ポール・マッカートニーのファンサイト(非公認)。ポール・マッカートニーやビートルズの最新ニュース、アルバム・楽曲の解説、ライブ・ツアー記録、新譜・テレビ放送等。

For You Blue

作詞作曲:George Harrison
収録時間:3分4秒
収録アルバム:Concert For George
収録シングル:なし

ジョージ・ハリスンがビートルズ時代にアルバム『Let It Be』で発表した曲。シャッフルのリズムが印象的な3コードのブルース。
2002年11月29日にロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで開催されたジョージ・ハリスンの追悼コンサート「Concert For George」でポールが演奏したジョージの曲の1つ。ポールはアコースティックギターを弾きながら歌う。このコンサートを収録したアルバム『Concert For George』で聴くことができ、また、DVD『Concert For George』でも演奏シーンを見ることができる。
同じコンサートで演奏された「All Things Must Pass」とは異なり、同年にポールが行ったツアーのリハーサルでは演奏されていなかった。この曲を取り上げたのは、翌年に発売されたビートルズのアルバム『Let It Be … Naked』にこの曲が収録されていることも影響しているのであろうか。

演奏:
Paul McCartney: Vocal, Acoustic Guitar
Eric Clapton: Guitar
Tom Petty: Guitar
Jeff Lynne: Guitar
Billy Preston: Keyboards
Ringo Starr: Drums
Dave Bronze: Bass
Gary Brooker: Keyboards
Jim Capaldi: Drums
Ray Cooper: Percussion
Dhani Harrison: Guitar
Jim Horn: Alto Sax
Jim Keltner: Drums
Katie Kissoon: Backing Vocal
Albert Lee: Guitar
Andy Fairweather Low: Guitar
Marc Mann: Electric Guitar
Tessa Niles: Backing Vocal
Tom Scott: Tenor Sax
Henry Spinetti: Drums
Chris Stainton: Keyboards
Klaus Voorman: Bass
録音スタジオ:Live from Royal Albert Hall, London
録音日:2002.11.29
プロデューサー:Jeff Lynne
エンジニア:Jeff Lynne, Ryan Ulyate, Marc Mann, Alastair Sirkett, Geoff Foster
イギリス発売日:2003.11.18
アメリカ発売日:2003.11.18
日本発売日:2003.11.27

D7 G7 A7 D7

D7 G7 D7
Because you’re sweet and lovely girl I love you,
G7 D7
Because you’re sweet and lovely girl it’s true,
A7 G7 D7
I love you more than ever girl I do.
D7 G7 D7
I want you in the morning girl I love you,
G7 D7
I want you at the moment I feel blue,
A7 G7 D7
I’m living ev’ry moment girl for you.

D7 G7 D7 D7
G7 G7 D7 D7
A7 G7 D7 A7

[Bop. Bop, cat bop. Go, Johnny, Go. There go the 12 bar blues. Elmore James’ got nothin’ on this baby!]

D7 G7 D7
I’ve loved you from the moment I saw you,
G7 D7
You looked at me that’s all you had to do,
A7 G7 D7
I feel it now I hope you feel it too.
D7 G7 D7
Because you’re sweet and lovely girl I love you,
G7 D7
Because you’re sweet and lovely girl it’s true,
A7 G7 D7
I love you more than ever girl I do.
Rhythm and blues.

 

For No One

作詞作曲:John Lennon, Paul McCartney
収録時間:2分12秒
収録アルバム:Give My Regards To Broad Street
収録シングル:なし

