ポール・マッカートニーのファンサイト(非公認)。ポール・マッカートニーやビートルズの最新ニュース、アルバム・楽曲の解説、ライブ・ツアー記録、新譜・テレビ放送等。

under construction

The Fool On The Hill

作詞作曲:John Lennon, Paul McCartney
収録時間:(1)5分1秒 (2)3分9秒
収録アルバム:(1)Tripping The Live Fantastic, Tripping The Live Fantastic Hightlights (2)Back In The U.S., Back In The World
収録シングル:なし

ビートルズ時代の1967年に、アルバム(イギリスではEP)『Magical Mystery Tour』で発表した曲。丘の上に建つ世捨て人のことを歌った歌であるが、正論を説くが世の中から相手にされない偉人を隠喩としていると歌詞から推測できる。
ポールはこの曲をウィングス時代のライブから取り上げており、ライブで演奏したのは、1979年のウィングス・イギリスツアー、1989-90年のゲットバック・ツアー、そして2002-3年のツアーである。このうち、1989-90年のゲットバック・ツアー、1989-90年のゲットバック・ツアー、そして2002-3年のツアーでの演奏については、公式ライブで発表している。
1979年の演奏の時は、ホーン・セクションがフルートやリコーダーを演奏した神秘的な演奏となっている。1989-90年のゲットバック・ツアーの時は、曲を演奏する前に「この曲を、ジョン、ジョージ、リンゴに捧げます」とコメントし、曲のエンディング部分のリフレインを追加し、そこにマーティン・ルーサー・キング牧師の有名な演説を流した。マーティン・ルーサー・キング牧師を「正論を説く偉人」に重ねているのであろう。
2002-3年のツアーでは、ウィックスのキーボードに合わせて、ポールがエレキ・ピアノ(ポールは「マジック・ピアノ」と呼んでいる)で弾き語りする。この曲を演奏する前に、エレキピアノで幻想的なフレーズを弾き、「マッサージタイム」と言って、ツアーで各地に宿泊した際にマッサージを受けた体験談を話す。その中には、東京でマッサージを受けている時に、マッサージ師のおばあさんが「Yesterday」を歌うというエピソードも含まれている。
公式アルバムに収録されている以外のライブバージョンは、以下のブートで聴くことができる。

(3)1979年12月17日グラスゴー公演
Last Flight – Disc 1 (Vigotone — Vigotone 164)
Glasgow 1979 (Cool Orangesicle — C 3 201)
(3)1990年1月23日ロンドン公演
Welcome To Wombley – CD 1 (Voxx — VOXX 0003-01)
(4)1989年12月9日モントリオール公演、1990年7月15日フィラデルフィア公演、
公式ビデオ『Get Back』
(5)1990年6月28日リバプール公演
Imagine In Liverpool (The Comeback) (Red Phantom — RPCD 1025)
Radio One’s Liverpool Concert June 1990 (FM) (Liverpool Concert) (Goblin Records — CD3004)
(6)1990年7月4日ワシントン公演
Live at Robert F Kennedy Stadium Part2 (Label Unknown)
4th Of July (CD 1) (Yellow Cat Records — YC 009)
Independance Day (Disc 1) (Red Phantom — RPCD 2135/36)
(8)2002年4月24日ワシントン公演
Driving Macca! (Label Unknown)
(9)2002年5月15日タンパ公演
Live In Tampa Florida 2002 (Night Hawk)
(10)2003年5月24日モスクワ公演
The Complete Russia Concert (DVD 2) (Macca Fan Records — MFR 2003)

(1)
演奏:
Paul McCartney: Piano, Vocal
Linda McCartney: Keyboards, Vocal
Paul “Wix” Wickens: Keyboards, Backing Vocal
Chris Whitten: Drums
Robbie Mclntosh; Electric Guitar, Backing Vocal
Hamish Stuart: Bass, Backing Vocal
録音スタジオ:live from Wembley
録音日:1990.1.13
プロデューサー:Paul McCartney, Bob Clearmountain & Peter Henderson
エンジニア:Bob Clearmountain
イギリス発売日:1990.11.5
アメリカ発売日:1990.11.6
日本発売日:1990.11.5

(2)
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Keyboard
Paul “Wix” Wickens: Keyboards
録音スタジオ:live from Washington
録音日:2002.4.23
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:David Kahne
イギリス発売日:2003.3.17
アメリカ発売日:2002.11.26
日本発売日:2002.11.13

歌詞
Day after day alone on a hill the
man with the fool grin is keeping perfectly still, But
nobody wants to know him, they can see that he’s justa fool and
he never gives an answer.

