ポール・マッカートニーのファンサイト(非公認)。ポール・マッカートニーやビートルズの最新ニュース、アルバム・楽曲の解説、ライブ・ツアー記録、新譜・テレビ放送等。

The Songs
ポール・マッカートニーがソロ・ウィングス時代に発表した曲ごとの解説。公式曲以外にも、ブートレッグ等で入手可能な未発表曲やポール自身が作曲し他人に贈ったも解説しています。

※只今、2~3日に1曲を目標に、旧サイトからアルファベット順にデータ移行中。
 ・未発表曲リスト ポール自身が作詞・作曲し、他人にプレゼントした曲リスト(ビートルズ時代含む)

コンテンツ


このエントリーをはてなブックマークに追加

Paul McCartney Songs

Follow Me

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:2分46秒
収録アルバム:なし
収録シングル:なし

2004年のツアー「04 Summer」の最終日、2004年6月26日のグラストンベリー・フェスティバルに出演した時に初めて公にした未発表曲。アコースティック主体のシンプルな曲で、曲調は「Freedom」や、ビートルズの「If I Fell」に似ている。2005年の発売が予定されているアルバム『Timelines』(仮称)に収録予定の曲でもある。
グラストンベリー・フェスティバルの様子は抜粋で英国国営放送BBCでも放送されたので、この曲の演奏も見ることができることになる。
「04 Summer」ツアーのリハーサルでも演奏されていた曲で、2004年5月25日のヒホン公演、6月8日ホーセンス公演、6月20日サンクトペテルブルグ公演のリハーサルで演奏されたのが確認されている。
グラストンベリー・フェスティバル以外でも、2004年9月15日の慈善団体「Adopt-A-Minefield」のチャリティー・コンサート、2004年9月23日のニールヤング主催の「Bridge Benefit Concert」でも演奏された。
グラストンベリー・フェスティバルでの演奏は、以下のブートで聴くことができる。

Live In Glastonbury (Label Unknown)

演奏:
Paul McCartney: Vocal, Acoustic Guitar
Rusty Anderson: Backing Vocal, Acoustic Guitar
Brain Ray: Backing Vocal, Bass
Paul “Wix” Wickens: Backing Vocal, Keyboards
Abe Raboriel Jr.: Backing Vocal, Drums
録音スタジオ:live from Glastonbury Farm, Pilton, England
録音日:2004.6.26
プロデューサー:unknown
エンジニア:unknown
イギリス発売日:未発表
アメリカ発売日:未発表
日本発売日:未発表

歌詞・コード
C              C7+
You lift up my spirits, you shine on my soul
Am              C7+
Whenever I’m empty, you make me feel whole
F           C           Am
I can rely on you, to guide me through, any situa-tion
C7+           F       C
You hold up a sign that reads, follow me.

C           C7+
You give me direction, you show me the way
Am          C7+
You give me a reason, to face every day
F              C     Am
I can depend on you, to send me to, any destina-tion
C7+        F       C      A
You hold up a sign that reads, follow me, follow me.

D              Db5
Down the track of loneliness, down the path of love
D6/9                D
Through the words of heartache, to the end
D                 Db5
On the shores of sorrow, where the waves of hope crash in
D6/9              Am       F     Am    F
The perfect place for me to find a friend. ah-ah yeah yeah yeah, oh-oh-oh

C           C7+
You lead to places, that I’ve never been
Am         C7+
Uncovering secrets, that I’ve never seen
F               C    Am
I can rely on you, to guide me through, any situa-tion
C7+         F       C    A
You hold up a sign that reads, follow me, follow me,
C     A
Follow me, follow me,
C    A D
Follow me, follow me

 

(c) 2004 MPL Communications

Flying To My Home

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:4分13秒
収録アルバム:Flowers In The Dirt (bonus track)
収録シングル:My Brave Face (7″, 12″, CD, Extended CD, Cassette)

アルバム『Flowers In The Dirt』からの第1弾シングル「My Brave Face」のB面曲。シングル「My Bracve Face」はいろいろなフォーマットで発売されたが、全てのフォーマットに収録されている。
ポールが鼻の掛かったような風変わりなボーカルを聴かせる。イントロ部分がアカペラで始まった後、ストレートなロックに転換する。ロック部分は、ビートルズのアレンジに近い。アカペラ部分はビーチボーイズのブライアン・ウィルソンに影響を受けているようだ。
ほとんどの楽器をポールが演奏しているが、1989-90年のゲットバック・ツアーでのバック・バンドのメンバーのうち、ギターのヘイミッシュ・スチュアートとドラムのクリス・ウィットンがレコーディングに参加した。ドラマーのクリス・ウィットンは、アコーディオン、シンセサイザーも演奏している。
発売後しばらくはシングルにしか収録されていなかったが、1993年にアルバム『Flowers In The Dirt』が再発された時にボーナストラックとして収録された。
コンサートが終わるとすぐに飛行機で帰宅するというポールらしい歌詞であるが、主にリンダのことを歌っているようだ。

