ポール・マッカートニーのファンサイト(非公認)。ポール・マッカートニーやビートルズの最新ニュース、アルバム・楽曲の解説、ライブ・ツアー記録、新譜・テレビ放送等。

Flying To My Home

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:4分13秒
収録アルバム:Flowers In The Dirt (bonus track)
収録シングル:My Brave Face (7″, 12″, CD, Extended CD, Cassette)

アルバム『Flowers In The Dirt』からの第1弾シングル「My Brave Face」のB面曲。シングル「My Bracve Face」はいろいろなフォーマットで発売されたが、全てのフォーマットに収録されている。
ポールが鼻の掛かったような風変わりなボーカルを聴かせる。イントロ部分がアカペラで始まった後、ストレートなロックに転換する。ロック部分は、ビートルズのアレンジに近い。アカペラ部分はビーチボーイズのブライアン・ウィルソンに影響を受けているようだ。
ほとんどの楽器をポールが演奏しているが、1989-90年のゲットバック・ツアーでのバック・バンドのメンバーのうち、ギターのヘイミッシュ・スチュアートとドラムのクリス・ウィットンがレコーディングに参加した。ドラマーのクリス・ウィットンは、アコーディオン、シンセサイザーも演奏している。
発売後しばらくはシングルにしか収録されていなかったが、1993年にアルバム『Flowers In The Dirt』が再発された時にボーナストラックとして収録された。
コンサートが終わるとすぐに飛行機で帰宅するというポールらしい歌詞であるが、主にリンダのことを歌っているようだ。

演奏:
Paul McCartney: Lead vocal, Guitars, Autoharp, Bass, Drums, Keyboards, Organ, Percussion
Hamish Stuart: Rhythm Guitar, Slide Guitar, Backing Vocal, Synthesiser
Chris Whitten: Drums, Backing Vocal, Accordion, Synthesiser
Linda McCartney: Backing Vocal
録音スタジオ:The Mill, Hog Hill, Sussex
録音日:1988.4-6
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Geoff Emeric, Matt Butler
イギリス発売日:1989.5.8
アメリカ発売日:1989.5.8
日本発売日:1989.6.7

歌詞・コード

Dmaj7     Gmaj7
Flying to my home,
A      Gmaj7 D
Flying to my home.

D A G D A G

D       A    G    D
The sun is fading in the west,
D         A      G
out where the cattle roam.
D       A     G       D
I’m like a bird at the end of the day,
D        Bm
flying to my home.
A          G        A
I’m flying to my home, sweet majesty,
D
I’m flying to my home.

The sky is like a painted flag,
above a sea of chrome.
I’ve got a woman living in my life,
living in my home.
I’m flying to my home, sweet majesty,
I’m flying to my home.

G
I haven’t been back so long
D
I dont know if I’m going to recognize it.
G
They gave the old place a new face
A
And I’m going to take some time to size the situation up.

The sun is fading in the west,
out where the cattle roam.
I’ve got a woman living in my life,
living in my home.
I’m flying to my home, sweet majesty,
I’m flying to my home.

I haven’t been back so long
I dont know if I’m going to recognize it.
They gave the old place a new face
And I’m going to take some time to size the situation up.

D         Bm
I’m flying to my home,
A           G
I’m flying to my home,
D         Bm
I’m flying to my home,
A         G         A
I’m flying to my home, sweet majesty,
D
I’m flying to my home.
I’m flying to my home,
I’m flying to my home.

(c) 1989 MPL Communications, Ltd. Administered by MPL Communications, Inc.

 

The First Stone

作詞作曲:Paul McCartney, Hamish Stuart
収録時間:4分3秒
収録アルバム:なし
収録シングル:This One (12″, CD, Cassette)

1989年からのツアー・メンバーであるヘイミッシュ・スチュアートと共作したナンバー。アルバム『Flowers In The Dirt』のセッションでレコーディングされたが、アルバムには収録されておらず、シングル「This One」のB面やカップリングで発売された。
ポールには珍しくハードロックのアレンジに近く、歌詞の内容は、ジミー・スワガートのような左右どちらにも傾倒しないようなテレビ・ジャーナリストに対する痛烈な批評となっている。
「1987年12月に、サセックスにあるポールのスタジオに行くと、そこにポールと、キーボードのニッキー・ホプキンス、そしてドラマーのクリス・ウィットンがいた。ポールと僕とで半分ずつ曲を書き、少しずつ仕上げていったんだ。」(ヘイミッシュ・スチュアート)
シングルA面の「This One」が様々なフォーマットで発売されているので、この曲が収録されていない「This One」のシングルも存在する。

演奏:
Paul McCartney: Lead vocal, Acoustic guitar, Bass, Harmonies, Keyboards, Rhythm Guitar
Hamish Stuart: Acoustic Guitar, Harmonies, Second Vocal, Rhythm Guitar
Chris Whitten: Drums, Percussion
Robbie Mclntosh: Electric guitar, Acoustic guitar
Linda McCartney: Harmonies
録音スタジオ:The Mill, Hog Hill, Sussex
録音日:1988.4-7
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Geoff Emerick
イギリス発売日:1989.7.17
アメリカ発売日:1989.8.1
日本発売日:1989.7.25

歌詞
HEY, YOU SINNERS, OPEN ALL THE DOORS,
HAVE I GOT NEWS FOR YOU
ABOUT THAT MONEY LOVING PREACH OF YOURS.