ビートルズ時代に1966年のアルバム『Revolver』で発表した曲。1984年の映画『Give My Regards To Broad Street(ヤァ!ブロード・ストリート)』で再演した。オリジナルのビートルズ・バージョンでは、ピアノを弾きながら歌ったが、映画では、弦楽四重奏をバックにアコースティックギターを弾きながら歌った。弦楽四重奏は「Eleanor Rigby」と同じくガブリエル・ストリング・カルテットが担当している。ビートルズの演奏のキーはBであるが、この時は半音下げたキー(B♭)で演奏。
ポールはこの曲を気に入っているようで、1993年のツアー・リハーサルでも演奏したが、結局1993年のニュー・ワールド・ツアーで演奏することはなかった。その後、1995年3月23日ロンドンのセント・ジェームス宮殿で開催されたロイヤル・カレッジ・オブ・ミュージック主催のチャリティー・イベント『An Evening With Paul McCartney & Friends』で、ブロスキー・カルテットの弦楽四重奏をバックにギターを弾きながら歌った。この時のキーはC。
さらにその後、2004年のヨーロッパ・ツアー「04 Summer」でもこの曲を演奏した。この時は、エレキピアノ(通称、マジックピアノ)を使っての弾き語り。フレンチホルンの部分はキーボードのウィックスが再現した。この演奏でのキーは同じくC。
1984年のアウトテイク、1995年と2004年の演奏は、以下のブートで聴くことができる。

(1)1984年『Give My Regards To Broad Street』アウトテイク
Artifacts III (Big Music — BIG 4036)
(2)1995年3月23日『An Evening With Paul McCartney & Friends』
A Royal Command Performance (Cool Orangesicle — C3-203)
A Royal Performance (Strawberry Records — STR 005)
New Moon Over Macca Vol. 6 (Madman — MM-1004-6)
(3)2004年5月30日マドリード公演
!Viva Espana! CD 2 (Tobacco Kill Records — TKR 006)
(4)2004年6月20日サンクトペテルブルグ公演
San Petersburg Soundboard (CD 2) (Tobacco Kill Records — SPS 2)

演奏:
Paul McCartney: Acoustic guitar, Vocal
Jeff Bryant: Horn
Gabriell String Quartet
録音スタジオ:AIR Studio, Abbey Road Studiom CTS Studio, London
録音日:1982.12-1984.7
プロデューサー:George Martin
エンジニア:Geoff Emerick, Jon Jacobs, Jon Kelly, Stuart Breed
イギリス発売日:1984.10.22
アメリカ発売日:1984.10.22
日本発売日:1984.10.22

歌詞・コード
C      Em
Your day breaks, your mind aches
Am      C/G       Fmaj7       Bb
You find that all her words of kindness linger on
C
When she no longer needs you

She wakes up, she makes up
She takes her time and doesn’t feel she has to hurry
She no longer needs you

Dm       A7
And in her eyes you see nothing
Dm          A7  Dm
No sign of love behind the tears
A7
Cried for no one
Dm          A7     Dm  G11 G7
A love that should have lasted years

You want her, you need her
And yet you don’t believe her when she said her love is dead
You think she needs you

And in her eyes you see nothing
No sign of love behind the tears
Cried for no one
A love that should have lasted years

You stay home, she goes out
She says that long ago she knew someone but now he’s gone
She doesn’t need him

Your day breaks, your mind aches
There will be time when all the things she said
will fill your head
you won’t forget her

And in her eyes you see nothing
No sign of love behind the tears
Cried for no one
A love that should have lasted years

(c)1966 Nothern Songs Ltd.

Footprints

作詞作曲:Paul McCartney, Eric Stewart
収録時間:4分31秒
収録アルバム:Press To Play
収録シングル:なし

ポールと10ccのエリック・スチュアートとの共作。ポールはこの曲を、1984年頃の冬に雪の中で食べ物を探すカササギを見て、そのカササギにインスパイアされて書いた。
「曲を書くことにとっては、とてもロマンチックなアイデアみたいだったよ。僕らは食べ物を探すカササギに関してから曲を書き始めた。食べ物を探すことは、カササギにとっては生きていくためには自然なことなんだよ。それから、カササギのイメージが、丸太を探す孤独な老人になったんだ。丁度、’Eleanor Rigby’に登場するキャラクターのようなね。」(ポール)
そのイメージに合致して、ポールの枯れたボーカルは、冬をイメージしているようだ。
スパニッシュ・ギターはポールが弾いている。
以下のブートで、この曲のラフ・ミックスを聴くことができるが、こちらのポールのガイド・ボーカルの方が、冬の物悲しい雰囲気に合っているようである。