But the fool on the hill sees the sun going down and the
eyes in his head see the world spinning round

Well on the way head in a cloud, the
man of thousand voices talking perfectly loud, But
nobody ever hears him, or the sound he appears to make and
he never seems to notice.

But the fool on the hill sees the sun going down and the
eyes in his head see the world spinning round

Day after day alone on a hill the
man with the foolish grin is keeping perfectly still, And
nobody seems to like him, they can tell what he wants to do and
he never shows his feelings.

But the fool on the hill sees the sun going down and the
eyes in his head see the world spinning round

Day after day alone on a hill the
man with the foolish grin is keeping perfectly still.
He never listens to them he knows that they’re fools
They don’t like him.

But the fool on the hill sees the sun going down and the
eyes in his head see the world spinning round

C Am C

(c)1967 Nothern Songs. Ltd.

※2004年時点の情報です。

 

 

 

 

Flaming Pie

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:2分27秒
収録アルバム:Flaming Pie
収録シングル:なし

1997年のアルバム『Flaming Pie』からのタイトル曲。元々、ニューアルバムのために「Souvenir」をジェフ・リンとレコーディングしている時に浮かんだギター・フレーズを元に、即興に近い形で作られた曲。ポールは歌詞を探している時に、1961年にリバプール地元の情報誌「Mersey Beat」に掲載された「ビートルズの名前は、夢の中で、燃えさかるパイ(flaming pie)に乗ってやってきた人に『君たちは、Aを使ったbeetlesだ』と言われたのが由来」というジョン・レノンのビートルズの名前の由来を語った記事を思い出し、それを歌詞に使った。
「”sky”, “bye”, “cry”などの歌詞に韻を踏む言葉を探していたら、”pie”という言葉が浮かんで、ジョンの話を思い出したんだ。”flaming pie”、うん、いいじゃないか!ってね。」(ポール)
1996年2月20,27日の2日間で歌詞を完成させ、1996年2月27日の1日でレコーディングを完成させた。レコーディングは、ポールの歌とピアノ、そしてジェフ・リンのギターを1発取りし、その後にポールのドラムとベースおよびコーラスを被せた。
即興でレコーディングした感が強いので、プロデューサーのジェフ・リンの色が濃いアレンジとなっている。
1997年にアルバムのプロモーションのためにテレビ番組『TFI Friday』『Oprah Show』に出演した時にライブ演奏したが、アルバム発売後7年後の2004年のツアーでレパートリーに取り入れ演奏した。2004年のツアーを伝える各国ニュースでは、この曲と「All My Loving」を演奏する姿が放送で使われた。
アウトテイク、ライブテイクなどは、以下のブートで聴くことができる。

(1)デモ
Veggie Pie (McV — McV 1)
(2)1997年6月27日テレビ番組『TFI Friday』
Veggie Pie (McV — McV 1)
Another Flaming Pie (Walrus Records — Walrus 038)
(3)1997年11月24日『Oprah Winfrey Show』
Veggie Pie (McV — McV 1)
Another Flaming Pie (Walrus Records — Walrus 038)
(4)2004年5月30日マドリード公演
!Viva Espana! CD 2 (Tobacco Kill Records — TKR 006)
(5)2004年6月20日サンクトペテルブルグ公演
San Petersburg Soundboard (CD 2) (Tobacco Kill Records — SPS 2)

演奏:
Paul McCartney: lead vocal, harmony vocal, piano, drums, bass guitar, electric guitar
Jeff Lynne: harmony vocal, electric guitar
録音スタジオ:The Mill, Sussex
録音日:1996.2.27
プロデューサー:Paul McCartney, Jeff Lynne
エンジニア:Geoff Emerick, Jon Jacobs, Keith Smith
イギリス発売日:1997.5.5
アメリカ発売日:1997.5.27
日本発売日:1997.5.17

19970627_03 19971120_02

歌詞・コード
A
Making love underneath the bed
Shooting stars from a purple sky
G       D       C A
I don’t care how I do it
I’m the man on the flaming pie

Stick my tongue out and lick my nose
Tuck my shirt in and zip my fly
Go ahead, have a vision
I’m the man on the flaming pie

B
Everything I do has a simple explanation
E
When I’m with you, you could do with a vacation
A
I took my brains out and stretched ‘em on the rack
D            E        D   E
Now I’m not so sure I’m ever gonna get ‘em back

Cut my toes off to spite my feet
I don’t know whether to laugh or cry
Never mind, check my rhythm
I’m the man on the flaming pie

A G D C

I’m the man on the flaming pie
Everything I do has a simple explanation
When I’m with you, you could do with a vacation
I took my brains out and stretched ‘em on the rack
Now I’m not so sure I’m ever gonna get ‘em back

(c) 1997 MPL Communications, Ltd.
Administered by MPL Communications, Inc.