FRIDAY NIGHT YOU’LL FIND HIM TAKING PICTURES
OF A MODEL IN A CHEAP HOTEL.
SUNDAY MORNING HE’S RAVING FROM THE PULPIT,
THREATENING TO SEND US ALL TO HELL, WELL, WELL.

DON’T THROW, DON’T THROW, DON’T THROW,
DON’T THROW ANY STONES.
IF YOU CAN’T LIVE BY WHAT YOU TEACH,
YOU BETTER LEAVE ALONE.

DON’T THROW, DON’T THROW, DON’T THROW,
DON’T THROW ANY STONES.
UNLESS YOU PRACTICE WHAT YOU PREACH,
YOU’LL NEVER FIND LOVE.

CAN’T FIND LOVE,
CAN’T FIND LOVE,
CAN’T FIND LOVE,
CAN’T FIND LOVE.

DON’T THROW, DON’T THROW, DON’T THROW,
DON’T THROW ANY STONES.
IF YOU CAN’T LIVE BY WHAT YOU TEACH,
YOU BETTER LEAVE ALONE.

DON’T THROW, DON’T THROW, DON’T THROW,
DON’T THROW ANY STONES.
UNLESS YOU PRACTICE WHAT YOU PREACH,
YOU’LL NEVER FIND LOVE.

HEY, YOU SINNERS, WELL, YOU NEVER CAN TELL,
THE GLORY TRAIN IS LEAVING IN THE MORNING
BUT THE PREACHER’S THERE TO SAY FAREWELL, WELL, WELL.

CAN’T FIND LOVE,
CAN’T FIND LOVE,
CAN’T FIND LOVE,
CAN’T FIND LOVE,
CAN’T FIND LOVE,
CAN’T FIND LOVE.

YET BE YOU WHO IS WITHOUT SINS, CAST THE FIRST STONE.
(The first stone, the first stone, the first stone)

CAN’T FIND LOVE,
CAN’T FIND LOVE,
YOU CAN’T FIND LOVE,
YOU CAN’T FIND LOVE.

(c)1989 MPL Communication Ltd. Joes Songs

 

Figure Of Eight

figure1 figure2 figure3 figure4 figure5

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:(1)3分23秒 (2)5分16秒 (3)4分3秒 (4)5分33秒
収録アルバム:(1)Flowers In The Dirt (4)Tripping The Live Fantastic!!
収録シングル:(2)Figure Of Eight (7″, 12″, cassette, 3″CD) (3)Figure Of Eight (5″ CD)

アルバム『Flowers In The Dirt』からの第3段シングル。1989-90年のワールドツアー「ゲットバック・ツアー」のオープニングを飾った曲。ツアーのオープニング・フィルムの終了と共に、「NOW」という文字をバックにしてポールが登場し、この曲の演奏を開始するという姿に感動を覚えたファンも多い。ツアーのオープニングに当時の新曲を持ってきたということは、ポールも当時のニューアルバム『Flowers In The Dirt』に自信を持っていたのであろう。
アルバム『Flowers In The Dirt』に収録されたバージョンと、シングルで発売されたバージョンは別録音で全く異なる。
アルバム収録バージョンは、「Rough Ride」と同じ演奏メンバーにドラムのクリス・ウィットンを加えて、トレバー・ホーンとスティーブ・リプソンのプロデュースによりレコーディングされた。ライブ感覚を保持するため、クリスのドラムをバックに、ポールはベースとボーカルを同時に録音したが、ベースのミスタッチが多かったため、ベース・パートは後ほど再レコーディングされた。元々ボーカルのキーが高かったため、キーを下げて録音された。ポールのボーカルやエンディングなど、ラフな部分が多い演奏である。
「このアルバムで僕にとって興味のあることと言えば、完全主義の人達と仕事することなんだ。僕はそういうやり方に必ずしも感服しないから、みんなに、エンディングの方法を決めないで、ラフな形でやるように指示するんだ。」(ポール)
アルバムに収録されたのは、オリジナル・バージョンより多少編集されており、オリジナル・バージョンは、以下のブートで聴くことができる。

(5)スタジオ・コンプリート・バージョン
Pizza And Fairy Tales (Disc 2) (Vigotone — VT-190)
Return To Lindiana (Label Unknown)

一方、アルバムの第3弾シングルとして発売が決定したのを受け、この曲をツアーのリハーサル中に、ツアー・バンドのメンバーとスコットランドのスタジオで、キーボードのポール・ウィックス・ウィッケンズの主導のもとで再録音した。
新たにレコーディングされたこのバージョンは、まず、クリス・ヒュージによってリミックスされ、そのリミックス・バージョンを、ボブ・クリアマウンテンが1989年9月12日にアイランド・スタジオでリミックスした。
シングルとしては、オリジナルの5分16秒のバージョンと、これを編集した4分3秒のバージョンが出回っており、それぞれ、7インチ、12インチレコード、3インチCD、5インチCD、プロモ盤と、多種多様なフォーマットで発売された。
シングルとしては、全英42位、全米92位。ヒットには至らなかった。
この曲のプロモーション・ビデオも撮影され、3バージョン存在する。バージョン1とバージョン2は、VIVID Productionのルーク・ロエクのプロデュース、アンディ・モラハン監督によるもので、1989年10月29,30日のチューリッヒ公演の映像に、シングルの音を被せたものである。また、ライブ・バージョンのプロモビデオも作成され、1990年1月17日のウェンブリー公演の音源を元に、数カ所の演奏の映像を被せている。