Pizza And Fairy Tales (Disc 1) (Vigotone — VT-189)
Played To Press (Library Product — 2327)
The Alternate Press To Play (Orange — ORANGE 13)
Yvonne (Scratch Back Records — FT4)
Complete Press To Play (CD 2) (Macca Fan Records/Tobacco Kill Records — TKR/2002)

演奏:
Paul McCartney: Guitars, Bass, Keyboards, Vocal
Eric Stewart: Guitars, Vocals
Jerry Marotta: Drums, Percussion
録音スタジオ:Hog-Hill Studio, Sussex
録音日:circa 1985.4-1986.4
プロデューサー:Paul McCartney, Hugh Padgham
エンジニア:Hugh Padgham, Steve Jackson
イギリス発売日:1986.9.1
アメリカ発売日:1986.8.25
日本発売日:1986.9.5

歌詞・コード
Am7 Esus Am Asus Em E7
C G D

NC         Am7    Esus              Am Asus
It’s beautiful out-side, – an old hand gathers wood
Em          E7    C   G    D
Can he see me sitting here? – His mind is somewhere else.
C      Em7   Am7  Esus            Am   Asus
His friends have flown away, – he’s left out in the cold.
Em          E7       C    G    D
He won’t sit by my fire, – he says he likes it in the snow.
C     D   Am7   C    Am7   D
Where footprints never go, he likes it in the snow.

NC            Am7   Esus             Am   Asus
It’s getting dark out-side, – the old hand’s going home, – –
Em           E7    C   G   D
Has he someone waiting there? – Or is he living on his own?
C      D   Am7   C    Am7   D   C/G
Where footprints never go, he likes it in the snow…

Em          Am7        Em
White blanket, hiding the traces of tears she didn’t see,
C/G        Em
Oh white blanket covers the memory
Am7        Em  Am7       Em
Of all that used to be. All that used to be.
B7    Em      Asus   Am
But his heart keeps aching in the same old way,
B7    Em       Am
He can’t help feeling that she might come back some –

Am7  Esus    Am  Asus   Em    E7
-day.

C   G    D

It’s beautiful outside, a magpie looks for food.
The old hand throws a crumb,
Do you think he’s found a friend?
Where footprints never go, he likes it in the snow…

White blanket, hiding the traces of paths he didn’t take.
Oh white blanket covers the memory
Of moves he didn’t make.

Go now…

Oh white blanket, hiding the traces of tears she didn’t see,
Snow white blanket simply covers the memory
Of all that used to be. All that used to be.
But his heart keeps aching in the same old way,
He can’t help feeling that she might come back some-

Am7  Esus    Am  Asus   Em    E7
-day.

C   G    D

 

(c) 1986 MPL Communications, Ltd. Administered by MPL Communications, Inc.

The Fool On The Hill

作詞作曲:John Lennon, Paul McCartney
収録時間:(1)5分1秒 (2)3分9秒
収録アルバム:(1)Tripping The Live Fantastic, Tripping The Live Fantastic Hightlights (2)Back In The U.S., Back In The World
収録シングル:なし

