ポール・マッカートニーのファンサイト(非公認)。ポール・マッカートニーやビートルズの最新ニュース、アルバム・楽曲の解説、ライブ・ツアー記録、新譜・テレビ放送等。

unreleased song

Fortune Teller

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:1分8秒
収録アルバム:なし
収録シングル:なし

1986年11月4日、「Stranglehold」のプロモーション・ビデオ撮影のために、アリゾナのレストラン「ハーフウェイ・ステーション」で行われた撮影セッションのウォーミング・アップとして演奏された即興曲。バンドメンバーがセッティング中に、セッティング完了したメンバーだけで軽く音のチェックのために演奏しているというジャム・セッションで、ポールのアドリブ・ボーカルが被る。
ポールのアドリブ・ボーカルの中に「Fortune Teller」という言葉が出てくるので、それがタイトルの起源になっている。
この日セッションは午後3時半から開始され、実際の撮影のためのセッションは7時から深夜まで行われた。なおこのセッションは、新しいポールのバンドメンバーを探すオーディションも兼ねていたという。次のアルバムをプロデュースした(結局発売はされなかった)フィル・ラモーンも同席していた。
プロモーションビデオの撮影は、ボブ・ギラルディによって行われ、「Stranglehold」は公式ビデオ『Once Upon A Video』でも発売された。

演奏:
Paul McCartney: Guitar
Duane Sciacqua: Guitar
Jerry Marotta: Drums
Neil Jason: Bass
Lenny Pickett: Baritone Sax
Alex Foster: Alto Sax
録音スタジオ:Half Way Station Restaurant, Amado, AZ
録音日:1986.11.4
プロデューサー:Bob Giraldi
エンジニア:Paul McCartney, Phil Ramone
イギリス発売日:未発表
アメリカ発売日:未発表
日本発売日:未発表

The Fool

作詞作曲:Sanford Clark, Naomi Ford
収録時間:(1)2分37秒 (2)4分4秒
収録アルバム:なし
収録シングル:なし

オリジナルは1956年のスタンフォード・クラーク。同年に全米ビルボードチャート9位まで上昇するというヒットを記録する。スタンフォード・クラークは1935年生まれオクラホマ出身の男性シンガーで、この曲が唯一のヒット曲である。
ポールはこの曲を、1979年のウィングス・リハーサルと、1991年のMTV『Unplugged』で演奏したが、両方のバージョンとも公式発表はしていない。『Unplugged』の時の演奏は、テレビ放送もされず、公式アルバムにも収録されなかったが、未編集バージョンのブートで見ることができる。
それぞれ、以下のブートで聴くことができる。

(1)1979年ウィングス・リハーサル
Rock And Roll Jam Sessions (Kintyre Records — PROMO CD 043)
Lympne Castle Sessions (Red Square — RS 04)

(2)テレビ番組『Unplugged』
Plugged And Unplugged (Mistral Music — MM 9234)
UNPLUGGED (The Complete Version) (Capitol (Fake) — none)
Pulling The Plug Fantastic (Chapter One — CO 25191)
Oobu Joobu (Part 3) (DVD) (MPL (Fake) — 971120)

(1)1979年ウィングス・リハーサル
演奏:unknown
録音スタジオ:Lympne Castle, Kent, UK
録音日:circa 1977(?), 1979.5-6(?)
プロデューサー:Paul McCartney(?)
エンジニア:Paul McCartney(?)
イギリス発売日:未発表
アメリカ発売日:未発表
日本発売日:未発表

(2)テレビ番組『Unplugged』
演奏:
Paul McCartney: Vocal, Acoustic guitar
Linda McCartney: Vocal harmonies, Harmonium
Paul “Wix” Wickens: Piano, Vocal harmonies
Blair Cunningham: Drums
Robbie Mclntosh; Acoustic guitar, Vocal harmonies
Hamish Stuart: Acoustic bass guitar, Vocal harmonies
録音スタジオ:Limehouse Television Studios, Wembley
録音日:1991.1.25
プロデューサー:Joel Gallen
エンジニア:Geoff Emerick, Peter Craigie, Gary Stewart, Eddie Klein
イギリス発売日:未発表
アメリカ発売日:未発表
日本発売日:未発表