この曲のライブ・バージョンは、以下のブートで聴くことができる。各地の公演の様子を伝えるニュース映像でも、各地でのこの曲の演奏シーンが使われている。

(6)1990年1月23日ロンドン公演
Welcome To Wombley – CD 1 (Voxx — VOXX 0003-01)
(7)1990年4月1日バークレー公演
Berkeley Concert 1990 (CD 2) (Yellow Cat Records — YC 008)
A Dream Apart (Big Music — BIG028)
(8)1990年4月20日リオ公演
Live On TV In Rio – Part 1 (Ram Records — RAM 007)

(1)
演奏:
Paul McCartney: Lead vocal, Harmonies, Bass, Celeste, Electric Guitar, Acoustic Guitar, Tambourine, Hand Claps
Steve Lipson: Computer Programing, Guitar
Trevor Horn: Keyboards, Hand Claps
Chris Whitten: Drums, Hand Claps
Linda McCartney: Mine Moog, Hand Claps
録音スタジオ:The Mill, Hog Hill, Sussex, Sunset Sound Factory, LA
録音日:1989
プロデューサー:Trevor Horn, Paul McCartney, Steve Lipson
エンジニア:Steve Lipson, Heff Moraes
イギリス発売日:1989.6.5
アメリカ発売日:1989.6.6
日本発売日:1989.6.14

(2)(3)
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Bass
Linda McCartney: Vocal Harmonies, Mine Moog
Paul “Wix” Wickens: Keyboards, Backing Vocal
Chris Whitten: Drums
Robbie Mclntosh: Electric Guitar, Backing Vocal
Hamish Stuart: Electric Guitar, Backing Vocal
録音スタジオ:The Mill, Hog Hill, Sussex
録音日:1989.4-5
プロデューサー:Chris Hughes, Paul McCartney, Ross Cullum
エンジニア:Bob Clearmountain
イギリス発売日:1989.11.13
アメリカ発売日:1989.11.14
日本発売日:未発表

(4)
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Bass
Linda McCartney: Vocal Harmonies, Mine Moog
Paul “Wix” Wickens: Keyboards, Backing Vocal
Chris Whitten: Drums
Robbie Mclntosh: Electric Guitar, Backing Vocal
Hamish Stuart: Electric Guitar, Backing Vocal
録音スタジオ:live from Wembley
録音日:1989.1.17
プロデューサー:Paul McCartney, Bob Clearmountain, Peter Henderson
エンジニア:Bob Clearmountain
イギリス発売日:1990.11.5
アメリカ発売日:1990.11.6
日本発売日:1990.11.5

figure_promo1 figure_promo4 figure_promo3 figure_promo2

歌詞・コード
E A E A G F#m E A E A G F#m E

A/E    E
Well you got me dancing in a figure of eight
A/E    E
Don’t know if I’m coming or going, I’m early or late
B         C#m
Round and round the ring I go
A        B
I wanna know, I wanna know

Why can’t we travel a continuous line
Make love a reliable covenant all the time
Up and down the hills I go
I got to know, I got to know

A     B
Is it better to love one another
G#m7         Amaj7/C#
Than to go for a walk in the dark
A     B             G#m7 B Emaj9
Is it better to love than to give in to hate
A          B
Yeah we’d better take good care of each other
G#m7      Amaj7/C#
Avoid slipping back off the straight and narrow
F#m7            B
It’s better by far than getting stuck
E A E A G F#m E A E A G F#m
In a figure of eight

Well figure it out for yourself little girl
It don’t go nowhere at all
It’s nothing more than a tape loop
In a big dance hall

You’ve got me running in a figure of eight
Don’t know if I’m coming or going, I’m early or late
Round and round that little ring I go
I wanna know, I wanna know

Is it better to love one another
Than to go for a walk in the dark
Is it better to love than to give in to hate
Yeah we’d better take good care of one another
Avoid slipping back off the straight and narrow
It’s better by far than getting stuck
In a figure of eight

(c) 1989 MPL Communications Ltd. Administered by MPL Communications, Inc.