ビートルズ時代の1967年に、アルバム(イギリスではEP)『Magical Mystery Tour』で発表した曲。丘の上に建つ世捨て人のことを歌った歌であるが、正論を説くが世の中から相手にされない偉人を隠喩としていると歌詞から推測できる。
ポールはこの曲をウィングス時代のライブから取り上げており、ライブで演奏したのは、1979年のウィングス・イギリスツアー、1989-90年のゲットバック・ツアー、そして2002-3年のツアーである。このうち、1989-90年のゲットバック・ツアー、1989-90年のゲットバック・ツアー、そして2002-3年のツアーでの演奏については、公式ライブで発表している。
1979年の演奏の時は、ホーン・セクションがフルートやリコーダーを演奏した神秘的な演奏となっている。1989-90年のゲットバック・ツアーの時は、曲を演奏する前に「この曲を、ジョン、ジョージ、リンゴに捧げます」とコメントし、曲のエンディング部分のリフレインを追加し、そこにマーティン・ルーサー・キング牧師の有名な演説を流した。マーティン・ルーサー・キング牧師を「正論を説く偉人」に重ねているのであろう。
2002-3年のツアーでは、ウィックスのキーボードに合わせて、ポールがエレキ・ピアノ(ポールは「マジック・ピアノ」と呼んでいる)で弾き語りする。この曲を演奏する前に、エレキピアノで幻想的なフレーズを弾き、「マッサージタイム」と言って、ツアーで各地に宿泊した際にマッサージを受けた体験談を話す。その中には、東京でマッサージを受けている時に、マッサージ師のおばあさんが「Yesterday」を歌うというエピソードも含まれている。
公式アルバムに収録されている以外のライブバージョンは、以下のブートで聴くことができる。

(3)1979年12月17日グラスゴー公演
Last Flight – Disc 1 (Vigotone — Vigotone 164)
Glasgow 1979 (Cool Orangesicle — C 3 201)
(3)1990年1月23日ロンドン公演
Welcome To Wombley – CD 1 (Voxx — VOXX 0003-01)
(4)1989年12月9日モントリオール公演、1990年7月15日フィラデルフィア公演、
公式ビデオ『Get Back』
(5)1990年6月28日リバプール公演
Imagine In Liverpool (The Comeback) (Red Phantom — RPCD 1025)
Radio One’s Liverpool Concert June 1990 (FM) (Liverpool Concert) (Goblin Records — CD3004)
(6)1990年7月4日ワシントン公演
Live at Robert F Kennedy Stadium Part2 (Label Unknown)
4th Of July (CD 1) (Yellow Cat Records — YC 009)
Independance Day (Disc 1) (Red Phantom — RPCD 2135/36)
(8)2002年4月24日ワシントン公演
Driving Macca! (Label Unknown)
(9)2002年5月15日タンパ公演
Live In Tampa Florida 2002 (Night Hawk)
(10)2003年5月24日モスクワ公演
The Complete Russia Concert (DVD 2) (Macca Fan Records — MFR 2003)

(1)
演奏:
Paul McCartney: Piano, Vocal
Linda McCartney: Keyboards, Vocal
Paul “Wix” Wickens: Keyboards, Backing Vocal
Chris Whitten: Drums
Robbie Mclntosh; Electric Guitar, Backing Vocal
Hamish Stuart: Bass, Backing Vocal
録音スタジオ:live from Wembley
録音日:1990.1.13
プロデューサー:Paul McCartney, Bob Clearmountain & Peter Henderson
エンジニア:Bob Clearmountain
イギリス発売日:1990.11.5
アメリカ発売日:1990.11.6
日本発売日:1990.11.5

(2)
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Keyboard
Paul “Wix” Wickens: Keyboards
録音スタジオ:live from Washington
録音日:2002.4.23
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:David Kahne
イギリス発売日:2003.3.17
アメリカ発売日:2002.11.26
日本発売日:2002.11.13

歌詞
Day after day alone on a hill the
man with the fool grin is keeping perfectly still, But
nobody wants to know him, they can see that he’s justa fool and
he never gives an answer.

But the fool on the hill sees the sun going down and the
eyes in his head see the world spinning round

Well on the way head in a cloud, the
man of thousand voices talking perfectly loud, But
nobody ever hears him, or the sound he appears to make and
he never seems to notice.

But the fool on the hill sees the sun going down and the
eyes in his head see the world spinning round

Day after day alone on a hill the
man with the foolish grin is keeping perfectly still, And
nobody seems to like him, they can tell what he wants to do and
he never shows his feelings.