 

Fixing A Hole

作詞作曲:John Lennon, Paul McCartney
収録時間:(1)2分40秒 (2)3分56秒
収録アルバム:なし
収録シングル:なし

ビートルズの1967年のアルバム『Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band』に収録されている曲。主にポールが書いた曲で、ハープシコードがフューチャーされている。
ポールは1993年のニュー・ワールド・ツアーでこの曲を取り上げ、1993年6月13日フィラデルフィア公演まで演奏したが、翌々日のシャーロット公演ではセットリストから外れ、9月からのヨーロッパ・ツアーでは、この曲は「Back In The U.S.S.R」に取って代わられた。公式ライブアルバム『Paul Is Live』にも収録されていないため、この曲のポールによるライブ・バージョンは、公式には聴けないものとなってしまった。
ハープシコードは、キーボードのウィックスが再現し、ポールも複雑なベースラインを忠実に再現して弾きながら、ボーカルを取っている。
以下のブートで、ライン録音によるライブ・バージョンを聴くことができる。

(1)1992年12月10日テレビ番組『Up Close』
Looking For Changes (Yellow Cat Records — YC 003)
(2)1993年ツアー・リハーサル
Oobu Joobu Part 5 (Yellow Cat Records — YC 049)
Oobu Joobu Radio Chronicles Part One (Unknown — PMCD0P1)
Beatles Originals (Solo) (Yellow Cat Records — YC 067)

演奏:
Paul McCartney: Lead Vocal, Bass
Linda McCartney: Backing Vocal, Keyboards
Hamish Stuart: Backing Vocal, Guitar
Robbie Mclntosh: Backing Vocal, Guitar
Paul “Wix” Wickens: Backing Vocal, Keyboards
Blair Cunningham: Drums
録音スタジオ:(1)The Ed Sullivan Theatre, NY (2)unknown
録音日:(1)1992.12.10 (2)unknown
プロデューサー:(1)Joel Gallen (2)unknown
イギリス発売日:未発表
アメリカ発売日:未発表
日本発売日:未発表

歌詞・コード
F C+ Fm7

Bb9     F      C+         Fm7     Fm6
I’m fixing a hole where the rain gets in and
Fm7          Fm6        Fm7   Fm6 Fm7 Fm6
stops my mind from wandering where it will go

I’m filling the cracks that ran through the door and
kept my mind from wandering where it will go And it

F        Gm/C       F      Gm/C
really doesn’t matter if I’m wrong I’m right where I belong
F      Gm/C    F
I’m right where I belong

C        G      C       G
See the people standing there who disagree and never win and
C        G         C
wonder why they don’t get in my door I’m
F         C+      Fm7      Fm6 Fm7
painting the room in a colorful way and when my mind is wan –
Fm6         Fm7   Fm6   Fm7
dering there I will go Oo oo oo ah

Silly people run around who worry me and never ask me
why they don’t get past my door I’m
taking the time to do a number of things that weren’t important yes-
terday and I still go

(c)1967 Nothern Songs Ltd.

 

 

The End

作詞作曲:John Lennon, Paul McCartney
収録時間:(1)3分17秒 (2)3分31秒
収録アルバム:(1)Tripping The Live Fantastic!!, Trippinng The Live Fantastic Highlights!!! (2)Back In The U.S., Back In The World
収録シングル:なし

ビートルズの実質的な最後のアルバムとなった『Abbey Road』の最後から2曲目に収録されている曲。
このアルバムの壮大なメドレーの最後を飾る曲としてポールが作ったもので、ビートルズの演奏では、リンゴ・スターのドラム・ソロに続き、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、ジョン・レノンの順でリード・ギターが披露される。
最後に登場する歌詞「The love you take is equal to the love you made.」は、ビートルズ解散を意識してポールがファンに向けて書いたものである。
ポールは、1989~90年のゲットバックツアーのリハーサルの時にこの曲を演奏したところ、スタッフの一人が泣きじゃくったので、この曲をステージのレパートリーとして取り入れたというエピソードがある。2002~3年と2004年のツアーでは、コンサートのアンコールの最後の曲として演奏した。
ステージでは、ドラム・ソロの間に、ポールがキーボードを離れギターを抱え、ツアーバンドメンバーとギター・ソロ・バトルを繰り広げる。ギター・ソロはもちろんアドリブで演奏されているため、日によって異なる。この時、キーボードのウィックスがベースの音を演奏して、バンド全体の演奏をカバーしている。
なお、1997年9月15日にロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで開催されたモンセラット島救済コンサートでもこの曲を出演者全員で演奏した。
公式アルバムに収録されている以外の演奏は、以下のブートで聴くことができる。