Ferry ‘Cross The Mersey

作詞作曲:Gerry Marsden
収録時間:3分59秒
収録アルバム:なし
収録シングル:Ferry ‘Cross The Mersey

1989年4月15日、ヒルズボロウ・スタジアムで開催されたイングランドサッカーFAカップ(The Football Association Cup)準決勝戦、リバプール対ノッティンガム・フォレストの試合で、暴動を起こしたサポーターの犠牲に遭ったサポーター95人の家族を支援するチャリティー団体「Hillsborough Disaster Fund」のために発売されたチャリティー・シングル。
曲は、1965年にジェリー&ザ・ペースメーカーズのヒット。ポールのソロ名義ではなく、参加したミュージシャンはリバプール出身のミュージシャンで、オリジナル歌手のジェリー・マースデン、ホーリー・ジョンソン(フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッド)、ラッセル・クリスチャン(クリスチャンンズ)、ゲリー・クリスチャン(クリスチャンンズ)。ポールはボーカルとギターで参加した。
1989年4月20日にロンドンのPWLスタジオでレコーディングされ、PWLレーベルから発売された。
全英1位を獲得した。

録音スタジオ:PWL Studios, London
録音日:1989.4.20
プロデューサー:Stock, Aitken and Waterman
イギリス発売日:1989.5.2
アメリカ発売日:未発表
日本発売日:1989

Ebony And Ivory

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:(1)3分42秒 (2)3分41秒 (3)4分1秒
収録アルバム:(1)Tug Of War, All The Best, Greatest (Japan only), Together Endless & Sweet Memories (Japan only), George Martin Box, Mellenium Max(Japan only), 80’s Alive 2(Japan only), The Best Of Stevie Wonder (3)Tripping The Live Fantastic!!
収録シングル:(1)Ebony And Ivory, (2)Ebony And Ivory (12″)

ebony_and_ivory

黒人と白人の間の人種問題をピアノの黒鍵盤と白鍵盤に例えて歌うというメッセージ・ソング。スティービー・ワンダーとのデュエットとして、アルバム『Tug Of War』からの第1段シングルとして発売され、全米・全英1位という大ヒットを記録し、世界中のチャートでも1位を記録し大ヒットした。ポール・マッカートニーの80年代の代表曲であり、80年代ポップスの代表曲でもある。よって、種々のオムニバス・アルバムに収録されている。
「この曲はスパイク・ミリガンのアイデアをもらったよ。どこかで彼の本を読んだんだけど、キーボードには白鍵盤と黒鍵盤が必要で、2つでハーモニーが奏でられるというもの。これはいい類比だと思ったよ。」(ポール)
1980年夏にデモを作成し、10月にウィングスのメンバーとこの曲をリハーサルしたが、曲の最初の部分とサビの部分しか完成していなかった。「2番も同じようなアイデアで歌詞を書くことがいいと思ったんだ。ピアノの類比を用いること以上に飛び抜けた歌詞は掛けなかった。」(ポール) そして、10月のリハーサルが終わる頃に曲のアレンジがほぼ完成したので、12月にロンドンのAIRスタジオにて、ジョージ・マーティンとデモ・レコーディングを行った。
「黒人のミュージシャンとこの曲をレコーディングするのがいいなあと思った。それが歌詞の内容にぴったり合うし、困難を乗り越えようとする感情にぴったりだしね。適当なミュージシャンとして、スティービー・ワンダーが浮かんだ。スティービーに直接電話したら、すぐにいい返事がもらえたよ。」(ポール)
1981年2月1日に、ポール、リンダ、デニー・レインの3人がモンセラット島にあるジョージ・マーティン所有のAIRスタジオに向かい、2月25日にスティービー・ワンダーがモンセラット島に到着し、翌日からレコーディングを開始した。レコーディングの方法としては、まずポールとスティービーが軽くジャム・セッションを行い、スティービーが思いついたソロ・フレーズに、ポールがボコーダーやシンセサイザーを被せていった。
この曲は、ポールの曲の中でも最もレコーディングに掛けた時間が多い曲の1つである。
「”Ebony And Ivoryなんかはかなり長い期間をかけた曲だよ。まずスティービー・ワンダーとモンセラット島で書き始めて、それからスティービー抜きで、何度かのセッションを繰り返したんだけど、ドーキングにあるストロベリー・スタジオ・サウスでもセッションをやったんだ。レコーディングの仕上げにはかなり時間をかけたけど、それだけやっておいてよかったと思うよ。いい曲だってこともあるけど、イギリスではスティービー初のナンバーワン・シングルになったからね」(ポール)
「スティービー・ワンダーと”Ebony And Ivory”をやった時、この曲は人種間の調和を語る上で完璧なアイデアだと思ったんだけど、幼稚だっていう人もいたんだ。でも、素晴らしいと思うだろ? 黒人と白人の間にはいろいろな問題がまだあるっていうのがポイントなんだ。それは否定できないよ。何かいいことを歌うことによって、やりたかっただけなんだよ。」(ポール 1986年1月)
12インチシングルには、ポールのみがボーカルを取るソロ・バージョンも収録された。プロモーション・ビデオも、スティービー・ワンダーとポールのデュエット・バージョン、ポールのソロ・バージョンの2種類が制作された。
デュエット・バージョンは「Coming Up」のプロモビデオの監督を行ったキース・マクミラン監督のもと撮影された。ポールとスティービーのスケジュールが合わず、ポールのパートはロンドンで、スティービーのパートはロサンゼルスで撮影された。
「プロモーション・ビデオは、スティービーとは一緒に撮影できなかったんだけど、途中で2人が目を合わすシーンがあるんだ。最初は僕がスティービーにウィンクして合図するってことだったんだけど、スティービーがそれはおかしいって言ったんだ。だって、彼は目が見えないだろ? そんなことで、スティービーから合図して、僕がウィンクを返すってことにしたんだ。」(ポール)
「Coming Up」で用いたようないろいろな楽器を演奏するポールが一画面上に出てくるのが面白い。
ソロ・バージョンのプロモーション・ビデオは、バリー・マイヤーズ監督のもと、1982年2月11日に撮影された。刑務所で服役中の黒人が陽気にこの曲を歌っている姿とピアノを弾く姿を交互に演出させるものである。このプロモーション・ビデオ撮影日にポールはインタビューに答え、初めてジョンの死について、インタビューに答えている。
1989年のゲットバックツアーでこの曲が取り上げられ、バンドメンバーのヘイミッシュ・スチュアートとデュエットを行っていたが、1989年11月27日のロサンゼルス公演では、観客にいたスティービー・ワンダーが飛び入りで参加し、ライブでのデュエット再現となった。
この曲のデモ・バージョン、およびリハーサル音源は、以下のブートで聴くことができる。