But the fool on the hill sees the sun going down and the
eyes in his head see the world spinning round

Day after day alone on a hill the
man with the foolish grin is keeping perfectly still.
He never listens to them he knows that they’re fools
They don’t like him.

But the fool on the hill sees the sun going down and the
eyes in his head see the world spinning round

C Am C

(c)1967 Nothern Songs. Ltd.

※2004年時点の情報です。

 

 

 

 

The Fool

作詞作曲:Sanford Clark, Naomi Ford
収録時間:(1)2分37秒 (2)4分4秒
収録アルバム:なし
収録シングル:なし

オリジナルは1956年のスタンフォード・クラーク。同年に全米ビルボードチャート9位まで上昇するというヒットを記録する。スタンフォード・クラークは1935年生まれオクラホマ出身の男性シンガーで、この曲が唯一のヒット曲である。
ポールはこの曲を、1979年のウィングス・リハーサルと、1991年のMTV『Unplugged』で演奏したが、両方のバージョンとも公式発表はしていない。『Unplugged』の時の演奏は、テレビ放送もされず、公式アルバムにも収録されなかったが、未編集バージョンのブートで見ることができる。
それぞれ、以下のブートで聴くことができる。

(1)1979年ウィングス・リハーサル
Rock And Roll Jam Sessions (Kintyre Records — PROMO CD 043)
Lympne Castle Sessions (Red Square — RS 04)

(2)テレビ番組『Unplugged』
Plugged And Unplugged (Mistral Music — MM 9234)
UNPLUGGED (The Complete Version) (Capitol (Fake) — none)
Pulling The Plug Fantastic (Chapter One — CO 25191)
Oobu Joobu (Part 3) (DVD) (MPL (Fake) — 971120)

(1)1979年ウィングス・リハーサル
演奏:unknown
録音スタジオ:Lympne Castle, Kent, UK
録音日:circa 1977(?), 1979.5-6(?)
プロデューサー:Paul McCartney(?)
エンジニア:Paul McCartney(?)
イギリス発売日:未発表
アメリカ発売日:未発表
日本発売日:未発表

(2)テレビ番組『Unplugged』
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Acoustic guitar
Linda McCartney: Vocal harmonies, Harmonium
Paul “Wix” Wickens: Piano, Vocal harmonies
Blair Cunningham: Drums
Robbie Mclntosh; Acoustic guitar, Vocal harmonies
Hamish Stuart: Acoustic bass guitar, Vocal harmonies
録音スタジオ:Limehouse Television Studios, Wembley
録音日:1991.1.25
プロデューサー:Joel Gallen
エンジニア:Geoff Emerick, Peter Craigie, Gary Stewart, Eddie Klein
イギリス発売日:未発表
アメリカ発売日:未発表
日本発売日:未発表

 

 

 

Follow Me

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:2分46秒
収録アルバム:なし
収録シングル:なし

2004年のツアー「04 Summer」の最終日、2004年6月26日のグラストンベリー・フェスティバルに出演した時に初めて公にした未発表曲。アコースティック主体のシンプルな曲で、曲調は「Freedom」や、ビートルズの「If I Fell」に似ている。2005年の発売が予定されているアルバム『Timelines』(仮称)に収録予定の曲でもある。
グラストンベリー・フェスティバルの様子は抜粋で英国国営放送BBCでも放送されたので、この曲の演奏も見ることができることになる。
「04 Summer」ツアーのリハーサルでも演奏されていた曲で、2004年5月25日のヒホン公演、6月8日ホーセンス公演、6月20日サンクトペテルブルグ公演のリハーサルで演奏されたのが確認されている。
グラストンベリー・フェスティバル以外でも、2004年9月15日の慈善団体「Adopt-A-Minefield」のチャリティー・コンサート、2004年9月23日のニールヤング主催の「Bridge Benefit Concert」でも演奏された。
グラストンベリー・フェスティバルでの演奏は、以下のブートで聴くことができる。

