時期によって3種類のミックスが存在する。それぞれ以下のブートで聴くことができる。

(1)1978年ミックス
Cold Cuts (Another Early Version) (Hot Hits Records — sp12)
Hot Hits Cold Cuts (Hot Hits Records — SP-12)
Complete Cold Cuts Disc 3 (Bell Bottom — 030)
(2)1978年ミックスその2
Hot Hits And Cold Cuts (Second Mix) (Library Product — 2337)
Studio Tracks Vol. 2 (Chapter One — CO 25142)
Complete Cold Cuts Disc 3 (Bell Bottom — 030)
The Long Lost Demos (Mongoose Records — MONG CD020)
(3)1987年ミックス
Cold Cuts (Pegboy — 1002)
Complete Cold Cuts Disc 3 (Bell Bottom — 030)

演奏:
Paul McCartney: Vocals, Bass, Keyboards
Linda McCartney: Backing vocal, Keyboards
Denny Laine: Guitars, Backing vocal
Jimmy McClloch: Guitars, Backing vocal
Joe English: Drums, Backing Vocal
録音スタジオ:Record Plant Mobile Stusio, US Virgin Islands, Abbey Road Studio, London
録音日:1977.2-1978.1
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Geoff Emerick, Pete Henderson, Steve Churchyard, Mark Vigrs
イギリス発売日:未発表
アメリカ発売日:未発表
日本発売日:未発表

歌詞
DID WE MEET SOMEWHERE BEFORE
FAR BEHIND THAT HALF CLOSED DOOR?
OR IS THIS JUST ONE SMALL THING THAT’S HAPPENING TO BOTH OF US?

HAPPENING TIME AND TIME AGAIN,
HAPPENING OVER AND OVER.
WILL THE KING’S HORSES AND ALL THE KING’S MEN
EVER FIND OUT WHAT IT’S ABOUT?

DID YOU ALWAYS LOOK LIKE THIS,
AT THE UNSPECTED KISS?
OR IS THIS JUST ONE MORE THING THAT’S HAPPENING TO BOTH OF US?

HAPPENING TIME AND TIME AGAIN,
HAPPENING OVER AND OVER.
WILL THE KING’S HORSES AND ALL THE KING’S MEN
EVER FIND OUT WHAT IT’S ABOUT?

DID WE TAKE A LONG TIME THEN?
WILL WE TAKE AS LONG AGAIN?
OR IS THIS JUST ONE MORE THING THAT’S HAPPENING (ow!) TO BOTH OF US?
IT’S HAPPENING TO BOTH OF US.

HAPPENING TIME AND TIME AGAIN,
HAPPENING OVER AND OVER.
WILL THE KING’S HORSES AND ALL THE KING’S MEN
EVER FIND OUT (ever find out) WHAT IT’S ABOUT? (what it’s about)

DID WE MEET SOMEWHERE BEFORE
FAR BEHIND THAT HALF CLOSED DOOR?
OR IS THIS JUST ONE MORE THING THAT’S HAPPENING TO BOTH OF US?
IT’S HAPPENING TO BOTH OF US.

OOH, OOH.

HAPPENING TIME AND TIME AGAIN,
HAPPENING OVER AND OVER.
WILL THE KING’S HORSES AND ALL THE KING’S MEN
EVER FIND OUT (ever find out) WHAT IT’S ABOUT? (what it’s about)

DID YOU ALWAYS LOOK LIKE THIS,
AT THE UNSPECTED KISS?
OR IS THIS JUST ONE MORE THING THAT’S HAPPENING TO BOTH OF US?
HAPPENING TO BOTH OF US.

UH, UH, UH, UH.

(c) 1979 MPL Communications, Ltd. Administered by MPL Communications, Inc.