(4)1980年8月デモ
Rude Studio Demos (Columbus Records — CD 080)
Studio Tracks Vol. 1 (Chapter One — CO 25132)
Tug Of War Demos (Red Square — RS 03)
War And Peace (Instant Analysis — R&G 1020)
Give Us A Chord Paul (Angry Dog — AD 9901)
(5)1980年10月ウィングスのリハーサル
When It Rains, It Pours (Disk 2) (Vigotone — vigo162)
(6)1981年2月スティービー・ワンダーとのジャム・セッション
Oobu Joobu Part 1 & 2 (Disk 2) (Yellow Cat Records — YC 046)
Oobu Joobu Radio Chronicles Part One (Unknown — PMCD0P1)
(7)1990年1月23日ロンドン公演
Welcome To Wombley – CD 1 (Voxx — VOXX 0003-01)

ebony_and_ivory_promo12 ebony_and_ivory_promo11 ebony_and_ivory_promo22 ebony_and_ivory_promo21

(1)(2)
演奏:
Paul McCartney: Bass, Guitar, Synthesiser, Vocals, Vocoder, Percussion, Piano, Backing vocal
Stevie Wonder: Electtic Piano, Synthesisers, Vocals, Drums, Percussion, Backing vocal
録音スタジオ:AIR Studios, Montserrat, West Indies
録音日:1981.2.27-3
プロデューサー:George Martin
エンジニア:Geoff Emerick
イギリス発売日:1982.4.26
アメリカ発売日:1982.4.26
日本発売日:1982.5.10

(3)
演奏:
Paul McCartney: Bass, Vocal
Linda McCartney: Keyboards, Vocal
Paul “Wix” Wickens: Keyboards, Backing Vocal
Chris Whitten: Drums
Robbie Mclntosh: Electric Guitar, Backing Vocal
Hamish Stuart: Vocal, Electric Guitar
録音スタジオ:live from Rotterdam
録音日:1989.11.8
プロデューサー:Paul McCartney, Bob Clearmountain & Peter Henderson
エンジニア:Bob Clearmountain
イギリス発売日:1990.11.5
アメリカ発売日:1990.11.6
日本発売日:1990.11.5

歌詞・コード
E F#m7
Ebony and ivory
E F#m
Live together in perfect harmony
E F#m7 B/F#
Side by side on my piano key—board
A/B B B/E E C#m/B B G#m/B A/B F#m/B
Oh lord, why don’t we

E C#m B A E
We all know that people are the same wherever you go
B
There is good and bad in everyone
D6 Do C#7 F#m
We learn to live, we learn to give each other
A E
What we need to survive, together alive

Ebony and ivory
Live together in perfect harmony
Side by side on my piano keyboard
Oh lord, why don’t we

C#sus4 C# F# G#7sus4 C#

F# G#7sus4 C#
Ebony, ivory, living in perfect harmony
F# A/B
Ebony, ivory ooh

We all know that people are the same wherever you go
There is good and bad in everyone
We learn to live, we learn to give each other
What we need to survive, together alive

Ebony and ivory
Live together in perfect harmony
Side by side on my piano keyboard
A/B B B/E E C#sus4 C#
Oh lord, why don’t we
F#m7 B
Side by side on my piano keyboard
A/B B B/E E F#m7 E F#m7
Oh lord, why don’t we

E F#m7 B

E F#m7 B
Ebony, ivory, living in perfect harmony
Ebony, ivory, living in perfect harmony
Ebony, ivory, living in perfect harmony
Ebony, ivory, living in perfect harmony

(c) 1982 MPL Communications, Inc.



Eat At Home(出ておいでよお嬢さん)

作詞作曲:Paul McCartney, Linda McCartney
収録時間:3分22秒
収録アルバム:Ram, Wingspan (Japan only)
収録シングル:Eat At Home (Japan only)、Uncle Albert / Admiral Halsey (UK only)

家庭生活に入ったポールがリンダへ向けて歌ったものと言われているバディー・ホリー風の軽快なロック。リンダのコーラスが印象的。日本とドイツのみでシングルカットされ、また、ベスト盤『Wingspan』の日本盤のボーナストラックとして収録されている。
1975年秋にポールはこの曲のことを「家庭料理に対する要望だよ。ちょっと卑猥な。」と答えており、歌詞には性的な意味を内包しているとも考えられる。
1972年のヨーロッパツアーのオープニングナンバーとしてライブ演奏され、8月のヨーロッパツアーでは、オープニングのインストゥルメンタル・ナンバーとのメドレーで演奏している。