Live In Glastonbury (Label Unknown)

演奏:
Paul McCartney: Vocal, Acoustic Guitar
Rusty Anderson: Backing Vocal, Acoustic Guitar
Brain Ray: Backing Vocal, Bass
Paul “Wix” Wickens: Backing Vocal, Keyboards
Abe Raboriel Jr.: Backing Vocal, Drums
録音スタジオ:live from Glastonbury Farm, Pilton, England
録音日:2004.6.26
プロデューサー:unknown
エンジニア:unknown
イギリス発売日:未発表
アメリカ発売日:未発表
日本発売日:未発表

歌詞・コード
C              C7+
You lift up my spirits, you shine on my soul
Am              C7+
Whenever I’m empty, you make me feel whole
F           C           Am
I can rely on you, to guide me through, any situa-tion
C7+           F       C
You hold up a sign that reads, follow me.

C           C7+
You give me direction, you show me the way
Am          C7+
You give me a reason, to face every day
F              C     Am
I can depend on you, to send me to, any destina-tion
C7+        F       C      A
You hold up a sign that reads, follow me, follow me.

D              Db5
Down the track of loneliness, down the path of love
D6/9                D
Through the words of heartache, to the end
D                 Db5
On the shores of sorrow, where the waves of hope crash in
D6/9              Am       F     Am    F
The perfect place for me to find a friend. ah-ah yeah yeah yeah, oh-oh-oh

C           C7+
You lead to places, that I’ve never been
Am         C7+
Uncovering secrets, that I’ve never seen
F               C    Am
I can rely on you, to guide me through, any situa-tion
C7+         F       C    A
You hold up a sign that reads, follow me, follow me,
C     A
Follow me, follow me,
C    A D
Follow me, follow me

 

(c) 2004 MPL Communications

Flying To My Home

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:4分13秒
収録アルバム:Flowers In The Dirt (bonus track)
収録シングル:My Brave Face (7″, 12″, CD, Extended CD, Cassette)

アルバム『Flowers In The Dirt』からの第1弾シングル「My Brave Face」のB面曲。シングル「My Bracve Face」はいろいろなフォーマットで発売されたが、全てのフォーマットに収録されている。
ポールが鼻の掛かったような風変わりなボーカルを聴かせる。イントロ部分がアカペラで始まった後、ストレートなロックに転換する。ロック部分は、ビートルズのアレンジに近い。アカペラ部分はビーチボーイズのブライアン・ウィルソンに影響を受けているようだ。
ほとんどの楽器をポールが演奏しているが、1989-90年のゲットバック・ツアーでのバック・バンドのメンバーのうち、ギターのヘイミッシュ・スチュアートとドラムのクリス・ウィットンがレコーディングに参加した。ドラマーのクリス・ウィットンは、アコーディオン、シンセサイザーも演奏している。
発売後しばらくはシングルにしか収録されていなかったが、1993年にアルバム『Flowers In The Dirt』が再発された時にボーナストラックとして収録された。
コンサートが終わるとすぐに飛行機で帰宅するというポールらしい歌詞であるが、主にリンダのことを歌っているようだ。

演奏:
Paul McCartney: Lead vocal, Guitars, Autoharp, Bass, Drums, Keyboards, Organ, Percussion
Hamish Stuart: Rhythm Guitar, Slide Guitar, Backing Vocal, Synthesiser
Chris Whitten: Drums, Backing Vocal, Accordion, Synthesiser
Linda McCartney: Backing Vocal
録音スタジオ:The Mill, Hog Hill, Sussex
録音日:1988.4-6
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Geoff Emeric, Matt Butler
イギリス発売日:1989.5.8
アメリカ発売日:1989.5.8
日本発売日:1989.6.7

歌詞・コード

Dmaj7     Gmaj7
Flying to my home,
A      Gmaj7 D
Flying to my home.