 

 

 

Flying Horses

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:2分14秒
収録アルバム:なし
収録シングル:なし

未発表のフィルム『Rupert The Bear』のサウンドトラックのために録音された未発表のインストゥルメンタル。
ギターの同じフレーズが何回も繰り返される曲であるが、馬の鳴き声、馬の足音などがSEとしてふんだんに使われている。
以下のブートで聴くことができる。

Artifacts III – CD 3 – As Time Goes By: 1976-1980 (Big Music — BIG 4035)
Rupert The Bear (Library Product — 2333)
Studio Tracks Vol. 2 (Chapter One — CO 25142)
The Animated Film Soundtracks (Moonlight — ML 9634)
The RuPaul Tapes (Broad Street Toons — BST 1984)
Oobu Joobu Part 8 (Yellow Cat Records — YC 052)

演奏:
Paul McCartney: Piano, Bass, Keyboards
Linda McCartney: Keyboards, Backing Vocal
Denny Laine: Guitar, Keyboards, Backing Vocal
Laurence Juber; Electric guitar, Backing Vocal
Steve Holly: Drums, Backing Vocal
録音スタジオ:Spirit Of Ranachan, Campbeltown, Scotland
録音日:1978.7
プロデューサー:unknown
エンジニア:unknown
イギリス発売日:未発表
アメリカ発売日:未発表
日本発売日:未発表

Fixing A Hole

作詞作曲:John Lennon, Paul McCartney
収録時間:(1)2分40秒 (2)3分56秒
収録アルバム:なし
収録シングル:なし

ビートルズの1967年のアルバム『Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band』に収録されている曲。主にポールが書いた曲で、ハープシコードがフューチャーされている。
ポールは1993年のニュー・ワールド・ツアーでこの曲を取り上げ、1993年6月13日フィラデルフィア公演まで演奏したが、翌々日のシャーロット公演ではセットリストから外れ、9月からのヨーロッパ・ツアーでは、この曲は「Back In The U.S.S.R」に取って代わられた。公式ライブアルバム『Paul Is Live』にも収録されていないため、この曲のポールによるライブ・バージョンは、公式には聴けないものとなってしまった。
ハープシコードは、キーボードのウィックスが再現し、ポールも複雑なベースラインを忠実に再現して弾きながら、ボーカルを取っている。
以下のブートで、ライン録音によるライブ・バージョンを聴くことができる。

(1)1992年12月10日テレビ番組『Up Close』
Looking For Changes (Yellow Cat Records — YC 003)
(2)1993年ツアー・リハーサル
Oobu Joobu Part 5 (Yellow Cat Records — YC 049)
Oobu Joobu Radio Chronicles Part One (Unknown — PMCD0P1)
Beatles Originals (Solo) (Yellow Cat Records — YC 067)

演奏:
Paul McCartney: Lead Vocal, Bass
Linda McCartney: Backing Vocal, Keyboards
Hamish Stuart: Backing Vocal, Guitar
Robbie Mclntosh: Backing Vocal, Guitar
Paul “Wix” Wickens: Backing Vocal, Keyboards
Blair Cunningham: Drums
録音スタジオ:(1)The Ed Sullivan Theatre, NY (2)unknown
録音日:(1)1992.12.10 (2)unknown
プロデューサー:(1)Joel Gallen (2)unknown
イギリス発売日:未発表
アメリカ発売日:未発表
日本発売日:未発表

歌詞・コード
F C+ Fm7

Bb9     F      C+         Fm7     Fm6
I’m fixing a hole where the rain gets in and
Fm7          Fm6        Fm7   Fm6 Fm7 Fm6
stops my mind from wandering where it will go