演奏:
Paul McCartney: Bass, Guitars, Keyboards, Vocals
Linda McCartney: Vocals
Dave Spinoza: Guitars
Hugh McCracken: Guitars
Denny Seiwell: Drums
録音スタジオ:Columbia Recording Studio, A&R Recording Studios, NY, and Sound Recorders Studio, LA
録音日:1970.12-1971.4
プロデューサー:Paul & Linda McCartney
エンジニア:Tim, Ted, Phil, Dixson, Armin and Jim
イギリス発売日:1971.5.21
アメリカ発売日:1971.5.17
日本発売日:1971.6.25

 

歌詞・コード
Bb        Eb
Come on, little lady
Bb
Lady, let’s eat at home
Eb
Come on, little lady
Bb
Lady, let’s eat at home
F        Bb
Eat at home, eat at home

Come on, little lady
Lady, let’s eat in bed
Come on, little lady
Lady, let’s eat in bed
Eat in bed, eat in bed

F
Bring the love that you feel for me
Bb
Into line with the love I see
F
And in the morning you bring to me
Bb    B  C  F
Lo-o-o-o-oooo-ooo-o-ooove

Come on, little lady
Lady, now don’t do that
Come on, little lady
Lady, now don’t do that
F      A        B
Don’t do that, don’t do that oo oo ooo ooo oo

F Bb F Bb

Bb    B  C  F
Lo-o-o-o-oooo-ooo-o-ooove

Come on, little lady
Lady, let’s eat at home
Come on, little lady
Lady, let’s eat at home
Eat at home, eat at home

Bb Eb Bb Eb Bb F Bb

Bring the love that you feel for me
Into line with the love I see
And in the morning you bring to me
Lo-o-o-o-oooo-ooo-o-ooove

Come on, little lady
Lady, now don’t do that
Come on, little lady
Lady, now don’t do that
Don’t do that, don’t do that
Don’t do that
Don’t do that
Don’t do that
Don’t do that

(c) 1971 (Renewed) Paul McCartney and Linda McCartney. Administered by MPL Communications, Inc.

Don’t Break The Promises

作詞作曲:Paul McCartney, Eric Stewart, Gouldman Graham Keith
収録時間:3分39秒
収録アルバム:なし
収録シングル:The World Tonight

10ccのエリック・スチュアートとアルバム『Press To Play』の時期に書いた曲。アルバム『Flowers In The Dirt』のレコーディングでレゲエのリズムにアレンジされ録音されたが、その時点では発表されず、10ccの1992年のアルバム『Meanwhile』で、エリックと10ccのグラハムがバラードにアレンジして発表した。
一方、ポールが録音したバージョンは、ポールがDJを担当したラジオ番組『Oobu Joobu』の第9回(1995年7月10日放送)で放送され、その後、アルバム『Flaming Pie』からの第2弾シングル「The World Tonight」のカップリング「Oobu Joobu – Part 4」に収録されている。

演奏:unknown
録音スタジオ:The Mill, Hog Hill, Sussex
録音日:1988.6
プロデューサー:unknown
エンジニア:unknown
イギリス発売日:1997.6.7
アメリカ発売日:未発売
日本発売日:未発売

(c)Jash http://pmccartney.com

歌詞

YOU KNOW I CANNOT ALWAYS BE THERE WITH YOU,
WHEN SOMETHING CRAZY TAKES ME FAR AWAY.
WE MUST STICK TOGETHER THROUGH THIS MADNESS,
I’VE GOT SO MANY THINGS I WANT TO SAY.

TOO MANY FORCES TRY TO COME BETWEEN US,
SO LITTLE TIME TO SHARE AND TALK TO YOU.
IF I SHOW MY HAND TO YOU IN PANIC,
PLEASE, REMEMBER WHAT I’M GOING THROUGH.

I’VE LOVED YOU FOREVER,
BUT IT SEEMS LIKE A DAY.
AND I WANT TO BE THERE WITH YOU,
I DIDN’T WANT IT THIS WAY.

DON’T THINK I DON’T TRUST IN YOU,
I JUST NEEDED TO SAY,
DON’T BREAK THE PROMISES
THAT WE MADE TODAY,
OH NO, DON’T BREAK THE PROMISES

DO YOU REMEMBER COUNTING EVERY MOMENT
BEFORE THE WORLD WE KNEW WAS TORN APART?
NOW WHEN I CLOSE MY EYES I CAN BE WITH YOU,
BUT ARE WE REALLY DANCING IN THE DARK?

A BAD CONNECTION LEADS US TO CONFUSION,
WE’RE ALL TOO EASILY MISUNDERSTOOD.
OH, WE’VE BEEN TOGETHER THROUGH THESE NIGHTMARES
AND NOW WE’VE GOT A CHANCE TO MAKE IT GOOD.

I’VE LOVED YOU FOREVER,
BUT IT SEEMS LIKE A DAY.
AND I WANT TO BE THERE WITH YOU,
I DIDN’T WANT IT THIS WAY.