演奏:
Paul McCartney: Lead vocal, Guitars, Autoharp, Bass, Drums, Keyboards, Organ, Percussion
Hamish Stuart: Rhythm Guitar, Slide Guitar, Backing Vocal, Synthesiser
Chris Whitten: Drums, Backing Vocal, Accordion, Synthesiser
Linda McCartney: Backing Vocal
録音スタジオ:The Mill, Hog Hill, Sussex
録音日:1988.4-6
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Geoff Emeric, Matt Butler
イギリス発売日:1989.5.8
アメリカ発売日:1989.5.8
日本発売日:1989.6.7

歌詞・コード

Dmaj7     Gmaj7
Flying to my home,
A      Gmaj7 D
Flying to my home.

D A G D A G

D       A    G    D
The sun is fading in the west,
D         A      G
out where the cattle roam.
D       A     G       D
I’m like a bird at the end of the day,
D        Bm
flying to my home.
A          G        A
I’m flying to my home, sweet majesty,
D
I’m flying to my home.

The sky is like a painted flag,
above a sea of chrome.
I’ve got a woman living in my life,
living in my home.
I’m flying to my home, sweet majesty,
I’m flying to my home.

G
I haven’t been back so long
D
I dont know if I’m going to recognize it.
G
They gave the old place a new face
A
And I’m going to take some time to size the situation up.

The sun is fading in the west,
out where the cattle roam.
I’ve got a woman living in my life,
living in my home.
I’m flying to my home, sweet majesty,
I’m flying to my home.

I haven’t been back so long
I dont know if I’m going to recognize it.
They gave the old place a new face
And I’m going to take some time to size the situation up.

D         Bm
I’m flying to my home,
A           G
I’m flying to my home,
D         Bm
I’m flying to my home,
A         G         A
I’m flying to my home, sweet majesty,
D
I’m flying to my home.
I’m flying to my home,
I’m flying to my home.

(c) 1989 MPL Communications, Ltd. Administered by MPL Communications, Inc.

 

Flying Horses

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:2分14秒
収録アルバム:なし
収録シングル:なし

未発表のフィルム『Rupert The Bear』のサウンドトラックのために録音された未発表のインストゥルメンタル。
ギターの同じフレーズが何回も繰り返される曲であるが、馬の鳴き声、馬の足音などがSEとしてふんだんに使われている。
以下のブートで聴くことができる。

Artifacts III – CD 3 – As Time Goes By: 1976-1980 (Big Music — BIG 4035)
Rupert The Bear (Library Product — 2333)
Studio Tracks Vol. 2 (Chapter One — CO 25142)
The Animated Film Soundtracks (Moonlight — ML 9634)
The RuPaul Tapes (Broad Street Toons — BST 1984)
Oobu Joobu Part 8 (Yellow Cat Records — YC 052)

演奏:
Paul McCartney: Piano, Bass, Keyboards
Linda McCartney: Keyboards, Backing Vocal
Denny Laine: Guitar, Keyboards, Backing Vocal
Laurence Juber; Electric guitar, Backing Vocal
Steve Holly: Drums, Backing Vocal
録音スタジオ:Spirit Of Ranachan, Campbeltown, Scotland
録音日:1978.7
プロデューサー:unknown
エンジニア:unknown
イギリス発売日:未発表
アメリカ発売日:未発表
日本発売日:未発表

Fluid

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:(1)11分19秒 (2)3分41秒 (3)4分23秒 (4)4分23秒
収録アルバム:(1)Rushes
収録シングル:(2)Fluid (Out Of Body And Mind Mix) (3)Fluid (Out Of Body Mix) (4)Fluid (Out Of Body With Sitar Mix)