D A G D A G

D       A    G    D
The sun is fading in the west,
D         A      G
out where the cattle roam.
D       A     G       D
I’m like a bird at the end of the day,
D        Bm
flying to my home.
A          G        A
I’m flying to my home, sweet majesty,
D
I’m flying to my home.

The sky is like a painted flag,
above a sea of chrome.
I’ve got a woman living in my life,
living in my home.
I’m flying to my home, sweet majesty,
I’m flying to my home.

G
I haven’t been back so long
D
I dont know if I’m going to recognize it.
G
They gave the old place a new face
A
And I’m going to take some time to size the situation up.

The sun is fading in the west,
out where the cattle roam.
I’ve got a woman living in my life,
living in my home.
I’m flying to my home, sweet majesty,
I’m flying to my home.

I haven’t been back so long
I dont know if I’m going to recognize it.
They gave the old place a new face
And I’m going to take some time to size the situation up.

D         Bm
I’m flying to my home,
A           G
I’m flying to my home,
D         Bm
I’m flying to my home,
A         G         A
I’m flying to my home, sweet majesty,
D
I’m flying to my home.
I’m flying to my home,
I’m flying to my home.

(c) 1989 MPL Communications, Ltd. Administered by MPL Communications, Inc.

 

Flying Horses

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:2分14秒
収録アルバム:なし
収録シングル:なし

未発表のフィルム『Rupert The Bear』のサウンドトラックのために録音された未発表のインストゥルメンタル。
ギターの同じフレーズが何回も繰り返される曲であるが、馬の鳴き声、馬の足音などがSEとしてふんだんに使われている。
以下のブートで聴くことができる。

Artifacts III – CD 3 – As Time Goes By: 1976-1980 (Big Music — BIG 4035)
Rupert The Bear (Library Product — 2333)
Studio Tracks Vol. 2 (Chapter One — CO 25142)
The Animated Film Soundtracks (Moonlight — ML 9634)
The RuPaul Tapes (Broad Street Toons — BST 1984)
Oobu Joobu Part 8 (Yellow Cat Records — YC 052)

演奏:
Paul McCartney: Piano, Bass, Keyboards
Linda McCartney: Keyboards, Backing Vocal
Denny Laine: Guitar, Keyboards, Backing Vocal
Laurence Juber; Electric guitar, Backing Vocal
Steve Holly: Drums, Backing Vocal
録音スタジオ:Spirit Of Ranachan, Campbeltown, Scotland
録音日:1978.7
プロデューサー:unknown
エンジニア:unknown
イギリス発売日:未発表
アメリカ発売日:未発表
日本発売日:未発表

Fluid

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:(1)11分19秒 (2)3分41秒 (3)4分23秒 (4)4分23秒
収録アルバム:(1)Rushes
収録シングル:(2)Fluid (Out Of Body And Mind Mix) (3)Fluid (Out Of Body Mix) (4)Fluid (Out Of Body With Sitar Mix)

ポール・マッカートニーとYOUTHによるトランス・ミュージックのプロジェクト「The Fireman」のセカンド・アルバム『Rushes』に収録されている4トラック目の曲。
「Fluid」のニティン・ソーニーによるリミックス・バージョン3種類も12インチシングルとして発売され、「Bison」のExtended Versionをカップリングさせている。
プロモーション盤は5種類配布された。リミックスの3トラックのみを収録した45回転12インチ、リミックス3トラックのみのマキシCD、リミックス3トラックと「Bison」を収録した12インチ、アルバム・バージョンとリミックス3トラックを収録した33 1/3回転12インチとマキシCDの合計5種類である。
また、1998年10月17日に放送されたアルバム『Rushes』のウェブ・キャストでは、32分18秒のバージョンが聴けた。

fluid

録音スタジオ:Hog Hill Studio, Sussex
録音日:1995.10-1998
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Youth
イギリス発売日:1998.9.21
アメリカ発売日:1998.10.20
日本発売日:1998.11.18

 