DON’T THINK I DON’T TRUST IN YOU,
I JUST WANTED TO SAY,
OH, DON’T BREAK THE PROMISES
THAT WE MADE TODAY,
OH, DON’T BREAK THE PROMISES
THAT WE MADE TODAY

DON’T YOU BREAK THE PROMISES,
(Don’t break the promises, promises)
IF YOU DO, YOU’LL BE BREAKING MY HEART.
(Don’t break the promises that you made)
OH, DON’T FORGET THE THINGS WE SAID
(Promises, promises)
AT THE START, OH NO.

I’VE LOVED YOU FOREVER,
BUT IT SEEMS LIKE A DAY.
AND I WANT TO BE THERE WITH YOU,
I DIDN’T WANT IT THIS WAY.

DON’T THINK I DON’T TRUST IN YOU,
I JUST WANTED TO SAY,
OH, DON’T BREAK THE PROMISES
THAT WE MADE TODAY, OH NO.
DON’T BREAK THE PROMISES
THAT WE MADE TODAY,
OH, DON’T BREAK THE PROMISES
THAT WE MADE TODAY.

(c)1922 MAN KEN MUSIC INC 301, 1997 MPL Communications Ltd.

 

Deliverance

cmon_people2 hope_of_deliverance_2

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:(1)8分44秒 (2)7分41秒
収録アルバム:なし
収録シングル:Hope Of Deliverance, C’mon People

1993年のアルバム『Off The Ground』からのファースト・シングル「Hope Of Deliverance」のクラブ用リミックス。リミックスのサンプルとして用いたのは「Hope Of Deliverance」1曲だけではなく、アルバム『Off The Ground』のセッションでレコーディングされた曲全体を用いた。リミックスを担当したのは、DMC(Dance Mix Club)のスティーブ・アンダーソン。
ポールは、どこか分からないようなソウル・ミュージックからサンプリングしてリミックスする方法は望まず、リミックスの音源全てをアルバム『Off The Ground』のセッションでレコーディングされた曲のみとするようにアンダーソンに依頼した。
このリミックス・バージョンがクラブのDJに配布された時は、ポールの名前は明かされず、アーティストのクレジットがなく、「Deliveranace」「Deliverance (Dub Mix)」とのみグリーンのレーベルに印刷された12インチレコードが出回った。
レコードがDJに配布された後、ロンドンのクラブでこの曲が話題になり、ポールは自らが作者であることを明かした。
最初は約500~1000枚のプロモ盤12インチが配布されたが、人気が出たため、1993年1月15日に12インチ盤が製造され、さらにCDとしては、2種類のシングル「Hope Of Deliverance」「C’mon People」のカップリングとして一般に発売された。
このリミックスにはバージョンが2つ存在する。
また、この曲のプロモビデオもリチャード・ヘルソップ監督のもと1993年2月に制作された。

deliverance_promo2 deliverance_promo1

演奏:unknown
録音スタジオ:unknown
録音日:unknown
プロデューサー:Steve Anderson
エンジニア:Steve Anderson
イギリス発売日:1993.2.2
アメリカ発売日:未発表
日本発売日:未発表

Daytime Nightime Suffering

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:3分16秒
収録アルバム:Back To The Egg (bonus track), Wingspan
収録シングル:Goodnight Tonight

アルバム『Back To The Egg』のセッションでレコーディングされたポップなナンバーで、シングル「Goodnight Tonight」のB面として発表され、アルバム『Back To The Egg』にはボーナストラックとして収録されている。
B面ながら、ファンには人気の高い曲で、A面として発売するべきとの声が多かった。ポールは1987年のインタビューで、ビートルズ時代の曲を含めて、この曲が一番気に入っていると答えている。そのため、ベストアルバム『Wingspan』にも収録されている。
レコーディングは、1979年1~2月に、ポール・マッカートニーの音楽出版を手がける会社MPLのロンドンにあるオフィスの地下に作られた、アビーロード・スタジオの第2スタジオをそっくりそのまま模倣して作ったスタジオ「Replica Studio」で行われた。ミキシングは2月に同じ場所で、24トラックテープを用い、49回も行われたという。
ポールの息子ジェームスが、鳴き声で参加している(2分3秒のところで聞こえる)。
「この曲は女性賛美歌なんだ。”What does she get for all of this?”(彼女はこの代償として何を手に入れるんだろう?)という歌詞に対して、”Daytime Nightime Suffering”(昼も夜も悩み続ける)なんだ。女性の苦境ってとこだね。この曲が女性賛美にメリットがあろうとなかろうと、この曲は単なるポップソングなんだ。それだけ。」(ポール)
この曲のアウトテイクは2種類見つかっており、それぞれ以下のブートで聴くことができる。

(1)Rough Mix
Hot Hits And Cold Cuts (Second Mix) (Library Product — 2337)
Studio Tracks Vol. 1 (Chapter One — CO 25132)

(2)Alternate Version
Eggs Up (Disc 2) (Masterfraction — MFCD 016)

演奏:
Paul McCartney: Vocal, Bass, Keyboards
Linda McCartney: Keyboards, Backing Vocal
Denny Laine: Electric guitar, Backing Vocal
Laurence Juber: Electric guitar, Backing Vocal
Steve Holly:Drums, Backing Vocal
録音スタジオ:Replica Studio, London
録音日:1979.1-2
プロデューサー:Paul McCartney, Chris Thomas
エンジニア:Phil McDonald, Mark Vigars
イギリス発売日:1979.3.23
アメリカ発売日:1979.3.19
日本発売日:1979.4.20