(3)1990年1月23日ロンドン公演
Welcome To Wombley – CD 1 (Voxx — VOXX 0003-01)
(4)1990年7月15日フィラデルフィア公演
公式ビデオ『Get Back』
(5)1990年6月28日リバプール公演
Imagine In Liverpool (The Comeback) (Red Phantom — RPCD 1025)
Radio One’s Liverpool Concert June 1990 (FM) (Liverpool Concert) (Goblin Records — CD3004)
(6)1990年7月4日ワシントン公演
Live at Robert F Kennedy Stadium Part2 (Label Unknown)
4th Of July (CD 1) (Yellow Cat Records — YC 009)
Independance Day (Disc 1) (Red Phantom — RPCD 2135/36)
(7)1997年9月15日ロンドン・ロイヤル・アルバート・ホール
公式ビデオ・DVD『モンセラット島救済コンサート』
(8)2002年4月24日ワシントン公演
Driving Macca! (Label Unknown)
(9)2002年5月15日タンパ公演
Live In Tampa Florida 2002 (Night Hawk)
(10)2003年5月24日モスクワ公演
The Complete Russia Concert (DVD 2) (Macca Fan Records — MFR 2003)
(11)2004年5月30日マドリード公演
!Viva Espana! CD 2 (Tobacco Kill Records — TKR 006)
(12)2004年6月20日サンクトペテルブルグ公演
San Petersburg Soundboard (CD 2) (Tobacco Kill Records — SPS 2)

(1)
演奏:
Paul McCartney: Piano, Guitar, Vocal
Linda McCartney: Keyboards, Vocal
Paul “Wix” Wickens: Keyboards, Backing Vocal
Chris Whitten: Drums
Robbie Mclntosh: Electric Guitar, Backing Vocal
Hamish Stuart :Bass, Electric Guitar, Backing Vocal
録音スタジオ:live from Tronto, Canada
録音日:1989.12.7
プロデューサー:Paul McCartney, Bob Clearmountain & Peter Henderson
エンジニア:Bob Clearmountain
イギリス発売日:1990.11.5
アメリカ発売日:1990.11.6
日本発売日:1990.11.5

(2)
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Guitar
Rusty Anderson: Backing Vocal, Guitar
Brain Ray: Backing Vocal, Bass, Guitar
Paul “Wix” Wickens: Backing Vocal, Acoustic Guitar
Abe Raboriel Jr.: Backing Vocal, Drums
録音スタジオ:live from Ft.Lauderdale
録音日:2002.5.17
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:David Kahne
イギリス発売日:2003.3.17
アメリカ発売日:2002.11.26
日本発売日:2002.11.13

歌詞・コード

A D B E
Oh Yeah All Right
A          Ebdim    A
Are you gon na be in my dreams tonight

A7 A D7 D7
Love You Love You
A
And in the end
G/A         F      Dm7 G7 C D Eb F C
The love you take is equal to the love you made

(c)1969 Northern Songs

Eat At Home(出ておいでよお嬢さん)

作詞作曲:Paul McCartney, Linda McCartney
収録時間:3分22秒
収録アルバム:Ram, Wingspan (Japan only)
収録シングル:Eat At Home (Japan only)、Uncle Albert / Admiral Halsey (UK only)

家庭生活に入ったポールがリンダへ向けて歌ったものと言われているバディー・ホリー風の軽快なロック。リンダのコーラスが印象的。日本とドイツのみでシングルカットされ、また、ベスト盤『Wingspan』の日本盤のボーナストラックとして収録されている。
1975年秋にポールはこの曲のことを「家庭料理に対する要望だよ。ちょっと卑猥な。」と答えており、歌詞には性的な意味を内包しているとも考えられる。
1972年のヨーロッパツアーのオープニングナンバーとしてライブ演奏され、8月のヨーロッパツアーでは、オープニングのインストゥルメンタル・ナンバーとのメドレーで演奏している。

演奏:
Paul McCartney: Bass, Guitars, Keyboards, Vocals
Linda McCartney: Vocals
Dave Spinoza: Guitars
Hugh McCracken: Guitars
Denny Seiwell: Drums
録音スタジオ:Columbia Recording Studio, A&R Recording Studios, NY, and Sound Recorders Studio, LA
録音日:1970.12-1971.4
プロデューサー:Paul & Linda McCartney
エンジニア:Tim, Ted, Phil, Dixson, Armin and Jim
イギリス発売日:1971.5.21
アメリカ発売日:1971.5.17
日本発売日:1971.6.25

 

歌詞・コード
Bb        Eb
Come on, little lady
Bb
Lady, let’s eat at home
Eb
Come on, little lady
Bb
Lady, let’s eat at home
F        Bb
Eat at home, eat at home