I’m filling the cracks that ran through the door and
kept my mind from wandering where it will go And it

F        Gm/C       F      Gm/C
really doesn’t matter if I’m wrong I’m right where I belong
F      Gm/C    F
I’m right where I belong

C        G      C       G
See the people standing there who disagree and never win and
C        G         C
wonder why they don’t get in my door I’m
F         C+      Fm7      Fm6 Fm7
painting the room in a colorful way and when my mind is wan –
Fm6         Fm7   Fm6   Fm7
dering there I will go Oo oo oo ah

Silly people run around who worry me and never ask me
why they don’t get past my door I’m
taking the time to do a number of things that weren’t important yes-
terday and I still go

(c)1967 Nothern Songs Ltd.

 

 

Fishy Matters Underwater

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:4分50秒
収録アルバム:なし
収録シングル:なし

ポールがスコットランドの自宅スタジオ「Rude Studio」で1976年7月に作ったデモからの未発表曲。ムーグが奏でるレゲエのリズムに乗せて、ドラムとギター、ポールの鼻歌を被せたものであり、完全にデモの形で終わっている。
ポールがDJを担当した番組『Oobu Joobu』の第7回(1995年6月26日)の放送で、「Rude Studio」でのデモを紹介するコーナー「Rude Corner」で、「Reggae Tunes And Highlights」のうちの1曲として紹介された。
以下のブートに収録されている。

Oobu Joobu Part 4 (Yellow Cat Records — YC 048)
Oobu Joobu Part 7 (Yellow Cat Records — YC 051)

なお、同じ時期のデモを収録した以下のブートには、この曲は収録されていない。

Home Demo’s (Orange — Orange 14)

演奏:
Paul McCartney: Vocal, Guitar, Synthesizer, Drums
録音スタジオ:Rude Studio, Sussex
録音日:1976.7
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Paul McCartney
イギリス発売日:未発表
アメリカ発売日:未発表
日本発売日:未発表

A Fairy Tale

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:6分45秒
収録アルバム:なし
収録シングル:なし

アルバム『London Town』のレコーディング場所となったバージン諸島に浮かぶ船「Wanderlust」の船長の部屋に設置されているピアノを使って、弾き語りをしながらポールが子供達に童話を話している様子が収められたテープ。子供達がはしゃぎ回ったりする様子が音からだけでも分かる。
途中、未発表アニメーション『Rupert The Bear』のサウンドトラックに収録されたり、クラシック作品『Standing Stone』、2003年ツアーのリハーサルでも演奏された曲「Celebration」(「Sea Melody」とも言われている)が演奏されている。
ポール・マッカートニー・ファンクラブ会報誌「Club Sandwich」によると、この日、他にも「Standing Very Still」「Running ‘Round The Room」という曲も子供達のために演奏されたという。
以下のブートで聴くことができる。

Oobu Joobu Part 1 & 2 (Disk 1) (Yellow Cat Records — YC 045)
Water Wings (Disc 1) (Vigotone (fake) — VT500 X 2 BEAT)

演奏:
Paul McCartney: Vocal, Piano
録音スタジオ:Record Plant Mobile Studio, US Virgin Islands
録音日:1977.5
プロデューサー:unknown
エンジニア:unknown
イギリス発売日:未発表
アメリカ発売日:未発表
日本発売日:未発表

 

 

Emotional Moments

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:(1)2分48秒 (2)2分56秒
収録アルバム:なし
収録シングル:なし

1978年にスコットランドで作成したデモからの未発表曲。未発表曲「Cage」の原型となる曲で、この曲のイントロとアウトロの部分が、最終的に「Cage」に用いられた。
発見されているデモとしては2種類あり、インストゥルメンタルのデモと、それにポールのボーカルのみをオーバーダブしたデモがある。
以下のブートで聴くことができる。

Home Demo’s (Orange — Orange 14)