Flaming Pie

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:2分27秒
収録アルバム:Flaming Pie
収録シングル:なし

1997年のアルバム『Flaming Pie』からのタイトル曲。元々、ニューアルバムのために「Souvenir」をジェフ・リンとレコーディングしている時に浮かんだギター・フレーズを元に、即興に近い形で作られた曲。ポールは歌詞を探している時に、1961年にリバプール地元の情報誌「Mersey Beat」に掲載された「ビートルズの名前は、夢の中で、燃えさかるパイ(flaming pie)に乗ってやってきた人に『君たちは、Aを使ったbeetlesだ』と言われたのが由来」というジョン・レノンのビートルズの名前の由来を語った記事を思い出し、それを歌詞に使った。
「”sky”, “bye”, “cry”などの歌詞に韻を踏む言葉を探していたら、”pie”という言葉が浮かんで、ジョンの話を思い出したんだ。”flaming pie”、うん、いいじゃないか!ってね。」(ポール)
1996年2月20,27日の2日間で歌詞を完成させ、1996年2月27日の1日でレコーディングを完成させた。レコーディングは、ポールの歌とピアノ、そしてジェフ・リンのギターを1発取りし、その後にポールのドラムとベースおよびコーラスを被せた。
即興でレコーディングした感が強いので、プロデューサーのジェフ・リンの色が濃いアレンジとなっている。
1997年にアルバムのプロモーションのためにテレビ番組『TFI Friday』『Oprah Show』に出演した時にライブ演奏したが、アルバム発売後7年後の2004年のツアーでレパートリーに取り入れ演奏した。2004年のツアーを伝える各国ニュースでは、この曲と「All My Loving」を演奏する姿が放送で使われた。
アウトテイク、ライブテイクなどは、以下のブートで聴くことができる。

(1)デモ
Veggie Pie (McV — McV 1)
(2)1997年6月27日テレビ番組『TFI Friday』
Veggie Pie (McV — McV 1)
Another Flaming Pie (Walrus Records — Walrus 038)
(3)1997年11月24日『Oprah Winfrey Show』
Veggie Pie (McV — McV 1)
Another Flaming Pie (Walrus Records — Walrus 038)
(4)2004年5月30日マドリード公演
!Viva Espana! CD 2 (Tobacco Kill Records — TKR 006)
(5)2004年6月20日サンクトペテルブルグ公演
San Petersburg Soundboard (CD 2) (Tobacco Kill Records — SPS 2)

演奏:
Paul McCartney: lead vocal, harmony vocal, piano, drums, bass guitar, electric guitar
Jeff Lynne: harmony vocal, electric guitar
録音スタジオ:The Mill, Sussex
録音日:1996.2.27
プロデューサー:Paul McCartney, Jeff Lynne
エンジニア:Geoff Emerick, Jon Jacobs, Keith Smith
イギリス発売日:1997.5.5
アメリカ発売日:1997.5.27
日本発売日:1997.5.17

19970627_03 19971120_02

歌詞・コード
A
Making love underneath the bed
Shooting stars from a purple sky
G       D       C A
I don’t care how I do it
I’m the man on the flaming pie

Stick my tongue out and lick my nose
Tuck my shirt in and zip my fly
Go ahead, have a vision
I’m the man on the flaming pie

B
Everything I do has a simple explanation
E
When I’m with you, you could do with a vacation
A
I took my brains out and stretched ‘em on the rack
D            E        D   E
Now I’m not so sure I’m ever gonna get ‘em back

Cut my toes off to spite my feet
I don’t know whether to laugh or cry
Never mind, check my rhythm
I’m the man on the flaming pie

A G D C

I’m the man on the flaming pie
Everything I do has a simple explanation
When I’m with you, you could do with a vacation
I took my brains out and stretched ‘em on the rack
Now I’m not so sure I’m ever gonna get ‘em back

(c) 1997 MPL Communications, Ltd.
Administered by MPL Communications, Inc.