Come on, little lady
Lady, let’s eat in bed
Come on, little lady
Lady, let’s eat in bed
Eat in bed, eat in bed

F
Bring the love that you feel for me
Bb
Into line with the love I see
F
And in the morning you bring to me
Bb    B  C  F
Lo-o-o-o-oooo-ooo-o-ooove

Come on, little lady
Lady, now don’t do that
Come on, little lady
Lady, now don’t do that
F      A        B
Don’t do that, don’t do that oo oo ooo ooo oo

F Bb F Bb

Bb    B  C  F
Lo-o-o-o-oooo-ooo-o-ooove

Come on, little lady
Lady, let’s eat at home
Come on, little lady
Lady, let’s eat at home
Eat at home, eat at home

Bb Eb Bb Eb Bb F Bb

Bring the love that you feel for me
Into line with the love I see
And in the morning you bring to me
Lo-o-o-o-oooo-ooo-o-ooove

Come on, little lady
Lady, now don’t do that
Come on, little lady
Lady, now don’t do that
Don’t do that, don’t do that
Don’t do that
Don’t do that
Don’t do that
Don’t do that

(c) 1971 (Renewed) Paul McCartney and Linda McCartney. Administered by MPL Communications, Inc.

Drive My Car

作詞作曲:John Lennon, Paul McCartney
収録時間:2分16秒
収録アルバム:Paul Is Live
収録シングル:なし

ビートルズ時代に発表したモータウン風の曲。ベースとギターのフレーズ、車のクラクション風の音楽など、各フレーズが印象的な曲である。オーティス・レディングの「Respect」に影響された曲とも言われている。
「これは僕の曲の1つだ。でも、歌詞の”golden rings”のところで何かあったな・・・歌詞に行き詰まっていて・・・よく覚えていないけど、そういうわけか、車を用いることを思いついたんだ。で、それを皮肉に使おうと。ロサンゼルスの若手女優が「そう、あなたは私の車を運転できるよね。」と言っているような感じさ。それが面白かったので、歌詞が一気に出来たね。」(ポール)
実際のところ、歌詞の一部はジョン・レノンが手伝っている。
オリジナルはビートルズのアルバム『Rubber Soul』の1曲目を飾った。ビートルズ時代にライブ演奏されたことはないが、1993年のニュー・ワールド・ツアーで取り上げ、この時も、この曲をオープニング・ナンバーに持ってきた。
2004年のツアー「04 Summer」でレパートリーに復活し、セットリストの中盤で演奏した。しかし、2005年2月6日のNFLスーパーボウル・ハーフタイムショーで演奏した時は、オープニング・ナンバーに持ってきた。
公式アルバム『Paul Is Live』に収録されたカンサス・シティー公演以外の演奏は、以下のブートで聴くことができる。

(2)1993年ツアーリハーサル
 Beatles Originals (Solo) (Yellow Cat Records — YC 067)
 Oobu Joobu Part 7 (Yellow Cat Records — YC 051)
(3)1993年ツアーリハーサル
 公式ビデオ『Movin’ On』
(4)1993年6月15日シャーロット公演
 Out In The Crowd (Nikko Records NK 005-06)
 Back In The U.S.A. (Vol. 3) (Banana — BAN-029-C)
(5)1993年11月14日東京公演
 Hola Argentina (CD 1) (Macca Fan Records — w/r)
(6)2004年6月20日サンクトペテルブルグ公演
 San Petersburg Soundboard (CD 2) (Tobacco Kill Records — SPS 2)
(7)2004年6月26日グラストンベリー・フェスティバル
 Glastonbury 2004 (DVD) (Label Unknown)
(8)2005年2月6日NFLスーパーボウル・ハーフタイムショー
 Paul McCartney At The Super Bowl 2002-2005 (Wall Of Sound — WOS-DVD-001)

drive_my_car_promo1.jpgdrive_my_car_promo2.jpg

演奏:
 Paul McCartney: Vocal, Bass
 Linda McCartney: Backing Vocal
 Hamish Stuart: Backing Vocal, Electric Guitar
 Robbie Mclntosh: Backing Vocal, Electric Guitar
 Paul “Wix” Wickens: Backing Vocal, Acoustic Guitar
 Blair Cunningham: Drums
録音スタジオ:Live from Kansas City
録音日:1993.5.31
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Geoff Emerick
イギリス発売日:1993.11.8
アメリカ発売日:1993.11.16
日本発売日:1993.11.10

歌詞・コード
Am7         D
Asked a girl what she wanted to be
Am7       D
And she said baby, can’t you see
Am7          D
I want to be famous, a star on the screen
Em           Em7+
But you can do something in between

F#m7         Am7 Bm7 Cm7 Bm7 Am7
Baby you can drive my car
F#m7         Am7 Bm7 Cm7 Bm7 Am7
Yes I’m gonna be a star
F#m7         Am7
Baby you can drive my car
Bm7   Em7+
And baby I love you

I told the girl that my prospects were good, And she said “Baby, it’s understood
Working for peanuts, is all very fine, But I can show you a better time

Baby you can drive my car, Yes I’m gonna be a star
Baby you can drive my car, and maybe I’ll love you”
Beep, beep, beep, beep, yeah!