 

Deliverance

cmon_people2 hope_of_deliverance_2

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:(1)8分44秒 (2)7分41秒
収録アルバム:なし
収録シングル:Hope Of Deliverance, C’mon People

1993年のアルバム『Off The Ground』からのファースト・シングル「Hope Of Deliverance」のクラブ用リミックス。リミックスのサンプルとして用いたのは「Hope Of Deliverance」1曲だけではなく、アルバム『Off The Ground』のセッションでレコーディングされた曲全体を用いた。リミックスを担当したのは、DMC(Dance Mix Club)のスティーブ・アンダーソン。
ポールは、どこか分からないようなソウル・ミュージックからサンプリングしてリミックスする方法は望まず、リミックスの音源全てをアルバム『Off The Ground』のセッションでレコーディングされた曲のみとするようにアンダーソンに依頼した。
このリミックス・バージョンがクラブのDJに配布された時は、ポールの名前は明かされず、アーティストのクレジットがなく、「Deliveranace」「Deliverance (Dub Mix)」とのみグリーンのレーベルに印刷された12インチレコードが出回った。
レコードがDJに配布された後、ロンドンのクラブでこの曲が話題になり、ポールは自らが作者であることを明かした。
最初は約500~1000枚のプロモ盤12インチが配布されたが、人気が出たため、1993年1月15日に12インチ盤が製造され、さらにCDとしては、2種類のシングル「Hope Of Deliverance」「C’mon People」のカップリングとして一般に発売された。
このリミックスにはバージョンが2つ存在する。
また、この曲のプロモビデオもリチャード・ヘルソップ監督のもと1993年2月に制作された。

deliverance_promo2 deliverance_promo1

演奏:unknown
録音スタジオ:unknown
録音日:unknown
プロデューサー:Steve Anderson
エンジニア:Steve Anderson
イギリス発売日:1993.2.2
アメリカ発売日:未発表
日本発売日:未発表

Daytime Nightime Suffering

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:3分16秒
収録アルバム:Back To The Egg (bonus track), Wingspan
収録シングル:Goodnight Tonight

アルバム『Back To The Egg』のセッションでレコーディングされたポップなナンバーで、シングル「Goodnight Tonight」のB面として発表され、アルバム『Back To The Egg』にはボーナストラックとして収録されている。
B面ながら、ファンには人気の高い曲で、A面として発売するべきとの声が多かった。ポールは1987年のインタビューで、ビートルズ時代の曲を含めて、この曲が一番気に入っていると答えている。そのため、ベストアルバム『Wingspan』にも収録されている。
レコーディングは、1979年1~2月に、ポール・マッカートニーの音楽出版を手がける会社MPLのロンドンにあるオフィスの地下に作られた、アビーロード・スタジオの第2スタジオをそっくりそのまま模倣して作ったスタジオ「Replica Studio」で行われた。ミキシングは2月に同じ場所で、24トラックテープを用い、49回も行われたという。
ポールの息子ジェームスが、鳴き声で参加している(2分3秒のところで聞こえる)。
「この曲は女性賛美歌なんだ。”What does she get for all of this?”(彼女はこの代償として何を手に入れるんだろう?)という歌詞に対して、”Daytime Nightime Suffering”(昼も夜も悩み続ける)なんだ。女性の苦境ってとこだね。この曲が女性賛美にメリットがあろうとなかろうと、この曲は単なるポップソングなんだ。それだけ。」(ポール)
この曲のアウトテイクは2種類見つかっており、それぞれ以下のブートで聴くことができる。

(1)Rough Mix
Hot Hits And Cold Cuts (Second Mix) (Library Product — 2337)
Studio Tracks Vol. 1 (Chapter One — CO 25132)

(2)Alternate Version
Eggs Up (Disc 2) (Masterfraction — MFCD 016)

演奏:
Paul McCartney: Vocal, Bass, Keyboards
Linda McCartney: Keyboards, Backing Vocal
Denny Laine: Electric guitar, Backing Vocal
Laurence Juber: Electric guitar, Backing Vocal
Steve Holly:Drums, Backing Vocal
録音スタジオ:Replica Studio, London
録音日:1979.1-2
プロデューサー:Paul McCartney, Chris Thomas
エンジニア:Phil McDonald, Mark Vigars
イギリス発売日:1979.3.23
アメリカ発売日:1979.3.19
日本発売日:1979.4.20