演奏:
Paul McCartney: Bass, Keyboards, Drums
Denny Laine: Keyboards
録音スタジオ:Rude Studio, Scotland
録音日:1977
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Paul McCartney
イギリス発売日:未発表
アメリカ発売日:未発表
日本発売日:未発表

Down In Memphis

作詞作曲:Paul McCartney, Carl Perkins
収録時間:2分9秒
収録アルバム:なし
収録シングル:なし

ポールは、1993年の「ニューワールド・ツアー」で北米を回っている時、1993年4月27日のメンフィス公演のバックステージで、カール・パーキンスと久々の再会を果たし、アコースティック・ギター2本だけによるジャム・セッションを行った。この曲は、そのジャム・セッションのウォーミング・アップとして演奏された即興曲で、ボーカルも即興である。
この時のジャム・セッションの模様は、ポールがDJを担当したラジオ番組『Oobu Joobu』の第12回(1995年7月31日放送)で放送され、また、公式ビデオ『Go Cat Go!』『My Old Friend』でも映像で見ることができる。
以下のブートでも聴くことができる。

We’d Go On For Hours (No Label Records — nlr 9902)

演奏:
Paul McCartney: Vocal, Acoustic Guitar
Carl Perkins: Vocal, Acoustic Guitar
録音スタジオ:Liberty Bowl Memorial Stadium
録音日:1993.4.27
プロデューサー:Carl Perkins, Rick Korn
エンジニア:unknown
イギリス発売日:未発表
アメリカ発売日:未発表
日本発売日:未発表

 

(c)Jash http://pmccartney.com

Don’t You Wanna Dance

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:3分2秒
収録アルバム:なし
収録シングル:なし

ポールがスコットランドの農場にある自宅スタジオ「Rude Studio」で作った未発表曲デモ。
イントロの東洋風メロディーによるシンセサイザーは、アルバム『McCartneyⅡ』の「Frozen Jap」の雰囲気に通ずるものがある。
ドラム・マシーンのリズムをベースとして、生演奏のドラム、アコースティック・ギター、シンセサイザー、ポールとリンダによるコーラスを加えている。どことなく、アルバム『London Town』に収録されている「Backwards Traveller」に似ているかもしれない。
以下のブートで聴くことができる。

Wild Life Demos (Red Square — RS 01)
Home Demo’s (Orange — Orange 14)

演奏:
Paul McCartney: Bass, Guitars, Keyboards, Drums
Linda McCartney: Chorus
録音スタジオ:Rude Studio, Campbeltown, Scotland
録音日:circa 1977.8
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Paul McCartney
イギリス発売日:未発表
アメリカ発売日:未発表
日本発売日:未発表

(c)Jash http://pmccartney.com

Don’t You Do Your Daddy’s Wrong

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:2分34秒
収録アルバム:なし
収録シングル:なし

「All In Love Is Fair」「Beautiful Dream」「Classical Licks」「Crazy Fool」と同じセッションで録音された未発表曲。
3コードのシンプルなロックンロール・ナンバー。「I Like Rock’n’roll」とタイトル名が付けられているブートもある。
1977年頃に行われたウィングスの新メンバーのオーディションを兼ねたセッションで演奏された。この時のセッション以外でこの曲が演奏されたテープは発見されていない。
このセッションは、「Lympne Castle」での1979年5月のウィングスによるものという説もある。
2004年に発売された以下のブートに収録されている。

Rock And Roll Jam Sessions (Kintyre Records — PROMO CD 043)
Lympne Castle Sessions (Red Square — RS 04)

演奏:unknown
録音スタジオ:Lympne Castle, Kent, UK
録音日:circa 1977(?), 1979.5-6(?)
プロデューサー:Paul McCartney(?)
エンジニア:Paul McCartney(?)
イギリス発売日:未発表
アメリカ発売日:未発表
日本発売日:未発表

(c)Jash http://pmccartney.com