Baby you can drive my car, Yes I’m gonna be a star
Baby you can drive my car, and maybe I’ll love you”

I told that girl I could start right away, And said, “Listen babe, I got something to say
I got no car and it’s breaking my heart, But I found a driver, and that and that’s a start

Baby you can drive my car, Yes I’m gonna be a star
Baby you can drive my car, and maybe I’ll love you”
Beep, beep, beep, beep, yeah!
Beep, beep, beep, beep, yeah!
Beep, beep, beep, beep, yeah!
Beep, beep, beep, beep, yeah!

(c)1966 Northern Songs Ltd.



 

(c)Jash http://pmccartney.com

Darkroom*

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:2分18秒
収録アルバム:McCartney Ⅱ
収録シングル:なし

東洋っぽい音楽と、留置所を連想する「Darkroom」、それとアルバム『McCartneyⅡ』が日本での麻薬所持による逮捕後に発表されたことから、日本での体験が元になった曲と思われているが、実は日本での逮捕前に録音された曲である。
ポールは、まずリズムトラックをシンセサイザーで作り、それに即興で楽器とボーカルをかぶせていって作った。
「この曲は、僕がどうやって作ったかわかる曲なんだ。元のバージョンはとても長い曲で、ちょっとしたいろいろな変なノイズを入れたんだ。でも、この曲が好きだったから、編集してアルバムに収録したよ。」
「ダークルームにはいろいろな意味があるさ。写真を現像するときの暗室、ただ単に暗い部屋、男が女を誘う時に『僕のダークルームにおいで』っていうようなこと。」(ポール)
ポールの語るとおり、オリジナル・バージョンは3分38秒あり、後半部分にエレキギターが入ったりしており、そのバージョンは以下のブートで聴くことができる。

The Lost Mccartney II Album – CD 2 (Birthday Records — BR 042)
The Lost McCartney Album (Disc 2) (Voxx — VOXX 0007-02)
The Original McCartney II Double Album (Ram Records — RAM 004)

演奏:
Paul McCartney: All Instruments and Voices
録音スタジオ:Peasmarsh, East Sussex, Spirit Of Ranachan Studio, Scotland
録音日:1979.6-7
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Paul McCartney
イギリス発売日:1980.6.13
アメリカ発売日:1980.7.22
日本発売日:1980.8.5

歌詞・コード
Fm7
Got a place we can go, lights are low
Let me show you to my darkroom

Come-a, come along with me to my darkroom
Come-a, come along with me to my darkroom

Come-a, come along with me to my darkroom
Come-a, come along with me to my darkroom

Come a come a come a come a come a
Come a come a come a come a come a

Got a place we can go, lighting low
Let me show you to my darkroom

Come-a, come along with me to my darkroom
Come-a, come along with me to my darkroom, we can go
Got a place we can go, lighting low
Let me show you to my darkroom

Come-a, come along with me to my darkroom

(c) 1980 MPL Communications Ltd. Administered by MPL Communications, Inc.



Country Dreamer

作詞作曲:Paul McCartney, Linda McCartney
収録時間:3分7秒
収録アルバム:Red Rose Sppedway (bonus track), Band On The Run (bonus track)
収録シングル:Helen Wheels

1973年のシングル「Helen Wheels」のB面に収録されたカントリー。アルバム『Red Rose Speedway』のセッションで、1972年終わりにレコーディングされたが、アルバム『Red Rose Speedway』には収録されず、CD化された時にボーナス・トラックとして収録された。1993年にアルバムがリマスターされて再発されたときは、アルバム『Band On The Run』の方のボーナス・トラックとして追加された。よって現在入手しようと思えば、アルバム『Band On The Run』の方を購入すればいい。
カントリー・フレーバーあふれるポールのアコースティック・ギターの演奏、ヘンリー・マッカロウのスライド・ギター、そしてポールのユニゾン・ボーカルが心地よい。
日本のグループ、ブラウン・ライスのデビュー曲として提供された。
(1)1973年に放送されたテレビ番組『James Paul McCartney』のギター弾き語りセッションでも演奏されたが、この時はキーをCからEに変更させている。また(2)1974年8月の8月のアコースティック・セッション「Backyard」でも演奏している。それぞれ以下のブートで聴くことができる。