歌詞・コード
C                  F G F G
What does she get for all the love she gave you
C             F
There on the ladder of regrets

Bb F Bb F

C         G         F C F C
What does she get for all the love she gave you
G       F
There on the ladder of regrets
G Bb F Bb F     C     Am7   Dm7   G7
Daytime nighttime suffering is all she gets

C      G          F C F C
Where are the prizes for the games she entered
G           F
With little chance of much success
G Bb F Bb F  C       Am7  Dm7  G7
Daytime nighttime suffering is all she gets

Cm    Gm  Cm   Gm
Come on river, overflow
Cm    Gm      Ab
Let your love for your people show
Gm Fm   Cm  Fm     Cm
Come on river, flow through me
Fm    Cm          Db
Let your love for your people be
G    Cm  Gm     Cm
You are the river, I am the stream
Gm       Cm Gm    Cm
Flow mighty river through me

What does it pay to play the leading lady
When like the damse l in distress
Daytime nighttime suffering is all she gets

C    Cmaj7
No less, no more
C6   Cmaj7
No sea, no shore
F     C
No sand, no pail
D9     G7
No fairy tale anymore

Come on river, flow through me
Don’t be stopped by insanity
Come on river, overflow
Let your love for your neighbours grow
You are the river, I am the stream
Flow mighty river through me

Daytime nighttime suffering is all she gets
Daytime nighttime suffering is all she gets
Daytime nighttime suffering is all she gets

C F Em Dm7 C
What does she get for all the love she gave you

(c) 1979 MPL Communications, Ltd.

http://www.youtube.com/watch?v=BBenNlNGIn8

Country Dreamer

作詞作曲:Paul McCartney, Linda McCartney
収録時間:3分7秒
収録アルバム:Red Rose Sppedway (bonus track), Band On The Run (bonus track)
収録シングル:Helen Wheels

1973年のシングル「Helen Wheels」のB面に収録されたカントリー。アルバム『Red Rose Speedway』のセッションで、1972年終わりにレコーディングされたが、アルバム『Red Rose Speedway』には収録されず、CD化された時にボーナス・トラックとして収録された。1993年にアルバムがリマスターされて再発されたときは、アルバム『Band On The Run』の方のボーナス・トラックとして追加された。よって現在入手しようと思えば、アルバム『Band On The Run』の方を購入すればいい。
カントリー・フレーバーあふれるポールのアコースティック・ギターの演奏、ヘンリー・マッカロウのスライド・ギター、そしてポールのユニゾン・ボーカルが心地よい。
日本のグループ、ブラウン・ライスのデビュー曲として提供された。
(1)1973年に放送されたテレビ番組『James Paul McCartney』のギター弾き語りセッションでも演奏されたが、この時はキーをCからEに変更させている。また(2)1974年8月の8月のアコースティック・セッション「Backyard」でも演奏している。それぞれ以下のブートで聴くことができる。

(1)テレビ番組『James Paul McCartney』
The Making Of James Paul McCartney (ReproMan — RPM 106)
The Making Of James Paul McCartney (Midnight Beat — MB CD 114)

(2)「Backyard」セッション
Backyard+ (Yellow Cat Records — YC029)
Good Times Comin’ (Vigotone — VT-121)

演奏:
Paul McCartney: Vocal, Acoustic Guitar, Keyboard
Linda McCartney: Backing vocal
Denny Laine: Bass, Backing vocal
Denny Seiwell: Drums
Henry McCullough: Electric guitar, Backing vocal
録音スタジオ:Olympic Sound Studios, Barnes
録音日:1972.3-12
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Alan Parsons, Richard Lush, Dixson Van Winkie, Tim Geeland, Glyn Johns, David Hentschel
イギリス発売日:1973.10.26
アメリカ発売日:1973.11.12
日本発売日:1973.12.20

歌詞・コード
C     F     C
I’d like to walk in a field with you,
G7    F      C      G7
take my hat and my boots off too.
C     F     C    A7
I’d like to lie in a field with you.
D7      G7     C   A7
Would you like to do it too, May?
D7     G7      C G7
Would you like to do it too?

I like to stand in the stream with you,
roll my trousers up and not feel blue.
I’d like to wash in a stream with you.
D7       G7      C
Would you like to do it too?

Am             G
You and I, country dreamer,
F                  C
when there’s nothing else to do;
Am             G
Me oh my, country dreamer,
F                  G
make a country dream come true.

I’d like to climb up a hill with you,
stand on top and admire the view.
I’d like to roll down a hill with you.
Would you like to do it too, May?
Would you like to do it too?

You and I, country dreamer,
when there’s nothing else to do;
Me oh my, country dreamer,
make a country dream come true.

I’d like to climb up a hill with you,
take my hat and my boots off too.
I’d like to lie in a field with you.
Would you like to do it too, May?
D7 G7 C A7
Would you like to do it too, May?
D7 G7 F C
Would you like to do it too?


(c) 1974 (Renewed) Paul and Linda McCartney. Administered by MPL Communications, Inc.
(c) Jash http://pmccartney.com