歌詞・コード
C                  F G F G
What does she get for all the love she gave you
C             F
There on the ladder of regrets

Bb F Bb F

C         G         F C F C
What does she get for all the love she gave you
G       F
There on the ladder of regrets
G Bb F Bb F     C     Am7   Dm7   G7
Daytime nighttime suffering is all she gets

C      G          F C F C
Where are the prizes for the games she entered
G           F
With little chance of much success
G Bb F Bb F  C       Am7  Dm7  G7
Daytime nighttime suffering is all she gets

Cm    Gm  Cm   Gm
Come on river, overflow
Cm    Gm      Ab
Let your love for your people show
Gm Fm   Cm  Fm     Cm
Come on river, flow through me
Fm    Cm          Db
Let your love for your people be
G    Cm  Gm     Cm
You are the river, I am the stream
Gm       Cm Gm    Cm
Flow mighty river through me

What does it pay to play the leading lady
When like the damse l in distress
Daytime nighttime suffering is all she gets

C    Cmaj7
No less, no more
C6   Cmaj7
No sea, no shore
F     C
No sand, no pail
D9     G7
No fairy tale anymore

Come on river, flow through me
Don’t be stopped by insanity
Come on river, overflow
Let your love for your neighbours grow
You are the river, I am the stream
Flow mighty river through me

Daytime nighttime suffering is all she gets
Daytime nighttime suffering is all she gets
Daytime nighttime suffering is all she gets

C F Em Dm7 C
What does she get for all the love she gave you

(c) 1979 MPL Communications, Ltd.

http://www.youtube.com/watch?v=BBenNlNGIn8

Darkroom*

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:2分18秒
収録アルバム:McCartney Ⅱ
収録シングル:なし

東洋っぽい音楽と、留置所を連想する「Darkroom」、それとアルバム『McCartneyⅡ』が日本での麻薬所持による逮捕後に発表されたことから、日本での体験が元になった曲と思われているが、実は日本での逮捕前に録音された曲である。
ポールは、まずリズムトラックをシンセサイザーで作り、それに即興で楽器とボーカルをかぶせていって作った。
「この曲は、僕がどうやって作ったかわかる曲なんだ。元のバージョンはとても長い曲で、ちょっとしたいろいろな変なノイズを入れたんだ。でも、この曲が好きだったから、編集してアルバムに収録したよ。」
「ダークルームにはいろいろな意味があるさ。写真を現像するときの暗室、ただ単に暗い部屋、男が女を誘う時に『僕のダークルームにおいで』っていうようなこと。」(ポール)
ポールの語るとおり、オリジナル・バージョンは3分38秒あり、後半部分にエレキギターが入ったりしており、そのバージョンは以下のブートで聴くことができる。

The Lost Mccartney II Album – CD 2 (Birthday Records — BR 042)
The Lost McCartney Album (Disc 2) (Voxx — VOXX 0007-02)
The Original McCartney II Double Album (Ram Records — RAM 004)

演奏:
Paul McCartney: All Instruments and Voices
録音スタジオ:Peasmarsh, East Sussex, Spirit Of Ranachan Studio, Scotland
録音日:1979.6-7
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Paul McCartney
イギリス発売日:1980.6.13
アメリカ発売日:1980.7.22
日本発売日:1980.8.5

歌詞・コード
Fm7
Got a place we can go, lights are low
Let me show you to my darkroom

Come-a, come along with me to my darkroom
Come-a, come along with me to my darkroom

Come-a, come along with me to my darkroom
Come-a, come along with me to my darkroom

Come a come a come a come a come a
Come a come a come a come a come a

Got a place we can go, lighting low
Let me show you to my darkroom

Come-a, come along with me to my darkroom
Come-a, come along with me to my darkroom, we can go
Got a place we can go, lighting low
Let me show you to my darkroom

Come-a, come along with me to my darkroom

(c) 1980 MPL Communications Ltd. Administered by MPL Communications, Inc.