(1)テレビ番組『James Paul McCartney』
The Making Of James Paul McCartney (ReproMan — RPM 106)
The Making Of James Paul McCartney (Midnight Beat — MB CD 114)

(2)「Backyard」セッション
Backyard+ (Yellow Cat Records — YC029)
Good Times Comin’ (Vigotone — VT-121)

演奏:
Paul McCartney: Vocal, Acoustic Guitar, Keyboard
Linda McCartney: Backing vocal
Denny Laine: Bass, Backing vocal
Denny Seiwell: Drums
Henry McCullough: Electric guitar, Backing vocal
録音スタジオ:Olympic Sound Studios, Barnes
録音日:1972.3-12
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Alan Parsons, Richard Lush, Dixson Van Winkie, Tim Geeland, Glyn Johns, David Hentschel
イギリス発売日:1973.10.26
アメリカ発売日:1973.11.12
日本発売日:1973.12.20

歌詞・コード
C     F     C
I’d like to walk in a field with you,
G7    F      C      G7
take my hat and my boots off too.
C     F     C    A7
I’d like to lie in a field with you.
D7      G7     C   A7
Would you like to do it too, May?
D7     G7      C G7
Would you like to do it too?

I like to stand in the stream with you,
roll my trousers up and not feel blue.
I’d like to wash in a stream with you.
D7       G7      C
Would you like to do it too?

Am             G
You and I, country dreamer,
F                  C
when there’s nothing else to do;
Am             G
Me oh my, country dreamer,
F                  G
make a country dream come true.

I’d like to climb up a hill with you,
stand on top and admire the view.
I’d like to roll down a hill with you.
Would you like to do it too, May?
Would you like to do it too?

You and I, country dreamer,
when there’s nothing else to do;
Me oh my, country dreamer,
make a country dream come true.

I’d like to climb up a hill with you,
take my hat and my boots off too.
I’d like to lie in a field with you.
Would you like to do it too, May?
D7 G7 C A7
Would you like to do it too, May?
D7 G7 F C
Would you like to do it too?


(c) 1974 (Renewed) Paul and Linda McCartney. Administered by MPL Communications, Inc.
(c) Jash http://pmccartney.com

Comfort Of Love

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:2分55秒
収録アルバム:なし
収録シングル:なし

2003年9月23日にロサンゼルスのビバリーヒルズにあるBeverly Wilsire Hotelで行われた、対人地雷廃絶キャンペーンの支援とPRを目的とした団体「Adopt-A-Minefield」のチャリティーイベントに出演した際のリハーサルで演奏された未発表曲。
ミドルテンポのピアノ・バラードで、キーはAm。
アルバム『Driving Rain』のレコーディング・メンバーとほぼ同じメンバーによって演奏されているため、雰囲気はアルバム『Driving Rain』に収録されている曲に近い。
未発表曲であるので、もちろん以下のブートでしか聴くことができず、ブートレッガーがリハーサル会場で録音したテープが元になっていると思われる。

Adopt-A-Minefield Volume 3 (Mac’s Tracks)

演奏:
Paul McCartney: Vocal, Piano
Rusty Anderson: Guitar
Brain Ray: Bass
Paul “Wix” Wickens: Keyboards
Abe Raboriel Jr.: Drums
録音スタジオ:rehearsal from Beverly Wilsire Hotel, LA
録音日:2003.9.23
イギリス発売日:未発表
アメリカ発売日:未発表
日本発売日:未発表

 

Calico Skies

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:(1)2分29秒 (2)2分30秒 (3)2分31秒
収録アルバム:(1)Flaming Pie (2)Back In The World (3)Hope – For The Children Of Iraq
収録シングル:なし