ポール・マッカートニーとYOUTHによるトランス・ミュージックのプロジェクト「The Fireman」のセカンド・アルバム『Rushes』に収録されている4トラック目の曲。
「Fluid」のニティン・ソーニーによるリミックス・バージョン3種類も12インチシングルとして発売され、「Bison」のExtended Versionをカップリングさせている。
プロモーション盤は5種類配布された。リミックスの3トラックのみを収録した45回転12インチ、リミックス3トラックのみのマキシCD、リミックス3トラックと「Bison」を収録した12インチ、アルバム・バージョンとリミックス3トラックを収録した33 1/3回転12インチとマキシCDの合計5種類である。
また、1998年10月17日に放送されたアルバム『Rushes』のウェブ・キャストでは、32分18秒のバージョンが聴けた。

fluid

録音スタジオ:Hog Hill Studio, Sussex
録音日:1995.10-1998
プロデューサー:Paul McCartney
エンジニア:Youth
イギリス発売日:1998.9.21
アメリカ発売日:1998.10.20
日本発売日:1998.11.18

 

Flaming Pie

作詞作曲:Paul McCartney
収録時間:2分27秒
収録アルバム:Flaming Pie
収録シングル:なし

1997年のアルバム『Flaming Pie』からのタイトル曲。元々、ニューアルバムのために「Souvenir」をジェフ・リンとレコーディングしている時に浮かんだギター・フレーズを元に、即興に近い形で作られた曲。ポールは歌詞を探している時に、1961年にリバプール地元の情報誌「Mersey Beat」に掲載された「ビートルズの名前は、夢の中で、燃えさかるパイ(flaming pie)に乗ってやってきた人に『君たちは、Aを使ったbeetlesだ』と言われたのが由来」というジョン・レノンのビートルズの名前の由来を語った記事を思い出し、それを歌詞に使った。
「”sky”, “bye”, “cry”などの歌詞に韻を踏む言葉を探していたら、”pie”という言葉が浮かんで、ジョンの話を思い出したんだ。”flaming pie”、うん、いいじゃないか!ってね。」(ポール)
1996年2月20,27日の2日間で歌詞を完成させ、1996年2月27日の1日でレコーディングを完成させた。レコーディングは、ポールの歌とピアノ、そしてジェフ・リンのギターを1発取りし、その後にポールのドラムとベースおよびコーラスを被せた。
即興でレコーディングした感が強いので、プロデューサーのジェフ・リンの色が濃いアレンジとなっている。
1997年にアルバムのプロモーションのためにテレビ番組『TFI Friday』『Oprah Show』に出演した時にライブ演奏したが、アルバム発売後7年後の2004年のツアーでレパートリーに取り入れ演奏した。2004年のツアーを伝える各国ニュースでは、この曲と「All My Loving」を演奏する姿が放送で使われた。
アウトテイク、ライブテイクなどは、以下のブートで聴くことができる。

(1)デモ
Veggie Pie (McV — McV 1)
(2)1997年6月27日テレビ番組『TFI Friday』
Veggie Pie (McV — McV 1)
Another Flaming Pie (Walrus Records — Walrus 038)
(3)1997年11月24日『Oprah Winfrey Show』
Veggie Pie (McV — McV 1)
Another Flaming Pie (Walrus Records — Walrus 038)
(4)2004年5月30日マドリード公演
!Viva Espana! CD 2 (Tobacco Kill Records — TKR 006)
(5)2004年6月20日サンクトペテルブルグ公演
San Petersburg Soundboard (CD 2) (Tobacco Kill Records — SPS 2)

演奏:
Paul McCartney: lead vocal, harmony vocal, piano, drums, bass guitar, electric guitar
Jeff Lynne: harmony vocal, electric guitar
録音スタジオ:The Mill, Sussex
録音日:1996.2.27
プロデューサー:Paul McCartney, Jeff Lynne
エンジニア:Geoff Emerick, Jon Jacobs, Keith Smith
イギリス発売日:1997.5.5
アメリカ発売日:1997.5.27
日本発売日:1997.5.17

19970627_03 19971120_02

歌詞・コード
A
Making love underneath the bed
Shooting stars from a purple sky
G       D       C A
I don’t care how I do it
I’m the man on the flaming pie

Stick my tongue out and lick my nose
Tuck my shirt in and zip my fly
Go ahead, have a vision
I’m the man on the flaming pie

B
Everything I do has a simple explanation
E
When I’m with you, you could do with a vacation
A
I took my brains out and stretched ‘em on the rack
D            E        D   E
Now I’m not so sure I’m ever gonna get ‘em back

Cut my toes off to spite my feet
I don’t know whether to laugh or cry
Never mind, check my rhythm
I’m the man on the flaming pie

A G D C

I’m the man on the flaming pie
Everything I do has a simple explanation
When I’m with you, you could do with a vacation
I took my brains out and stretched ‘em on the rack
Now I’m not so sure I’m ever gonna get ‘em back

(c) 1997 MPL Communications, Ltd.
Administered by MPL Communications, Inc.