1991年8月にポールがロング・アイランドのハンプトンで家族と休暇を過ごしていた時に書いた曲。その時、大型ハリケーンのボブが辺りを襲って停電になり、家族からの要望でアコースティック1本で弾き語りできるような曲を作った。
「ハリケーンのボブが原因であたりが停電になったんだ。ろうそくを灯しながら、料理なんかしてたんだ。とっても原始的だったけど、こういう質素な感じになってしまうのもかえってよかった。レコードをかけることができなかったので、アコースティック・ギターで曲を作った。そのうちの1曲。この曲は停電の時の思い出そのものだ。」(ポール)
「この曲を聴いた人たちには、これまでになくエモーショナルだと言われるんだけど、特に何かにインスピレーションを得て書いたというわけじゃないんだ。僕の中にはありとあらゆる感情が渦巻いている。僕はそれらの感情をよく知っているし、何かを書いている時には、そのプールの中にどっぷり浸かっているようなものなんだ。この曲は “Blackbird” に通じるようなアコースティックなものにしたいと思っていた。ドラムを入れたり凝ったアレンジを施さなくても成り立つような、シンプルなもの。もしどこかで『何か一曲やってよ』って言われても、すぐパッとプレイできるようなもの」(ポール)
アルバム『Off The Ground』発売前の1992年2月22日にレコーディングされたが、『Off The Ground』がバンド演奏の曲を中心に収録したため収録が見送られ、次作の『Flaming Pie』に収録された。アルバム『Flamig Pie』では、ギターのチューニングを半音下げて演奏されている。
公式発表から約5年後の2002年11月17日大阪公演で、突如ライブ演奏され、次の年の2003年のツアーで演奏された。
イラク戦争で犠牲になった子供達を支援するチャリティーアルバム『Hope – For The Children Of Iraq』のために、この曲の2003年3月のヨーロッパツアーのリハーサル演奏が提供された。ライブ演奏されたのは弾き語りではなくバンドとしての演奏で、キーもギターのチューニングを変えずに(D)演奏されている。
その他のバージョンは、以下のブートで聴くことができる。

(4)弾き語りデモ
公式ビデオ『In The World Tonight』
(5)弾き語りデモ、アルバム『Flaming Pie』EPK
We’d Go On For Hours (No Label Records — nlr 9902)
(6)1998年2月1日 テレビ番組『Christopher Reeve: A Celebration Of Hope』
We’d Go On For Hours (No Label Records — nlr 9902)
(7)2002年4月24日ワシントン公演
Driving Macca! (Label Unknown)
(8)2002年5月15日タンパ公演
Live In Tampa Florida 2002 (Night Hawk)
(9)2003年5月24日モスクワ公演
The Complete Russia Concert (DVD 2) (Macca Fan Records — MFR 2003)
(10)2003年ツアーリハーサル
Secret Show Extra 2002 (Now Disc International — NOW 04)
(11)2004年5月30日マドリード公演
!Viva Espana! CD 2 (Tobacco Kill Records — TKR 006)
(12)2004年6月20日サンクトペテルブルグ公演
San Petersburg Soundboard (CD 2) (Tobacco Kill Records — SPS 2)

(1)
演奏:
Paul McCartney: vocal, acoustic guitar, knee slap/percussion
録音スタジオ:The Mill, Sussex
録音日:1992.2.22
プロデューサー:Paul McCartney, George Martin
エンジニア:Bob Kraushaar
イギリス発売日:1997.5.5
アメリカ発売日:1997.5.27
日本発売日:1997.5.17

(2)
Paul McCartney: Vocal, Acoustic Guitar
Rusty Anderson: Backing Vocal, Acoustic Guitar
Brain Ray: Backing Vocal, Bass
Paul “Wix” Wickens: Backing Vocal, Accordion
Abe Raboriel Jr.: Backing Vocal, Drums
録音スタジオ:live from Osaka
録音日:2002.11.18
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:David Kahne
イギリス発売日:2003.3.17
アメリカ発売日:なし
日本発売日:2003.3.29

(3)
Paul McCartney: Vocal, Acoustic Guitar
Rusty Anderson: Backing Vocal, Acoustic Guitar
Brain Ray: Backing Vocal, Bass
Paul “Wix” Wickens: Backing Vocal, Accordion
Abe Raboriel Jr.: Backing Vocal, Drums
録音スタジオ:rehearsal from London
録音日:2003.3
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:David Kahne
イギリス発売日:2003.4
アメリカ発売日:2003.4
日本発売日:2003.5.28

歌詞・コード
D A/D G/D D G/D D
D A/D G/D D D6 G/D D
D    A/D G/D  D    G/D D
It was writ-ten that I would love you
D    A/D G/D D D6 G/D D
From the mo–ment I opened my eyes
D     A/D G/D   D    G/D D
And the morning when I first saw you
D    A/D G/D D D6 G/D D
Gave me life under cali-co skies

D/F#  G   G6 A    D  A D A Bm
I will hold you for as long as you like
Dadd9/A G G6 A  D A D A D
I’ll hold you for the rest of my life

Always looking for ways to love you
Never failing to fight at your side
While the angels of love protect us
From the innermost secrets we hide
I’ll hold you for as long as you like
I’ll hold you for the rest of my life

Long live all of us crazy soldiers
Who were born under calico skies
May we never be called to handle
All the weapons of war we despise
I’ll hold you for as long as you like
I’ll hold you for the rest of my life
I’ll hold you for as long as you like
D A D A
I’ll hold you for the rest of my
A D A D A
For the rest of my life

(c)1997 MPL Communications, Ltd. Administered by MPL Communications, Inc.